032015 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

聖徳太子と斑鳩の杜

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

コメント新着

 王様@ 潮 吹 きジェットw サチにバ イ ブ突っ込んだ状態でジェット…
 ドライブ好き@ 風呂入るのメンドクサイ! http://feti.findeath.net/4po32pe/ 今日…
 リナ@ 今日は苺ぱんちゅ http://kuri.backblack.net/swevbuj/ 今…
 まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…
 地蔵@ 驚きのショックプライスw コウちゃんがこないだ教えてくれたやつ、…

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

二階のフローリング New! tosshanさん

猫月夜 猫月夜16さん
海外旅行に旅立つ前… エドワード9395さん
都に鹿国・Nara (… 寺もっちゃんさん
行政書士徒然日記 タケル0127さん
受験日誌 とみざわ けんごさん

フリーページ

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2006年10月29日
XML
カテゴリ:沖縄・琉球紀行

波上宮(なみのうえぐう)

波上宮.JPG 伝説によれば、南風原町の里主という者が釣りをしていると、ある日浜辺で「光り、ものを言う」霊石を見つけた。この石に祈るたびに豊漁となるので、諸神がこの霊石を奪おうとした。そこで里主が当地へ逃れると「吾は熊野権現也、この地に社を建て祀れ、然らば国家を鎮護すべし」との神託があった。里主は琉球王府にこれを奏上し、社殿が創建されたという。海から聖なるものが届どくとのストーリーは、ニライカナイ信仰の現われと言えよう。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より


 実際、熊野信仰と観音信仰とは、密接な関係があるようで、神仏分離をされるまでは観音の霊場でもあったようです。沖縄の観光名所の一つである、国際通りからも行こうと思えば歩いて行ける距離ですが、私が訪れた時は誰もいなかったのでとても寂しかったです。また、この地は珊瑚礁の上にあるとのことで驚きました。宮の後ろは海岸になっておりました。







最終更新日  2006年10月29日 22時04分16秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.