1271129 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

大学教員からのMessage

PR

X

全600件 (600件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 60 >

学校

2021.05.09
XML
カテゴリ:学校
本務校で感染クラスターが発生しました。
水泳部の学生だそうです。
これにともなって,豊田キャンパスの方ではオンライン授業に切り替えとなりました。
5月中旬までの2週間の措置ですが,いつまで継続するかわかりません。
初めに感染が確認されてからダラダラと感染者が増えていくので,その間にも濃厚接触者の間で感染者が増えていく恐れがあります。
教員を介しての感染も心配なところです。
途中で図書館ガイダンスをお願いしていましたが,断念するしかありません。
しばらくはオンライン授業を継続せざるを得なくなりました。






Last updated  2021.05.09 00:00:15
コメント(0) | コメントを書く


2021.04.29
カテゴリ:学校
まん延防止等重点措置がとられることになって,非常勤先からオンライン授業の許可が下りました。
本務校からは以前より県をまたいだ出張は不要不急を除いて慎重に判断するよう求められていました。
そして,あっという間に東京・大阪・兵庫・京都の4都府県で緊急事態宣言が発出されてしまいました。
いつ自地域で宣言が出されてもおかしくはない状況です。
移動の負担が減ったことはとてもよいですが,逆にどこへも出かけにくくなってしまいました。
なんとなく予想はできたことではありますが,悲観的な予測がこうも当たると,来年の今頃も同じようなことで悩んでいるのではないかとさえ思えます。

大学の対応といえば,政府の後手後手の対応に沿って判断しており,そのことに対する失望感があります。
文科省の顔色をうかがうのはある程度仕方ないにせよ,もう少し学生や教員の声を聞いて主体的な判断をしてほしいと思います。
また,受験生の獲得競争が激化するなかで逆説的に横並び主義が浸透しているような印象も受けます。






Last updated  2021.04.29 00:00:17
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.20
カテゴリ:学校
早朝に新幹線で非常勤先へ向かいました。
かつてお世話になっていたころのことを思い出しました。



両キャンパス掛け持ちで午後は新設された2号館へ。
夕方までの丸一日かけての小旅行です。
それでも中京圏からだと日帰りにも多少は余裕があります。

学生との久しぶりの再会では,改めて自己紹介をして親睦を深めました。
しかし,自己紹介をしあうとどうしても対面で会話をせざるを得ない状況になるので距離を取るよう強くお願いしながらの交流となりました。
変異株が広がりをみせるなかでは会話を伴う活動はオンラインに振り替えざるを得ないのが現状です。






Last updated  2021.04.20 00:00:18
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.18
カテゴリ:学校
キャンパスに入るにはいくつかの門がありますが,正面以外はひっそりとした裏門にあたります。
警備員もいないですが,平日昼間だけ開いています。
寺に隣接する階段を上ります。



フェンスの間にかろうじて人が通れる扉が開いていました。



キャンパスは授業開始前でしたが学生がちらほらいました。
噴水は普通に回っていました。



必要な書類や事務の方への挨拶ができて有意義でした。






Last updated  2021.04.18 00:00:17
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.16
カテゴリ:学校
4月早々辞令交付式や研修などが相次ぎました。



最初の赴任地のときは身の引き締まる思いでしたが,同じような経験を重ねていくと,当初の気持ちはいい意味で薄らいでいきます。
現実を多少は知っているので,定型的な儀礼には何の感慨もわきません。
従来は1泊2日の研修が入っていたそうですが,この状況なので簡略化した内容を2日に分けて行うだけで済みました。






Last updated  2021.04.16 00:00:19
コメント(0) | コメントを書く
2021.04.07
カテゴリ:学校
新しい研究室に荷物を搬入しました。



階下の眺めはなかなかです。
部屋は広々としていて以前と同様落ち着いて仕事ができそうです。
事務の方にも挨拶ができてよかったです。






Last updated  2021.04.07 00:00:18
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.31
カテゴリ:学校
2年間お世話になった研究室。



でも最初の1年は講義日の週1でしか利用せず,後半はコロナでほとんど使用しませんでした。
倉庫と化してましたが,居心地はよかったです。
梅雨時期には意外に湿気に弱いことがわかりました。

荷物の断捨離と搬出は少しずつ進めて無事完了しました。
この間,荷物の全体量や運搬時の負担を考えた搬出のスケジュール管理が適切にできるようになりました。






Last updated  2021.03.31 00:00:18
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.07
カテゴリ:学校
丸嶋屋という1848年創業の地元野田の醤油を使った和菓子屋さんに行きました.
醤油味とは枝豆味のどら焼きがありました.






感染対策をされている店内でお客さんもほかにいなかったのでいただきました.







Last updated  2021.03.07 00:00:16
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.06
カテゴリ:学校
金寶殿本社・手水舎が茂木佐公園内にあります.



残念ながら鉄格子に囲まれて参拝はできませんが,案内板から由縁を知ることができます.
茂木佐平治家の稲荷神と竜神を祀るために建てられた社殿ということです.
キッコーマンの原点ですね.






Last updated  2021.03.06 00:00:15
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.27
カテゴリ:学校
非常勤先からアンソニー・ギデンズ講演会があったので聴講しました。

◎名 称: ‘Covid 19, AI and the future of work’ (同時通訳あり)
コロナウィルスが蔓延してきたことで、新しい社会状況への対応に迫られるようになりました。コロナ禍への対応には、AI の進展が関連しています。このような状況の中で、今後の仕事の変化に関して、社会学的に
考察します。
◎講 師:アンソニー・ギデンズ(Anthony Giddens)氏(ロンドンスクールオブエコノミ クス名誉教授) ケンブリッジ大学より 博士号を取得。
 1987 年ケンブリッジ大学正教授。1997 年から 2003 年までロンドンスクールオブエコノミクス学長。2004 年イングラ ンドの男爵位を受け、労働党貴族院議員。ブレア政権「第三の道」路線のブレーンとして知られています。

これも役得というのでしょうか。

デジデミック(digidemic)という単語を初めて耳にしました。
デジタルとパンデミックを掛け合わせた造語です。
インフォデミックは聞いたことありましたが。
歴史の枠には収まらないデジタル革命とAIに関するグローバルな変化を言うのでしょう。

またグロボティクス(globotics)も初めて聞きました。
専門サービスがグローバルにアウトソーシングされる動きのことのようです。
こういう状況でデジタル化によって正負の両面が際立って現れてきていますが,政府の役割も大きくなってきていることは指摘されていました。







Last updated  2021.02.27 00:00:18
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全600件 (600件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 60 >


© Rakuten Group, Inc.