2228281 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

水行の話

護摩に入る前には水行をします。
南国徳島とはいえさすがに冷たいです。
しかし考えるほど冷たくないのも事実です。

水行には思い出があります。
かつて高野山で加行(僧侶のなるための修行)
をしていた時のことです。

水行は希望者のみが行っていました。
最初は70人の同期生のうち30人ぐらいが水行を
していますが、1週間経つと15人1ヶ月経つと10人
というように減っていきます。

季節も9月から始まりますがだんだん寒くなって、
12月にもなると氷が張るような季節になって行きます。

また、虚空蔵菩薩求聞持法を行った時は、桶に水を張って
水行をしていましたが、1月からはじめましたので、
時折氷が張っているのを割って水を被りました。

外で行いますので風が吹いた時は
寒いどころではありませんでした。

体調が悪い時もありますが、不思議と水行をしても病気に
なることはありませんでした。

天台宗の荒行者として有名な箱崎文応阿闍梨は90歳を
過ぎても滝行を欠かさなかったといわれていますが、
毎日やっていたらいけるのかも知れません。

ちなみに、私にお経を教えてくれた老僧は70過ぎまで
水行を欠かさなかったそうです。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.