556128 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

とはずがたり

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

宝塚

2020.05.10
XML
カテゴリ:宝塚
​​​​​​​​​​ 実はこの「壬生義士伝」、私は観に行っていません。
  (でも、なぜかプログラムはあったりしする・・・)

というのは、
なにしろ幕末モノは嫌いなのです。
特に新選組は悲劇そのものじゃないですか~
若い頃はそれでも、興味を持って見ていましたが
最近はあえて見ないようにしいます。
とにかく辛いんです。
この公演、前評判でもハンカチなしには見れないとかって・・・
もう胸がしめつけられるような思いってしたくなかったんです。

だからこれを録画して、観るのを少し迷いました。
るい午前中に観ることにしました。

 
 芝居の雪組さんと言われるだけあって、どんどんひきこまれましたが、
やっぱり、陰惨な場面が次々あったり、
家族のために守銭奴となる
主人公の言動、行動とか痛々しく感じました・・・
でもさすがに雪組トップだいもん(望海風斗)。
そのキャラクターと演技力。ちょっと笑えたりもして・


剣の達人である斎藤さんをアーサ(朝美絢)が演じていました!!
すごく良かったと思います。
冷めているようで実は主人公を尊敬してたりする。
表現力がありました、
難を言えば、美しすぎる事・・・(笑)

でもこれ、宝塚でやっていい作品なの~?イメージ違う~

動揺と戸惑いがありました。

主人公の最期の描き方もイヤだなぁ~救われないよ~~
胸が苦しくなります。

最後。友達が鉄砲に倒れるところもショック!ショック
あの場面、必要かな~?

なんてぶちぶち言ってすみません。

わたしは大体、浅田次郎作品が苦手なんですね。
いくつか映画を観て・・・どれもなんかしっくりこないんですね~
すみません、浅田次郎ファンは圧倒的多数ですよね。

これはたぶん。わたしにとっては辛すぎるので
再演しても観に行かないでしょうが(ごめんなさい)
ただ、立ち回りなど、かなりな練習の成果だと思います。
ほんとにすごい!

だいもんて、非業の最期を遂げる男だったり、断頭台に消える主人公だったり
悲劇的な仮面の男だったり、
恋が成就できない苦悩の男だったり、
もちろんそんな役を演じられる、デキる人なんだけど。

なんかモテモテのチャラい男とか、魅力はあるけど
女性の敵みたいなイヤなヤツとか
・・・そんな役もやってほしい。。。

意外といいかもよ~、なんしろ演技力、歌唱力、抜群ですから・・・
でももうすぐ卒業なのね。コロナで延長はしてるけど・・・
さみしいな。

​​
​​​​​​​






最終更新日  2020.05.10 01:39:51
コメント(2) | コメントを書く


2020.05.09
カテゴリ:宝塚
 宝塚スペシャルラウンジ第2弾、これがまた充実した内容でした。

宝塚は海外作品を取り入れて、独自の表現でファンを魅了しています。

高橋英樹さん、上原りささん、元宙組トップ娘役実咲凛音さん
をゲストに、宝塚3回落ちたと言う、受かっていたら素敵な男役さんに
なったんじゃないかと思われる司会の渡邉アナウンサーと
宝塚愛に満ち満ちたトークを展開。

宙組の「オーシャンズ11」を取り上げていました。
うれしいですね、キキちゃん(芹香斗亜)が見られるんですから!
とてもこの作品は面白くて、明るくて好きです
男役のみなさんがほんとうにかっこよかったですぅ~目がハート

それから
「天は紅い河のほとり」を取り上げてました。
(​2018.5.30​ の日記に感想が載ってました。かなり興奮して・・・)

それで番組でこの「天は赤い河のほとり」のときの
レビュー「シトラスの風」の映像が流れて
「あ!」と思った事があるんです。
以前日記で映画「ジュディ 虹のかなたに」
の感想を書いているんですが・・・

その時、ジュディが歌っている歌で、聞き覚えのある
歌があったんです
3月17日​の日記、その中の文↓

・・・The Trolley Song と言う曲に間違いないと思います。

たしかトップ娘役さんが歌ってたとおもうんですが
何組の誰かは・・・?
調子のいい曲で記憶にありました。
ジュディの歌だったんですね!・・・
と。

↓これはガチのジュディ・ガーランドの動画

The Trolley Song 

そして映画
「ジュディ 虹のかなたへ」の動画

こちらは宝塚の​「シトラスの風」​ の動画
↓3分25秒あたりにこの歌が・・・

    

そうだったのか!
「シトラスの風」の中で歌われていたんだ!
この歌なんか調子がよくて好きだった・・・

番組でも、有名なナンバーだと言ってました。
あ~、わかってうれしい~~!
このときの衣装がすごくかわいい!色もきれいと
高橋英樹さん、絶賛してましたね。
そうそう、衣装もきれいでこれそ宝塚!夢の世界です。

 脚本家の小池修一郎さんのお話しも興味深かったですね。
「原作があるものをやろうとする場合
ストーリーももちろん大事だけれど、
キャラクター重視で、宝塚ならではの個性を生かすことが優先。
たぶんアニメを作る人たちと似ていると思うとおっしゃってました。

生徒(トップも他の人も生徒というのですね)ひとりひとりの
キャラクターを全て把握して、頭の中で映像化いくんですね!

このお話しを聞いていて花組の「ポーの一族」を
思いだしました。
ずっと宝塚で上演したいと考えていたこの作品・・・
「明日海りお」というキャラクターが現れて一気に花開いのかと。

そして小池先生は語ります。
宝塚の生徒さん、特に男役はトップもトップを目指しいる生徒も
自分が演じている人物像が、純粋なのだけれど、
自分自身も100%純粋で光り輝くダイヤモンドのよう・・・と

ん~。確かに、独特な世界観がありますよね。
そこに、はまるか、はまらないか・・・なんですが・・・

わたしのように高齢になってから、はまるのも珍しいのかな?
根底には歌と踊りと芝居が好きっていうのがありますね。

宝塚のレビューが特に好きですね。
ちょっと昭和っぽい感じもありでなごむところもありです。

ああ、そうだ高橋英樹さんがこうも言ってましたね。
「脚本、演出、美術、生徒さん達の血と汗と涙の結晶なのだが
それを全く感じさせない、美しく夢の様な舞台を見せてもらえるこの
有り難さ・・・これはなんだろう?」

そうなんですよ、「ありがたい!」って思うんですよね。
そうとうな練習と苦労を重ねてると思いますよ。
芝居であんなに立ち回りをして、歌って、それで
2部のレビューでまた歌もうたって、踊って、リフトまでしちゃうんですから
人間技とは・・・


さて昨日は「壬生義士伝」を観ましたので
また感想を載せたいと思います。










最終更新日  2020.05.09 12:53:32
コメント(0) | コメントを書く
2020.05.07
カテゴリ:宝塚

 新聞の番組表で見つけた宝塚の文字!
NHKBS
でなにやら真夜中に・・・

「宝塚スペシャルラウンジ」とは、宝塚歌劇公演の収録作品(ダイジェスト)
を見ながら、
ゲストが宝塚の魅力や逸話を紹介する番組・・・らしい。

この3日間録画しています。

「トップスターの魅力(花組)」見ました。
去年卒業した花組トップの明日海りおさんの舞台を観ながら
ゲストに高橋英樹さんと高橋愛さん、そして
​​​​​元宝塚トップで今は女優として活躍されている​真飛聖​さん.
NHKアナウンサー渡邉佐和子さん​​の司会で。熱く語ります。

高橋英樹さんは宝塚の50年来のファン、年季入ってますね~
奥様は宝塚の方だったかなぁ~?
男の人はどんな感想を持っているのか興味ありまた・・・
みりおさんの事はきれいだきれいだと言ってましよ。
高橋愛さん・・・この方良く知らないんですが、宝塚2回受けたそうですよ。
小さい頃から家族ぐるみの宝塚ファンで、終始ウルウル状態でした。
ちなみに司会の渡邉さんは3回受けて落ちたそうなんです。

わたしが観た公演の話だったから、ほんとに楽しかったです。
明日海りおさんの最後の舞台
A Fairy Tale 「シャルム」・・・
カメラワークが良くていい感じの画像になってました。
8Kで観たら、スゴイ臨場感でしょうね~

もと花組男役トップの真飛聖​さん.​は後輩のみりおさんの事
ほんとに華奢で、会うたびに「大丈夫?ちゃんと食べてる?」と
心配していたそうですが、あの華奢な体から
男くささも出せる人だといってました。ほんとにそうです。

それから真飛さんの話で印象的だったのが
組子の人達の事が大好きで「とりあえず一回、噛ませて」と言って
噛んだりしてたと・・・(笑)
みんなのことが、食べたいくらい好きなんですね、
なんとなくわかります。
みんなに助けられていたトップだったと自分の事を言ってました。
ドラマの女優としての真飛さんしか知らなかったのですが
とっても気さくな面白い方だなぁ、と好感度upです。
今のトップのレイちゃんと鼻が高いところとか
似てるような気が・・・

なんしろ、わたしが初めて宝塚を観たのって
花組の「黄金の砂漠」ですから、明日海りおさんには思い入れあります。
始めに「雪華抄」でしたか、日本舞踊のレビューがあって
自分が日舞をやってたもんだから凄く懐かしくて・・・
「黄金の砂漠」の物語も良かったです。
複雑な思いを秘めた影のある主人公がみりおさんにぴったりで、
舞台装置も見事で、また観たいと思いました。

それで、最初はもっぱらB席だったんですが、段々A席、S席と
贅沢に・・・
なんていろいろ思い出しました。

この番組のゲストのみなさんのお話しも
「そうそう!」と共感したりできるのは
やはりこの3年と少し、宝塚劇場に通ったからですね。

高橋英樹さんがおっしゃるとおり、劇場に一歩入ると夢の世界ですから・・
宝塚劇場大好きです。劇場の中で一番好き・・・
女性ばかりで落ち着くしね~

そして6日 午前0時45分~
「宝塚の多様性(月組」

ゲストに高橋英樹、高橋愛,紫吹淳さん
ナイアガラって大羽根の裏の事いうんだとか、紫吹淳さんのお話しが面白かった。
大階段を降りるのはほんとに難しいらしい
目線も大事なのね。
銀橋でおちそうになったとか・・・

わたしが見逃してしまった公演、月組の「夢幻無双」が
少しでも見られてうれしかった。
宮本武蔵役の月組トップ珠城りょうさんがこだわった事は
武蔵の歩き方・・・修行前の若い武蔵と段々と成長して行く武蔵・・・
歩き方を変えて行ったと。
さすがですね~

いろいろ共感することや、「へ~っ」て思う事あって
勉強になったし・・・

宝塚はほんとに真飛聖がおっしゃるように
「心のサプリメント」なんです!








最終更新日  2020.05.07 11:01:57
コメント(2) | コメントを書く
2020.02.29
カテゴリ:宝塚

  
        

一昨日
雪組東京宝塚劇場公演

『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』
に行ってきました!

なんとこの公演、2月29日(土)~3月8日(日)まで休演になりました。
必死でチケットを手に入れた方たち・・・泣いちゃいますよね。

わたしはLUCKYと言うべきか・・・
昨日も空席はなかったんですよ~
ほとんどの人がマスクをしていましたが・・・

この物語は、1984年に公開された
ロバート・デ・ニーロ主演のギャング映画を元いしているのですね。
この映画、当時話題になりましたが、わたしは見ていません。1
今回世界初のミュージカル化です。
小池修一郎 脚本・演出なので期待していました。

もう、なんといってもトップの望海風斗さんの
圧巻の歌唱力に脱帽です。
ほんとにほんとに感動です。

幕間で廊下に出た時「歌、上手いよね~」という声が
あちこちから聞こえてきましたよ。
またヒロインの真彩希帆さんの歌唱力もすごいんです。
あのソプラノ・・・出してみたいな~・・・無理!

興味津々のアーサ(朝美絢さん)の女役。
すごい存在感がありました。
オーラが出ていましたね~、
だけどやっぱりフィナーレでの男役がすてき~~目がハート

「芝居の雪組」と言われるだけあって、登場人物の心理描写を
丁寧に重厚に現している感じがしました。
望海風斗さんは苦悩する男が似会いますね。
ただなんとなくすっきりはしない、暗い物語という印象でした。

でもそれは、最後のフィナーレで払拭されるいつものパターン。

宝塚の好きなところです!

抜群の歌唱力のトップコンビが今年10月公演を最後に退団!!
え~~~、もっとこの方たちの歌を聞いてたかったのに~

残念です!
でも仕方ないのですね。

やっぱり宝塚の舞台は楽しい、素敵、キレイ!
心が癒されます。
そうそう、暗い物語とはいいましたが、ヒロインが劇場で歌う
場面があるんですけど、それはもう衣装から舞台美術からなにから
豪華絢爛で、びっくりでした。

帰りの電車では、なるべくテレワークなどをして満員電車に乗らないように・・・
などと車内放送していました。
危機感なさすぎの自分を反省。
マスクもずっとしていると慣れてきますね。


それから、今日、
母が退院することになりました。
一昨日、宝塚に行く前に病院から電話があり、もう心配がないので
退院して大丈夫と・・・

施設に連絡すると土曜日がいいというので・・・

ホッとしました。














最終更新日  2020.02.29 01:20:31
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.05
カテゴリ:宝塚
​​​ ​​​落ちた~~~!!

宝塚星組公演
『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』『Ray -星の光線-』

の抽選・・・生協で、なんですが
このところ生協で次々と宝塚のチケットが当選していたので
今回も!と期待していましたが・・・

以前もトップが紅ゆずるさんの時に申し込んだのですが
はずれました。
他でもトライしましたがすべてダメでした。

ライブビューイングは当たったのでなんとか観る事はできましたが・・・

星組さん、未だナマ舞台を観ていません!

縁がないのかなぁ~

ダメだと思っていた雪組公演は生協で当たったのですよダブルハート
とてもうれしかったです。


​​​






最終更新日  2020.02.05 01:56:25
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.