2299039 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

修法とは

真言宗における修法というのは多くは
仏様を供養する方法のことです。

さまざまな仏様を招いてその仏様に供養し、その一方で、
自らが仏様の体になり、仏様の言葉を話し、仏様の思いを
浮かべることにより仏と一体化する。

そして、その功徳をすべての人間・動物・植物などなど
ありとあらゆるものに振り向けるというのが修法です。

すなわち、自分のための行とそれを他者に施する行が
一体化しています。

修法で目に見える(見せている)行として
代表的なものが護摩です。

護摩はさまざまな供物を燃やしているだけのように
見えますが、実はまず、自分自身が仏となり、そして
勧請した仏様と一体化し、その上で供物をささげる(燃やす)
ことによって、すべての仏・菩薩・神様などに供養して、
その功徳をあらゆるものに与えています。

余計難しくなってきたような気がします(汗)

簡単に申しますと乱暴かも知れませんが、

「仏様の功徳を行者(修法をしている人です)が集めて
皆に分配している。」

のが修法といえます。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.