2018.03.06

またまたびっくり!

カテゴリ:カテゴリ未分類

 ​午前中、施設から電話があり、また母が救急搬送されることに・・・
食堂でシルバーカーで歩いていたら
突然倒れたそうです。意識はあるようでしたが・・・
急いで身支度を整え、かけつけましたが、ちょうど救急車が
行ってしまったところでした。
看護師さんが一緒に乗ってくれていると言うので安心しました。
一旦私は家に帰って、施設からどこの病院に搬送されたかを
聞いて改めてその病院に向かう事にしました。

家に帰り、雨が降りそうだったので洗濯物を部屋にいれたり
一応化粧などをしているうちに施設から電話があり
この間、「食道裂孔ヘルニア」で搬送された病院と同じところでした。
良かったと思いました。
きっと看護師さんが、言ってくれたのだろうと思いました。
様子がわからないので入院になるのか返されるのか
思いついたものを持ってタクシーで病院へ・・・

救急の受付へ行き、この間と同じ部屋に行くと
母がベッドに寝かされ、この間と同じ看護師のTさんが
かたわらに居ました。
検査の結果を待っていると言っていました。
すぐに担当の医師が来て
「女学生がよく朝礼で校長先生の話を聞いているうち
ふら~っとして倒れる・・・あれと同じです。
点滴をして、一応心電図を撮ってみますが異常なけれあ帰って大丈夫です」
と言われ、ほっとしました。
心電図も全く異常なしで点滴が終わり次第、帰れる事になりました。

看護師さんは施設から帰ってきてほしいと言われたようで
先に帰りました。
後から施設の車で施設長さんが迎えに来ると言うので
ほっとしました。
車椅子で移動というので介護タクシーを頼んだ方がいいかと
思ったのですが・・・
この間は施設長がお休みで車が出せなかったのですね。
何台も車を持っている施設もありますが・・・
やっぱりそういうところが費用に影響していますね。

点滴が終わり、病院の看護師さんが母に声をかけると
母は大きい声で「大丈夫!」と答えたので
先生が「元気だね~」と言ってみんなで笑いました。
起きる時腰が痛いと言いましたが、倒れた時
打ったのかもしれないけれどレントゲンをかけても
様子をみることしかできないので、とりあえず帰る事に・・・
でも立って、少し歩いて車椅子に移る時はしっかりしていたので
大丈夫そうでした。

支払いをすませ、少し待っていると
施設長さんが来て、施設の車椅子に乗り換えました。
車椅子ごと乗れる施設の大きな車に乗りました。
この間タクシーで帰った時は夕方の渋滞でかなり時間がかかったのですが
10分位で施設に着きました。

ちょうどみなさんお昼が終わっていたのですが、
食事は普通でいいというので、食堂でお昼の用意をしてもらい、
介護士さんに手洗いうがいをさせて頂き
はずしていた入れ歯を入れてもらいました。
私はぼーっと見ているだけ・・・
後はお願いして
ケアマネージャーさんとお話しをしてから帰りました。
ケアマネさんは看護師さんから詳しく聞いていたようです。

病院の先生のお話では
今飲んでいる認知症の薬が心臓や血液に影響する場合があり
「認知症が進まないという効果があるとも言えないので
自分が主治医だったら出しません」とおっしゃって
その事を検討してもらえるように
施設の主治医の方に手紙を書いて下さいました。

私もネットでその薬があまり効果のない事や副作用が
あるのを見た事がありました。

夜、ケアマネージャーから電話があり
施設の主治医がその薬は出してもいいのでは?と
おっしゃるのですが・・・と。
私はこの機会にやめたほうが、と病院の先生がおっしゃったし
心配なので、出さないでくださいとお願いしました。
ケアマネさんも、ご家族の要望が最優先ですからと
看護師さん方から、主治医にお話しして頂くと言ってくれました。

まぁ、私の事を忘れないでいでくれたら十分で・・・
私の事を忘れても、それは仕方ないです。
それよりその薬で悪い影響が出る方が心配です。

そんなこんなの半日でしたが
夕方整骨院に行って電気やマッサージやウォーターベッドで
すっきりしました、

ちょっとドキドキしましたが・・・

母は点滴がきいたのか、顔色がとてもよくなっていました。















TWITTER

最終更新日  2018.03.06 02:12:14
コメント(0) | コメントを書く