2228758 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

法事と正座

最近は食事はイスで行なうことが多く、
なかなか正座をする機会がないようで、
したがって正座をすること自体が大変のようです。

特に法事で40分~50分かかりますので、その間ずっと
正座しているのは大変なようです。
ある法事でのことです、施主の方が私の視界に入るところに
座られていました。
その方は、正座していることが重要だと考えられていたのでしょう。

一生懸命正座をされようとしているのですが、
足がしびれるのでしょう、しょっちゅう半立ちになったりしては、
正座を繰り返していらっしゃいました。

私はその姿を見ていて、おかしくて笑いそうになるのを
必死でこらえていました(笑)
その例は極端としても、正座をすることに意味があると
考えている方は少なく無いようです。

私が
「足を崩してもかまいません。」
と申し上げましても
「修行だから」????
といわれて足を崩さなかった方が、いらしゃいます。

無理に正座をしていて、足が痛いことだけが頭の中を
埋め尽くしているようでは、供養になりません。
「法事の間中ずっと正座をしている必要はない」
というのが私の考えです。

しかし、最初から最後まであぐらをかいているのもいただけません。
法事の対象はご先祖様であり、それを仏様の功徳を
振り向けることによって供養するのが法事です。
仏様にも、ご先祖様にもそれなりの敬意を払うのが当然です。
その現れの一つが正座だと思います。

法事を始める前と終わった後の礼拝・焼香の時には
必ず正座をしましょう。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.