000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

とはずがたり

PR

プロフィール


アラネア

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006.09.08
XML
カテゴリ:映画

 昨日、午前3時半までテレビを見てしまいました。
きらきら映画「死ぬまでにしたい10のこと」原題「 my life without me 」
なにげなく見たのですが、ついつい最後まで…

四つ葉失業中の夫と二人のこどもと、実家の庭の
トレーラーの中で生活している23歳のアンは
突然あと2ヶ月の命と宣告されます。

彼女はそのことを家族の誰にも、自分の母親にさえ話さず、
ひとりで耐えて行く...いや耐えるだけではなく、残された命を
自分なりに輝かそうとするのです。
その淡々とさえ見える強さに少し、違和感をおぼえましたが、
アンを演じる女優さん(サラ・ポーリー)に魅かれて
どんどん作品に引き込まれていきました。

担当医とのやりとり、夫と二人の小さな子供たちへの愛情。
隣人や仕事仲間へのやさしさ...
そして、死を宣告されてからできた恋人へのまなざし...
アンを演じる女優さんがすばらしい!
...化粧をしなくても本当に美しい。
ひとつひとつの表情が透明感があるのに説得力があり、
魅力的で、今も脳裏に焼きついています。
ハート(手書き)この作品はアン役がこの女優さんだからこそ生きたと思います。

隣人の若いナースもよかったです。
小児病棟でのつらい経験から、心に傷をおいながらも
明るくやさしいその表情に胸打たれました。
ラストのほうで…
アンはこの隣人に自分亡き後の夫と子供たちをたくそうと
していることを暗示させています。

母親としたら、子供たちのことばかりが気になり、とても
夫以外の男性とつきあったりできないのでは...と思いますが
彼女の死ぬまでにしたい10のリストの中に夫以外の男性と付き合う
ことが入っていたのですね。
妻として、母として、女として...生きたのです。
それだけでなく娘としても…
人生を後悔にあけくれている自分の母親の事も心配していました。
そして、刑務所に入っている父親にも会いに行ったのです。

娘たち、夫、恋人、母親に自分が亡き後、
渡してくれるように担当医に頼んだテープが心打たれます。
特に娘たちには毎年の誕生日にひとづつ聞くように...
「もう17歳になったのね。もう、大人ね...。」
「...なにかあっても学校はちゃんと卒業してね。」
「新しいママの事もわかってあげてね。」等など...
胸がしめつけられます。

手書きハート恋に落ちた相手はものすごく地味~な真面目な人で
(見た感じは夫の方が男性としたら全然魅力的では?)、
でもそれが良かったと思います。救いでもあったかな。
男性の愛にアンが答えたと言う、自然な感じもしました。
それにしてもこの男、失恋したばかりなのに...また...
これじゃあんまりにもかわいそうじゃない、と同情しちゃいました。

これ、監督は女性じゃないかな~と思ったらやはりそうでした。
日々の暮らしの細やかな表現のしかたが女性らしいと思ったのです。

このイザベル・コレット監督ってスペイン出身らしい!!びっくり

現実にこんな宣告をされたら、どうなるのか、
ほんとうにわかりませんが、
映画としては、とてもいい作品だと思いました。りぼん

余談ですが、アンの刑務所に入っている父親役の俳優は
「スパイダーマン2」に出た敵役の人だった!
個性的で演技派だな~と思っていたんです。

ああ、それと、原題の「my life without me 」の方が
日本の題名より数段いいと思いました~。







最終更新日  2006.09.09 10:17:33
コメント(10) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「死ぬまでにしたい10のこと」(09/08)   torres8 さん
あらすじでよく意味がわかりました。
見てはいませんが。
多くの人が、同じ境遇を経験したのでしょう。
われわれもいつ同じ状態になるのか、わかりません。
10日でなくても、死の宣言ですよね。
われわれは、間違いなく死にますから、
同じ条件です。 (2006.09.09 04:42:24)

映評ありがとう 頑爺。   Mr浅草魂 さん
 慌てゝエキサイト翻訳開いて訳しました。タイトル
の訳 まったく同感であります・・・・・やっぱ人間は追い込まれた時にホントの姿出てくるのでしょうか,カネにも環境にも恵まれすぎてるとホントの智恵を見過ごして生きてしまうのでしょうか・・・昔 カネあった頃
食いたいモノは直ぐ食ってましたがあれはダメでした。
00年8末に会社無くして 今の食生活は正常に戻った
です・・・・この映画は切なすぎて私には苦手ですが
映評だけで充分 心に残りました。 (2006.09.09 11:53:31)

Re:映画「死ぬまでにしたい10のこと」(09/08)   ビーニャ さん
TVの放送予定で見たいなと思っていた映画でした。
見忘れた。放映時間が遅すぎですよね~?
ペドロ.アドモバルさんも監督の総指揮をしているんですね。スペイン映画?2ヶ月。短いよね。あっという間だよ~。
アラネアとキツネは図書館で予約しました。楽しみだにゃ。 (2006.09.09 14:44:20)

Re[1]:「死ぬまでにしたい10のこと」(09/08)   アラネア さん
torres8さん
>あらすじでよく意味がわかりました。
>見てはいませんが。
>多くの人が、同じ境遇を経験したのでしょう。
>われわれもいつ同じ状態になるのか、わかりません。
>10日でなくても、死の宣言ですよね。
>われわれは、間違いなく死にますから、
>同じ条件です。
-----
ほんとうですね。
生まれたときからすでにわれわれはいつかはわらないけど、死の宣告をされているのです。
儚いのは皆同じなのですね。
…心に染み入る映画でした。 (2006.09.09 16:26:39)

Re:映評ありがとう 頑爺。(09/08)   アラネア さん
Mr浅草魂さん
> 慌てゝエキサイト翻訳開いて訳しました。タイトル
>の訳 まったく同感であります・・・・・やっぱ人間は追い込まれた時にホントの姿出てくるのでしょうか,カネにも環境にも恵まれすぎてるとホントの智恵を見過ごして生きてしまうのでしょうか・・・昔 カネあった頃
>食いたいモノは直ぐ食ってましたがあれはダメでした。
>00年8末に会社無くして 今の食生活は正常に戻った
>です・・・・この映画は切なすぎて私には苦手ですが
>映評だけで充分 心に残りました。
-----
生きているといろいろ予測できない事がおこりますね。
でも命ある限り、前に進まなければならない。
強くて儚い私たちなのですね。
今、友達が入院していたり、母のことを思ったり…
そんな私の心の奥にこの作品は響いてきました。 (2006.09.09 16:34:16)

Re[1]:映画「死ぬまでにしたい10のこと」(09/08)   アラネア さん
ビーニャさん
>TVの放送予定で見たいなと思っていた映画でした。
>見忘れた。放映時間が遅すぎですよね~?
>ペドロ.アドモバルさんも監督の総指揮をしているんですね。スペイン映画?2ヶ月。短いよね。あっという間だよ~。
>アラネアとキツネは図書館で予約しました。楽しみだにゃ。
-----
スペインとカナダ映画ってかいてありました。
今ごろURLをクリックしてじっくりみたところです。
ペドロ・アドモバルさんは細かいことには口を出さず監督にまかせたみたい…ペドロ・アドモバルさんて巨匠なのね。他の作品もよさげね~見たくなりました。
「きつね」また見たいな~。 (2006.09.09 16:41:32)

Re:映画「死ぬまでにしたい10のこと」(09/08)   蓮華36 さん
これ、以前見ました。
とっても好きな映画の一つです。どっちかというと、ヨーロッパ的な映画のほうが自分は性に合うみたいで、これも雰囲気が大好きで・・。

哀しいんだけど、母として、妻として、そして女としての彼女を自然に、そして透明感あふれるタッチで描かれてますね。以前自分が胸に腫瘍ができ、黒か白かわからなかった時期のことを思い出しながら、この映画を見ました。

たくさん考えさせられるテーマが隠れているけれど、本当に女優さんの透明感に見とれてしまう映画でした。 (2006.09.09 19:33:40)

Re[1]:映画「死ぬまでにしたい10のこと」(09/08)   アラネア さん
蓮華36さん
>これ、以前見ました。
>とっても好きな映画の一つです。どっちかというと、ヨーロッパ的な映画のほうが自分は性に合うみたいで、これも雰囲気が大好きで・・。

>哀しいんだけど、母として、妻として、そして女としての彼女を自然に、そして透明感あふれるタッチで描かれてますね。以前自分が胸に腫瘍ができ、黒か白かわからなかった時期のことを思い出しながら、この映画を見ました。

>たくさん考えさせられるテーマが隠れているけれど、本当に女優さんの透明感に見とれてしまう映画でした。
-----
本当にこの女優さんは良かったです。演技って感じさせないナチュラルさが素晴らしい…
蓮華36さんもつらい経験があったんですね。
健康のありがたさを再認識させてくれ、まわりの人に優しくしなくちゃ、と改めて思わせてくれる映画でもありました…。
(2006.09.09 22:51:05)

はじめまして!   Madoyan さん
私もこの作品見たのですがかなり否定的に見てしまって記事もさんざんな事を書いてしまいました…汗
アラネアさんの記事をみて感動しましたー(涙)
そうか、そういうふうに見ればよかったのですねーと色々参考にさせていただきました^^
(2006.09.13 23:02:15)

Re:はじめまして!(09/08)   アラネア さん
Madoyanさん
>私もこの作品見たのですがかなり否定的に見てしまって記事もさんざんな事を書いてしまいました…汗
>アラネアさんの記事をみて感動しましたー(涙)
>そうか、そういうふうに見ればよかったのですねーと色々参考にさせていただきました^^
-----
はじめましてMadoyanさん!
コメントありがとうございます。
今そちらに行って、書き込みさせて頂きました~
感動して下さったなんて、すごくうれしいです。
でも、人それぞれ見方は違っていいと思うんですよ。私は好みだったと言うだけなんですよ。
ところで、父親役のアルフレッド・モリーナさんて「ショコラ」にも出ていたんですか~。やっぱり演技派なんですね~Madoyanさんも注目してたんですね!なんだかうれしいです…。 (2006.09.14 01:23:47)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.