2304582 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

自然葬?

徳島新聞で以前「供養が変わる」という記事を
連載しており、自然葬についての記事がありました。

それによると「葬送の自由を進める会」というところが自然葬と
称して遺灰を海や山の自然に帰す運動をしているそうです。

しかし不思議に思いました。

自然に帰すのが目的ならば、
最初からお骨など拾わなければよいのでは?

また散骨ということで海や山にお骨を撒くのですが、
費用が二人分でなんと16万円!

これが果たして「葬送の自由」なんでしょうか?

日本の火葬炉は火葬してもお骨が残るように設計するため、
諸外国の火葬炉(お骨が残らない)の建設費に4倍といいいます。
お骨まで完全に火葬したほうがいいのではないでしょうか?

しかしお骨を残さないように火葬しましょうという話は
聞いたことがありません。

それどころか遺骨を入れたアクセサリーなど作られ
死後も故人と一緒にいたいという思いがあるようです。

ある僧侶の方も散骨を希望されていました。
この世に思い残すことがあるのでしょうか?

どうしても日本人はお骨というものに対して
思い入れがあるようです。

散骨というのは自由ではなくエゴのような気がします。

適当なところにお骨を撒いて満足するよりは、
きちんとお祀りしたいと思います。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.