2297536 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

三人寄れば文殊の知恵

PR

プロフィール


三人文殊

カテゴリ

フリーページ

弘法大師と真言宗


即身成仏への道


六大の話


四種曼荼羅の話


日本仏教の七宗派-真言宗


弘法大師の入定と即身成仏


一行禅師


四国遍路の不思議


弘法大師伝ーその一


弘法大師伝ー連載中


真言宗における大日如来と弘法大師


高野山紀行


理想の社会ー密厳浄土


日本宗教の七宗派ーはじめに


日本仏教の七宗派-浄土教


日本仏教の七宗派ー日蓮上人の教え


日本仏教の七宗派-禅の教え


日本仏教の七宗派-禅円密戒(天台)


面白法話選


法然の哀しみを読んで


犯人はくじ引きで決める


人間の目指したもの


悪徳業者からのお布施


お不動さんはいつ開く


神様に慣れてはいけない


僧侶は職業?


あなたは餓鬼道に堕ちている?


坊主は無間地獄に落ちる!


出世した人を見たい!


僧侶の適性


お化けはなぜ怖い?


お骨をどうする?


発業とは何か?


電話の不便さ


ネットで初詣?


お札(おふだ)は危険物!


理趣経は勉強しないで下さい!


開けてはいけない!


在家出家?


休日があることは幸福?


日本の坊さんはエエ加減?


坊主が祈祷?


夫は妻の後を追う?


子供の頃


清めの塩は何のために?


無我の我


真面目な法話


信仰心とは


お寺の選び方


お香はいいものを使いましょう


仏壇のお軸がないと


上座と下座は無くなった?


仏事の表書きは?


お札の処分は?


坊主も正座でしびれる


チュンダの施食ー涅槃法要


お彼岸とは先祖供養の日ではない!


お経を唱えることは説法を聞くことと同じ


自宅法要のすすめ


法事は誰のためにする


袈裟の話


お供えしていいものといけないもの


仏教の宇宙観について


数え年はどう数える?


誰に供養をお願いする?


仏壇とお墓を変えること


葬儀に数珠は必要?


本当はめでたい年回忌


新年はお祝いしましょう!


法事と正座


お経を唱えると!


誕生日はいい区切り


造花はいけない?


祈願は何のために


影におびえる


忙し過ぎる現代人


スピリチュアルブーム?


蓮は泥の中に咲く


四十九日が三月越しになると


年取り


お経の功徳


殺生してはいけない


仏と菩薩


天と明王


行の話


断食の話


水行の話


虚空蔵菩薩求聞持法


非日常の行の世界


修法とは


超能力を身につけるには


仙人の翼


四国遍路の雑記帳ー遍路のモラル


四国霊場の開創者


十里十カ寺(1番~10番)


本格的な遍路として(11番~17番)


阿波の不思議霊場(18番~23番)


阿波から土佐へ、室戸と神峰(24番~27番)


太平洋を見ながら歩く(28番~38番)


伊予・土佐境界の謎(39番・40番)


南予・伝説の霊場(41番~43番)


中予の山岳霊場(44番、45番)


城下町松山を歩く(46番~53番)


松山から今治へ(連載中)


葬式仏教について考える


葬儀について


お葬式はいきなりやってくる(前書き)


お葬式はいきなりやってくる(喪主用)


永代供養を考える


自然葬?


自宅葬のススメ


葬儀に公正証書遺言が必要か?


坊主でも葬儀は大変


習俗について


節分と星祭り


お盆の話


喪と忌の話


お彼岸ー明日のために・・・


あなたは神社を守れますか?


喪中につき


宗教と社会の間


臓器移植を考える


靖国参拝はそんなに問題か?


お釈迦さんの成道と真珠湾攻撃


仏教と政治を巡る問題


クマと もりと ひと


戦争に加担した責任とは?


社会に物申す


無責任な選挙(原発の是非)


2007参議院選挙


追悼 宮本顕治


終わらなかった戦争


憲政の常道はどこへ


日本軍は恐ろしい?


地球はどうなる


カーボンオフセット


南極の氷が解ける?


京都議定書から離脱せよ


戦わずして勝てた戦争


リサイクルは環境にやさしくない


「不都合な真実」以前に・・・


不都合な真実


チベットを援助せよ!


道路は必要でしょうか


意地悪じいさんの畑


三人乗り自転車の危険性


レジ袋廃止のCO2削減効果


無題


信仰心があっても


北京五輪はボイコットせよ


真言律宗とは


日本をどうする?


チベット問題ー天台僧の声明文に異議あり


花まつり考


がんばれ善光寺!


一キロちょっとで、タクシー5600円?


長野聖火リレーー真実はどこに?


財政確保の妙手ー米国債を売り払う!


一票の格差を是正することに反対する会


不飲酒


左前


日本の食糧支援と地方増税


ミッドウェーの敗戦


秋葉原はどこへいった


真言宗は、病院のお見舞いから御仏前?


今こそ農林水産業の支援を!


なんともいいがたい数珠の話


日本のCO2の排出量の削減は来年から可能


今年のお盆は?


燃料電池は環境にやさしいか?


久しぶりのツーリング


最近気になる「ドント、フー」


やっとこ25度を切りました!


優秀な骨接ぎはいないのでしょうか?


今年の夏は暑いか?


あえて地球温暖化を肯定的に語ってみる


岩瀬を責めるな!


南極の氷が解けるのは15万年後!


阿耨多羅三藐三菩提


「弘法大師 伝承と史実」の衝撃


「弘法大師 伝承と史実」の衝撃 2


「弘法大師 伝承と史実」の衝撃 3


吉野川は誰のもの?


「江川・ピーマン・北の湖」


自分が食べれないものを売るな!


最近気になる葬儀の作法


仏教とは関係ないんですけどね!


再び真言宗と弘法大師


お彼岸に思うこと―先祖供養と回向


湯水のごとく使う


空母が今の時代に必要でしょうか?


阪神・柏戸・社会党


これは快挙に違いない!


八百長は悪いか?


恐慌が起きたら?


我慢するということ


苦しい時ほど笑おう!


お墓参りの心得


法燈継承式というものを行いました


温暖化問題は・・・


やっと衣替え?


阿弥陀如来は最強か?


レッドクリフとXファイルが見たい!


国籍法改正?


日本は外国人を受け入れる余地があるか?


田母神論文の波紋


魔球を見たい!


地球寒冷化?


犬・猫の殺処分は問題にされないのか?


都会人?の反論に答える


早過ぎた急逝


内定取り消し、100万円で足りないの?


只者ではない


歳越しの場所がなかったあの年


派遣労働者って


戦時国際法をご存じですか?


再び「禅 ZEN」が見たい!


しもやけといえば


戦艦大和引き揚げ計画


アマはプロに勝てるか?


善通寺は弘法大師の誕生地


海賊退治に重武装すぎないか?


受験地獄ー怖いものがある


バイク乗りは・・・


二輪車と四輪車の運転者の特性


怖いのは黄砂だけではない


ついでに交通論


不正卒業を許すな!


住職になるには?


減反などやめてしまおう!


工藤のおっさんを見よう!


あまりにも不自然な自然葬


宗教とは何か?


沖縄戦と南京大虐殺


戦争を知らない子供たち


甘茶の思い出


原発を爆撃するとどうなるか?


18歳で進路を決めるってどうよ!


「私は戦争に反対だった」とは言いたくない


強烈な気を放つ巨木


公共交通機関による遍路


無防備都市宣言???


迷走する四国霊場


遍路日記18~19


遍路日記その20~22


遍路日記 23~26


遍路日記 27~30


一票の格差の是正にあえて反対する


涼しくなる話?


タッチ・オブ・グローリー?


平成21年総選挙雑感


反捕鯨映画に思うこと


遍路日記 31~


戦犯とは何か?


ピース缶爆弾を知らない子供たち!


平均給与の差はいくら?


日本教信者?


ダライラマ14世 僧籍者向け講演


社民党の福島瑞穂の資産2億4999万円


南極の氷が簡単に溶けるものか!


結婚しても子供は必要ない?


鳩山家の謎?闇?


税務の勉強会


喪中欠礼のススメ


日本寒冷化!


真珠湾は奇襲ではなかった


ジェネレーションギャップー社会主義の残像


防衛とは


世間の常識、坊主の非常識


ついにここまで来た


大変だ~!外国人参政権賛成?


高校の授業料無料化は必要か?


子供手当てがひどすぎる


命の大切さ


「坂の上の雲」を読んだ


葬式は要らない?


弘法大師のスポンサーと遣唐使の難易度


英語なんかいる?ー国際教育には漢文を


核兵器上限が1550発ってどうよ!


東トルキスタンからの手紙


やはり地球寒冷化?


中国・韓国旅行は気をつけよう


空き缶拾う「歩き遍路さん」ってどうよ!


ゲゲゲの女房の時代


口蹄疫に見る二つの問題


仏教って社会的?反社会的?


本山の僧侶養成学校が赤字を前提に運営?


遍路札結びつけの問題


四国遍路経験者の菅直人首相誕生!


四国横断自動車道建設について賛成?反対?


四国独立ってどうよ!


「はやぶさ」奇跡の帰還!


スポーツ論


さあ!ワールドカップ本番だ!


ロッキー・ザ・ファイナル


もう一度高橋尚子


バックナンバー

コメント新着

三人文殊@ 悟後の紅茶さんへ New! 悟後の紅茶さんへ >お寺がお近くであ…
三人文殊@ 悟後の紅茶さんへ New! 悟後の紅茶さんへ >「(理趣経の行は…
エンスト新@ Re:最悪の梵習字講習会?ー初めての講習会途中離脱(11/14) New! こんにちは 自分は悪筆ですが、筆を立てて…
同行三人@ハイジ@ Re:最悪の梵習字講習会?ー初めての講習会途中離脱(11/14) New! まあ、梵字のABC、読み方、書き方も大切で…
meron1104@ Re:最悪の梵習字講習会?ー初めての講習会途中離脱(11/14) New! 梵字は見たことはありますよ。 高野山奥の…

お気に入りブログ

お釈迦様を真似して… New! 猫又童子さん

防府市に来ました New! meron1104さん

進まない現実・・・ New! さえママ1107さん

宮崎の旅 6月 ジャ… New! yorosiku!さん

嵐の二宮和也さん、… ショコラ425さん

カレンダー

2012年10月16日
XML
カテゴリ:習俗全般
昨日は近隣のお宮の秋祭りだったようです。

夜になって隣の神社から聞こえる太鼓の音と、昼間何やらハッピを
来た人がゾロゾロ(と言っても数人)歩いているので、ようやく
「そうかお祭りなんだ」と判ったぐらいです(*^_^*)

神社には何本も祭りであることを示す幟が立ってますが
閑散とした境内には何故かむなしいです。

私の記憶にあるお祭りは賑やかでした。

いくつかの集落で、ちょうど同じ時期に春祭りがありました。

学校は休みになり、農林業はもちろん、自営業者も仕事を休み
町をあげてお祭りがおこなわれて、子供たちは
お小遣いをもらって、屋台へ走りました。

境内の参道から、さらに外の道路に沿ってたくさんの屋台が
並んでいました。

最近は無くなりましたが、以前は「ひよこ」が人気でしたね。
今から考えると、オスのひよこを鶏卵業者が安く(ただ?)で
売っていたのでしょう。それが屋台で売られていました。

私の年代では、誰もがその可愛さに一度は買ったことでしょう。
しかし、長時間揺られて運ばれたひよこは弱く、
寒さに震えながら、看病むなしく2~3日の短い命を終えました。

たまに成長することがあっても、オスですから
長期間飼われることはありませんでした。

あとは、飴屋、割り箸の半分位の二本の棒の先に、
水あめをすくって渡してくれます。
時には緑や赤や黄色の着色料が付いていて、その二本の棒で
飴を回すと空気が入ってカラフルな色に変わります。
しかし、回し過ぎると飴を落としてガックリ(;一_一)

お祭り自体はどうでもよくて、屋台で何を買おうか見て回るのが
楽しみでした。

ところで、私は7歳の頃、父親と死別しました。

そのためか、母親はかなりお金には苦労したようです。

お祭りのときに、200円だか300円だか、その小遣いが
もらえませんでした。

ずいぶんしつこく母親に「お祭りの小遣いくれるって言ったのに」
と言い続けた記憶があります。
今から考えると、ずいぶん情けない話です(;一_一)

家々でも御馳走が作られました。
私の家では用意されなかったのですが
「スズメ」とか「イナゴ」とか・・・(*^_^*)

「スズメ」は骨ばっかりで食べにくいんですよね(*^_^*)

長じてから、あるお宅へお祭りに招かれたことがあります。
次々に御馳走が運ばれてくる。

全部食べないと失礼かと思ったのですが・・・
それにしては多すぎる(@_@;)

後からお客さんが来ましたから・・・私は食べ過ぎ(;一_一)

それはさておき、お祭りがどれだけ楽しみだったかという話です。

しかし、最近はそんな祭りも少なくなりました。

もともと、農村であるいは漁村で、その年の豊作・豊漁を祈願する。
また、その年の収穫・漁獲に感謝する。それが祭りの起源です。

農業も漁業も人間の努力だけでなく、天候など人為的以外の要因に
左右されることが少なくありません。

それゆえ、祈願し感謝する祭りが重要だったのですが・・・

近年はいかがでしょう?

多くの人はサラリーマンとして会社から給与をもらっています。
会社が発展し給料が増えるためには、神様に祈願することが
必要かどうか?また給料が増えたからと言って神様に
感謝することが必要かどうか?

それ以前にお祭りだからと言って休みにはならないですね(*^_^*)

そう考えると、残念なことですがお祭り自体がすたれていくのは、
やむを得ないのかもしれません。

しかし、人間の根本は食べること。
それに携わる人が減り、人間がそれに感謝できない社会は
いびつとしか言えないような気がします。






最終更新日  2012年10月16日 21時09分07秒
コメント(14) | コメントを書く
[習俗全般] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:あなたはお祭りを知っているか?(10/16)   夢穂 さん
うちのあたりでは地域で春の農業が終わった後
秋の農業が終わったとと2度、宴会を今でもして
います。でも昔に比べて田植えも稲刈りも随分
早くなったので時期がずれてはいますが。あと
お年寄りのお花見も・・・・ある意味で昔の地域の
つながりや行事が今も脈々と続いてきましたが
専業主婦もいなくなり、普通に女性も定年まで働き
同居なども減っている現状では、そうゆうのも
簡素化していくかもしれませんね

過疎化で高齢化し、伝統のお祭りを実施できなくなった
地域も多いと聞きます (2012年10月16日 21時15分27秒)

Re:あなたはお祭りを知っているか?(10/16)   妙吉祥 さん
農業従事者が減少したのか?地域コミュニティーが希薄になったのか?学校、幼稚園などを巻き込んですればいいものを、地域の古株は、新参者を「氏子」としては迎え入れたくはないようです。その割に、神社の建て替えとなると所構わず不特定から集金しているようです。

お盆も、お正月も、お祭りも、消えようとしています。収穫祭で感謝のない農民たちは、出荷の《相場》をギャンブルのような目で見ているようです。まじめにコツコツとしていれば、メイドインジャパンは不滅でしょうけれど、商業ベースで組み込まれてしまって祭礼や供養までも、銭勘定で「自己の利益」だけを思っているみたいです。

どんなに貧しい時代にも、「心の豊かさ」だけは失われずに尊厳を守り続けてきましたが、伝統文化を捨ててしまって、何もかもが失われてゆくようです・・・戦時中後半、戦後荒廃の物資のない時代にでも、お初穂があがって、法事をし、おまんじゅうもお土産もあったという話を聞けば驚異というよりも、敬意の思いがおこります。お祭りをしなくなったのはそう言った心儀がなくなったからなのではないでしょうか? (2012年10月17日 10時11分21秒)

Re:あなたはお祭りを知っているか?(10/16)   ぢんこω さん
東京ではね、お祭りは盛り上がって来ていますよ。
一時はお神輿の担ぎ手がいなくて中止になったりした時期もあったようですが、今はお祭り好きがあちこち招待されたりして移動して、人の足りない地域でもお祭りをにぎやかにやっている所が多いです。
有名な三社祭りや神田祭り、深川祭りのようなのだって元々は五穀豊穣家内安全を祈る「その地域」のお祭りでしたよね。
東京でもその土地の古い神社に奉納するお祭りは、今でもちゃんと息付いています。
お祭りで子供たちが楽しむ姿、そんな中で地域の子として大人との交流があり、顔を覚えて日常にも声をかえるようになり、悪い事すれば知った顔に叱られて育てられて・・・、昔は祭りってそういう大切な人と人とのつながりを生むものでした。
今ではやっぱり希薄になって来たとは言え、子供たちの笑顔は変っていませんし、参加した子供たちにはきっと何がしかの「思い出」として残るのではないかと思います。
残念なのは子供達が塾だのゲームだのってなかなか参加しなくなって来ている事です。
私の知る限り、都市部では田畑が無くても神社を中心としてのコミュニティは延々と続いています。
(2012年10月17日 23時20分27秒)

Re:あなたはお祭りを知っているか?(10/16)   柴田 364 さん
  少しのあいだ お邪魔させてもらいます。
 このところ、体調が優れず、昨日はお休みを取りました、病院へ・・・待合室で週刊朝日を読みました、橋下市長への悪意に満ちた文面、あそこまで書く事に何か意味があるのですか、いくら公人と言っても・・・
 週刊朝日の編集長がすぐに謝罪文が・・・
 同和地区に、今住んでいる方への事など、何も考えていないのでは?口先だけの謝罪・・・

ウィル ライス (Will Rice)
 玄米を気軽に召し上がりたい方。
 ダイエットを考えている方。
 ストレスを受けやすい方。
(2012年10月20日 09時25分25秒)

Re:あなたはお祭りを知っているか?(10/16)   吉祥天2260 さん
私は田舎で成長したので、お祭りの賑やかさを知っています
神社ごとにお祭りの日は違ってましたが
お神輿が出て、だんじりが出て
田舎の風景の中でお神輿の金色の輝きは心躍るものがありました。だんじりに乗れるのは男の子だけで、この時は悔しい思いをしたものです
故郷の友達に聞いたらだんじり、今もあるそうですが、子供の数が減って女の子も乗っているそうで
お祭りが見たいので11月には故郷に帰ってみようかと思っています
ヒヨコ、農家が多かったのでいろいろと聞いて、上手に大きくしてましたよ
私も飼ってだいぶ大きくなっていたのを猫に取られて悲しくて大声で泣いたのを覚えています (2012年10月20日 11時59分09秒)

夢穂さん   三人文殊 さん
夢穂さん

>うちのあたりでは地域で春の農業が終わった後
>秋の農業が終わったとと2度、宴会を今でもして
>います。でも昔に比べて田植えも稲刈りも随分
>早くなったので時期がずれてはいますが。あと
>お年寄りのお花見も・・・・ある意味で昔の地域の
>つながりや行事が今も脈々と続いてきましたが
>専業主婦もいなくなり、普通に女性も定年まで働き
>同居なども減っている現状では、そうゆうのも
>簡素化していくかもしれませんね

>過疎化で高齢化し、伝統のお祭りを実施できなくなった
>地域も多いと聞きます
-----
私の実家付近では、子供の数が減って、神輿の下に車輪を付けて、かつぐのではなく引っ張っていました(*^_^*)
同じく、実家の付近の話ですが、十数年前ですが、夏祭りの人員が足りなくなった地域があり、余所から日当を出して人員確保をしていたようです。

農業は周りの協力も大切なので、事あるごとに、買いを開き親睦をはかるとともに結束を固め娯楽も兼ねて会合が持たれていたのでしょうが、農村でも会社勤めの人が多くなると、そういうことも減っていくのでしょう(*^_^*) (2012年10月21日 12時47分33秒)

ぢんこωさん   三人文殊 さん
ぢんこωさん

>東京ではね、お祭りは盛り上がって来ていますよ。
>一時はお神輿の担ぎ手がいなくて中止になったりした時期もあったようですが、今はお祭り好きがあちこち招待されたりして移動して、人の足りない地域でもお祭りをにぎやかにやっている所が多いです。
>有名な三社祭りや神田祭り、深川祭りのようなのだって元々は五穀豊穣家内安全を祈る「その地域」のお祭りでしたよね。
>東京でもその土地の古い神社に奉納するお祭りは、今でもちゃんと息付いています。
>お祭りで子供たちが楽しむ姿、そんな中で地域の子として大人との交流があり、顔を覚えて日常にも声をかえるようになり、悪い事すれば知った顔に叱られて育てられて・・・、昔は祭りってそういう大切な人と人とのつながりを生むものでした。
>今ではやっぱり希薄になって来たとは言え、子供たちの笑顔は変っていませんし、参加した子供たちにはきっと何がしかの「思い出」として残るのではないかと思います。
>残念なのは子供達が塾だのゲームだのってなかなか参加しなくなって来ている事です。
>私の知る限り、都市部では田畑が無くても神社を中心としてのコミュニティは延々と続いています。

-----
どうなんでしょう?
実は隣の神社も「夏祭り」の一部は非常に盛り上がっています。イベントの一環として、徳島大学などと提携しているようですが、それが良いかどうかは判りません。
よくわかりませんが、東京のお祭りもイベントとして盛り上がっているのではないでしょうか? (2012年10月21日 13時30分31秒)

柴田 364さん   三人文殊 さん
柴田 364さん

> このところ、体調が優れず、昨日はお休みを取りました、

お大事になさってください。

>病院へ・・・待合室で週刊朝日を読みました、橋下市長への悪意に満ちた文面、あそこまで書く事に何か意味があるのですか、いくら公人と言っても・・・
> 週刊朝日の編集長がすぐに謝罪文が・・・
> 同和地区に、今住んでいる方への事など、何も考えていないのでは?口先だけの謝罪・・・
-----
朝日新聞は昔から権威主義です。
橋下ごときという考えがあったのでしょう。
私も橋下氏は好きではないですが、出自をどうこう言うのはおかしいですね。 (2012年10月21日 13時34分59秒)

吉祥天2260さん   三人文殊 さん
吉祥天2260さん

>私は田舎で成長したので、お祭りの賑やかさを知っています
>神社ごとにお祭りの日は違ってましたが
>お神輿が出て、だんじりが出て
>田舎の風景の中でお神輿の金色の輝きは心躍るものがありました。だんじりに乗れるのは男の子だけで、この時は悔しい思いをしたものです
>故郷の友達に聞いたらだんじり、今もあるそうですが、子供の数が減って女の子も乗っているそうで
>お祭りが見たいので11月には故郷に帰ってみようかと思っています
>ヒヨコ、農家が多かったのでいろいろと聞いて、上手に大きくしてましたよ
>私も飼ってだいぶ大きくなっていたのを猫に取られて悲しくて大声で泣いたのを覚えています
-----
私の田舎ではお祭りの巫女は初潮前というきまりがあったようですし、しかも、昔から数んでいる「地付き」でないと選ばれない決まりもあったようですが・・・最近はそういうことは無くなってしまったそうです。

そういう決まりが良いかどうかはともかく、昔からそういう流れで行われていたものが変わってしまうのは残念なことです。 (2012年10月21日 13時39分08秒)

妙吉祥さん   三人文殊 さん
妙吉祥さん

すいません。コメントが入らなくなり、お返事が遅くなったようです。申し訳ないです。

-----
農業の在り方については、以前から問題になっていますね。
しかし、それ以上に農業で生活できないという深刻な問題があります。
また、地域コミュニティに新しい人を入れていくのは、なかなか難しいでしょう。
最近の子供の親はモンスターも多く、学校でも「遊びに来た子供にお菓子を与えないでください」ということも聞きました。

ただ、豊かになった分だけ自然に対する感謝などが失われてしまったのかも知れませんね。 (2012年10月21日 13時49分38秒)

それは違いますね   ぢんこω さん
>よくわかりませんが、東京のお祭りもイベントとして盛り上がっているのではないでしょうか?
-----
それぞれの土地では違う文化が発達している日本です。
大きな物(三社など)はイベント化している部分がありますが、細かく分かれて行われるその土地の氏神様のお祭りは町会が仕切ってちゃんと神様へ奉納する形で盛んに行われていますよ。
小さな町会でも古いしきたりを大切に守って礼儀に則って祭りは進行します。
イベントなんて言わせませんよ(ーー;(笑)

(2012年10月22日 23時26分53秒)

Re:あなたはお祭りを知っているか?(10/16)   ショコラ425 さん
私の出身地の静岡県と今、住んでいる神奈川県では、お祭りは別にすたれていないです。
むしろ、派手になっているような気がします(^^)
祭りを通して、町おこしだったり、地域のコミュニケーションを図る場だったり・・・
特に、神社仏閣と関係なく、観光目的のような、新しく作ったようなお祭りも多いです(汗)
横浜は特に(^^;)

地方によってもかなり違うでしょうね(^^)
(2012年10月23日 00時16分28秒)

ぢんこωさん   三人文殊 さん
ぢんこωさん

>>よくわかりませんが、東京のお祭りもイベントとして盛り上がっているのではないでしょうか?
>-----
>それぞれの土地では違う文化が発達している日本です。
>大きな物(三社など)はイベント化している部分がありますが、細かく分かれて行われるその土地の氏神様のお祭りは町会が仕切ってちゃんと神様へ奉納する形で盛んに行われていますよ。
>小さな町会でも古いしきたりを大切に守って礼儀に則って祭りは進行します。
>イベントなんて言わせませんよ(ーー;(笑)
-----
失礼いたしました。(*^_^*) (2012年10月29日 13時10分04秒)

ショコラ425さん   三人文殊 さん
ショコラ425さん

>私の出身地の静岡県と今、住んでいる神奈川県では、お祭りは別にすたれていないです。
>むしろ、派手になっているような気がします(^^)
>祭りを通して、町おこしだったり、地域のコミュニケーションを図る場だったり・・・
>特に、神社仏閣と関係なく、観光目的のような、新しく作ったようなお祭りも多いです(汗)
>横浜は特に(^^;)

>地方によってもかなり違うでしょうね(^^)

-----
それはうらやましい限りですね。
ただ、お祭りは「神様を祀る」という点が無視されると、ただのいべんとになってしまいます(*^_^*) (2012年10月29日 13時13分56秒)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.