000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

Nice to meet you!

15.同性愛と異性愛

今回は「同性愛」と「異性愛」っていうテーマなんだけど、
以前の成長キロクにも書いたとおり、
俺はすでに同性からの告白は経験済みでした。
それ以来、自分では同性愛に対する理解もしているつもりでした。
好きな子もいながら異性と付き合うこともなく、サッカーに没頭していた俺。
そんな俺に、高校時代、再び恋してくれる男性が現れたのです。

俺に告白してくれたのはJくん。
ツークンと同じ中学出身で、ハンドボール部でした。
彼が隣のクラスだったこともあり、ツークンと話しているところに俺が乱入。
そんな感じでJくんと仲良くなっていったのです。

告白をされたのは芸術祭シーズンでした。
俺たちの高校の学園祭は7月の上旬に演劇と合唱を行う芸術祭、
9月の下旬に行われる体育祭と2つに分かれていました。

ユウキ、タクマ、トシヤの3人は芸術祭の準備で忙しい時期。

対する俺は、クラス運営を早くに軌道に乗せていたため、
演劇の大道具・小道具などを制作せよ、という先輩からのノルマや
歌の練習などは順調に事が運び、
芸術祭当日まで比較的余裕を持って過ごしました。

どうやらJくんのクラスもそのようで、ツークン・Jくん・俺の三人は、
一緒にカラオケに行ったり、ご飯を食べに行ったりする毎日を過ごしていました。

でも、俺がそんな風にJくんと一緒に過ごすことは、
彼に俺への恋心を抱かせるキッカケとなっていたのでした。

結果的に彼には芸術祭の日に俺の部屋で告白されました。

J「ねえ、ビックリしないでね。俺、○○くんのこと好き…かも」

Jくんは冗談を言うタイプではありませんでした。
俺の部屋にはその時、たった二人だけ…

え、マジ!?ビックリするよ!

Jくんが俺を恋愛対象としていたことなど気づきませんでした。
そんな素振りをJくんは全く見せていなかったからです。

告白された時に聞いた話なんですが、
Jくんは中学2年生のころ、同じクラスの男の子に恋をして、
自分が同性愛者だということに気づいたんだそうです。
でも偏見を恐れ、周囲にそのことは相談できず、
またその彼に告白することもできなかったそうです。

Jくんが初めてそのことを打ち明けてくれたのは俺で、
俺が好きだからこそ打ち明けられるんだ、と言っていました。

でもやっぱりJくんは自分がゲイであることを受け入れつつも、
セクシャルマイノリティーとしての自分に負い目を感じていたのです。

俺はJくんに、付き合えないとの旨を伝えました。

その日、Jくんからはいろいろと悩みを聞きました。
Jくんにとっての一番の恐怖はやはり、

周囲に自分がゲイだって知られること…

でも、こればかりは俺はどうしようもないことでした。
同性愛者に対する偏見は俺の高校ではひどかったし、世間的にもまだ十分認知されているとはいえません。

しばらくの沈黙の後、

J「俺さ、○○くんに言っておきたいことがあるんだ…」

Jくんはそう切り出します。

J「…実は俺さ、○○くんを想像してオ○ニーしてる…。それに、一緒にエッチしてる夢も見る……ホントにゴメンね」

俺は唖然としてしまいました。

俺「そうなんだ…」

必死に考えて出た言葉がそれ。
心の中にある「やめてくれ」という思いは口には出せませんでした。
でも考えてみれば、それは当然のことなのかもしれません。

俺だって、好きな人を想像することありますから(笑)

Jくんは相談相手も出来て、気持ちも楽になったらしく、
その後はフツーにゲームをして過ごしました。

J「好きな人いるでしょ?」

いきなり何言ってんだこいつ!…でも、図星でした…

俺「いきなり何言ってんだよ!」
J「いいんだよ。俺、わかるから…相談に乗ってやろっか~?」

なんて切り替えが早い人なんだ!
数十分前には失恋したばっかりなのに…

俺「別にいいよ。でも俺が誰かと付き合っても、ヤキモチやくなよ~(笑)」
J「うん。もう大丈夫だよ!」

俺も一安心でした。

帰り際、Jくんは「今日のことは絶対に他の人に言わないで」と念を押します。
もちろんそんなこと、俺には当然わかっていることでした。
むしろ、俺のほうこそ他言しないで欲しかったのです。


さてさてその一方で俺は5月頃から、
同じクラスの女子・Hちゃんに一目ぼれしていました。

6月上旬に行われた席替えで、俺は偶然にもHちゃんの隣の席をGET!
ケータイの番号を聞き出したり、メアドを聞いたりとウキウキ気分!
いわゆる恋愛妄想期に入っていたわけです(笑)

俺自身Hちゃんの前でいいところを見せるために大張り切り。

(具体的に何をしたかは省略・・・)

まあ、そういうことが功を奏し、結局俺はHちゃんと付き合えることになりました。

Hちゃんとは卒業までお付き合いを続けることになります。


Hちゃんと付き合うキッカケの部分はつまらないのでボツ!
大幅に省略し、結果だけを書きました。(ゴメンね~)




Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.