ツルっ子日記

フリーページ

フルーツ2 フルーツ2 フルーツ2 フルーツ2 フルーツ2


yeah 【  !BIEN VENIDO! ツルっ子日記 】
yeah yeah



yeah       


yeah
フルーツ2 フルーツ2 フルーツ2 フルーツ2 フルーツ2
yeah
2019年10月08日
XML
カテゴリ:フラメンコ
スペイン日記途中ですが
続きを書く前にちょっと個人的近況などを。

今年6月あたりから劇的に環境が変化いたしまして
自分のことをすべて後回しにして
状況対応にまい進してまいったつるっこ。

具体的に言えば介護問題なのですが、
そんなさなかに投げられた
「あなたは暇だから」という言葉にハっとしまして。

自分を犠牲にして頑張って時間をやりくりしてても
しょせん「暇な人」としか見られないんだなあと。
それならもっと自分のために時間を使おうと。
とはいえ、嫁としての責任は投げ出したくない。
てことで、自分なりにルールを決めました。

・上限を決めない
・すきま時間の有効活用

まずは「自分は今時間がないから」「いっぱいいっぱいだから」
これはできない、あれはできないと決めつけない。
自分をごまかさずに自分の人生を生きる、
そのためには今なにをやるべきかを考える。

そしてふと空いた時間にやることをいくつか決めておく。
例えばフラメンコの振付を考えるための音楽や資料を持ち歩く、
ゆくゆくは資格をとりたいと思っているもののテキストを準備する、
そしてこれだ!→「ブログをコツコツと少しずつ書く」。

てことで、ちょっと時間はかかりますが
引き続きブログ更新を頑張る所存であります!!

*****************************************

ではでは。
2019年2月~3月のスペイン旅行記をちびちび更新中です。

前回に引き続き、「マドリッドでフラメンコを学ぶための滞在」
に役立つ情報をお送りいたしまーす。

アモール(フラメンコスタジオ)に通う場合の
最近のつるっこの宿は​こちら​。

クラスの合間に着替えに戻ったり休んだり、
自主練スタジオを土日もフル活用したり、
深夜にカサパタ、ビジャロサ、カルボネラスなど観に行って
ちょっとばかし酔っ払いでも歩いて帰ってこれる、
そんな宿であります。

受付には24時間人がいてくれて安心。
そして湯沸かしポットがあること、
朝食と称してビスケットがおいてあること、
部屋に冷蔵庫があること、
これがポイント高いです。
近くにはスーパーもあり。

そして何よりも「神がいるかもしれん場所」であります。
この話は最後にするとして。。

しかし、このオスタル(簡易ホテル)。
フラメンコ滞在に必須である洗濯機がない。
今回はこの悩みがすっきりと解消されたのであります!

アモール近辺には何軒か新しくコインランドリーが出没。
これが優れもので、5ユーロ入れてスイッチオンで
洗剤も柔軟剤も勝手に出てきて全自動で脱水までしてくれる。
ドライまでやりたければ別途乾燥機にぶっこみ3ユーロ投入。

つるっこは、でかいネットに洗濯物をすべて入れて宿から持ってきて
そのままぶっこんで洗濯、乾燥機は使わずに脱水までしたものを
ネットのまま宿に持って帰り、部屋干し。
宿はオイルヒーターがあるので冬でも乾きやすい。

注意すること。
水温を選べるのだけど、
「muy caliente」にすると熱湯で洗われてしまい
色落ちはするわ、ゴワゴワになるわ、大変なことになります。

支払いはコインのみ。
ちゃんとコインランドリー内に両替機があります。
ただし10センティモ、20センティモコインは使えませぬ。



(5ユーロの自動洗濯機。容量の大きいものもある)


(乾燥機は3ユーロ。ふんわり仕上げになるらしい。)


最後に。
神の住むオスタルの話。

今回Tちゃん合流後、マドリッドの街を歩きだした瞬間、
オスタル前のアトーチャ通りでTちゃんがスリにあったのだ。

この旅行中ずーっと注意していたのだけど、
Tちゃんは常にかばんを斜め掛けにしてオシリにまわしている。
とってくださいと言わんばかりの日本人状態。

表に出てあっという間に財布をすられ、
Tちゃんが「やられた。。」と真っ青な顔でうったえてきた。

ここでつるっこの頭の中にはグルグルと
これからやるべきことが駆け巡る。
まずは。。カードをとめて。。警察にいって。。
ああ。。とりあえず今日の予定はすべてキャンセルだな。。

するとどこからともなく、颯爽とスペイン人のおじさまが現れ、
「なんか盗られた?」と一言。そのままどっかに消える。
そしてなぜかオスタルの一階奥に逃げ込んだ犯人を見つけ
何かを説得。何を言ったかは不明。
するとその犯人は財布をそのまま投げ捨てて逃走。
中身はすべてそのまま。

一瞬の出来事で何が何やら全くわからなかったが
とりあえずお礼を言わなきゃと焦る私たち。

「おー!!あなたは神様です!!」
(あまりの感動にろくなスペイン語出てこず)

「いやいや、気をつけてね。」

と手を振りながら、オスタルの一階奥に消えていった。

あの方はいったい誰だったのか??

あそこはねー、神様が住んでるオスタルなんですよ。。






最終更新日  2019年10月08日 14時35分03秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

 ツルっ子@ Re[1]:☆スペイン南から北へ☆マドリッドで自主練習(09/03) ももちゃん!貴重なコメントをありがとう☆…
 ももいろばろん@ Re:☆スペイン南から北へ☆マドリッドで自主練習(09/03) 個人的にはオチ満載、つるっこさんの『ド…
 ツルっ子@ Re[1]:今年の抱負(01/23) ももいろばろんさんへ コメントくれてた…
 ももいろばろん@ Re:今年の抱負(01/23) お久しぶり~(^^) そして、今年もよろ…
 ツルっ子@ Re[1]:新人公演終わりました!(08/29) カエルさん、 目標は引き続き同じですよー…

お気に入りブログ

林雪絵(Qちゃん)… QちゃんUKiさん
Minami’s ク… Minami -*さん
ふわふわポップ §いつき§さん
bjleenのスペイン便り bjleenさん
Pilates Studio Ka… ピラティスさん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.