000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

Nice to meet you!

6.自分からの手紙

開設100日目&50000ヒット達成記念

自分からの手紙

高校に入学した直後、クラスのイベントの一環で、
高校を卒業した頃の自分への手紙を書いたんだよね。

1年生当時の担任の先生が高校生活最後のHRで配ってくれてから、
実家の本棚に入れっぱなしにしておいたこの手紙。

ところがなんかの拍子で
『だから、あなたも生きぬいて (大平光代さん著)』
って言う本の間に挟まってしまったらしく、
俺がその本を自分の部屋にも持ってきて、
たまたま取り出したらこの手紙が落ちてきたんだよ。

今日は開設100日目と50000ヒット達成記念と言うことで、俺が高校1年生のとき…
彼女と別れ、受験に失敗して、第2志望の高校に通っていた頃の自分が書いた手紙をここに公開します。

(本文)
どうも、こんにちは。
恐らく物忘れの早いあなたはこの手紙のことなど忘れてしまっているでしょうね。
1年○組のHR委員長として身近な政治を始めたあなたは、
この手紙を読む頃には最後の夢に向かって歩み始めているのでしょうか?
あなたにとって1年○組とはどのようなクラスでしたか?
この頃のあなたは毎日を比較して過ごしていましたよ。
中学校でのコト、好きな女の子のコト、勉強&学力のコト、友達のコト…。

高校一年のとき、「全てを失ってスタートした」と思っていたあなたが今、
どのようなキモチで1年○組を回想するかはわかりません。
しかし「全てを失ってこそ、新しい目標に向かって歩を進められる」のではないですか?

仮にあなたが今、再度受験に失敗していたとしましょう。
でも、その時まであなたは一生懸命だったでしょ?
俺にはわかります。あなたはきっと(自大の自学部の名前)を目指して燃焼したはずです。
そして燃え尽きたでしょう。でもあなたの火がどう消えたのかが重要です。

自ら燃焼しきり、これ以上燃える部分が無くなったために自然に消えたのか、
それとも消防車がやってきて消防士に消されたのか…俺にはわかりません。

あまり上手な例えじゃないね…と笑っているあなたは、たぶん学力が上がったのでしょう。
今、あなたが笑ってこの部分を読んでいることを俺は期待します。
とにかく受験に失敗したって人生が終わったと言うわけではありません。
それが今、受験に失敗したての俺から、未来のあなたに贈れる言葉です。

…でも、あなたが受験に成功していることを願ってやみません。
というより、信じています!今度こそ、成功して堂々と胸を張っている未来の俺がいることを!

今の俺が卒業したてのあなたを励ましてあげましょう。

正しいことのできるあなたが逆境に遭い、どんなに苦しい立場になっても
自分が『正しい』と思ったことを貫けば、
必ずすばらしい結果があなたを迎えてくれるはずです。
基準はあなた自身です。それを忘れてはなりません。

これはニクソンの言葉をアレンジしたものです。

最高のものを求め、得たいのであれば試練を自ら選ぶべきです。
最高のものって言うのは順風の時にはやってきません。
入試に失敗したり、付き合ってる人にフラれたり、
あるいは親しい人が亡くなったり絶望を味わった時にこそ
あなたは知るのです。
どんなにすばらしいか。最高峰の頂を極めることが。
ここでいう最高峰の頂はあなたが思う理想の状態です。
それを目指すことが、当面のあなたの目標でしょう。

だからこの際言っておきましょう。
あなたは自分に尽くしてくれた人々や周りの人々に感謝し、
尊敬をするべきです。彼らのためにあなたは今後も働きかけ、
元気な笑顔を見せ続けるべきです。

人からバカにされたって、どんなに笑われたって、自分自身を変える必要なんか無いんじゃないの?
大切なのは数限りあるだろう余生を楽しむことです。若い若いといっていてもいずれ人の命は限りがやってきます。
だから今のあなたは楽しんで。今のあなたが決めたことを貫いて。今のあなたは自ら踊って!

自分に正直でいることが一番大切だよ。
それをあなたなら素直に受け止め、心にとめることが出来るはずです。そう、あなたなら…

あなたは自分で自覚できるほど正直でまじめな人間です。
あなたは今までで一度だって秩序の無い行動を取ったことは無いはずです。
楽をするために悪いことをすることはあなたにとっては悪いことだって、わかってるはずですから。

だから自分に正直に最後まで諦めずに今持っている夢を追い続けてください。

さあ、これが今の俺から卒業をしているあなたに贈る最後の言葉です。

あなたにはすばらしい友達がたくさんいるでしょ?
彼らと共に笑って暮らしてよ!お前ならできるだろ??

これから長いであろうお前だけのレースを走ってくれよ。
あなただけのゴールを目指してさ。

2000年4月14日

(以上)

スッゲー恥ずかしい。
でもこの頃の俺はこんな手紙を書いていたんだなーって思ったよ。

この頃は友人Tが無くなって間もなくだったということもあり、
「親しい人が亡くなったり」って言う文言がありますね。

ヘタクソな文章ですねー。
まあ笑ってやってください。。。

途中に出てくる燃焼・消防士の例えは自分で意味がわかっていればいーやって思ってました。
ここでは解説しましょう。

燃え尽きるということは自分が後悔することなく、結果を受け止めるって意味を指します。
消防士が消すって言うことは他人に影響を受けて勉強をサボったり、燃え続けるのを諦めたりすることを指します。

まあヘタクソな例えですよね。今の俺だったらどうやって例えるかなー…って俺が例えたのか…。
まあ変わらないですよね、たぶん文章構成力は…(>_<)

最後の方、高校卒業時の俺に向けての代名詞が「あなた」から「お前」に変わってますね。
っつーか、言葉の口調も変わってますね…。
これはですねー、その辺からは多少時間がずれてるんですよ。
そこまでは授業中に教室で書いてたけど、
口調が荒っぽくなってる以降の部分は先生が
「じゃあ、残りは宿題な」
って言われたから家に帰って書いたんだよね。

まあ未熟な俺ってコトでカンベンしてね。


さて、開設100日&50000ヒット達成記念として掲載したこの
『自分からの手紙』のように手紙を自分に送った経験は皆さんにもありますか?

今からでも遅くないかも。

3年後、5年後、10年後でもいいから未来の自分にお手紙を書いてみてはいかがですか?
思い返して見てみると、結構いいもんですよ。
自分の成長振りが肌で確認できますからね(笑)

あ、1年後でもいいですよ。
たぶん忘れてるでしょうから(笑)




Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.