826485 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

富 山 釣 通 信

Jan 19, 2016
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

ついに富山に雪が降りましたね。

なんだか面倒だな、と思いつつ、いつもの冬の富山の景色にちょっと安心している私です。

さて、ついに今春発売となるバンジーショット。

http://www.bassday.co.jp/specialsite/index.html

もうすぐ皆さんにもその実力を感じてもらえるようになるのですが、

ここでバンジーショットを使ったショアスローの私なりのやり方を解説したいと思います。

そもそもショアスローって何?って方に簡単に説明しますと、

オフショアのスロージギングをショアからメタルジグをキャストして再現するイメージで、

メタルジグをゆっくり操作して早い動きでは食わないターゲットを狙う釣りです。

特にハタ系、フラット系を狙うには効果的な釣りですね。

速いジャークで青物にスイッチを入れる通常のショアジギと違い、

フォールをこまめに入れてじっくり魚にメタルジグを見せて釣るので、よりテクニカルな操作が必要になります。

それゆえ、狙い通りに魚を掛けた時の喜びは大きいですね。

レンジ、アクション、スピードなど、魚に口を使わせるために状況にアジャストしていく戦略性は、スローとはいえまさにショアジギのそれです。

メタル製ルアーならではの飛距離を生かして、ワームでは届かない沖のブレイクやシモリを狙えるのも利点ですね。

シンプルで奥深く、近年人気の出てきた釣種でもあります。



さて、バンジーショットの話に戻ります。

去年、モニターに当選してからかなり使わせてもらったバスデイさんのバンジーショット。

ぶりぶり泳いでくれるので、ただ巻きでの使用に重きを置かれたスイミングジグかと思いきや、

なんのなんの、フォールでもひらひらと魅惑的なアクションをするではあーりませんか。

これならショアスローでキジハタ狙えるのではと、なんとなくやってみたらボコボコ釣れてずっぽりハマってしまった次第です。


バンジーショットのフォール動画。









さて、私なりのバンジーショットを使ってのショアスローですが、


1、リフト&フォール


はい、別にショアスローってわけではないですが、これが効きます。

ブリブリ泳ぐバンジーショット。

キャストして着底したらロッドでブリブリとリフトしてテンションフォール。

着底間際にコン!とアタリます。

リフトした後に軽くラインスラックを作ってひらひらフォールをさせてもいいと思います。





DSC_1553.JPG






2、ハーフピッチでのジャーク


はい、まさしくショアスローの基本の基本。

ハンドル半回転で1回ジャークする誘いです。

ワンピッチジャークはハンドル1回転で1ジャーク。

それのジャーク幅を半分にして、リールの巻き取りも半分に。

私の使用しているリールは1巻き90cmくらいですので、1回のジャークで45cm~50cmほどジグを移動させる感じです。

リールの巻き取り分だけ、ロッドティップでしっかりジグを動かす感覚で少しゆっくりめにジャークします。

1秒1ジャークが基本ですかね。





DSC_1421.JPG






基本的なジグの操作は上記の2つだけです。

優秀なジグは勝手に泳いでアピールしてくれるので楽ですね(笑)

あとは海底の形状、潮の流れ、魚のレンジや活性に合わせてジャークを組み合わせたり、

ジャーク幅、ピッチ、スピードを変えて状況にアジャストしていきます。





DSC_1587.JPG





バンジーショットでのショアスローのコツ

ここで簡単に私なりのショアスローの展開のやりかたをご紹介。

まずキャストしてジグが着底したら、一回、大きくリフトしてラインをまっすぐに張ります。

それからボトム付近、もしくはカケアガリなどを一定のレンジを刻みながら誘います。

基本はボトムを中心に探りますが、反応が無ければアクションやレンジを変えてみます。

それでも反応が無ければキャストする方向を変えたり、立ち位置を変えます。

広い範囲を探れるのがショアスローの利点ですので、どんどん投げましょう。

群れに当たれば連発も夢ではありません。

キジハタはメタルジグに好反応を示しますので、反応が無ければ魚が居ないと思って移動するのも良いと思います。

釣れる時間帯ですが、ディープにいるキジハタは基本的にいつでも釣れると思います。

もちろんマズメの時間帯は反応が良いことが多いですが、真昼間でも釣れます。

潮が流れていても止まっていても、釣れます。

シャローに居るキジハタはショアスローで狙ったことがないので分かりませんが・・・。





DSC_1425.JPG




バンジーショットのアクション

バンジーショットはフリーフォールでのひらひらフォールが魅力的なので、

1回1回のジャークで少しラインスラックを作ってあげるのがキモです。

ジャークでぶりぶりっと泳がせて、一瞬ひらひらっとフォール。

スラックを作らないジャークでも食ってきますので、色々と誘い方を変えるのも面白いですね。

ハンドルとロッド操作を同時に行うのが難しいと感じる方は、ロッドでジャークした後に

スラックを巻き取る感じでやってみてください。

小さいリフト&フォールをこまめにやるイメージです。

コツとしては移動幅を抑えめにして、一回一回のフォールをしっかり取るのがコツです。

ほとんど、フォールからテンションを掛けた瞬間にアタってきますので、次のジャークで重みを感じたらしっかり合わせを入れましょう。

アタリは思ったより小さく、コン!とアタる感じです。

フリーフォールで食ってくる場合はアタリがほとんど感じられないことも多いです。

フックのセッティングが重要になりますから、しっかりと刺さりの良いフックを使ってください。

私のおススメはデコイのパイクシリーズです。

ダブルパイクをフロントに、シングルパイクをリアに。番手は2番で。

トリプルフックでも十分釣れますけどね。

根がかりが酷い場合はフックを減らしてください。








さてさて、簡単に説明しましたがこんなところですね。

とにかく、フォールを意識してやってみてください。

テンションフォールとフリーフォールの使い分けも重要です。

フリーフォールでヒラヒラとジグを見せた後で、テンションフォールで姿勢を安定させて食わせたり・・・。

あとはジャークのピッチ幅、スピードを変えたり、リフト&フォールと組み合わせたり。

誘い方は無限ですので、自分なりのやり方を見つけていってください。

タックルについてですが、ライトショアジギタックルをそのまま流用できます。

細かい誘いができるよう、多少、ティップに張りがあるほうが良いかもしれませんね。

ティップからベリーが柔らかいとジグにキビキビした動きを付けずらいので、、、。

もしロッドが柔らかければ大きくスローなロッド操作を心掛けると良いと思います。

それではまた。







Last updated  Jan 20, 2016 03:07:32 PM
コメント(4) | コメントを書く

PR

Free Space

Favorite Blog

つよぽん釣りに行く つよぽん888666さん

Calendar

Comments

BanBi@ Re[1]:梅雨メバル捕獲作戦、失敗(06/10) おととさん 個人的な見解ですが、ディー…
おとと@ Re:梅雨メバル捕獲作戦、失敗(06/10) メバル終焉かと思ったら、しっかり獲って…
BanBi@ Re[1]:ホタルイカパターンのキジハタと黒鯛(05/30) おととさん ありがとうございます(´▽`) …
おとと@ Re:ホタルイカパターンのキジハタと黒鯛(05/30) 巨アジ居なくなりましたか? 小物番長(か…
BanBi@ Re[3]:巨鯵を求めて(05/26) ゆっきーさん >素晴らしい釣果ですね。私…

Wishlist

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.