2227992 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

新年はお祝いしましょう!

まずは一休さんの歌から

「門松はめいどのたびの一里塚
馬かごもなくとまりやもなし」

元旦に墓場から骸骨を拾ってきて、竹ざおに結びつけ、
京の町を歩き回ったといいます。

昔は誕生日に関わらず、正月に歳を重ねました。
すなわち、歳をとることは、死に近づいているということを
いいたかったのです。さらにいえば無常というと
いいたかったのではないでしょうか?

今より、お正月を盛大にお祝いしていたはずですから、
皆びっくりしたことでしょう。

ところで、現代ではお正月といっても、あまり普段と
変わらない生活ができるようになりました。
生活が豊かになって、お正月自体を実感できないともいえます。

新年といっても別にすることは無いという人も
いるかもしれません。

しかし、年始は人生のいい区切りで、
生活を変えるいい機会です。

ですからキチンとお祝いして、
今日まで生きてきたことに感謝しましょう。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.