2303055 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

影におびえる

昨日、寝ていて寝返りをうつと、
壁から黒いものが「にゅ~」と伸びてきました。
びっくりして起き上がりましたが、
その黒いものは見当たりません。

不思議に思いながら壁を見ながら横になるとき、
その正体がわかりました。
豆球に照らされた自分の手の影でした。
それが寝返りを打つときに、白壁に映って伸びてきたのです。

以前は、寝ていていきなり冷たい手で
顔を触られたことがあります。
そのときも「ギョッ」として飛び起きましたが、
正体は自分の手を下敷にして寝ていて
血液の流れが止まり冷たくなった状態で、
自分の顔を触ったのでした。

ちょうど感覚も麻痺していたため、
自分で触ったとわからなかったのです。

正体が判ってしまうとなんでもないのですが、
判らないうちはその影におびえてしまいます。

人生も同じです。

人間が生きて行くために必要なものは知れています。

しかし、さまざまな影におびえ、不必要なものまで
背負い込んでしまいます。

さらに、その不必要なものを守るために、
必死になっていることがある。

そんなことを考えてしまいました。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.