930309 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

アトピー、アレルギーを追放!健康を増進する            TSデザインの自然素材の家

家の寿命を長くするダブル断熱

家の寿命を短くする結露を99%防ぐ「ダブル断熱仕様」

1.家の寿命を短くする結露を起こしにくくする「ダブル断熱仕様」

グラスウールなどの内断熱材を使用した場合、壁内で結露が発生し、汚れやカビの原因となるだけではなく、住宅の寿命を短くしてしまうケースが多く見受けられます。

永い間、安心して健康に住める家には、構造体の外側に断熱材を設置する外断熱工法を施工し、さらに壁内にも断熱材を設置するW断熱を行うのが理想的です。

2.結露のない快適な住まいになります。

ダブル断熱は、一般的な工法に比べて手間やコストがかかってしまうというデメリットがありますが、みなさんに永く健康で暮らせる家に住んでいただきたいと考え、風家では外断熱&セルロースファイバーのダブル断熱を標準仕様にしています。

ダブル断熱は、結露のない家をつくります。
冬になるとびっしりと窓に水滴がついている状態をよく見かけませんか?
ダブル断熱に使用する「フォルテウォール」は外部からの水の侵入を防ぎ、外部と内部の熱の移動を少なくし結露を起こしにくくしています。よって室内の温度は、年中ほぼ一定に保たれます。
また、ファイバーエースには調湿効果があり、室内の環境を快適に保ちます。

w_insulation002.jpg

3.家の寿命が長くなります。

木造住宅の大敵、『水』を寄せ付けないので家の寿命が長くなります。木材にとって過剰な水分は、木を腐らせ、シロアリやカビを呼び構造部分を蝕んでいきます。
日本は、夏場の湿度が高く冬には加湿や結露により水分が充満しています。断熱を怠ると水分は過剰なまま室内や壁内に残り、家の寿命を短くする原因を呼び寄せるのです。

w_insulation001.jpg

4.冷暖房費の削減、省エネ効果に威力を発揮します。

比較データ表からもわかるように内断熱にグラスウールを使用した住宅とファイバーエースを使用したダブル断熱の住宅では、電気代に差が出ました。

※それぞれの断熱材で9月の電気代を100%として算出しています。

※全く同じモデルの住宅での比較ではありませんので多少誤差があります。

denkidaihyou.gif

denkidai.gif

5.ダブル断熱を採用すれば火災保険がお得に。

オーパスのダブル断熱を採用した建物は火災保険が最大で約18%割引になります。

国土交通省の定める防火認定を取得した工法だからこそ、火災保険が割引になるのです


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.