189046 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

翼竜生活

PR

Profile


Sheino

Category

Freepage List

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

えをとこ

Jul 16, 2009
XML
カテゴリ:えをとこ

【在庫販売】新世代ニッケル水素充電池。ニッケル水素充電池「ECO PRIDE」単4形×2本セット

普通の充電池と何がどう違うのか良くわからず、さして安いわけでもないので、中々買おうという気になれないサンヨーのエネループ電池。

それがこのたび、サイボーグ009とコラボした! というので、009ラバーの私としては、大変に気になっている。

三洋電機が009とコラボ 環境保護に協賛

009キャラのデザインされた電池とか売り出されたら、買っちゃうよ。全員揃えるともー。

つらつらと情報を集めていたら、今年は2「009」年ということで、色々イベントやらなんやらやってたそうだ。全然知らなかったよー。009Gショック欲しかったー。

5月12日には、島村ジョーバースデーイベントがあったそうだ。くそう。

何を隠そう! Sheinoの別名「島村つばさ」の島村は、009の名前をもらっているのだ!
(ちなみに、つばさ+サウルス(←恐竜の名前の最後につくことが多い)で翼竜なのだー)


地球か、何もかもみな懐かしい・・・(それはヤマト)






Last updated  Jul 16, 2009 04:08:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 3, 2009
カテゴリ:えをとこ
半休とってたのを良いことに、古書オークション一般公開に行って、最低入札価格2000万というブツを拝んで来ました。
それどころか、触って来ちゃったー。
一目なりとも見られれば、と思って行ったのですが、丁度ガラスケースから出して見ている人がいて、横から見てたら、交代してくれました。
うをっ! 良いのか>自分! と思ったものの、こんな機会は滅多にない! とジックリ見させてもらっちゃった♪
なじみ集というのは、子規が、言葉通り「なじみ」の人たちの句を、人ごとに、春夏秋冬雑にわけて書き抜いたもの。
すんげー分厚くて、周辺の人の句を、これだけ集めていた、と言うだけで、子規ってすごい! と感動することしきり。
基戎、連甫、鳴雪という順に並んでいて、子規の一面を覗かせます。
製作年代分かりませんが、露伴もありました。あと、則遠が載ってた!
新聞にも載ってた ましたが、漱石先生、平凸凹時代のようです。
露伴のとこの字が妙に丁寧できれいな気がしたのは、先入観の所為でしょうか(笑) 自分のものなら、ゆっくり見比べて見たかった。
出来れば個人蔵ではなく、多くの人が見られるところに収まってほしいものです(#^.^#)






Last updated  Jul 17, 2009 05:16:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:えをとこ
今朝、夏目漱石の孫(長女の娘)のエッセイを読みながら、ボロボロ泣いていたら、友達から「子規の直筆句選集が見つかって、最低価格2000万からオークションだってー」というメールがきた。

日曜に、彼女と博物館巡りをする予定なので、その連絡かねてのメールだが、なんかタイミングがタイミングで笑えた。面白いもんだ。


ところで、子規句選集ですが

と、此処まで書いたところで10分くらい間があり、その間に新情報!

yahoo!のニュース→子規の自筆選句集見つかる、2千万円でオークションへ
を見て、情報確認して、このブログを書いてたんですが、その後同僚から、

「Sheinoさん、見に行くの?」

と声がかかる。
実は今日、半休取ってんですよー。まったくの偶然なんですが。
そしたら、上記資料、今日明日は、一般公開されているんですと! なんとビックリ。

せっかくなので、行ってこようと思います♪ うふふ~♪♪






Last updated  Jul 3, 2009 09:28:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 27, 2008
カテゴリ:えをとこ
どこの会社もそうじゃないかとは思いますが、年末になると、あちこちの会社からカレンダーが送られてくるです。で、時期を限って、取り放題キャンペーンをやるですな。
私は、家にカレンダーを貼らない人間なので(見えるところに時計もない)、何時もは掘りに行かないのですが、今年は違いました。
なんと、ミサワホームのカレンダーが、漱石だというのです。
何が夏目で、どう漱石なのか、よく分かりませんが、とりあえず、欲しい。
しかし、ミサワホームカレンダーは人気らしくて、見つからない~。
欲しいよ~欲しいよ~と、残業しながら駄々こねてたら、見かねられたらしく、部長が探してくれました。
わーい♪
来年から、欲しいものがあったら、とりあえず駄々こねることにしました(をいをい)
カレンダーは、各月の日にちに、漱石の手書き文字を使ったもの。カットとして毎月一枚、手紙やスケッチなどが紹介されています。子規あてのものが2つもあったのが〓
来年は、子規でやってくれないかなぁ(くれないだろうなぁ)






Last updated  Jul 17, 2009 05:23:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 12, 2008
カテゴリ:えをとこ
歌って下さい。谷山浩子の例の曲にあわせて。

そーれ、「だから黒船☆さんらいず。一度乗ったら、もう戻れない~~♪」(←何処から戻れないのよ>自分…ってか、沈没するのか?)


高杉小説には、丙寅丸が出てくる予定なので、挫折していた幕末蒸気船情報を、再び集め始めた私です。

とりあえず、安易安直に、ネットで検索。

したらば何と、タイムリーにも、萩博で幕末萩特集やってる様子じゃございませんか~~。しかも、オテント資料が出ている!
ああ、萩に行きたい…。

来年までやってるみたいだから、何とかならないかなぁ…。と思いつつ、更に検索を重ねる私なのでした(検索より、研鑽を重ねろよ>自分)


余談ですが、楽天商品検索してみると、全体に、子規より高杉の方が、オカシイものが多いです(笑)
が、思わず欲しくなっちゃうモノも結構ある。



【限定販売】有田焼 角瓶(デカンタ) 幕末シリーズ 高杉晋作

とか。

謎のものも多いけどさ。



幕末ようかん 高杉晋作5個入り

とかさ。

子規は、あんまり笑っちゃうものがありません。


最中 子規菓集10個入
こんなもんか。次に松山行ったら買おうかと思う(笑)






Last updated  Nov 12, 2008 11:03:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 19, 2008
カテゴリ:えをとこ
昔、ペンネームが秋海棠忍でした。
たいした理由はありませんが。


でしたが、実はかなり最近まで、秋海棠がどんな花なのか判ってなかった。


TOP画像の秋海棠は、今月頭に御岳神社に行った時、参道にスバラシク咲いていた秋海棠の一部。
こんなに群れ咲いているのを、初めて見たと思いました。

mitake.JPG
(神代ケヤキと群れ咲く秋海棠)

子規庵の庭にも秋海棠があり、子規は写生していたりします。
(国会図書館の電子図書館・貴重画像データベースで見ることが出来ますよ♪)


そんなわけで、今月のTOPを秋海棠にしてみたわけですがどんなもんでしょう。
秋海棠の字の色、失敗したな、と自分でも思いました(^◇^;)


さてさて、御岳神社のおみくじに、「転居・早いがよい」と言われたから、と言うわけではありませんが、今月頭に見に行ったマンションに引っ越すことが決まりました。
去年、らいちょうさんと一緒に貴船に行った時、「転居・利益なし」と言われたマンション(笑)
但し、一階下の部屋。

通常、上の階の方が値段が高い=良い部屋な訳なんですが、そうして、確かに上の階の方が高かったんですが、私としては、今回の方の部屋が気に入っている。
何故かというと、前回の部屋は、ちょうど目の前の高さに電線があったから。

それが気になってたんだよね…。

一階下でも日当たり良いし♪ ってか、何故か、上の階より日当たりがいい気がするのは何故かしら?
広さは全く同じなはずですが、何故か広く感じたのもある。

要するに、今回の部屋の方が、私の気に合っていると言うことなのかも知れない。

欲を言えばきりがないし、最高と思っているわけでもなかったりはするが、これも神様のお導きと言うことで、良い方良い方に考えていきたいと思っています。

今日、今のマンションの退居について連絡を取り、来月半ばと決まりました。
そんなわけで、神無月のお引っ越し。新居の氏神さまには、今月中に挨拶しておいた方がいいかなぁ…(←って、何処まで信じているのでしょう>自分…)






Last updated  Sep 19, 2008 10:38:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 20, 2007
カテゴリ:えをとこ
先日の雅楽忘年会で「長慶子」をやった所為で、「陰陽師」を読み返したくなり、マンガ版をツラツラと読んでおりました。(長慶子の作曲者は、源博雅なのですヨ)

博雅が鬼の童子から葉二をもらったり、二人で女車を仕立てて藤原兼通を百鬼夜行から助けに行ったりしているあたりです。

確か、その、あわわの辻に行く前後であったと思いますが、京が秦氏によって呪術的に調整された地である、という話を、晴明がしているのですが。


平安御所のある周辺の地を、「葛野の地」と読んでいるのが、私には大変に気になるのです。


葛野、と言ったら、私には、葛野王なのです。
これは譲れません(誰も譲れと言ってない)


大友皇子と十市皇女の子供。なので、天智、天武、額田王と、有名な万葉人の血を引いてる、華々しい子供…のはずなのに全然目立たない(笑) 余程の古代史好きじゃないと、名前も知らないかも、いや、知ってても注目したこと無いかも知れない、お人です。


でも、壬申の乱がなければ、葛野は確実に、天皇になってたはずだと、私は思うわけで。


まあ、歴史に「もしも」は無意味なんですが(笑)


葛野に「葛野」という名を付けたことには、きっと、深い意味があるんだろうなぁと私は思ってたりするんですよ。


そもそも、古代皇子皇女の名付けは、基本的には、その子供に与えられる食封地の名を付けてるんじゃないかと記憶するんですが、古代史的に意味が大きい土地を与えてるって、すごく重要じゃないかなぁ、などと。

葛野が、京都の葛野なら、奈良からは遠いけど、誕生当時の近江宮からは近いわけですし、聖徳太子に深く関わっていた秦氏の本貫の地を葛野に与えるって、よっぽどその将来に期待をかけてたんじゃないかなぁ。


尤も、考え方によっては、壬申の乱後に葛野が殺されなかったという点で、それほどの存在じゃなかったかも、という視点もありかも知れないけど。
大友の、十市所生以外の子供は殺されてるらしいですよね?


古代の地理イメージがいまいち入っていないので、ちらほら目に付いた欠片であれこれ愚考しているだけなんですが(笑)


葛野って、もっと注目されても良いと思うだけどなぁ…なんてこと言ってるのは私だけか失敗






Last updated  Dec 20, 2007 08:20:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 15, 2007
カテゴリ:えをとこ
ひさしぶりに、Yahooの自分設定トピックニュースを見ていたらば、いつの間にか、坂の上の雲がクランクインしていた模様。

真之、子規、漱石の3人で、べーすぼーるをやってるシーンを撮ったらしい。

真之=東、子規=香川と決まって以来、トンと続報を聞かなかったのだけど、漱石役は小沢なんとかという俳優がやることになったという話です。


この、小沢何とかさん、相変わらず芸能界に疎い私は一向に知らなかったのだけど、指揮者の小澤征爾の息子なんだとか。

へぇ~~。


しかし、写真を見たら、微妙に見覚えがある気がして、???
でも、ニュース付属の写真ちっちゃいし、そもそも香川の見分けが付かん。(野球のユニフォーム姿が子規だと想像するのみ)


NHK大河の徳川慶喜で、沖田総司をやった人なんだという(沖田総司が一発で出ない辺り…私のPCだなぁ…)
義経では、義仲をやったとも。

でも、どっちも見てないんだよ~~ん。


其の他の履歴を見ても、一向に見覚えのない作品ばかりで、う~~ん、と思っていたら、2個目のサイトで見覚えを発見しました。

2006年、八犬伝、道節役。


ーーーと、言ったら、去年の2月当たりに私が玉梓と船虫にハマって、延々延々書き殴ったブログのネタじゃないですか~~。しかも、船虫の片恋の相手だよ、道節!


あ~~れ~~か~~。
あれが坊っちゃん、いや、漱石センセーか~~。

ふ~~ん…。



なんか、山嵐に近いような気がするのは道節の影響か。
しかも、下駄顔ジャン(←総司)


なんとなく、何となくだけど、司馬遼太郎の、坂雲漱石と言うより、マンガの日露戦争物語漱石に近いような気がしてしまうのだけど、ドラマで見てみたら違うのかなぁ…。
(日露戦争物語の漱石は、なんだかえらくイラチでガサツでガチャけたかんじな気がするのですよ。出会いのシーンと、子規が小説を諦めるとこしか覚えてないけど)



それにしても、東は確か慶喜をやってたから、またまた競演(でも、漱石と真之はあんまり関わりないみたいだが)

そうして、律の管野とも再演(八犬伝の玉梓&道節)


関係ないけど、子規も好きでよく読んでたという八犬伝と、その跡を訪ねていった義仲をやってる人が漱石をやるんだ~~ということが、微妙に面白かったりする、今日の私なのでした。

(もう、なんか全然関係なさそうなところで面白がっている…)






Last updated  Nov 15, 2007 08:58:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 19, 2007
カテゴリ:えをとこ
ペリカン便のHPを見ていて、スキー・スノボの「のぼ」に強反応してしまった。

・・・疲れてるなぁ。






Last updated  Oct 19, 2007 10:45:52 AM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 4, 2007
カテゴリ:えをとこ
どこで切るかによって意味が変わる。

「糸瓜と 言った らしき」
「糸瓜と いったら 子規」


「長けれど何の糸瓜とさがりけり」

という句を作ったのは、夏目漱石。

「雪隱の窓にぶらりと絲瓜かな」

というのが子規。


勿論、子規の糸瓜の句といえば、辞世の三句が有名で、TOP掲載の絶筆がそれ。
これが書かれた状況については、弟子の碧梧桐が「君が絶筆」という克明な文章を書いている。


TOP掲載画像は、国立国会図書館の、所蔵画像データから拝借。
松山は道後にある、子規記念博物館にあ、これのレプリカが碧梧桐の文書と並べて置かれてあります。
私をいまの子規好きに導いた、運命の一幅です。

jisei.JPG


国会図書館に置いてあったって、生で見る機会はそうないだろうと思うと、子規の名を冠した博物館に真筆を置いたほうがいいような気がするが、しかし松山ではそうそう行く機会もないから同じだろうか。

でも、子規好きなら、子規が生まれ育った松山と、亡くなった場所で、墓もある東京には行こうと思うだろうから、縁もゆかりもなさそうな芦屋にある仰臥漫録よりましかもしれない。(←芦屋の虚子文学館にある)






Last updated  Sep 4, 2007 02:26:26 PM
コメント(0) | コメントを書く

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

与謝野らいちょうの… 与謝野らいちょうさん
ちょっと本を作って… 秦野の隠居さん
生命保険を見直した… 三洞さん
hinamanma ひなまんまさん
飛鳥山のまさひこ まさひこ0565さん

Comments

Sheino@ Re:あけましておめでとうございますー。(01/03) nodoka-maruさん 私も、nodoka-maruさ…
nodoka-maru@ あけましておめでとうございますー。(01/03) Sheinoさん、あけましておめでとう。 …
Sheino@ Re[1]:さらば龍馬伝(10/12) nodoka-maruさん >いやいや、「さらば龍…
nodoka-maru@ Re:さらば龍馬伝(10/12) いやいや、「さらば龍馬伝」、ワハハ。 …
nodoka-maru@ 出ましたったら! 出た出た出た出た、出ましたったら~!最…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.