3641499 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

旅とメシと鉄と酒と温泉と…あと何だ??

PR

サイド自由欄



最近の旅日記
それぞれの旅日記の1回目にリンクしています

NEW! 2020東京鉄分補給ツアー

1日目
2日目
(2020年2月)




三陸!宮古~釜石日帰りドライブ

(2019年5月)


秋田港クルーズ列車
(マリンフェスティバル号)で行く
秋田駅~秋田港駅 片道15分を往復の旅
(2018年7月)

羽越線経由で!さいたま市&東京トリップ 2泊3日
1日目
2日目3日目
(2018年7月)


雫石スキー場&プリンスホテル!

(2018年2月)


仙台1泊2日!牛たん喰らいと鉄道撮影ポイント開拓の旅

(2017年6月)


「FISフリースタイルスキーワールドカップ」観戦

(2017年2月 たざわ湖)


名物宿!!「鉛温泉 藤三旅館」に泊まりました!

(2016年10月宿泊)


花巻マルカンデパート惜別ツアー

(2016年5月)

※マルカンビル自体は後継の運営者が決まり、
名物の大食堂も営業を再開しています

232825851_624.v1458393206.jpg
三連休乗車券で行く最後の青函トンネル在来線と
初めてのグランクラス&東京見物 前編後編
(2015年11月)

弘前さくらまつり(2015)アイコン用.jpg
弘前さくらまつり
弘前城内濠公開 見物の旅

(2015年4月)


わさおに会いに行く旅
五能線「リゾートしらかみ」日帰り旅行

(2014年7月)

弘前夜桜観賞号で行く弘前さくらまつり

(2014年4月)
北関東(日光・茨城)と福島県浜通り
スパリゾートハワイアンズ

(2013年6~7月)
東京スカイツリーと鎌倉・江ノ島
(2013年3月)
花巻南温泉と遠野、釜石
(2012年12月)
2日連続日帰り!秋田内陸線の旅
(2012年11月)
特急ねぶたまつり号で行く青森ねぶたまつり
(2012年8月)




キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


Traveler Kazu

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

楽天カード

2020年06月17日
XML
東京鉄分補給の旅は、神奈川県へやってきました。地方民からすると、神奈川東部は十分「東京」です。

旅は、羽沢横浜国大駅に到着しています(こちら)。路線のポジションは前回ご紹介しましたが、この駅の具体的な位置はというと、googleマップで下矢印



(なぜか埋め込みができなかったので、スクリーンショットに加筆)

横浜駅や桜木町(みなとみらい)からは遠く、新横浜からも遠く…
ただ、いままでは旅客駅はなく、バスに頼っていたそうなので、住民の皆さんが利便性に気付くと客数は少しは増えるでしょう。


駅舎を見てみましょうきらきら




シンプルな箱型に、ドーム状の屋根が載った特徴的な外観です。
最近の流行通り、シックな塗装になっています。
駅名のサインは、相鉄のロゴが大きくあしらわれていて、この駅が「相鉄の駅」であることを主張しているように感じます。一方、入口上の看板には白地に黒文字という、どちらかといえばJR寄りのデザインです(他の相鉄駅では青地に白文字)。





ラッチ外コンコースは大変広々としていますが、現在の乗降客数では広すぎ!?





売店などいわゆる「エキナカ」はなく、自動販売機で飲料と菓子の販売が行われています。





自動券売機が3台…に見えますが、中央のオレンジ色の1台はチャージ専用機
両側2台の相鉄の券売機が、この駅の自動券売機のすべてです。JR線のきっぷも、相鉄の販売機で販売しているのでしょう。
ただ、多くの乗客はIC乗車券(Suica・PASMO)でしょうから、最低限の台数を置いているといった感じです。なお、右側にもう1台増設できるようになっているっぽい区画がありました。





ちなみに、鶴見駅新川崎駅は、相鉄・JR直通線の列車は通過するだけで、同線の停車駅案内からも省かれていますが、運賃計算では実態通り”通っている”とされたので(※)、運賃表地図の見た目上次の停車駅である武蔵小杉よりも遠方になる駅の方が運賃が安いという珍現象が発生し、話題となりました。
※時刻表やJR各社サイトに掲載されている営業案内「特定の分岐区間に対する区間外乗車の特例」に載っています





周辺案内図もありますが、この駅の周辺は、基本的に「ニュータウン」です。
何年前のニューかは知りませんが、結構高低差がある丘陵地帯びっしりと戸建てやマンションが建っています。
駅名の由来のひとつ「横浜国立大学」の最寄り駅ではありますが、残念ながら駅の目の前にあるわけではないようです。
当駅の北方すぐの隣接地には、貨物専用の横浜羽沢駅があります。跨線橋の上からですが大変気軽に見物に行けましたので、後日ご紹介します。





2月中旬時点でのことですが、開業記念スタンプがまだ置かれていました!







続いて、改札内を見てみましょう




降車したホームからエスカレーターを上がってくると、この光景です。
広い!という印象を、すでにこの時点で受けます。
トイレは改札内で、ちょうど、この撮影位置の後方となります。





自動改札は4通路、有人(精算所)が1通路です。
(この写真は改札外から撮影)

御覧の通り、日中なのに終始閑散とした駅でした。
おおむね30分間隔の運行だし、仕方ないかな?

なお、Wikipediaや各種趣味誌によれば、この駅には相鉄の施設のほか、JRの乗務員休養室があるそうです。今のところ、周辺住民向けより、JR東日本と相模鉄道との引継ぎがメインの駅ですね。



~20分離れた隣の駅~ 
武蔵小杉
 
 
 
湘南新宿ラインで都心・横浜・湘南・三浦半島へ
横須賀線で横浜・三浦半島へ/南武線で多摩へ
東急で都心・横浜へ/相鉄直通列車で相鉄線沿線へ



さて、次回は駅の外回りを見てみましょう。

以下、次 回!






最終更新日  2020年06月24日 01時21分27秒
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.