1826506 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

旅鞄屋

PR

Profile


@cola

Free Space

もう
行ける限り
旅には出ようと思う。

先のことなど
考えていられるか!

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

2010/10/02
XML
早朝、また何度か目がさめる。
昨日より熱が高い気がする。
でも今日は絶対に絶対に蚤の市に行くんだ!
いつも旅の時持ち歩いてるノーシンを飲んでやり過ごす。

7:40頃ホテルを出発の際、チェックアウトが12時だと確認して「12時には戻るから」と念を押して出かける。
今朝はどんより曇ってた。雨降らなきゃいいけど。
蚤の市の開催も心配しながら、ヴァンヴで下車。



やった!やってた!


まず初めに、一番手前で商売してたキーホルダー屋さん。
手前のお店って、値段が高い事が多いので、よっぽど心惹かれなければ買わずに、頑張って奥に進むが吉。





いつも居る手芸屋さんで買い物(買い物は初)。
mikoさんのとこでカフェオレボウル・カップ・その他を買う。(毎度買う)
いつもの鍵のお店も見つけ、買う。
最終日だったので、この時点で予算をオーバーしてしまった。
しかし欲しい物はまだある。
仕方ない。手持ちの1万円をリヨンでユーロに両替だ。
というわけで、帰りの空港までのバス代とご飯代に残しておいたお金は、素敵な小さい額などに変わった。


イチゴのティーセット。高額だった為、写真だけの持ち帰り。

11:40、急いでホテルへ。
買った物等パッキングし、チェックアウト。
ただし荷物はそのまま夕方まで預かってもらう事に。


道の途中で見つけた店先にて。みかんは、一個ずつ袋に包まれているものがあって面白可愛い。


サンドニへ。ここで門を見る事も今回の目的の一つだった。
凱旋門はあまりにも有名だけど、サンドニにも門がある。





町中に溶け込むようにそびえ立つ「巨大な門」はなんとも不思議。
門は2つあり、もう片方を探していたら、また蚤の市に出会った。
知らない市だったけど、ここでも小さい鍵を購入。観光客が少ないお陰か、とても安かった。

向こうの駅近くでは、デモのようなものが行われているようだった。プラカード持って。

再びリヨンへ。
ここから空港までバスで向かう予定なので、駅近くでご飯を食べる事にした。
ちょっと遅い時間だったので、ランチメニューは終了してたが、
母が「ランチを食べたい」というと、勧められたのが『クロックマダム』
実にパリっぽいメニュー。+カフェオレ。美味しかった。



ホテルに戻って荷物のピックアップ。
ごとごとトランク出してたら、奥からおじさんが出て来て「大丈夫?タクシー呼ぶ?」って聞いてくれた。
ありがとう!でも大丈夫、とホテルを後に。
狭いホテルだったけど、フロントの人は感じ良かったな。

エールフランスバスの発着所へ。
ちょうど3時だったので予定時間ピッタリだ、よかったよかった。
と 思ってたら。
バス停の方から来たフランス人に話し掛けられる。
(普通の人じゃ無くて、多分バス関係の人)
言ってる事はよく分からない、けど、「ノーバス」って言った所だけ分かった。
なにぃ!?「ノーバス!?」

そのとき、バス停に居た日本人の親子連れ(私達と同じパターン)が近付いて来てくれて、ワケを話してくれた。
どうやら…デモでバスがストらしい!(そういえばさっき見かけたっけ!!)
つまり、本日空港行きのバス再開の目処はたたない、と。
そしてそのフランス人は、
「バス来ない。でもタクシー呼んでやる。空港まで50ユーロくらいだから、シェアして乗って行け」と提案してくれてる、とのことだった。
おぉ ありがたい、それじゃー是非!
どちらにしろ、こうなったらタクシーしか手は無いもの。
すぐ来たタクシーに乗り込む。

天井シースルーのタクシーでした。眺めがいい。

向こうの親子の娘さんの方は、なんと現在オランダに住んでるそうだ。
で、一年に一度、こうして一緒に旅行するんだって。
お母さんは日本から現地へ、娘さんはオランダから現地へ、で 合流。面白い!
来年は北欧に行くわ♪と仰ってた。あーなんか素敵だなぁ。

空港までの道は、デモの影響か、確かに混んでた。
でも色々迂回してもらい、間に合うように空港に到着。
シェアしたお陰でタクシー代も半分で済んだ♪
向こうのお母さんが乗る日本行きは私達と同じ便だった為、チェックインまで一緒だったけど、そのあとに別れた。

空港ではトランクを預けた後、構内にあったポストから手紙を出し、そして手荷物検査。
ここを通過してやっと免税店。
もう買い物は特になかったけど、最後のお土産を買ったり、搭乗時間までの時間を潰す。


素敵だったエルメスのトランプ。表には馬が描いてあるんですよ。

18:55、搭乗時間。ほぼ定刻。
ここからは11時間15分で日本に到着するらしい。
蚤の市の時、薬のお陰で下がっていた熱がまたぶり返してきたので、また薬を飲み、さらに熱さまシートを額に貼って、映画を見ながら寝た。


今回、色々ハラハラすることもあったけど、良い旅になった。
ハプニング込みで、旅は面白い。
旅の神さまありがとう!




おまけ。今回の旅のみやげ。(自宅と親戚へ)


空港で買った「ラデュレのマカロン」箱激カワ。


モン・サン・ミッシェルで買ったアンティークカップ&ソーサー。
リモージュ焼き。サイズはとても小さくて、高さ6センチ程。



HOME






Last updated  2011/08/15 11:15:36 PM
[2010 斜塔と孤島の旅] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.