504276 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ヨーロッパ、ドイツワインについてのいろんなこと

PR

カレンダー

プロフィール


JUMI

2010.03.17
XML
カテゴリ:ドイツワイン

少し日があいてしまいましたが土曜に手伝いで参加した試飲会のことを少し書きます。

ドイツワインを中心とした品揃えで楽天を主とした通販中心の酒屋さん(ものすごく広告チックになってしまいました・)のメロウブーケの主催で本八幡の駅前のカルチャースクールを借りて開かれました。
たしか80人ぐらい来場があったとのことで思いのほか盛況でよかったです。

2010-03-18 01:04:27

40種類のワインがあったので(もうひとの酒屋さんのも20種類ありました)飲みすぎないようにということで数人がブースについて注ぐ形式でやりました。
4つのインポーターのワインがあって、八田だけドイツ以外のワインでドイツワインはヘレンベルガーホーフ、稲葉、伏見でした。
これだけ飲めて1000円は破格です。中には一万円を超えるブルゴーニュの赤(ニュイ サン ジョルジュ)もあってやはりこれは量の減りも早く好評でもありました。


僕は稲葉、伏見のワインのところにいたのですが甘口も辛口もあってバラエティにとんでいたので説明したり質問に答えるのがとてもしやすかったです。

ドイツワインに興味はあるけどあまり飲んだことがないという方がほとんどだったのですが、ドイツワインの魅力を素直に感じているのを間近で見れたのと説明にも感心していただいていたのでその場にいてとても楽しかったです。
おおげさかもしれませんが自分の存在意義を感じられた瞬間でした。人の役に立っているしこれが自分のやるべきことだと。

ドイツワインが好きでわざわざ遠くから来て下った方も何人かいてそういう方々とも普段話せない深い話ができてよかったです。
ケラーのカビネットが好きだと言っていた方にこのブログをみているか訊きたかったのですが、もしこのブログをみてましたらコメントしていただけないでしょうか?


今回は全体的な試飲レポートはしないで、僕が関わっていて反応もみれていた中で気になったものについて印象の良かったものだけ少し書きます。
どれもメロウブーケで買えますのでリンクも貼っておきます。


ファン・フォルクセム QbA
モーゼル伝統派に激震!規格を超える大きいスケールファン・フォルクセン・ザール・リースリン...

僕はこのワインはワインが好きだけれどドイツワインはあまり知らない、という方に強く勧めています。それは甘みは強くなく抵抗なく飲めて、なおかつ他の国とは違う味わいのすばらしいワインだからです。
やはり僕の予想は的中して薦めた方のほぼ全員が好印象でした。
典型的なモーゼル(これはザールですが)のワインとは異なりますがドイツワインの負の印象をふっとばすにはもってこいの造り手なのです。ファルツやバーデンと違いしっかりとドイツワインらしさもあるところがポイントなのです。
和食のような普段着の食事とも簡単にあわせられるしほどよい甘みもあるので単独でも楽しめます。
すごく複雑なワインでこういワインがこの価格帯で飲めるのはすばらしいです。
もりおんこの造り手の上のクラスのはもっとすごいです。

Drワグナー QbA ファインヘルプ
煌びやかな酸味!ザール伝統の味筋!Dr.ワグナー・リースリングQbAファインヘルプ[2007]750ml(...


ファインヘルプは中辛口のワインを指すのですが、このくらいの甘さがモーゼル(このワインは支流のザールですが)ワインのすばらしさを知ってもらうには一番適しています。
さわやかでかすかに甘みがあってとても飲みやすいのです。初夏にべランダで昼下がりに飲みたいかんじです(笑)。
家庭でのごはん、白いご飯や焼き魚にもとてもあいます。
このワインは抜栓してから何十分も経つとけっこう甘みもあるのでふつうの白ワインが苦手という方にもこれなら食事とあわせられることができると思います。

カール・エルベス カビネット

真の職人が造るすばらしきモーゼルお値打ち!ユルツィガー・ヴュルツガルデン・リースリング・...

これは意外といっては失礼ですがけっこう好きでした。
僕は甘口のカビネットはあまり好きではないのですがそんな僕でもこれは気に入りました。
甘いワインを飲んだことがない人はこれを飲んで甘い、というくらいの甘さです。
といっても甘ったるくはなくほっと一息つける癒される甘さです。
疲れている夜にソファーとかで晩酌するのに最適な飾らないワインです。値段も安いのでそういう時のために常備しておくのをおすすめします(笑)。
モーゼルで典型的とされる、重油香(ペトロール香)がするいう方が何人もいてさらに匂いと味わいの大きな差にびっくりしていました。(このワインの香りは厳密にいうと火山の影響を受けた一部の土壌だけのもの、特にこのURZIGの畑のは強いということを付け加えておきます。)

飲んだのは2005でリンク先は07なので味わいは異なります。05のほうが落ち着いた甘みです。

デクスハイマー フクセルレーベ アウスレーゼ
ヴァインハイマー・キルヒェンシュトック・フク...

このラインヘッセンの造り手はデザートワインを数多く造っていてこのワインもアイスワインにするために残しておいた葡萄なのでベーレンアウスレーゼくらいの甘いワインなのですが、アウスレーゼに格下げしているのでとってもお買い得なのです。
複雑さはないのですが奥深い甘みはあるのでこの値段はかなりの買いです。
ワインをあまり飲まない甘口が好きな方への贈り物(大事な時というよりささやかな)にも最適です。
デザートワイン入門にはもってこいです。
僕はそれでもリースリング以外の甘いワインは酸が少ないので物足りなく感じてはしまうのですが人には自身をもってすすめられます。


というあまりドイツワインを知らない人、おいいしいドイツワインを知りたい人にはもってこいの4種類をあげてみました。それぞれ全く違う甘さなので用途、好みによって選べれるし、全部飲めばドイツワインのバラエティの広さ、そして奥深さを知っていただけれると思います。

あと僕が意外だったのは、モーゼルの古代品種エルブリングのワインマルガルテンホフ・エルプリング・クラシック[2008]...が多くの人に好印象だったことです。まろやかでやさしい味わいだからでしょうか?たしかに他の国のワインにはこういうものが少ないからでしょう。
僕はやはりモーゼルといえばリースリング、と思っているのでこういうワインは薦めないのですがおいしいワインを飲みたいという人にとってはこういうワインもありなのだ、とちょっと複雑な気分になりました。ほとんどの人はおいしいワインを飲みたい、の度合いのほうが強いですから、僕のすばらしい本物のドイツワインを知ってほしい、はエゴになってしまうということで。


こういう試飲会のよい所はやはり飲み比べられるところです。
産地、クラスが同じでも味わいが異なることがわかったり、一言で甘いといってもこれだけバラエティがあるということを知ってもらえるからです。
他の国のワインだと微妙な違いのことが多いので、分析を含めた勉強の度合いが強くなってしまうのですがドイツワインは本当にわかりやすく比べられるのでぜひドイツワインは試飲で試してほしいです。

ドイツワインを飲める機会は少ない、ということを何人かの人が言っていましたが実は月に一回くらいはそういう機会があると思います。
僕もこのブログで紹介していきます。6月には僕が所属している東京ドイツワイン協会の毎年恒例のドイツワインフェストも行う予定ですので日時がわかりましたら紹介します。







最終更新日  2010.03.19 04:25:28
コメント(7) | コメントを書く

カテゴリ

バックナンバー

・2019.06
・2019.05
・2019.04
・2019.03
・2019.02

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

あやみぃ@ Re:第12回ドイツワインフェストを終えて(07/31) ドイツ在住でワインに携わるお仕事をして…
あやみぃ@ Re:第12回ドイツワインフェストを終えて(07/31) ドイツ在住でワインに携わるお仕事をして…
JUMI@ ありがとうございます きょう♪5847さん コメントありがとうござ…
たっくん@ Re:チョコとあわせるワインは? ワインと甘いものの相性.(02/13) 少しジャンルはズレるけど、ポートワイン…

お気に入りブログ

ゼスプリのCM [アゲ… テ ン カ ワさん

Jinの世界たびある日記 Jin&Jinさん
モーゼルだより mosel2002さん
ドイツワインならメ… 店長@ユースケさん
Loving  PURORESU hirose-gawaさん

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.