587838 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

とはずがたり

PR

プロフィール


アラネア

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.08.03
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​                             

                          

行ってきました、帝国劇場!
「ジャージーボーイズ イン コンサート」

日曜の昼間・・・なのに電車、かなりすいていました。


帝劇について、今日は初めてスマチケで入場。
受付のお兄さんの言う通り画面をタップしてもなかなか
次の画面に行かずあせりました~~
でもこれからは紙のチケットでなくこういう
電子チケットに慣れなくてはね。

席は2階のB席の最前列なのでとても良く見えました。
A席の一角が全く埋まっていなくて、入場者数をへらしたのか
まさかチケット売れなかった・・・?じゃないでしょうね。
座席はひと席おきなので、とてもゆったり見る事ができました。
マスクはもちろんしたままです。

「ジャージーボーイズ」
わたしは初めてだったんですが、観客はもう何回も見ている方
が多かった気がします。
ペンライトを持ってきた人がたくさんいて、びっくりです。
緑や赤や青のペンライトを要所要所で揺らしていました。
慣れてるなぁ~~
知ってれば、娘に借りてきたのに、残念!

本当はちゃんとミュージカルを上演する予定が
コロナの影響で中止になり、
今回はコンサートとして上演することになりました。

わたしは興味もあったんですが
尾上右近さんが初めてミュージカルに挑戦!という事で
ワクワクしてました。
2時間のノンストップで休憩は無しでした。
なんか逆に良かったですね~

主役の中川晃教さんがほんとに上手いです。
強めのファルセットで歌うフランキー・ヴァリの役がぴったりで
もう、この人がいなかったら日本でこの作品はできなかったと思います。
他の方たちも、そりゃ~プロだからと言ってしまえばそれまでですが
ほんとに歌がうまくて感激でした。

1960年代に活躍したニュージャージー州出身の4人の
ボーカリスト「フォーシーズンズ」の物語なんですね。

栄光と挫折、仲間同士の葛藤などが描かれた
ブロードウエイミュージカルなんです。

そうそう、クリント・イーストウッド監督で2014年に
映画化されています。(見たいなぁ~)

で。。。舞台後方に大スクリーンがあり、
そこにはまさに舞台上での出演者がリアルに写るので
オペラグラスがいらないですね。

フォーシーズンズの歌って
「シェリー」とか「君の瞳に恋してる」が有名ですね。

「シェリー」は日本語版で
九重ゆみことパラダイスキングで大ヒットしましたね。
これは私たち世代しか知らないですよね~
大好きな歌で今も口づさんでいますがフォーシーズンズの歌
だったんですね~
「君の瞳に恋してる」は今もしょっちゅう耳にしますね。

で。。。
実は中川晃教さんと尾上右近さん以外の方は全く知らなくて・・・
尾上右近さん、さすがに歌舞伎役者であり、清元の宗家でもあるので
声にハリがあり上手でした。
他の方たち、みなさん中年の方ばかりでしたから
柔軟さが目だってましたよ!なんだか面白い動きをしてたり・・・

後半になり、なんと観客席の天井にミラーボールがキラキラ!!
確か宝塚でもよくありますよね、ミラーボール。
そして、客席に星が降るように光がキラキラと・・・
感激しました!
キャバレーに居るような気分?

「ほんとにさ~これだよ~」と思いましたよ。
ストレスなくなりますよ。

最後の方になってくるとなんだかちょっと涙が出ました。
出演者さん達、スタッフさん達の思いが伝わって来るようで・・・

どんな形でもいいから、とにかく観客に届けたい・・・
舞台に携わる方達、
一生懸命考えてると思います。

今日は元気をもらいました、
免疫力上がるよ~~

来週は宝塚ライブビューイングで錦糸町の映画館と
またまたミュージカルコンサートで帝劇に!

今日はグッズの販売もないし、食べるものも売ってないし、
ちょっと寂しかったけど、トイレもすいてるし
なんだかスッキリしてて、良かったかも・・・


こうしてライブの事を日記を書けることが
本当にうれしいです。







最終更新日  2020.08.03 01:03:46
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.