000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

虚空蔵菩薩求聞持法

私は日内山奥の院というところで
虚空蔵菩薩求聞持法に入りました。

虚空蔵菩薩求聞持法はお大師さんが何度も修行して高知の
室戸岬で明星が口に飛び込んだという修法です。

私が僧侶になったきっかけはこの「求聞持法」を
してみたいというものでした。

ところが真言宗ではこの「求聞持法」は僧侶にならないと
させてくれませんので僧侶になった次第であります。

昼でも薄暗い部屋(お堂)で一日二回6~7時間、
合計12~13時間にわたって虚空蔵菩薩に向かって
真言を唱え続けることを53日。

ようやく今日で終わりという朝のことです。

まだ夜が明けるはるか前、東の空に向かいお堂の縁で
明星拝(明星を拝む)をしているとふいにあたりが
明るい光に包まれました。

空を見上げると北から南にかけてなんともいえない光の珠が
色を変えながら頭上を通り過ぎていき、しばらく飛ぶと
燃え尽きたように消えました。

北側は山ですから花火ではありません。
隕石の様でもありますが、それにしては低空
(推定10メートルぐらいか)でゆっくりでした。
これが世に言う明星か?
幻覚ではなく確かに今でもまぶたに浮かびます。

私は明星に出会った興奮のうちに最後の行を追え、
奥の院の山主さんにそのことを話しました。

すると山主さんの答えは

「○○君も見たの?私も「求聞持法」をした時見たんですよ。

それはね・・・

昔この山で修行していた行者さんの霊が現われるんだよ」

と真顔で言われ、びっくり仰天してしまいました。

いい思い出になりました


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.