2303672 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

PR

プロフィール


三人文殊

カテゴリ

フリーページ

弘法大師と真言宗


即身成仏への道


六大の話


四種曼荼羅の話


日本仏教の七宗派-真言宗


弘法大師の入定と即身成仏


一行禅師


四国遍路の不思議


弘法大師伝ーその一


弘法大師伝ー連載中


真言宗における大日如来と弘法大師


高野山紀行


理想の社会ー密厳浄土


日本宗教の七宗派ーはじめに


日本仏教の七宗派-浄土教


日本仏教の七宗派ー日蓮上人の教え


日本仏教の七宗派-禅の教え


日本仏教の七宗派-禅円密戒(天台)


面白法話選


法然の哀しみを読んで


犯人はくじ引きで決める


人間の目指したもの


悪徳業者からのお布施


お不動さんはいつ開く


神様に慣れてはいけない


僧侶は職業?


あなたは餓鬼道に堕ちている?


坊主は無間地獄に落ちる!


出世した人を見たい!


僧侶の適性


お化けはなぜ怖い?


お骨をどうする?


発業とは何か?


電話の不便さ


ネットで初詣?


お札(おふだ)は危険物!


理趣経は勉強しないで下さい!


開けてはいけない!


在家出家?


休日があることは幸福?


日本の坊さんはエエ加減?


坊主が祈祷?


夫は妻の後を追う?


子供の頃


清めの塩は何のために?


無我の我


真面目な法話


信仰心とは


お寺の選び方


お香はいいものを使いましょう


仏壇のお軸がないと


上座と下座は無くなった?


仏事の表書きは?


お札の処分は?


坊主も正座でしびれる


チュンダの施食ー涅槃法要


お彼岸とは先祖供養の日ではない!


お経を唱えることは説法を聞くことと同じ


自宅法要のすすめ


法事は誰のためにする


袈裟の話


お供えしていいものといけないもの


仏教の宇宙観について


数え年はどう数える?


誰に供養をお願いする?


仏壇とお墓を変えること


葬儀に数珠は必要?


本当はめでたい年回忌


新年はお祝いしましょう!


法事と正座


お経を唱えると!


誕生日はいい区切り


造花はいけない?


祈願は何のために


影におびえる


忙し過ぎる現代人


スピリチュアルブーム?


蓮は泥の中に咲く


四十九日が三月越しになると


年取り


お経の功徳


殺生してはいけない


仏と菩薩


天と明王


行の話


断食の話


水行の話


虚空蔵菩薩求聞持法


非日常の行の世界


修法とは


超能力を身につけるには


仙人の翼


四国遍路の雑記帳ー遍路のモラル


四国霊場の開創者


十里十カ寺(1番~10番)


本格的な遍路として(11番~17番)


阿波の不思議霊場(18番~23番)


阿波から土佐へ、室戸と神峰(24番~27番)


太平洋を見ながら歩く(28番~38番)


伊予・土佐境界の謎(39番・40番)


南予・伝説の霊場(41番~43番)


中予の山岳霊場(44番、45番)


城下町松山を歩く(46番~53番)


松山から今治へ(連載中)


葬式仏教について考える


葬儀について


お葬式はいきなりやってくる(前書き)


お葬式はいきなりやってくる(喪主用)


永代供養を考える


自然葬?


自宅葬のススメ


葬儀に公正証書遺言が必要か?


坊主でも葬儀は大変


習俗について


節分と星祭り


お盆の話


喪と忌の話


お彼岸ー明日のために・・・


あなたは神社を守れますか?


喪中につき


宗教と社会の間


臓器移植を考える


靖国参拝はそんなに問題か?


お釈迦さんの成道と真珠湾攻撃


仏教と政治を巡る問題


クマと もりと ひと


戦争に加担した責任とは?


社会に物申す


無責任な選挙(原発の是非)


2007参議院選挙


追悼 宮本顕治


終わらなかった戦争


憲政の常道はどこへ


日本軍は恐ろしい?


地球はどうなる


カーボンオフセット


南極の氷が解ける?


京都議定書から離脱せよ


戦わずして勝てた戦争


リサイクルは環境にやさしくない


「不都合な真実」以前に・・・


不都合な真実


チベットを援助せよ!


道路は必要でしょうか


意地悪じいさんの畑


三人乗り自転車の危険性


レジ袋廃止のCO2削減効果


無題


信仰心があっても


北京五輪はボイコットせよ


真言律宗とは


日本をどうする?


チベット問題ー天台僧の声明文に異議あり


花まつり考


がんばれ善光寺!


一キロちょっとで、タクシー5600円?


長野聖火リレーー真実はどこに?


財政確保の妙手ー米国債を売り払う!


一票の格差を是正することに反対する会


不飲酒


左前


日本の食糧支援と地方増税


ミッドウェーの敗戦


秋葉原はどこへいった


真言宗は、病院のお見舞いから御仏前?


今こそ農林水産業の支援を!


なんともいいがたい数珠の話


日本のCO2の排出量の削減は来年から可能


今年のお盆は?


燃料電池は環境にやさしいか?


久しぶりのツーリング


最近気になる「ドント、フー」


やっとこ25度を切りました!


優秀な骨接ぎはいないのでしょうか?


今年の夏は暑いか?


あえて地球温暖化を肯定的に語ってみる


岩瀬を責めるな!


南極の氷が解けるのは15万年後!


阿耨多羅三藐三菩提


「弘法大師 伝承と史実」の衝撃


「弘法大師 伝承と史実」の衝撃 2


「弘法大師 伝承と史実」の衝撃 3


吉野川は誰のもの?


「江川・ピーマン・北の湖」


自分が食べれないものを売るな!


最近気になる葬儀の作法


仏教とは関係ないんですけどね!


再び真言宗と弘法大師


お彼岸に思うこと―先祖供養と回向


湯水のごとく使う


空母が今の時代に必要でしょうか?


阪神・柏戸・社会党


これは快挙に違いない!


八百長は悪いか?


恐慌が起きたら?


我慢するということ


苦しい時ほど笑おう!


お墓参りの心得


法燈継承式というものを行いました


温暖化問題は・・・


やっと衣替え?


阿弥陀如来は最強か?


レッドクリフとXファイルが見たい!


国籍法改正?


日本は外国人を受け入れる余地があるか?


田母神論文の波紋


魔球を見たい!


地球寒冷化?


犬・猫の殺処分は問題にされないのか?


都会人?の反論に答える


早過ぎた急逝


内定取り消し、100万円で足りないの?


只者ではない


歳越しの場所がなかったあの年


派遣労働者って


戦時国際法をご存じですか?


再び「禅 ZEN」が見たい!


しもやけといえば


戦艦大和引き揚げ計画


アマはプロに勝てるか?


善通寺は弘法大師の誕生地


海賊退治に重武装すぎないか?


受験地獄ー怖いものがある


バイク乗りは・・・


二輪車と四輪車の運転者の特性


怖いのは黄砂だけではない


ついでに交通論


不正卒業を許すな!


住職になるには?


減反などやめてしまおう!


工藤のおっさんを見よう!


あまりにも不自然な自然葬


宗教とは何か?


沖縄戦と南京大虐殺


戦争を知らない子供たち


甘茶の思い出


原発を爆撃するとどうなるか?


18歳で進路を決めるってどうよ!


「私は戦争に反対だった」とは言いたくない


強烈な気を放つ巨木


公共交通機関による遍路


無防備都市宣言???


迷走する四国霊場


遍路日記18~19


遍路日記その20~22


遍路日記 23~26


遍路日記 27~30


一票の格差の是正にあえて反対する


涼しくなる話?


タッチ・オブ・グローリー?


平成21年総選挙雑感


反捕鯨映画に思うこと


遍路日記 31~


戦犯とは何か?


ピース缶爆弾を知らない子供たち!


平均給与の差はいくら?


日本教信者?


ダライラマ14世 僧籍者向け講演


社民党の福島瑞穂の資産2億4999万円


南極の氷が簡単に溶けるものか!


結婚しても子供は必要ない?


鳩山家の謎?闇?


税務の勉強会


喪中欠礼のススメ


日本寒冷化!


真珠湾は奇襲ではなかった


ジェネレーションギャップー社会主義の残像


防衛とは


世間の常識、坊主の非常識


ついにここまで来た


大変だ~!外国人参政権賛成?


高校の授業料無料化は必要か?


子供手当てがひどすぎる


命の大切さ


「坂の上の雲」を読んだ


葬式は要らない?


弘法大師のスポンサーと遣唐使の難易度


英語なんかいる?ー国際教育には漢文を


核兵器上限が1550発ってどうよ!


東トルキスタンからの手紙


やはり地球寒冷化?


中国・韓国旅行は気をつけよう


空き缶拾う「歩き遍路さん」ってどうよ!


ゲゲゲの女房の時代


口蹄疫に見る二つの問題


仏教って社会的?反社会的?


本山の僧侶養成学校が赤字を前提に運営?


遍路札結びつけの問題


四国遍路経験者の菅直人首相誕生!


四国横断自動車道建設について賛成?反対?


四国独立ってどうよ!


「はやぶさ」奇跡の帰還!


スポーツ論


さあ!ワールドカップ本番だ!


ロッキー・ザ・ファイナル


もう一度高橋尚子


バックナンバー

コメント新着

三人文殊@ ショコラ425さんへ New! ショコラ425さんへ こんばんは。 &gt…
三人文殊@ 同行三人@ハイジさんへ New! 同行三人@ハイジさんへ >読み仮名振…
三人文殊@ meron1104さんへ New! meron1104さんへ そんなに恰好よく見えま…
三人文殊@ さえママ1107さんへ New! さえママ1107さんへ やはり筆ですから、…
三人文殊@ エンスト新さんへ New! エンスト新さんへ 今日聞いた話では、梵…

お気に入りブログ

お釈迦様を真似して… New! 猫又童子さん

生命のメッセージ展i… New! meron1104さん

被害者遺族になると… New! さえママ1107さん

宮崎の旅 都井岬ビ… New! yorosiku!さん

【スカーレット】第8… ショコラ425さん

カレンダー

2011年12月15日
XML
カテゴリ:習俗全般
「赤で人の名前を書くな」

と私は親に言われました。

しかし、最近では年配の方でも、そういうことを
ご存じないようです。

さて、その理由はなんでしょう?

ご存知ですか?

私が何かで読んだ理由は以下の通り。

その昔、日本では墨を使って文章を書いていました。

当然のことながら、訂正したり、書き込みしたりする時も
「黒の墨」しかしこの時点で問題が起こります。

すなわち、「元の文章を訂正・書き足した場合」と
「後から別の人が訂正、書き直した場合」の区別がつかないです。

そこで、本人が訂正した以外に後の人が書いた場合には
赤で書くルールがで来ました。

つまり、赤で書いた場合は「本文ではない」ということです。

そこで、こう考えました。

人の名前を赤で書いた場合「正式に書いてない」と
みなされますので大変失礼になる。

という解釈をしました。

しかし・・・こういう理由は全く出てきません(*^_^*)

ネットで検索するといろいろ出てきますね(*^_^*)

どうなんでしょう?

ご存知の方いらっしゃいますか?






最終更新日  2012年03月29日 19時04分58秒
コメント(25) | コメントを書く
[習俗全般] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


私は   夢穂 さん
墓石に生前は赤文字でというのが
関係があるかなぁ~とか、思って
ました (2011年12月15日 14時11分42秒)

夢穂さん   三人文殊 さん
夢穂さん

>墓石に生前は赤文字でというのが
>関係があるかなぁ~とか、思って
>ました
-----
それは、微妙なところがあります。
戒名を「赤」で入れて、亡くなった後に「黒」で入れるというのはわかるんですが、建てた人の名前を「赤」で書いてあるケースがあります。
まだ生きているから赤を入れているんでしょうがおかしいですね(*^_^*) (2011年12月15日 15時47分52秒)

私も・・・   みか☆0101 さん
 夢穂さんと同じ理由で、「他人の名前を赤で書くもんじゃない」と親に言われました。

 縁起が悪いと。

 でも、前にお店で会員カード作るときに、店員さんが赤いボールペンで私の名前を書いたので「失礼じゃないか!」と注意したら、キョトンとされて困りましたけど・・・。 (2011年12月15日 16時07分22秒)

Re:赤で人の名前を書くな!(12/15)   奥円 さん
私も墓石の赤文字だとききました。
死亡予定者、に通じているからだと。 (2011年12月15日 18時33分05秒)

わたしも。。。   七菜穂。 さん
お久しぶりでした。
わたしも職業柄、赤で人の指名を書くという事は
死んだ人扱いになるから、赤文字を書く時は要注意と教わりました。
そう言えば、戒名も赤で書くようでしたね・・・。
いずれにせよ、「赤文字」は目を引きますから☆ (2011年12月15日 20時52分05秒)

赤名前   Pearsword さん
三人文殊さん、ひねくれすぎですよ。
私は、お墓に彫る名前が赤字だから不吉と、親に教わりましたけど。
でも、血判状など血の赤で書くだろうし、赤の方が、生をかけた誓いの名前で、信用できるかも……。 (2011年12月15日 21時37分36秒)

Re:赤で人の名前を書くな!(12/15)   ロコロコ~♪ さん
まったくはじめて知りました。
今は、赤ばかりか、好きな色で名前を書いたりするのをみかけます。
昔の(本来の)意味合いから大きく外れてしまったのですね。
由来を無視したり、本分を外れたりは、何も文字ばかりではない時代ですが、
きちんとした理由を知れば、また考え方も変わるかもしれないですね。

(2011年12月15日 22時34分39秒)

Re:赤で人の名前を書くな!(12/15)   吉祥天2260 さん
私も「お墓に赤で書くから」と言われました
生きているうちに建てると赤で書くそうで、寿陵というんだと聞いていますが、生きている云々よりお墓に書くということで縁起が悪いとされているんじゃないでしょうか (2011年12月15日 22時34分44秒)

ソウダラニ   大法螺窟 さん
おもしろいですね。。

「要注意!!」なんでしょうね。

戒名料を説明するのに、赤で訂正して線を引いたら、「目出度いんかっ!」って、因縁つけてきた馬鹿がいました・・

早陀羅尼には、赤でペケしますが、天狗さんが持って行かないようにだとか・・・(クスッ)・・ (2011年12月16日 10時28分57秒)

Re:赤で人の名前を書くな!(12/15)   basgaido さん
こんにちは。最近はいろんな色で文字を書きますけど、名前を赤で書くのは死人に対してとか、その人を呪いたいときに赤で書いたと。だから縁起が悪いと。
(2011年12月16日 12時55分18秒)

Re:赤で人の名前を書くな!(12/15)   ショコラ425 さん
私は「赤で人の名前を書くな」って、知りませんでした(汗)
ただ、なんとなく、赤で書きませんけど(笑)
これからは気をつけたいと思います(^^)
(2011年12月16日 14時46分09秒)

みか☆0101さん   三人文殊 さん
みか☆0101さん

> 夢穂さんと同じ理由で、「他人の名前を赤で書くもんじゃない」と親に言われました。

> 縁起が悪いと。

> でも、前にお店で会員カード作るときに、店員さんが赤いボールペンで私の名前を書いたので「失礼じゃないか!」と注意したら、キョトンとされて困りましたけど・・・。
-----
そういうのは困りますね(*^_^*)
常識的にも赤で人の名前とか書かないと思うのですが・・・ (2011年12月20日 21時42分23秒)

奥円さん   三人文殊 さん
奥円さん

>私も墓石の赤文字だとききました。
>死亡予定者、に通じているからだと。
-----
意外に墓石の赤文字は知られているんですね!(@_@;) (2011年12月20日 21時46分31秒)

七菜穂。さん   三人文殊 さん
七菜穂。さん

>お久しぶりでした。
>わたしも職業柄、赤で人の指名を書くという事は
>死んだ人扱いになるから、赤文字を書く時は要注意と教わりました。
>そう言えば、戒名も赤で書くようでしたね・・・。
>いずれにせよ、「赤文字」は目を引きますから☆
-----
赤字は死亡者扱いなんですか!
それは知りませんでした。
確かに、それでは生きている人を赤字で書いてはいけませんね(*^_^*)
(2011年12月20日 21時49分44秒)

Pearswordさん   三人文殊 さん
Pearswordさん

>三人文殊さん、ひねくれすぎですよ。
>私は、お墓に彫る名前が赤字だから不吉と、親に教わりましたけど。
>でも、血判状など血の赤で書くだろうし、赤の方が、生をかけた誓いの名前で、信用できるかも……。
-----
ひねくれすぎですか(*^_^*)
ただ、お墓に建てたまだ生きている人の名前を赤字で彫るのは気にならないんでしょうか?
そちらが気になります(*^_^*)
(2011年12月20日 21時52分20秒)

ロコロコ~♪さん   三人文殊 さん
ロコロコ~♪さん

>まったくはじめて知りました。
>今は、赤ばかりか、好きな色で名前を書いたりするのをみかけます。
>昔の(本来の)意味合いから大きく外れてしまったのですね。
>由来を無視したり、本分を外れたりは、何も文字ばかりではない時代ですが、
>きちんとした理由を知れば、また考え方も変わるかもしれないですね。
-----
あるサイトで見たのですが、

黒 公文書
青 普通の手紙
緑 離縁の手紙
赤 決闘状

と書いてありました。

確かに特殊な色を使う時は、目立つのでそれなりの意味があるのかも知れません。 (2011年12月20日 21時58分52秒)

吉祥天2260さん   三人文殊 さん
吉祥天2260さん

>私も「お墓に赤で書くから」と言われました
>生きているうちに建てると赤で書くそうで、寿陵というんだと聞いていますが、生きている云々よりお墓に書くということで縁起が悪いとされているんじゃないでしょうか
-----
そういう意味もあるかもしれません。
石屋さんが、建てた人の名前を赤で彫らないように言ってます(*^_^*) (2011年12月20日 22時02分35秒)

大法螺窟さん   三人文殊 さん
大法螺窟さん

>おもしろいですね。。

>「要注意!!」なんでしょうね。

>戒名料を説明するのに、赤で訂正して線を引いたら、「目出度いんかっ!」って、因縁つけてきた馬鹿がいました・・

>早陀羅尼には、赤でペケしますが、天狗さんが持って行かないようにだとか・・・(クスッ)・・
-----
ほう~そうなんですか?
しかし、大法螺窟様のところは因縁をつける人が多いですね(*^_^*)
仏教的な人が多いということでしょうか?(*^_^*) (2011年12月20日 22時06分01秒)

basgaidoさん   三人文殊 さん
basgaidoさん

>こんにちは。最近はいろんな色で文字を書きますけど、名前を赤で書くのは死人に対してとか、その人を呪いたいときに赤で書いたと。だから縁起が悪いと。
-----
呪いは赤で書くんですか(*^_^*)
しかし、やはり赤で名前を書くのは好ましくないですね。 (2011年12月20日 22時07分35秒)

ショコラ425さん   三人文殊 さん
ショコラ425さん

>私は「赤で人の名前を書くな」って、知りませんでした(汗)
>ただ、なんとなく、赤で書きませんけど(笑)
>これからは気をつけたいと思います(^^)
-----
よろしくお願い致します。
私が頼むことではないかもしれませんが(*^_^*) (2011年12月20日 22時10分12秒)

赤・朱は目立つ   蜆汁硯海 さん
葬儀を勉強していると、古代は赤・朱は避邪の色として、棺や死者の化粧に使っていたり鳥居の色も赤・朱ですね。
ここから連想すると人の名前に使っても良いような気がします。実際にも生きている内にお墓の名前入れに赤で書くのは何故かとこじつければ、赤・朱で書くことにより邪を避けるとも言えそうですが…本当の理由は何なのでしょう?

また身分制度のもとで赤・朱は高貴な色とされたこともあったと考えれば下々の者がそれを避けるのも理由がありそうです。
この点は西洋でも王冠に入れる名前を王は黒字であるが、皇帝は赤で入れたりしていたのにも通じそうです。赤はどこでも高貴な色もであったようです。
だから避けるのか、もっと使うべきなのかはそれぞれの考えによりさまざまになってしまいそう。

結局日本では名前はその人を表し、赤で書くのはその人に赤の化粧をしていることになるから縁起が悪いと昔の人は考えたのではないかと想像します。すでに避邪の意味を忘れたのではないかと思うのです。





(2011年12月28日 23時33分21秒)

・・・   ままい さん
自分の名前を赤字で書いてたら注意された事があり、理由が「戦争で亡くなった方を赤字で書いてた」とか言われて赤字で名前書かない方がいいと言われた事があります。
ただ、言われた相手が在日韓国人(現在60歳)にです。





(2012年01月27日 10時54分03秒)

個人ブログで   ままい さん
http://ameblo.jp/iruiru1004/entry-10521943583.html
韓国では故人を赤字で書くみたいですね。
日本でもそうなのかな?
(2012年01月27日 11時02分35秒)

ままいさん   三人文殊 さん
ままいさん

>自分の名前を赤字で書いてたら注意された事があり、理由が「戦争で亡くなった方を赤字で書いてた」とか言われて赤字で名前書かない方がいいと言われた事があります。
>ただ、言われた相手が在日韓国人(現在60歳)にです。
-----
中国では赤字で死者の名前を書くとも言いますので、その影響でしょうか?
日本ではそういう習慣は一般には無いでしょう。
江戸時代の過去帳も見たことありますが、赤ではなく墨で書かれていました。
現在でも黒で書くのが一般的でしょう。 (2012年01月27日 21時52分14秒)

蜆汁硯海さん   三人文殊 さん
蜆汁硯海さん

>葬儀を勉強していると、古代は赤・朱は避邪の色として、棺や死者の化粧に使っていたり鳥居の色も赤・朱ですね。
>ここから連想すると人の名前に使っても良いような気がします。実際にも生きている内にお墓の名前入れに赤で書くのは何故かとこじつければ、赤・朱で書くことにより邪を避けるとも言えそうですが…本当の理由は何なのでしょう?

ただの間違いだと思います。
「戒名」を赤で入れて、没後に黒に変えるのはよく行われます。つまり「赤」で書くのは「書いていない」「仮の形」ということです。
本来、立てた人の名前は最初から「黒」で入れるところ、前の理由と同じように考えた人が始めたことが広まっただけという気がします。

>また身分制度のもとで赤・朱は高貴な色とされたこともあったと考えれば下々の者がそれを避けるのも理由がありそうです。
>この点は西洋でも王冠に入れる名前を王は黒字であるが、皇帝は赤で入れたりしていたのにも通じそうです。赤はどこでも高貴な色もであったようです。
>だから避けるのか、もっと使うべきなのかはそれぞれの考えによりさまざまになってしまいそう。

>結局日本では名前はその人を表し、赤で書くのはその人に赤の化粧をしていることになるから縁起が悪いと昔の人は考えたのではないかと想像します。すでに避邪の意味を忘れたのではないかと思うのです。
-----
すいませんが、そういう推測は全く事実に基づいていないように思われますが、いかがでしょう?(*^_^*) (2012年01月27日 21時58分13秒)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.