1272205 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

大学教員からのMessage

PR

X

全184件 (184件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

クスリ・自己啓発

2021.05.03
XML
カテゴリ:クスリ・自己啓発
ぼくは,五年生ぐらいのときに,日本の歴史を,いとこに六かんももらいました。
よんでみるととてもおもしろいです。
そして,すごく興味を持ちました。
新聞にも,小学生の読んでいる本五六年生の第一位が”日本の歴史”と書いてありました。
今年のお年玉では,日本の歴史の本七~十かんまでかってくれました。
そして,かった本には,日本の歴史,できごと事典,事件や人物,できごとで日本の歴史の流れが一目でわかる。好評発売中!とかいてあるちらしを六年になって見つけて,これは,社会の歴史には,役立つかもしれないなと思ってお父さんに見せて,数日後,わきにかかえてかってきてくれました
かってもらったときのうれしさ,いまからすぐよみたいなーという気持ちがします。
けれどがまんをしました。
宿題を先に済ませなければと思って今週の日曜日お父さんに聞きました。
「なんでマンガの本かってくれへんのー」
ぼくはマンガの本がとても好きです。
「勉強の本ならかったる」
「なんぼでも?」
「うん」
「なら,日本の歴史,十八かんまでそれえてよ」
「ああ」
その言葉をきいて,今から考えると,マンガの本はいったいなんのやくに立つのだろう。
よんだらそれで捨ててしまうだけだけど,勉強のことなら,その本を読んだら役に立つし,いらなくなったら,いとこなどにあげて読んでもらえるじゃあないか。
そんな,ぼくのために思ってくれていたとは!

​すごいお父さんの心が読めたのね​






Last updated  2021.05.03 00:11:18
コメント(0) | コメントを書く


2021.03.19
カテゴリ:クスリ・自己啓発
​造形の会の話し合いをきいていると,だいぶ簡単ですぐにできると言っていたので,すぐにできると,つまらないけど,他の手伝いができるので,時間が余りません。
想像してみると黒いやみのなかに,目がピカッと光り体がきれいな色をして,出てくるのでふんいきが出そうです。
明日はがんばりたいです。
造形の偕みんなで協力していい作品ができたね






Last updated  2021.03.19 00:00:15
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.24
カテゴリ:クスリ・自己啓発
今年は健康診断自体が後ろに伸びて結果自体もこの状況のために自宅に郵送されてきました。
そして,結果はまずまずでした。
唯一中性脂肪がなぜか例年にない高値を示しました。
普通に朝食をとってから健診を受けたのでスパイクの可能性もあるかと思いました。
そして,任意で受けたがん検診でしたが,胃がんのほうがピロリ菌が多い可能性を指摘されました。
そのうち洗浄してもらったほうがよさそうです。
ストレスチェックもたいしたことなく,ひとまず安心です。
しかし,こういう数値にはっきり表れる結果に一喜一憂しすぎるのもどうかと思います。
ほどほどに受け止めて,自制しすぎない行動を心がけるつもりです。






Last updated  2021.01.24 00:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.22
テーマ:楽天市場(2556740)
カテゴリ:クスリ・自己啓発
1日2食にしてから1年以上経ちました。
最近のお昼ご飯はナッツ3種(クルミ,カシューナッツ,アーモンド)のみです。
お昼は何も食べない時期もありましたが,少し口が寂しいので。
ネット通販だと,850gの詰め合わせが1000円ちょっとでとてもお買い得です。


[送料無料]3種 ミックスナッツ 無添加 850g 産地直輸入 くるみ アーモンド カシューナッ 無塩 香料・保存料不使用 防災食品 非常食 保存食 備蓄食 常備食

それを手のひらいっぱいに乗せるほど食べると,1カ月でなくなります。
コロナ拡大の時期から初めて今ではすっかり日常生活に欠かせない習慣になりました。
ただ,ストイックにはならずに,食べたいものがあるときや入試業務で弁当が出たときは遠慮なく食べます。






Last updated  2021.01.22 00:00:08
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.20
カテゴリ:クスリ・自己啓発
​きょうすごいことに成功しました。
ピピちゃんの遊具にはすず,プラスチック製のつりわがあって,そのつりわにはめったにのりませんでした。
ところが,ぼくはカビキラーの入れ物を洗ったものに水を入れたので,うえから水をたらすと,水のしずくが落ちようとしているところを,ピピちゃんがパクパクといってのむのです。​すごい​
つりわの上のほうにも,そんなのがあったので,つりわに乗って一生懸命に飲んでいました。
それがおわるとえさを食べに来たので,ぼくは好物のレタスをやりました。
おまえは,幸せだねー。

ホント「いい飼い主だもんね」






Last updated  2021.01.21 08:37:29
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.18
カテゴリ:クスリ・自己啓発
今年度の授業が終わりを迎えました。
残念ながらすべてオンラインで締めることになりましたが,振り返りと最低限のメッセージは伝えることができました。

夏休みの課題は以下の通りでした。

・本山町副読本
・吾北論文
・防災活動の論文化
・学会発表に向けたヒアリング

夏から秋にかけてコツコツ仕事ができたおかげで,だいぶたまった仕事が片付いた感じです。
台湾の論文とバーチャル巡検の論文のけりがついたのが大きいです。
吾北論文も投稿の目途が立ちました。
新しい生活様式にうまく対応できているように感じます。
これからは新しい課題にチャレンジします。

・地域保健とICTに関する論文
・地域医療システムに関する小論
・防災活動の論文or書籍化

新年度に向けて環境もまた変わりますが,仕事時間もきちんと確保しようと思います。






Last updated  2021.01.18 00:00:16
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.23
カテゴリ:クスリ・自己啓発
疲れやストレスがたまると口内炎ができます。
収まるまでに時間がかかりますが,今回また症状が出てきました。
対処法は基本的に疲れをとる以外にないのですが,すぐには引いてくれません。
症状がピークの時に食事をするときにしみるのが一番の悩みです。
症状が出たとしてもできるだけ収まるまでの時間を短くする方法が知りたいです。






Last updated  2020.11.23 05:39:50
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.18
カテゴリ:クスリ・自己啓発
​ぼくにはもう一人の友だちがいます。
ピピちゃんです。種類は,セキセインコです。
四年生の6月7日にこの家にきました。
とってもいたずらで,そばにあるビニールぶくろやカーテンなどはかみます。
そして,お父さんの手なんかはかみつきます。
紙はやぶりちぎります。
けれども最初から慣れていたので,すぐに友だちになりました。
ぼくがピピチャンの見えない所で「フィ!」と口ぶえでふくと,どでかい鳴き声で返してくるのです
何かいも何回も繰り返し鳴くので,ぼくもいっしょに何回もくりかえしふきました。
鳥かごの近くでは,すぐに角に飛びついて相手をしろっといってきます。
ピピチャンが鳴く声をまねして,いつも声に出してやっています。
ぼくの顔があっちへいくと足がぼうをトントントンとつたっていってぴょんとむこうのぼうにつかまって寄ってきます。
そっちへ行くと金をカチャカチャカチャと横わたりをしてついてきます。
ピピチャンの鳴き声には「フイ」「フイ~イ」「ジーッ」「クックックッ」「ブー」「チェッ」bなどがあります。
だからピピチャンは友だちです。

まるで弟みたいだね









Last updated  2020.11.18 00:00:12
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.04
カテゴリ:クスリ・自己啓発
家族そろってインフルエンザの予防接種を受けてきました。



大人も子どもも一人3,000円の明朗会計でした。
そしていつも予約なしで専用の接種コーナーができているので,次々と希望者が並びますが,どんどんはけていきます。
注射の担当者もとても慣れていらっしゃいました。
子どもも泣かずに済みました。
できる備えはしましたが,コロナの方はどうしようもありません。






Last updated  2020.11.04 00:00:07
コメント(2) | コメントを書く
2020.10.18
カテゴリ:クスリ・自己啓発
英会話の無料体験レッスンに参加しました。



3密を避けての3組限定のレッスン。
講師はマスクにフェイスシールドを着用していました。
歌を中心にリズムダンスしながら楽しく英語に触れました。
残りの保護者への説明時間の間,子どもは先生とブロック遊びをしていました。
こちらの方がメインじゃないかと思うほど。
しかし,身体的接触がままならない状況でのレッスンは制限が多いと思いました。






Last updated  2020.10.18 00:00:12
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全184件 (184件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >


© Rakuten Group, Inc.