1286613 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

大学教員からのMessage

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


むむむぽん

Category

Calendar

Recent Posts

Archives

Freepage List

Headline News

Comments

むむむぽん@ Re[1]:花見(04/05) のんのさんへ 1年を振り返ってまた新しい…
むむむぽん@ Re:塩竃神社(04/12) ごぶさたでした。元気ですか? 分祀された…
のんの@ Re:花見(04/05) 今年の開花は早かったよね。 こんな時でも…
のんの@ Re:塩竃神社(04/12) こんばんは。 すっかりご無沙汰していまし…
むむむぽん@ Re[1]:凧あげ(01/02) のんのさんへ 今年もよろしく(^O^)/ 凧…
2021.05.03
XML
カテゴリ:クスリ・自己啓発
ぼくは,五年生ぐらいのときに,日本の歴史を,いとこに六かんももらいました。
よんでみるととてもおもしろいです。
そして,すごく興味を持ちました。
新聞にも,小学生の読んでいる本五六年生の第一位が”日本の歴史”と書いてありました。
今年のお年玉では,日本の歴史の本七~十かんまでかってくれました。
そして,かった本には,日本の歴史,できごと事典,事件や人物,できごとで日本の歴史の流れが一目でわかる。好評発売中!とかいてあるちらしを六年になって見つけて,これは,社会の歴史には,役立つかもしれないなと思ってお父さんに見せて,数日後,わきにかかえてかってきてくれました
かってもらったときのうれしさ,いまからすぐよみたいなーという気持ちがします。
けれどがまんをしました。
宿題を先に済ませなければと思って今週の日曜日お父さんに聞きました。
「なんでマンガの本かってくれへんのー」
ぼくはマンガの本がとても好きです。
「勉強の本ならかったる」
「なんぼでも?」
「うん」
「なら,日本の歴史,十八かんまでそれえてよ」
「ああ」
その言葉をきいて,今から考えると,マンガの本はいったいなんのやくに立つのだろう。
よんだらそれで捨ててしまうだけだけど,勉強のことなら,その本を読んだら役に立つし,いらなくなったら,いとこなどにあげて読んでもらえるじゃあないか。
そんな,ぼくのために思ってくれていたとは!

​すごいお父さんの心が読めたのね​






Last updated  2021.05.03 00:11:18
コメント(0) | コメントを書く
[クスリ・自己啓発] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.