1821568 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

旅鞄屋

PR

Profile


@cola

Free Space

もう
行ける限り
旅には出ようと思う。

先のことなど
考えていられるか!

Calendar

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

2011/10/02
XML
ゆっくり寝てから起きて出かけるつもりが、このところの日本での睡眠不足習慣のせいで、4時間ほどしたら起きてしまう。
仕方ない。PCで調べものをして時間を潰す。

パリはまだサマータイムが続いてる。
その為、冬より1時間遅れて過ごすことになる。だから朝日もなかなか昇らず、7:15頃やっと明るくなってきた。



朝の空気は清々しい。少しひんやりするくらいで、さすがに10月を感じた。

予定より少し遅れて部屋を出発、ヴァンヴの蚤の市へ。
個人的には4度来ていることになるけど、毎度何かしら掘り出し物に出会う。
今回は特に教会関係のチャームを買おうと決めていた。





前回小さくて華奢なフレームを売っていたおじさんは見付からなかった…また買いたいと思っていたのに。(逆に考えれば、前回無理して買っておいてよかった)

だがいつも通りmikoさんとこでカップやカフェオレボウルを買い、数店で鍵も買い、ジャンク屋で掘り出しモノにも出会った。
メダイやクロスは、沢山の店で見かけたので吟味して買えたと思う。
去年見なかった、クロモスを扱う店でポストカードも買った。

3時間程歩き、カフェで食事。





その後、「奇跡のメダイ教会」へ向かう。
3度目だというのに、この日初めて知った!
このメダイを広めたと言われる聖女カタリナが、現在もこの教会で眠っているということを。
埋葬されているのではなく…この教会の、神父さんが立つ横の方に、ガラスケースに入って安置されているということを。
し、失礼しました。
ミサが終わった後、手を合わせて来ました。
とても美しいひとでした。
(*メダイを買って、教会を出ようとしたところ、日本のシスターに出会い、彼女に教えてもらったのでした。ありがとうございました)

その後、ルーヴル美術館とその横のサン・ジェエルマン・ローセロワ教会へ。






ルーヴルは第一日曜日ということで、入館無料。=大混雑。
というわけであまり長居せず、郵便局でコリッシモXLを買って部屋に戻りました。

ここでシャワーを浴びておき、再び出発。
(アパルトマンでは、あまり夜遅くにうるさくしてはいけない決まりがあり、夜帰宅後にシャワー、などはNGとのこと。洗濯機、掃除機も同様)





部屋にあった「この辺の秘密ファイル」によると、バス1本でエッフェル塔まで行けるらしい。
夜のエッフェル塔は綺麗だし、10時になったらギラギラするハズだから、と毋にとっては初めての「夜のエッフェル塔」に向かった。

9:40頃、到着。
もうすでに沢山の観光客で溢れている。
便乗の「光るミニチュアエッフェル塔売り」の人たちもたくさん。
(意外とそれを買う人も多いような気がする)
エッフェル塔はこの時点でも光ってキレイなんだけど、10時まで待つと?
光が点滅、というパフォーマンスを見せてくれます。
点滅し出した瞬間、周りからも「ワーオ!」と歓声が。




そういえば公園側から初めて見た。
夜のエッフェル塔、きれい。眠かったけど来て良かったな。

そしてまたバスに乗り、(ちょっと寝てしまい)部屋に戻りました。
夜はなぜかお腹があまり減らず、ジュース飲んでお終いにしてしまった。


明日につづく



HOME
バス、エッフェル塔に向かう路線ではルーヴルの敷地内に入る道を通るのですが、この道が見物!
バスの幅ぎりぎりのアーチを通るのです。
ほんっとうにギリギリで、すごかった!バスの運転手さんすご!!出来たら昼間見たかった。






Last updated  2012/06/30 10:47:57 PM
[2011 パリプラハの旅] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.