421939 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

虎っど歳時記

PR

Category

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

Profile


虎っど歳時記

Calendar

Rakuten Card

Freepage List

Headline News

全9件 (9件中 1-9件目)

1

映画 サ行

2018.01.15
XML
カテゴリ:映画 サ行
​​​​














たった40ドルの窃盗で、8年の刑を受ける18歳の水兵メドウズ。
彼を遠方の刑務所まで護送する任務についた
バダスキーとマルホールのロードムービー。

18歳の世間知らずで、不憫なメドウズに手旗信号を教えたり、
お酒を飲ませたり、童貞を卒業させたりする。

メドウズはどうやら今までロクに人間関係を構築してこなかった
人物のようで、ここでの体験は、貴重なものにきっとなったはず。

しかし旅には終わりが付き物であり、
3人の道中も目的地へと近付きつつあった。
刑務所に送られる前日のボストンで、
3人は冬の公園でバーベーキューをする。

​雪の公園で、まずそうにビールを飲むニコルソン。
たまりませんね。​


食事の後、マルホールが「もう止めにしよう」と呟く。
メドウズは太い枝を懸命に両腕で折ろうとしており、
何度も繰り返した末に枝を二つに折る。

そして、何かを決意した表情で立ち上がったメドウスは
ゆっくりと歩き出し、
呼び止める二人に手旗信号を送る。
「ブラボー(B)・ヤンキー(Y)・ブラボー(B)・ヤンキー(Y)・終わり」
=「BY BY(バイバイ)」と送った後に走り出していく。

脱走だ。メドウズを追いかける二人。
バダスキーは拳銃を抜き、弾倉を入れ装填するが撃つ事はできなかった。
躓いたメドウスにつかみ掛かるバダスキー。
こうして彼らの旅は終わった。


バダスキーを演じたのはジャック・ニコルソン。
ジャック・ニコルソン無くしては、こうまで良い映画にはならなかったと思う。

ジャック・ニコルソンはこの映画によって、
ジーン・ハックマン、
ダスティン・ホフマン、
アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ

と並ぶ70年代最高の演技派俳優としての地位を不動のものとした。

​​​​8.5点(10点満点)






Last updated  2018.01.15 14:50:16
コメント(0) | コメントを書く
2016.08.01
カテゴリ:映画 サ行
レイモンド・チャンドラー原作。
フィリップ・マーロー役はロバート・ミッチャム。
魔性の女がシャーロット・ランプリング。
「大鹿」マロイがジャック・オハローラン。
セリフ無し、チョイ役にシルヴェスター・スタローン。
配役の妙です。





映画の冒頭、「ディマジオは今日も打った。これで33試合連続安打だ」とモノローグが流れる。
ミッチャムは、ディマジオの連続安打がどこまで伸びるか気にしながら、厄介な事件に悩まされる。
ミッチャムは何とか厄介な事件を片付ける。
しかし、デイマジオの連続安打記録もついに途絶える。
上手い開幕と終幕。



8.5点(10点満点)







Last updated  2016.08.01 11:07:31
コメント(0) | コメントを書く
2016.07.28
カテゴリ:映画 サ行
  • threedays.jpg


『スリーデイズ』は、2010年のアメリカ映画。

無実の罪で投獄された妻を救うため決死の行動に出た男の姿を描く。
大学教授のジョン(ラッセル・クロウ)は妻子と共に幸せな日々を過ごしていたが、
ある日妻のララ(エリザベス・バンクス)が殺人の容疑で逮捕される。

それから3年、ジョンは妻の無実を証明するため懸命に奔走していたが、
覆ることなく刑が確定してしまう。
絶望した妻が獄中で自殺を図ったことを知り、
彼は自らの手で妻を取り戻そうと決断する。

「俺たちに明日はない」よりも主人公に理がある。
しかし、それほど共感はできない。自分が年をとったのかね。

7点(10点満点)






Last updated  2016.07.28 21:53:04
コメント(0) | コメントを書く
2016.07.25
カテゴリ:映画 サ行
  • sukeakurou.jpg




スケアクロウ
アメリカ映画(1973年)

70年代らしい映画。
全盛期のジーンハックマンと当時売り出し中のアルパチーノが共演。
ハックマンとアルパチーノの共演と言えば、アクションものを連想しそう。
こんな良い映画に出てたんだね。
2人の演技力にしびれます。
特に、アルパチーノ、元妻から酷いことを言われ
精神を病むあたりの演技はさすがとしか言いようがない。

冒頭のヒッチハイクでのやり取りが延々と続くシーン、
余韻を持たせずバッサリと終わるラスト
1970年代です。アメリカンニューシネマです。

8点(10点満点)






Last updated  2016.07.25 19:17:43
コメント(0) | コメントを書く
2016.07.06
カテゴリ:映画 サ行
  • スポットライト.jpg


連れ合いと「スポットライト 世紀のスクープ」を見にいった。
水曜日はレディースデイーで女性が多かったです。

アメリカの新聞「The Boston Globe」の記者たちが、
カトリック教会の醜聞を暴いた実話を基にしたドラマ。
アクションシーンは全く無しの硬派な社会派ドラマでした。

10点満点の7点。






Last updated  2016.07.06 15:24:52
コメント(1) | コメントを書く
2016.03.23
カテゴリ:映画 サ行

何十年かぶりに見ました。ただし、ビデオ視聴。
初めて見たのは高校生の時。映画館で見て、えらく感動しました。

ミセス・ロビンソンの誘惑に負け、逢引きを重ねるベン。
ミセス・ロビンソンは「娘のエレーンには会うな」とベンに釘をさす。

しかし、ベンはエレーンの純情さにうたれ、恋に落ちる。
そのあとのストーカーまがいの行動といい、今の感覚で見るとかなり危ない奴です。

しかし、ダスティホフマンの好演で、今見ても爽やかさが残るね。

 

 ラストの一つ手前、

結婚式場に向かって赤いアルファロメオ スパイダー・デュエットを走らせるベン。
  • DSCF6707.JPG
 後少しの所でガス欠。
 
  • DSCF6708.JPG
 車を乗り捨て走り出すベン。
当時高校生だった私は、本当に感動しました。
改めて見ると、走っている時間は短いのね。
もっと長い距離を走っていたと思いこんでました。

こうした淡々さな作りも時代か。
 
  • DSCF6709.JPG

  • DSCF6710.JPG

  • DSCF6712.JPG

  • DSCF6713.JPG


10点満点の9点。







Last updated  2016.03.23 11:31:09
コメント(4) | コメントを書く
2015.12.07
カテゴリ:映画 サ行
  • 十戒.jpg



十戒 (1956年)

その昔に見たことがあるような、ないような映画がいくつかある。
その一つが、「十戒」。
海が割れて道ができるシーンはあまりに有名です。
部分、部分はどこかで見たが、全編を通しては見ていないような。
ビデオで見る機会はあったのだが、上映時間が220分と長いので敬遠してきた。

つい先日、ビデオを見ました。
途中で2回ほど休憩を挟んで(笑)

長尺だったけれど、見応えは十分でした。
チャールトン・ヘストンとユル・ブリンナーの存在感は流石。
アン・バクスターはいかにもハリウッドの女優といえる綺麗さ。
1985年に62歳で亡くなっています。

炎で敵の動きを遮る炎は、アニメーション?現代の目で見ると、残念感がありました。
海が割れるシーンはビデオで見ても迫力がありました。
しかし、こういう映画は映画館で見てこそ堪能できるでしょうね。

ちなみに十戒とは神から与えられたとされる「戒律」の事。
(1)神が唯一の神である。
(2)偶像崇拝の禁止。
(3)神の名をみだりに唱えてはならない。
(4)安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。
(5)あなたの父と母を敬え。
(6)殺してはならない。
(7)姦淫してはならない。
(8)盗んではならない。
(9)偽りを証言してはならない。
(10)隣人の家を欲しがってはいけない。






Last updated  2015.12.07 15:10:13
コメント(5) | コメントを書く
2015.09.18
カテゴリ:映画 サ行
  • DSCF6356.JPG



11人のカウボーイ

男優:ジョン・ウェイン

監督:マーク・ライデル

公開:1972年

少年カウボーイたちの成長物語。
牧場主ウィルは牛と馬を運ぼうとするが、近くで金鉱が見つかり男手が足りなくなる。
仕方なく学校に通う少年11人を雇いって旅に出る。

絶対的ヒーローのジョンウェインが途中であっさり悪漢に殺される
ティーンエイジャーの少年たちがライフルを手に取り悪漢どもに復讐する。

ある意味衝撃的な異色西部劇
服装にも注目ジョンウェインは、コーデュロイのランチコート



DSCF6354.JPG

評価:6点(10点満点)

鑑賞:2015.9.18







Last updated  2015.09.18 14:23:16
コメント(0) | コメントを書く
2015.09.15
カテゴリ:映画 サ行
  • siawase.jpg



幸せの教室

男優:トム・ハンクス

女優:ジュリア・ロバーツ

監督:トム・ハンクス

公開:2011年

スーパーの正社員だったトムハンクスは、大卒でないという理由から解雇を言い渡されてしまう。
ある日大学に行く事を決意する。
大学の講師であるジュリアロバーツとの出会いが互いの人生を大きく変えるきっかけとなる。


安定のトム・ハンクス、安定のジュリア・ロバーツによるコメディ。

DSCF6316.JPG

DSCF6315.JPG

大学に入り、一回りも二回りも若い学生にシャツインを指摘されるトム。大笑い

DSCF6317.JPG

二回り若い?ググ・バサ=ローにオシャレの手ほどきを受けたトム。
お前は、ジョニー・キャッシュかという突っ込みも。

DSCF6318.JPG

DSCF6319.JPG

スクータークラブ?の入団式の指パッチンも受けた。

評価:7点(10点満点)

女優さん:ググ・バサ=ローは8点で(笑)






Last updated  2015.09.15 14:43:45
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全9件 (9件中 1-9件目)

1

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.