000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Trend Cyclone

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >

2008.09.06
XML
カテゴリ:真面目な話
最近、建築や不動産が荒れていますね。

 いろんな原因があるけど、長い目で見ると、結局、我々の価値観が右向け右の金太郎飴で外部に踊らされているのが原因じゃないでしょうか。

 たとえば、住宅性能評価。いい面もあるけど、にわかずくりの総花的な100点満点の減点法でいいのでしょうか。

 料理の性能評価するとして、必要な栄養成分を一律に決めて、その含有量で評価するようなものです。意味が無いとはいいませんが、それで、その料理の金額決まりますか?そもそも必要な栄養は皆おなじなんでしょうか。

 自動車だって、居住性が悪くとも、むちゃくちゃ頑丈な軍用車に大枚払う人もいるし、パワー無くとも省エネでさえあればいいという人もいます。

 へたに格付け機関があるから問題が起こるのではないでしょうか。サブプライム問題も債権格付け機関があるために、そこで不正が起こるし、債権買う人も自分で調べたり判断する能力を喪失して、騙されて大損したわけです。

 そのへんを念頭において、前のブログの、上棟やった別荘の、できあがるまでの経過をしこしずつ、"こちらのサイト"で紹介します。(すでに完成してますが、暇を見て少しずつです。)

 興味がある方は是非お立ち寄りください。


ブログランキングポチッをよろしく!

 

 






最終更新日  2008.09.06 20:34:29
コメント(1) | コメントを書く


2007.12.10
最近難しい話ばかりなので、ホッとする出来事を一つ。

最近やった上棟式です。
屋根に登って、硬貨や餅やラーメンやスナックをなげます。
近所の人達や親戚やその知り合いが100人以上あつまり大騒ぎでした。
なんと香取神宮の大宮司さんにもおこしいただきました。
(見えないですけど上にのぼってますよ。)

motinage

支度中


tatemaesitaku

この建物は、木組でがっちりです。大工さんに一応、告知金物を使用してもらいますが、無くとも十分な位です。
写真は隅部や玄関部分で外部に露出させる桧柱仕口(180角)大入れ差込蟻。

ari

グッド人気blogランキングへ







最終更新日  2007.12.27 18:54:21
コメント(0) | コメントを書く
2007.01.19
意味とかコンセプトとか、最近さかんである。
私も、記号論的にここらで考えてみようと思う。

NET系や、WEB2.0や、自己啓発本みたいに、解説がすぐ陳腐化するので、言うんだったら早めにいっといたほうが、
「すごいねー。」といわれるかも。

●主張1 「意味」と「形やコト」(形態)を、分けて考えたり、考えるのに順番を付けたり、主従をつけて考えるのは不必要ではないだろうか。

上記の答えに至るのには2つのルートがある。

○第一のルート
 1 一つの意味には多くの形態が考えられる。
 2 一つの形態には、多くの意味が考えられる。
 3 一つの意味には多くの意味が無限に繋がっている。

 1,2,3を全体としてみて、主従を考えるに、一つの従から特定の主は導かれない。
 しかも、主従関係がぐるっと一回りして環状になることさえある。

 よって、主従をつける事は不必要。

○第二のルート
 1 意味は言葉=発音によって、制約確定される。
 2 言葉(音)は物理的認識的に、形態(光(視覚)、臭い、触覚、味覚)と同列である。
  ※目は口ほどにものを言う。とか百聞は一見にしかずという言葉を聞いたことありますね。

 1 2 を合わせてみれば、「意味」は、発音(言葉)であろうと、絵であろうとなんでも表現可能。
 なぜなら、すべてつながり、一体化しながらも多対多且つ、多次元空間で重合しているからである。
言葉(音)は、意味を他人に伝える時、不十分だが、容易であるというプロトコルだ。というだけであって、脳内では他と同列。最初から伝える事ばっかりじゃ考えるのに邪念が入る。

 脳内は伝えるための、三段論法のようにはなっていない。そんな脳じゃ処理速度が10の8乗位遅くて、生活できない。

○○つまり
 つまり、意味も形態も多重に関係する世の中、いいかえれば脳内空間の一部としてまったく同等である。
 脳がそう認識するから、現実形態がある。これば脳が認識するから意味がある、ということと同義である。

 では、決め手は何か?と言えば意味でも形態でもない。
 重要なのは、それらが全体として組み上がった、「様」の美しさである。

 ※無数にある小説や映画の意味は、勧善懲悪、成長物語、危機からの脱出、希望、愛、友情、非日常性など、数えるほどしかない。
 しかし、同じ意味構造でも作品によって出来は月とすっぽんである。
 意味が強ければいいかといえばそうでもない。
 料理の味つけのように。

●主張2 建築家とは

 意味はだれでも考えられる。(当然絶対解などというものは無い)
 しかし実現可能な建築としての「形態」を考えられる人は限られる。
 一体として考える事が不可欠であるため、そこに建築家の出番となる。

 その化学合成のように一体化したものを2人の人が成分ごとに考えるのはとっても難しい。
 なぜなら、脳があるから世界があり、2人の脳から見た世界は異次元空間であり、パラレルワールドなのである。

 それ以前に意味と形態を一体化しない設計者が多いのも事実だが。

 建築家とは、
 標準化された前例を沢山知り、鵜呑みにする人でもなければ、
 企業で、他人や会社が受注した工事の設計をする人でもない。
 受注だけして設計は他人任せの人でもない。
 ましてや、特定分野の技術研究に秀でた人でもない。

○○つまり、建築家とは、

建築家個人と依頼者のパラレルワールドをリアルな建築を通して繋いだり、分けてもらったりすることを期待する顧客が、一人以上いる者である。

先の「生活大家」とは、そんなパラレルワールドを持つのにとっても重要だと思う。

そして、それは多数の意味と形態が一体化し、その組み方が、雪の結晶のように美しい。

科学的な証明はされてないけど、哲学系の人にはクオリアとよばれているらしい。
万華鏡
  

●しかし、戦術によっては、意味と形態を分けることもある。

例1>ヨーロッパの高級ファッションブランド。

ヨーロッパのブランドメーカーは形態に対する意味は公表しない。
評論家やメディアは色々いうが、メーカーとしての奥にある深層の意味は公式発表はしない。
恐ろしいほどしっかりと意味を内に秘めながらも。。。

特定の形態にたいする意味がはっきりすると、そこに合理性が生まれる。
合理性は高級ファッションにとって不倶戴天の敵である。

また、ターゲットも、自分が他人より優位な価値観を持っていると信じる人達である。
意味ー形態の関係の認識がみんな同じだとばれちゃうと、価値観の優位性が無くなる。

※つまり「知ったらしまい」なのである。仕手みたい。



例2>比較的安価で短期的な消費財を大衆に一気に売りたいときの広告戦術。

この場合、戦術として有用なのは、一つの意味に対して形態は1つしかないと訴えること。
本来カオスな世界を強引に単純化しようとする試み。
これは、その形態を作っているメーカーにとって得。

※すぐ競合に対抗策やられますけどね。


例3>世論工作諜報戦術 イギリスvsアメリカ

 イギリス流は、他国の世論工作する場合、意図は最後まで明らかにしない。一部に意図する意味が含んだ形態をじわりと浸透させる。
そして、その意味が無意識の中に充満したと判断した時。。
ぽとりと着火剤を落とす。意味を意識上に上げる触媒である。スキャンダルでもなんでも良い。
気化爆弾のように強力で、不可逆的な変化が起こる。

意味の「トロイの木馬」。意味の多元性の高等利用。
もしかしてホ○リ○モ○事件って、イギリス流の触媒?。

これは、長年植民地を拡大してきた、伝統から編み出されたものである。
最初から意味を明らかにしては、徹底抗戦される。

※この未発火充満状態を見きる眼力があると、株投資なんかが上手になるんだろうなぁ。

アメリカは、短気である。最初から、意味と形態を一体化して、主張する。
イギリスと対比すれば、気化爆弾じゃなくて、最初から派手な火炎放射器。
その結果
「勝手に指図するんじゃねえよ!」
と反発され、相手国の民族主義を高めちゃう。


※※この文章は記号論の解説ではありません。"記号論的に"私が考えた内容です。

※※興味ある人は、このブログもあわせて読んでね。


グッド人気blogランキングへ








最終更新日  2007.01.21 02:13:58
コメント(0) | コメントを書く
2006.03.05
今日はヘビーな話なんで、疲れてる人なんかは、ちょっとづつ読むほうが良いかとおもいます。
また、一粒で沢山楽しみたい方も、ちょとづつ読まれて、次の展開を"もやーっ"と考えたあと、次を読んでいったほうが良いんじゃないかな。
そのために、丁度良い所で----------の線いれときますんで、そこで一休み。。

今回は、part3で、「重要な1軸の中に、さらに無限に広がる構造を考えてみたりしたいです」と大胆にも約束しちゃったんで、それを書こうと思います。

私が昔関わったある研究の中の1つの発見の話です。マンション購入者のマンションに対する評価構造を調査した時の話です。7次元空間の話の時にちょっと触れましたが、「開放的な快適さ」というファクターが最も「満足度」、「好き」に影響を与える事がまずわかりました。折りしも、ひがみっぽいフランス人から「日本の住宅はウサギ小屋」などと言われた時代から、10年も経っていません。調査は相当膨大な項目とサンプル数で、文部省のハロー効果や資金も使って行われました。SPSS多変量解析も、当時はスーパーコンピュータにパンチカードでDATA入力して、音響カプラで使って、フォートラン、TSSでやっていたような時代です。

※補足 
(尤も、「第二次大戦中に、有効な占領政策を調査するために、陸軍が手計算でやろうとして、1年以上かかってしまって、結局終戦してしまった」という時代に比べればすごい進歩だと教えられました。)

そこで、かなり不可解な事が発見されました。「開放的な快適さ」のファクターには、広さ(面積)は当然、高い相関係数があるわけです。しかし、同じ面積、同じ家族構成で見てみると、満足度の評価に理解できないばらつきがあるわけです。しかも、「なぜ満足できないか」の設問には異口同音に「広さの不足」を消費者は揚げるんです。じゃあ、なぜ満足する人がいるんだろう。価値観や育ちだけじゃ説明できない。

そこで、もしかしてと思って、乗用車の保有台数で分けて、またしても音響カプラを使って計算してみました。すると、見事にばらつきが解消されました。

保有乗用車0台だと、いくら家が広くても、家の広さに不満足なんです。さらに、消費者は乗用車が理由だとは、全く気づいていないんです
(その後、公団住宅の駐車場仕様がグレードアップし、マンションに於ける、駐車場に関する色んな法規ができました。)

※補足 
(仮説ですが、住宅の事を聞かれても、まず無意識の感情を参考にして、単に身近な事に理由をこじつけてるだけなんです。
調査なんて、中途半端だとこじつけ部分を結論にして終了です。調査を有効にするには、相当の覚悟と、解釈力と、労力が必要です。)

これで、何を思いますか?

人気blogランキング
---------------------------------------------------------------------





私は何も、「より良い住宅選び」なんてもんを話題にしたいわけじゃありません。そんなものは、相対的で、流動的で、文化的で、主観的です。「○○であるべき」などと論ずる意味の無いものと私は考えます。

私が問題にしたいのは、自動車産業の方が、こんな調査を行う可能性は皆無である!
ということなんです。
だから、エスティマなどの、家族の居住空間を車にもってくるコンセプトを持った車が発売されるのが、それから5年位経ってからなんです。

ビジネス理論では、これを「戦略的自由度」と名づけてるそうです。
価値を実現する色んな手段があるという簡単な事なんですけど。。
※補足
(これが、理論として存在する事自体を始めて聞いた時には、ちょっと当惑しました。
なにしろ、建築とかデザインは、元々、戦略的自由度とレトリックと無意識を、てんこもりに固めたようなもんだと、私は考えていました。
でも、敢えて意識してないと、ついうっかり見逃してしまうと、意義を認めましたが。。)

---------------------------------------------------------------------




これで、色んな事がわかります。
そもそも、脳や心は、現代でも未解明なのです。
7⇒3について、肯定も否定も証明できない事1つをとっても納得してもらえるのでは。

脳や心はわからない×常に変化する×環境による=無限の広がりと深さ!

なんです。
つまりわからないという事がわかる事が進歩人であり、ホリエモンのようにわかった風の事言って突っ走る人は必ず頓挫します。たった一つの"人望マルチプル"のお話でひっくりかえされる事でも容易にわかります。

調査や、聞き取りをやっても、その対象が自分の事をわかっていない事のほうが多いのです。最後にマーケットインの提供側想像力と長期的で大胆な研究がなければ、成り立たない時代なのです。マーケットアウトブームは、必要な情報収集の一つとして、当たり前になるだけで、それを、ビジネススタイルと称する人はいなくなるでしょう。ポッと出の短期的流行は別ですけど。

また、ビジネスの対象は最終的には人であり、そのウォンツは、多次元的に繋がり、無限に増殖変化します。専門性に頼るだけでは、カオスの中の真理は明らかにならないのです。
多数の専門による多角測量で、"あくまで現在の"の特定ターゲットのウォンツがやっとおぼろげながら見える時代です。

言い方を替えれば、文化や精神も含めた広い意味での 能動的な生活大家である事が価値を持つ時代なんです!

ハングリー精神だけが売りの某国とは違う次元に入ってるわけです。

それは、"分けない事"で初めて見えます。特に商業施設建築家のように、カオスで、総合的で、変化が激しい割りには、長期的な成果を期待される職業の人は頑張らなきゃと思いました。

俺もまだまだです。っていうか終わりが見えません。それが楽しいんですけどね。

ここまで読んでくれてありがとうございます。また、気軽に読もうと思ってた人、重い文章でごめんね。


グッド多少は役にたったと思われた方はよろしく!
人気blogランキング








最終更新日  2006.03.06 17:00:13
コメント(4) | コメントを書く
2006.02.19
カテゴリ:真面目な話
ある田舎の一家の出来事です。赤ちゃんが始めて立ちました。お父さんは家族みんなの喜びとして、お祝いをすることにしました。お金はお父さんのポケットマネーです。ほんとは、キャバクラへでも行こうと楽しみにしてたお金です。お母さんは、家族のお祝いなので、あえてこのお金の出所は問わないことにしました。親戚もあつまってくれて、従兄弟などは、手作りのごちそうをたくさんもってきてくれました。みんなでお祝いし、とても幸せな気持ちにみんななりました。

 さて、この話の中で、人望が一番ある人はだれでしょう。
それは"赤ちゃん"です。えっ!と思われた人も多いかと思います。

 "人望のある人"とは、他"人"の”望"みを、自分の中に沢山もつ人です。
人望を得たいなら、難しい事沢山知ってるように見せたりすればいいと、トンチンカンな事思ってる人いないでしょうか。

 人望は、本音の世界のみで存在するものです。権力、命令、お金などでどうこうできません。人望を得ようという目的を持った行動で簡単に得られるものではありません。

 人望で繋がった人間関係ではどのような事がおこるのでしょう。そこで、なにか嬉しい事を達成したとすると、人望で繋がった相手の嬉しさと自分の嬉しさ全て足したものが、自分の嬉しさになります。
 3人で1の事を達成したとすると、人望で繋がってない単なる契約の繋がりなら、嬉しさの 合計は1×3=3 です。

 人望で繋がってると、嬉しさの合計は 3×3=9 です。

●これを人望マルチプルと私は名づけました。

つまり、人望の存在で価値がマルチプルに増大するわけです。
ケーキを切るという単純作業でも、結婚式の入刀では、すごい"嬉しさの合計"が発生しますね。そのマルチプルな嬉しさの合計が、価値や希望となり、奇跡や、献身や、勇気や、誇りや、時に莫大な経済価値を生みます。

●人望による繋がりを、より大きな社会レベルで実現できる事が、人間である理由だったのです。

こう考えるといろんな事が、わかってきました。

>一見、合理的で、斬新な事言ってる偉い人でも、なぜか、その人に力を持たせたくない人がいるが、それはなぜなのか。

前のブロクのコメントの"からっぽ"とはなんなのか。頭がからっぽという意味じゃなかったね。

年賀状の出羽三山七福神神社の大吉の意味の中の"自分は世界 世界は自分""喜びのうちでの小槌"は何なのか。

>ホリ○モンが逮捕されて、なぜこうも極端にライブドア株価が下がるのか。

ネット企業がなぜ消費者の望まないものに収益源を持つべきでないのか。

対中国問題で、謝罪や施しは、人望による繋がりに結びつかない理由。

>なぜ、携帯音楽プレーヤーに"アートがわかる企業"のブランドイメージが必要なのか。

>象徴とは何なのか。何の権力も無く指導者でもない、天皇がなぜ大切なのか。

話は飛びますが、

人望の視点で国際関係をみますと、日本が独立して存在する意味は、世界が"日本独自の文化を発展させてほしい"と思う事が必須です。誇り、品格、の無い国家は滅びるとはこの事だったのです。
日本は特にこの事をわかってた国。恥の文化の深層には人望によって繋がる社会が息づいていました。

他国に、お金を恵んでやったりペコペコする事ではありません。それだったら、アメリカの1つの州になったほうが合理的。個人預金が沢山あるから大喜び。アメリカの国債もたくさんもってるし。

●人望を得るには、自分の望みを、自分の内でなく、自分の外に常に置ける人にならなければならないと気付きました。
人望を無くすのは簡単です。自分の内の欲得のみで、いろんな判断を歪めれば良いのです。最近、日本の政財界にそういう人が急に増えてきましたが大丈夫なんでしょうか。

表面的な合理性には、必ず大きな落とし穴があるんですね。深く掘り下げて回り道した所に、大きな宝があります。

そういえば、小さいころ、母が"心の襞がわかるようになりなさい"といっていました。勉強の事とか、服を汚す事や、やんちゃな事ではどうこう言われた記憶はありません。お金持ちになりなさい とか 偉い人になりなさい とは一度も言われた事がありません。当時は"メンドクセェ”と気にかけてもいなかったのですが。

すごい人だったんだなぁ。といまさらながらじわっときた。

グッド人気blogランキングへ






最終更新日  2006.02.20 00:10:30
コメント(9) | コメントを書く
2006.02.09
カテゴリ:今日の妄想
嬉しすぎるぞこの傾向

なんじゃこりゃ♪。嬉しすぎるぞ、おれとしちゃ。日本のおねーちゃんなら、声かけちゃうかも。
実はこれ表参道のMACという化粧品ブランドのショーウィンドー。もちろん生身のモデルさん。表参道で仕事しててよかった。
金かけてやってるんだから、なにか意図は必ずある。
単に"塗りたくる面積が増えれば需要が増える"と考えてるわけじゃなさそうだ。

化粧について考えてみた。3個の重要な軸が思い浮かぶ。

A 自信がつく←日常的な化粧(化粧結果自体に意味が存在)

> 立派(戦闘服)男と同じ。社会で積極的になれる。
> 病は気から。化粧の気に与える影響で、健康になれる。


B 変身願望がみたされる。←特別な化粧(化粧結果自体に意味が存在)

それによって特定の体験が得やすくなる。特定な場に適合する。


C 無になれる。解放される。(化粧する事に意味があり化粧結果自体には意味がない)

内面として、また、他者からみて、既存の自分の概念を消す。それによって、あらゆるフリーハンドがえられる。本能のおもむくまま行動しちゃう。

ヨーロッパでは仮面舞踏会。アフリカあたりじゃ焚き火のまわりで、宴会やってバカになるとき、男まで異様な化粧をする。

日本にはそういえば"C"の化粧品がなかった。ごくまれにヒョットコ仮面で騒ぐのは"B"である。得られるのは”ひょうきんな体験”という特定なものと限られてるわけだから。

つまり、女性用の化粧品で"C"のブランド指向性をもってるのは日本じゃ空白なんですね。ここで、オンリーワンになろうという戦略とみた。

7to3空間モデルで競合のいない、C軸で強い印象をつけて、スレッドショルトを超えて、これに良く反応する女性の消費をまるごととっちゃおうというわけだろう。
建築家とマーケティングのカテゴリーの中の7つの恐怖の2、3、4、5番の絶妙な調合がこんな価値をうみだしてるんですね。複眼思考って楽しいですね。双子座に生まれてよかった。

ホリエモン信者と同じで、スレッドショルト超えすぎちゃって、"法をおかさなきゃいいじゃない"ってな感じで、まるごとそのまんま取り入れる女性が多数発生する事祈るばかりである。しかも、よくよく潜入捜査しないと、ショーツはいてないのわからないやつとか。そういえば、ターゲット年齢も似てそう!

今年の夏は、繊維でなくてパウダーがおしゃれ♪なーんてのがコンセンサスになると嬉しいねー。

そうなったら、ご褒美で俺も仲間にはいってあげよう。法規上きっと脱毛済みにしなきゃなんないだろうけど。え!異物を見ない自由の権利犯さないでくれって!。そりゃ表現の自由に反するんじゃないの?
”自由"の主張って空虚だね。あ!だから無になると解放されるのか。

いずれにしても

♪♪♪今年の夏は本能だ♪♪♪。パソコンの前に縮こまって座ってる場合じゃないよ!そこの貴方!

かわいいよ♪

グッド人気blogランキングへ よろしくね♪







最終更新日  2006.02.10 21:00:24
コメント(21) | コメントを書く
2006.01.31
カテゴリ:真面目な話
●ブログとは本来、

書く人にとっては

"自分を確認し、他人に認知されることによる、世界が広がる喜びを得るためのもの" 

見る人にとっては

"多様な主観が存在するパラレルワールドを体験できるもの"
(ここでパラレルワールドってのは奥が深いんですよ。アマゾンとかで"クオリア"に関する本を検索してよんでくださいな。この理論の勝手な進化形が7軸説であり7to3空間モデルですよ。)

●名前で勘違いしてませんか。
 
書くのが"日記"なら、どうでも良いプライバシーをさらけだす事が、世界が広がる事と矮小に理解していることになる。

読むのが"日記"なら、その日にあったことや思ったことなどの覗き見しか求めてないことになる。

私が日記にもかかわらず毎日更新しないのは、私にとってのブログとは、発信したいことを発信するルートだから。世界が広がり開放的な生活をする道具だから。露出趣味はない。
トップには今発信したいことが載っていてほしい。どうでもよい日々の日記の下に表示されたくない。
とくに前の文章の"自分の頭"のフレーズなんか沢山の人に見てほしい。
たくさん日記が積み重なっちゃうと大切なものが追いやられる。
とくに楽天のシステムは、10個までしか表示されないし。


●ところで、パラレルワールドを顕在化させるブログの仕組みも、正反対な使われ方もあります。

なんでも、両極が存在してるんです。というか両極がないと存在自体がないんですね。
パラレルワールドじゃなくて、収束する世界を作るのにも使われるときがあります。
例えば、広く分散した"信者"といわれる人々を多くのコンテンツやカキコで多重にリンクしちゃいます。時間と空間を越えてひとまとめに固めちゃうわけです。
そして、信者で無い人が見たとき"みんなそうおもってるんだー。"と勘違いさせ信者にしちゃうやつですね。
まさに集団心理、小さな集団を"みんな"と勘違いさせてしまう。("みんな"という事に価値を置く事自体も問題だが。)均質で他者が自在に操作できる7次元空間作成戦略。
パラレルワールドじゃなくて"ブラックホールワールド"となずけましょう。
このブラックホールをビジネスモデルに取り入れる会社けっこうあります。

そういえばライブドアの元社長が積極的にライブドアブログやってましたね。。コワイデスネー。

新製品や、ブランドなんかで利用するんならかわいいもんですけど。
もちろん、肯定的な表現をするなら、"単なる知識を信念に昇華するツール"とも言い換えられます。

●ですから!テーマが同じなら、自分と同意見の人ばかりじゃなく、異なった意見へもトラックバックやコメントすることをこころがけましょう。


>>ブログについて、変だなと思う事。

>最近ビジネスブログとか、閉じたブログが導入されつつあって、黎明期なんだけど、なんで"ブログ(日記)"なの??。
多元的な情報整理であり、カオスの中の法則を見つけるツールであり、
集団心理をうまく利用するツール。
沢山の主観なりノウハウなりや、プロジェクト等の関係を整理する総体の事。
要するに今までのデータベースやノーツなんかと比べて格段に柔軟性が高くて多元活用ができるって事だよね。
それになんで"ブログ"なんて名前つけてるわけ。みんなしってるからって安易につけてない??
インターネット黎明期にネット対して "通信IC" とか トンチンカンな名前つけてるのと全く同じ。

●発想貧しくない?冴えた表現うちだした会社は一世風靡しそうですね。

勘違いして、1000人位で日記なんか書き始めると、大切な情報がうもれるんだろうなー。3年後位が楽しみだねー。

グッド人気blogランキングへ






最終更新日  2012.04.01 09:07:46
コメント(8) | コメントを書く
2006.01.23
よくよく考えてみたら、ホリエモンの存在意義は、社会のインフルエンザ予防接種。

彼は、価値を提供する事はできなくとも、弱点を見つける事が人一倍上手な人。そして、ためらいなく行動できる人。

ただし、普通気づかない矛盾をついた攻撃をしてくるけど脇が甘い。

その結果社会は脇が堅い攻撃にも免疫がつく。そして、世の中の中身もなにかしら変革される。

ホリエモンが一時成功したのは、彼が優秀というより、社会が未成熟だから。

韓流ブームにのせられたり、ヨーロッパのブランドメーカーのカモになっちゃったり、軍国主義や、極端な反戦主義や、捕鯨反対論者に扇動されることや新興宗教に騙される事と同じ。

同じ事をしても、脇が堅い優秀な人で、なおかつ、俗欲的でなく、悪意を抱いている人にやられてたら、めちゃくちゃな世の中にされてたかも。

ホリエモンは、皮肉なことに、騒がれて、徹底処罰で、反面教師にされることにより、社会的存在意義がでてくる人。

※有益と有害って紙一重なんですね。

そう考えると、私がなんとなく、嫌悪感を抱いていたのは、ホリエモンに対してじゃなく、扇動されやすい社会に対してだったんだなと気づいた。

普通だったら粉飾なんか以前におかしい事きづくはず。

まいあがっちゃってた人は、非難するなら、まず最初に、自分の頭で考える事を放棄した、自分自身に行うのが道理である。

一人一人が考えることができるようになることが、良い世の中を作ることになる。

※今後予防接種役は誰がやってくれるんだろうか。。。

グッド人気blogランキングへ







最終更新日  2006.01.23 18:53:20
コメント(5) | コメントを書く
2006.01.20
カテゴリ:今日の妄想
地下のイメージ="自分の居場所が把握できない、危険、逃げられない"って感じで、サワヤカーに変えようなんて無理してませんか?。

無理しなくてもいいんじゃないかー。考えようによっては"別世界"のイメージになる。

家族的とか、開放的とか、さわやかとは一線を画す"大人の夢と本音がとことんつまった別世界"(変な意味じゃないですよ。名前はエロチカがいいなんて思ってません!)。

地下では、子供がうろちょろする百貨店やスーパーじゃ、場違いになるような、極端な空間が似合う。
おこちゃまにスタンプラリーなどという暴挙に出られたらオワリである。

東京の地下といえば地下鉄。その空間は、明るくさわやかに作るんじゃなくて、"別世界、サブカルチャー、時間転移、ワープ"などで、イメージを統一すればいいのにと常々思っていた。

建築家とマーケティングのカテゴリーの中のバカと恐怖はつかいようその2で書いてある、1番と3番と6番のスパイシーさが地下にはあるんだから有効に使いたい。

最近できた表参道の駅内MARCHÉ DE METROそういった意味でいい方向向いてる。もっとぶっとんでもいいけど。
やはり朝から晩まで席を探さなきゃならない大混雑のようだ。

長いトンネルを抜けたら、バテレンだった。って感じ?。
(また宇宙語いってるのー。っておっしゃるそこの貴方!わかってねー。)

表参道地下1表参道地下2

表参道地下地図

それにしても排気工事大変だったでしょうね。お疲れさまでした。どこに出したんだろう。。もしかしてチン?。


人気blogランキングへ






最終更新日  2006.01.21 21:32:30
コメント(3) | コメントを書く
2006.01.16
建築家とマーケティングのカテゴリーの中のバカと恐怖はつかいようその1。で予告しちゃった、7つの恐怖を考えようってやつを大雑把だけどいっちょう、ぶっぱなしたい。
こりゃーけっこう続きもんなんで、できれば、建築家とマーケティングのカテゴリーの最初から読んでもらえば、面白さ倍増です。

ジャーン!
7つの恐怖

1●生命の危険、肉体的苦痛
 >こりゃすぐ思いつきますなー。利用例は、すでに、その1に沢山かいてまーす。読んでくださいね。simfarmさんのコメントのつり橋理論もこの一つでーす。
 >>劇薬度★ 利用の簡単さ★★★★★ 効果★★ 
 >>>料理でいったら、塩位。

2●未知、異形
 >これもすぐ思いつきますなー。
 >>劇薬度★ 利用の簡単さ★★★★★ 効果★★ 
 >>>料理でいったら、胡椒。

3●孤立、孤独
 >人ってけっこう相対的な存在!外との関係が切れると自分が消える恐怖ありますねー。TS@捻くれ者さんの"樹海"なんかこんなんでよろしいでしょうか。
 >>劇薬度★★ 利用の簡単さ★★★★ 効果★★ 
 >>>料理でいったら、お酢位。

4●大切な価値観の崩壊
 >怖いんですよ!これ。呪怨やゾンビに含まれてますねー。恐怖映画じゃこれがはいってると怖い。
 >>劇薬度★★★ 利用の簡単さ★★ 効果★★★ 
 >>>料理でいったら山椒位。まったく苦手な人もいます。

5●セルフコントロール崩壊
 >自分が自分でなくなっちゃう。聞いただけじゃピンとこないかもしれんけど私の実体験じゃこれが1番
 >>劇薬度★★★★ 利用の簡単さ★★★ 効果★★★ 
 >>>料理でいったら、ハバネロ。

6●見えない不安
 >どこか見えない所で、何か悪意が働いてると怖いですねー。あるいは正体不明なやつ。
 >>劇薬度★★ 利用の簡単さ★★ 効果★★ 
 >>>料理でいったら、渋み。

7●確定すること 希望の喪失
 >人は未定な事があってこそ生きる意味がある。たとえすばらしい人生であっても、全て死に様まで細かく確定されて、あらかじめ明示されちゃったら怖いですねー。この弱い意味の恐怖として、告白の恐怖、試験発表の恐怖なんかありますよね。雅子様とかローマの休日なんかこれにはまってませんかねー。
 >>劇薬度★★★★ 利用の簡単さ★★★★ 効果★★★ 
 >>>料理でいったら生臭み。大人の味。カニミソなんかにはいってるやつ。

ちなみに私の一番怖い"呪怨"は表面上は1と2と6と7 しかし 鍵となる隠し味は 4の大切な価値観の崩壊が利いてますね。アメリカ映画には無い。必ず絶対善がある。あのオーメンにおいても。カラス神父の頭に666は絶対書けない。高級なインドカレーみたい。
単純な"エイリアン"は、1と2と6 すぐ真似できますね。
また、同じ1と2と6微妙なさじ加減で利用して地下のコンセプトができたのがエチカでしょうか。(また宇宙語っていわれそう!!)

●●上の7つの恐怖なんて意識して生活してませんよね。しかし、それを体験すると、即刻恐怖を認識しますね!これが無意識の7次元空間なんです。

ところで、"チカチカする"と怒られそうな★印は5が最高。
劇薬度ってのは、デザインとして使い方間違えると、変なものができそうになる度合い。
利用の簡単さとは、変換の容易さ。2段 3段の変換をしないと食えたもんじゃないデザインになる恐れがあるやつは★ひとつとかふたつ。
効果は、うまくいったとき、スパイスが良く利いた、デザインが生まれる可能性の度合い。もちろん恐怖とはその正反対も含む"線"として利用する前提。

実際デザインにどう利用しようかなんて、すんごく妄想ふくらんじゃって、長文になりそう。ってなわけで今日のところは、このくらいで堪忍しておこう。あくまで感動するデザインのスパイスを考えてるだけですよ。決して”恐怖の建築家”なんていわないでください。

ちなみに上の文章は検証されたものでなく、私の勘でまとめただけです。こんなのもあるんじゃない? 或いは重複してるんじゃない? 全然こわくないじぁん?といったご意見は、是非コメントお願いしまーす。

グッド人気blogランキングへ






最終更新日  2006.01.16 23:21:26
コメント(2) | コメントを書く

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

X

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.