2483664 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

旅とメシと鉄と酒と温泉と…あと何だ??

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Traveler Kazu♪

サイド自由欄

最近の旅日記
それぞれの旅日記の1回目にリンクしています

羽越線経由で!さいたま市&東京トリップ 2泊3日
1日目
2日目・3日目
(2018年7月)現在執筆中・順次追加


雫石スキー場&プリンスホテル!

(2018年2月)


仙台1泊2日!牛たん喰らいと鉄道撮影ポイント開拓の旅

(2017年6月)


「FISフリースタイルスキーワールドカップ」観戦

(2017年2月 たざわ湖)


名物宿!!「鉛温泉 藤三旅館」に泊まりました!

(2016年10月宿泊)


花巻マルカンデパート惜別ツアー

(2016年5月)

※マルカンビル自体は後継の運営者が決まり、
名物の大食堂も営業を再開しています

232825851_624.v1458393206.jpg
三連休乗車券で行く最後の青函トンネル在来線と
初めてのグランクラス&東京見物 前編後編
(2015年11月)

弘前さくらまつり(2015)アイコン用.jpg
弘前さくらまつり
弘前城内濠公開 見物の旅

(2015年4月)


わさおに会いに行く旅
五能線「リゾートしらかみ」日帰り旅行

(2014年7月)

弘前夜桜観賞号で行く弘前さくらまつり

(2014年4月)
北関東(日光・茨城)と福島県浜通り
スパリゾートハワイアンズ

(2013年6~7月)
東京スカイツリーと鎌倉・江ノ島
(2013年3月)
花巻南温泉と遠野、釜石
(2012年12月)
2日連続日帰り!秋田内陸線の旅
(2012年11月)
特急ねぶたまつり号で行く青森ねぶたまつり
(2012年8月)












カレンダー

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

楽天カード

フリーページ

コメント新着

ランキング市場

2018.07.03
XML
しつこくご紹介しております(笑)秋田県横手市平鹿町の浅舞公園。

「あやめ園」「八幡神社」とご紹介してきましたが、ごく一般的な公園の設備もあります。





あやめ園の一角にあった、何とも絶妙なバランスで建っている石灯篭。
大曲の旧池田氏庭園にも大きな石灯篭がありますが、県南部ではかつてこういうのが流行したんですかね?





お子様向け遊具も完備!
しかも、全体が上屋で覆われています。





公園の南東側は田畑(主に水田)が広がる、横手盆地の広さを実感する写真が撮れました。
なんでも、横手盆地は日本一広い盆地なんだそうです。
(Wikipedia「日本一の一覧」)
※水域も含めると、琵琶湖を含む近江盆地が最大





相撲場。





「伝承館」には、民具や装束が保管されているらしいです。
ちょうど閉館時間になってしまいまして、中は観ておりません。

この「伝承館」の隣に、こんなものが鎮座しております下矢印下矢印





腕木式信号機・駅名標・転轍機・有蓋車

先に言っちゃいますが、ここは「駅跡」ではありません

しかも駅名標は、Wikipediaには「保存」とされているが、どうみても作り物っぽいショック

けど、ここ平鹿町浅舞に、かつて、鉄道が通っていて浅舞駅があったのは事実です。

1971年まで、現在はバス専業となっている鉄道会社「羽後交通」が、鉄路での横手~本荘連絡を目指して路線を伸ばした「横荘線」(おうしょうせん)というローカル私鉄が、ここ「浅舞」を通り、列車交換が可能な駅があったということです。

場所は、浅舞公園とは反対側の、浅舞の集落の北の端。

国土地理院の空中写真を見てみましょう。
もとは1947年に米軍が撮影したものです。








駅ですね!というのがはっきり判りますね。

主眼はもちろん、貨物輸送。
浅舞には現在も醸造をやっている会社がありますが、お米なども含めてこの駅から発送されていたものでしょう。


現在、現地でみても、おそらく判らないとは思いますが、試しにgoogle earthで見てみると…




旧鉄道敷地の形状に沿って、建物が建っておる!
(分かりやすいようにラインを入れてみた)

ちなみに、画像をよ~く見れば判るのですが、浅舞駅前の農協倉庫は、まだあります
ちなみに駅の前後は、もう道路になっています。
建物は民家などですので、ご迷惑にならないよう。


なお…





ダルマ状態(車輪・台車が外された状態)で置かれている、「ワラ1」っぽい有蓋貨車は、横荘線とは縁も所縁もない、単に倉庫代用としてここにやってきた貨車ではないかと思うのですが、いかがでしょうか?
それとも、製造開始が横荘線廃止の10年ほど前なので、入線実績はあったかな?


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

羽後交通横荘線 オラほの横荘っこ (RM LIBRARY) [ 若林宣 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/7/3時点)



この本を参照して、確かめてみたいと思います。

ちなみに、沿岸都市「本荘」(羽後本荘)との連絡を目指した羽後交通横荘線は、山間部ながら区分け上「沿岸部」に属する「老方」(由利本荘市東由利)まで路線を伸ばしましたが、不採算のため戦後すぐに一部廃止。残った区間も雄物川にかかっていた橋梁の橋脚が傾いたことが引き金となって「沼館」(横手市雄物川町)以遠が先に廃止となって、追って、全線廃止となりました。現在同社で運行している路線バス「急行横手本荘線」が名残を留めています。
戦後すぐ廃止になった区間の一部は、路盤そのままトンネルごと「県道」となって、今もなお通行できるようですので、今度実走してみたいと思います!


 
 
 



次回は、浅舞の街中をちょびっとだけご紹介して、終わりにいたしますスマイル






最終更新日  2018.07.03 09:00:02
コメント(2) | コメントを書く
[秋田県 勝手に観光案内] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.