030661 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

飛ぶ鳥をおとす勢いで!

PR

Calendar

Headline News

2006/08/02
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ちなみにうちの地元(長野)には


『おっぱいパン』


ってのがあります。

・・・久しぶりの始まりがコンナですんまそん。


こんちは。


いやぁ久しぶりにココに書き込むからちょっと緊張。

たぶん2ヶ月近く書いてない。


今までは就職活動をしていました。

5月17日に帰国して、19日に一つ面接。


その後実家でしばしのんびりして5月の終わりに松戸へ引越しして、

6月10日くらいから本格的にはじめました。



ココで最初に結果。


エントリーした企業・・・・・かなりいっぱい(クリックするだけでできるし)


説明会に参加した企業・・・・35社くらい(フォーラムでは1度にいっぱい見れるし、                         企業の話をきいた)


選考に参加した企業・・・・・22社

(商社8、食品メーカー6、繊維メーカー1、化学メーカー3、自動車メーカー1、独立行政法人1、派遣1)


   ・筆記やエントリーシートで脱落・・・4社
   ・1次面接で脱落・・・・・・・・・・・・4社
   ・1次面接を辞退・・・・・・・・・・・・2社
   ・2次面接で脱落・・・・・・・・・・・・2社
   ・最終面接で脱落・・・・・・・・・・・・1社
   ・最終面接を辞退・・・・・・・・・・・・5社


内定・・・・・4社 (2商社、2メーカー)


ちなみに研究職というか理系的な技術とか開発とかで受けたのは3つ(1つ内定)、後はすべて海外を視野に入れることができる企業の営業職を受けた。


全体を通して、自分なりにとても充実していて今まで知らなかった会社にもいっぱいであったし、いろいろな人や会社の話を聞くことができておもしろかった。


面接も会社の考えとか、自分がほしい人材としてマッチしなかったら落ちるし、マッチしていたら受かるんではないかと勝手に思っていたので、がんばってきたこととか自分の良いところ悪いところ、将来どうなりたいかとか、志望動機とか、思ったように素直に話せたと思う。


後は質問にしっかり答えること。考え方で違うと思うところはそれは違うと思いますとかいってた。


そういえば、一回面接でとてもあせったことがある。


それは外資の企業で日本人と外国人が面接官だったとき、

日本人の面接官は志望動機とか、自己PRとかについて日本語で聞いてくる。


だから日本語で答える。


その後、外人の面接官がいった。

What do you think about bird flu?? (鳥インフルエンザについてどう思う?)

え??


どうやらそいつは日本語はだめらしい。

だから質問が超唐突。話の流れがまったくない。

そんで英語で答える。



また日本語で面接官と面接。


そんでまた、英語で質問される。

(また唐突、選考が微生物学ってのをみてウイルスとバクテリアの違いはなに?とか聞いてきた。)


そんなコンナで、途中から日本語を話すときも長嶋みたいになってて、

『いや、societyにcontributeするような仕事がしたいです。あと仕事を通して自分をimproveしていけたらいいと思います。』


みたいに。かなり恥ずかしい状態になっていてかなりあせった、そして落ちました(笑)。


ちなみに、選考を通して学歴でどうだこうだと感じることはなかった。

大学院生で営業で受けている事も、

そういう人もいるし、企業にはいろんな人が必要だからうちは歓迎だよ。


っていってくれる会社の選考に通ったと思う。


ただ、第一希望の会社というのが無くて、興味をもった会社から内定をもらったときにほんとに困った。


実はまだ最後まで決めてはいないんだけど・・・。


とりあえず、商社にいくことはやめました。


帰ってきてからしばらくは、


『海外と取引がしたい!』


そんなら商社だ!って思っていたけど、途中からメーカーでも可能なことに気づいた。(あたりまえ)


あと、帰ってきて逆カルチャーショックみたいになっててアメリカに帰りたくてしょうがなかったのもあったりした。


商社よりも海外との取引は少ない範囲になるかもしれないけれど、


やっぱり自分の所属する会社で作ったものを


『ココがコンナにすばらしいんだ!』


って売りたいし、自分のいる会社が面白いものがあったり、技術力があったりするってことはとても刺激になることだと感じた。


あとある程度自分の時間もほしいし。


後は、親戚で商社で働いている人のアドバイズがあったり。

もしかしたら実家に5年くらいで帰ることも考えられるので、それも考えながら決めている。



これから就活する人にアドバイスするとしたら、いろんな会社を見てみること、そして筆記試験で落とされないようにしよう。もし行きたい企業で面接で落とされたならともかく、筆記でおとされたら悔しいと思うし。だから人気の企業は気合をいれて受けたほうがいいと思う。

ちなみに俺は総合商社の筆記だと住商には受かったけど、伊藤忠は結構できたと思いつつさっくりおとされました。行きたい人はきをつけるべし。


あとは面接。行きたい会社のことを自分なりに調べることはもちろん、面接は自分に素直に周りがどうであれ自分のことなんだから、自分の言葉で伝えればいいとおもう。それが結果的に自分のためでもあるし会社のためでもある。

後は質問にしっかり答えること。意外と質問されてることの返事がしっかり返っていない人が居るとおもった。(集団面接とかで)


とにかく就活を振り返って、この1ヶ月半は嵐のように去っていった。


自分の過去や将来についてよーく考えることができたし、前にも書いたように、緒、会社の人やその他就活で知り合った人とか、多くの人と話してその中で学んだこともいっぱいあった。


充実した就活だった。


金曜に、食品メーカーの工場を見学してきやす。



=今日の一言=


Kiss my ass!!

ふざけんな!


とかそんな系の言葉。


ちなみに ass は ケツ の事です。






Last updated  2006/08/02 08:46:09 PM
コメント(5) | コメントを書く

Rakuten Profile

設定されていません

Comments

王様@ 潮 吹 きジェットw サチにバ イ ブ突っ込んだ状態でジェット…
toyoccchi@ Re:おつかれ!(08/02) >みずえさん いやあ、就活がひと段落し…
みずえ@ おつかれ! 就職活動お疲れ様でした、そして内定おめ…
toyocchi33@ Re:ひさしぶりーー(08/02) >かなえさん 自分にあった方法で自分に…
かなえ@ ひさしぶりーー ほぇ~頑張ってたんだね~ 今井さんは、…

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.