888957 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

演 奏 会 の 旅

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


元帥閣下

Favorite Blog

Comments

元帥閣下@ Re[2]:2013 柳町中学校吹奏楽部演奏会 第3部(10/16) ぅ〃*さん 演奏会お疲れ様でした! 10月1…
ぅ〃*@ Re:2013 柳町中学校吹奏楽部演奏会 第3部(10/16) 2014.10.12(ホクト文化ホ-ル.中…
ぅ〃*@ Re[1]:2013 柳町中学校吹奏楽部演奏会 第3部(10/16) わざわざお返事ありがとうございましたっ!…
元帥閣下@ Re:2013 柳町中学校吹奏楽部演奏会 第3部(10/16) ぅ〃*さん、詳細なレポートありがとうござ…
ぅ〃*@ Re:2013 柳町中学校吹奏楽部演奏会 第3部(10/16) はじめましてっ…でいぃのかな〃 柳町中学…
November 23, 2021
XML
テーマ:吹奏楽(3282)
カテゴリ:吹奏楽

​​​​​​​​​​​​​開催日:2021.11.23(火) 14:00開演晴れ
場所 :小諸市文化センター(712名収容)

無観客の上、地元のコミュニティーテレビ録画公開となる小諸市消防音楽隊のミニコンサートに行ってきました。また縁あって演奏者として参加させて頂くことができましたので、演奏者視点でもレポートさせて頂きたいと思います。ぺんぎん

プログラム
第1部
1.ラッパ吹奏

第2部
1.炎と森のカーニバル(SEKAI NO OWARI)
2.虹(映画「STAND BY MEドラえもん2」主題歌<菅田将暉>)
3.白鳥の湖Brass Rock
4.宿命(Official 髭男dism)
5.海の声(au三太郎シリーズテーマソング浦島太郎<桐谷健太>)
6.ウィーアー(ONE PIECE主題歌)
7.紅蓮華(鬼滅の刃主題歌<RISA>)
8.風のプロフィール(東京スカパラダイスオーケストラ)

レポート
ラッパ吹奏
コロナ渦以降、県内の消防音楽隊演奏会の未開催が続く中、消防ラッパを聴くのも2年弱ぶりとなったこともあり、とても懐かしい感じを受けました。そして消防ラッパの所作である整った規律と引き締まった演奏はやはり良いものだと感じました。歩く人

炎と森のカーニバル
音楽隊演奏のオープニングには、メッセージ性のある力強い曲調がとても印象的でした。この曲は、118というマーチテンポもあいまってステージドリルでもよく演奏されていたようですが、力強く刻まれる低音パートの2分音符や4分音符の伴奏のもと、トロンボーン、トランペット、クラリネット、ユーフォニアムがそれぞれのカラーで主題をリレーして、最後はみんなで朗々と主題を奏でるという楽曲的にとても聴き所がある構造になっており、ある意味アレンジによって原曲を上回るパフォーマンスを感じたところです。炎


弱奏のアンサンブルがとてもきれいな楽曲という印象がありました。72というゆったりとしたテンポの中で冒頭にユーフォニアム、中間部にオーボエのソロ、クラリネットアンサンブルという見せ場があり、曲の持つ癒しの力が前面に押し出されてくる感じがしました。雨

白鳥の湖Brass Rock
あの名作白鳥の湖をロックバージョンでアレンジし、かなりのインパクトがあるのに、この曲のすごいところは終始ロックで流してしまうのではなく、中間部に9小節間の本物の白鳥の湖を彷彿とさせるオーボエソロの弱奏部が存在することで、ブラスロックとはいうものの、原曲に対するこだわりもしっかり残しているところかなと思いました。私的にはつい先ごろ新国立劇場バレエ団 白鳥の湖<新制作>を拝聴する機会があり、その体験を踏まえてこの曲に取り組めたこともとてもプラスになったかなと感じるところです。ひよこ

宿命(Official 髭男dism)
ダンディとリズムを組み合わせた造語と思われるダンディズムという洒落たアーティストの楽曲ということもあり、その音楽もとても洒落た感じがありました。編曲の妙かもしれませんが、伴奏パートのリズムが4泊目から始まるなどなかなかに凝っており、それゆえ一筋縄ではいかないのかなと思いましたが、こうすることによって曲に緊張感が生まれて聞き手にもそれが伝わるのかもと思いました。パレット

海の声
第1小節目と最終小節にこだわりの波の音が入るという演出がありました。さらに特殊楽器である三線が入り、とてもゆったりとした時間が流れるアイランドミュージックならではの味がありました。荒波

ウィーアー
ワンピース初代テーマ曲ですが、もう20年も前の曲なのにワンピース関連では最も多く演奏されているように感じます。それだけ名曲ということになりますが、ドラムスのご機嫌なリズムのもと160というスピードテンポで疾走するとても前進感のある楽曲でちょっと目を離すとたちまち置いてかれるようなところがあり、聴き手もですが演奏側もスリリングでそれはとても楽しいことだったかなというところです。マラソン

紅蓮華
まず曲名をどうやって読むんだろう・・・という話ですが、こちらは「ぐれんげ」です。135という少し早めのテンポではありますが、パターンが一定なので安心して聴いていられるところがあるのかなと思いました。こちらですが、2020年がコロナ渦でなければおそらく全国で演奏されまくる楽曲になったと思いますが、音楽は流行りはあれど陳腐化はしないというのが私の説なので、またこれから演奏されてゆけばいいなと思うところです。ひらめき

風のプロフィール
氷結のCMでたまに耳にするおなじみの楽曲ですが、ご機嫌なビート感で東京スカパラダイスオーケストラのサウンドをじつによく再現しているように思いました。さらに吹奏楽版では、編成の人数が増えている分表現の幅も広くなり、楽曲的にはひと回りもふた回りもスケールが大きくなった印象です。演奏の終盤には、「火の用心」「団員募集」のプラカードが示され消防音楽隊らしい幕切れとなりました。仕事かばん

まとめ
2021年1月に予定されていた第22回ふれあいコンサートは、残念ながら中止となってしまい、2020年の年末まで練習した楽曲への想いが残ったまま、なんだか忘れ物をしたまま家に帰ってしまった感がありましたが、今回、手堅く無観客という条件のもとで、若干規模を縮小しつつも第23回ミニコンサートが開催されたことは、その忘れ物を取り戻すことができただけでなく、また新しい発見もあり、全体としては音楽の楽しさを再確認するとても大事なひとときになりました。富士山​​​​​​​​​​​​







Last updated  November 28, 2021 11:59:53 PM



© Rakuten Group, Inc.