579480 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

とはずがたり

PR

プロフィール


アラネア

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2013.09.23
XML
カテゴリ:ライブ

 

 昨日、息子の舞台を見に行きました。

一昨日は京都の高校の友達と会いましたが、
昨日は東京の高校時代、(たった一学期だけいた高校、
2学期から京都の高校に転校)の友達が一緒に行ってくれました。
主人も娘もこの芝居は4年前に見たので行かないって。
息子の役はその時と違い、今回は重要な役であり、せりふも出番も
多いのにね~

やっぱり同じ芝居を息子が違う役をやっているからって
2度見ようなんて母親だけかしらね…と思いつつ。

一人で行こうと思ったんだけど、劇場が三鷹で
西荻窪にいる友達が近いじゃないかいとふと思い
ダメ元でさそったら、行くと返事が…うれしかったです。

いや、ホントは母と見に行くつもりだったんですが、

前の日、同じマンションの日舞の先生の発表会を
浅草に見に行くので、帰りが夜になり、
次の日朝からでかけるのは無理…と言うことだったんです。

本当は戦争体験している母に見てもらいたかったけど
逆に、もうたくさん なのかもしれませんね~


4年前に見た時より、すぐに物語に入っていけて

やっぱり泣いてしまいしたよ。

キャストは主人公の「じいさん」以外はほとんど変わっていましたが

全体的にパワーアップしたように感じました。


息子の役は特攻隊員の役でした。

2回飛び立ったのに2回とも、戻ってきてしまうのです。、

1回目は天候不順、2回目は機体の不具合で、

自分の判断は正しいと思ってはいるのですが...

上官には殴られ、仲間のひとりになじられ、乱闘になり…

苦悩すると言う役でした。

 機体の不具合は本当で、整備工の人が謝り、機体を修理して、

改めて飛び立ち、敵の中に突っ込んでいくのでした。

複雑な思いの、なかなか難しい役たったど思いますが…

息子は物凄い集中力で演じ切っていたと思います。

ちょっと役にのめり込み過ぎているような印象も受けましたが・・・

 

それいにしても・・・・

国のため、愛する人を守るため、

自分たちが犠牲になることで平和が訪れることを信じ、

敵の中に身を投じた若者たちを思うと…

涙があふれてきて、前回と同じように客席でハンカチで

目をおさえている人ばかりでした。

 

パンフレットの演出家さんのメッセージを読むと

「この芝居の稽古は過酷を極めた…

稽古が中断しても泣き続ける若い俳優たち…

なかなか特攻隊員の気持ちがつかめずあがき苦しむ

戦争をしらない役者たち…」 とありました。

 
そういえば息子もずいぶん痩せました。

 
 前回はそれほど強く感じなかったのですが

このような戦争の事実を、演劇によって伝えていく事は

大変ですが、素晴らしいことだと思いました。

 

昨日の昼の部で千秋楽、

息子たちはすぐに佐賀に向かいました。

高校生にこの芝居を見せるために全国を旅しています。


息子も本当に成長したなぁと思います。

引きこもっていたころから思えば、夢のようです。

なんと、ファンもできたようで、ロビーで若い女の子たちに

囲まれていました。

うれしいけれど、いい気になっちゃいけませんよね。


驚いたことに息子は一緒に行った友達を覚えていました。

小さい頃、友達の家に連れて行ったのです。

マンション暮らしの子供たちに、広い庭の一軒家を

見せたかったのです。

私の母もマンション暮らしでしたし・・・

2階から屋根の上を歩かせてもらったりしました。

そんな体験をさせたかったのです。

犬(甲斐犬)もいたしね。

 

芝居を観た帰りは友達と三鷹と中野で、飲んで食べて・・・

久しぶりでした、ゆっくり話せたのが…

友達もとってもいい芝居だったと言ってくれて

いろいろ考えたといってました。

去年亡くなったお母さんの事・・・

はじめに嫁いだ夫が戦争から帰ってきてまもなく

マラリアで亡くなり、

その時できた赤ちゃんが一週間でなくなり

そのあと、夫の弟の妻となり・・・それは当時よくあることでした。

二人の夫に嫁いで、本当はどんな気持ちだったのか

いろいろなことを聞いてみたかった…と

とにかく話ができなくなる前にいろいろ聞いておいた方が

いいよ、と私に言います。

私の場合は私の母は耳にタコができるくらい

いろんなことを話してくれるのですが…


中野ってところがとっても面白いところで

飲み屋街があって、小さなお店がいくつもあり・・・

なんだか開拓したくなりました。

話は尽きず、考えると三鷹と中野合わせて

6時間位飲み続けていました・・・

やっぱり一番、自分の気持ちを素直に話せる友達です。

 

 

          特攻隊.jpg

  

 







最終更新日  2013.09.24 07:42:25
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:息子よ!(09/23)   Happy Birthday! さん
背が高いですね
ーーー
頼もしいです。
こういう話の演劇 長男が好きです。 じつは次男より長男のほうが高校時代から市民の演劇団に入っていてスタートは長かったのです。最初の演劇は 日中戦争の話。そして自分が一番やりたかったのは 特攻隊の演劇でした。いまは演劇から離れていますが 劇団新幹線の有名な,,,,特攻隊の演劇。忘 あの 話いいですよ。
頑張っていますね!!うちも10月また新しい舞台です。 (2013.09.24 20:14:20)

Re[1]:息子よ!(09/23)   アラネア さん
Happy Birthday!さん

そうだったんですか、ご長男も…
そういえば、フラメンコも習ってらした事がありますよね!
やっぱり、演じる事はお好きなんですね。
うちの息子には、びっくりです。まさか俳優になるなんて・・・
でも私の夢をかなえてくれているような気がします。
子供が好きなことをやっていてくれて、健康であれば言うことないです。
事務所の社長さんとお会いしましが、「すごい努力家です」と
言われました~
それは私にはできなかった事ですね~(笑)
御次男もいろいろ才能があって楽しみですね!
若々しくエネルギッシュな舞台で素敵です!! (2013.09.25 08:40:21)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.