000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ココロツブヤキ

全206件 (206件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >

2020年04月22日
XML
カテゴリ:出来事
娘の入学式が延期の延期の先に中止になり、教科書貰いに1人でぽつんと学校に向かう。マスク付けてフォーマル服にヒール付きの靴で。
突然猛ダッシュ。前方にママ友の後ろ姿に似てる人がいたから。久しぶりに会えたので少しでも話したいと思ったら走ってた。
ふと一度振り返ってくれたが知らぬ顔。人違いだったかと思い、諦めきれずすれ違う時にチラりと顔を覗き込んでみたらやはり本人。

マスク同士ってお互い顔の判別付けにくくて大変…おまけに割と長く走ったので眼鏡曇るマスクくっつく息苦しい。

周りの方と話も出来ないくらい距離を空けての行動で、素っ気なく時間差解散。

学校生活がこんな始まり…
内容の濃い日々を送られるように支えていかなくては。り






最終更新日  2020年04月22日 08時22分53秒
コメント(0) | コメントを書く


2019年06月06日
カテゴリ:日々のこと
チラチラするものが苦手だ
音ならカタカタ かさかさ永遠に続くかのようなのがたまらなくイヤ
貧乏ゆすりはとにかく困る
音も動き その人の落ち着きのなさにこちらがまいる
学生の頃 テスト中に前の子が貧乏ゆすりをしつづけていた
動きがどうしても視線の一部に入るので 動きに酔うし 掛けてある鞄がカタカタカタカタ音も出て 試験に集中どころじゃなかった
結果は問題なかったはずだけど やたら消耗した記憶がある

昼間にママさんバレーに行くようになった 子の習い事の送迎の日々の中 大事な自分の時間を過ごす機会に巡り会えてありがたいばかり
しかし 老朽化した体育館は時折ランプが点滅する
この前は非常口のランプ
ついたり消えたりついたり消えたり
宇宙と交信しているかのように 視線が吸い込まれていく
うんうん で? うんうん 分かったってば
サーブのレシーブを待つ間が一番気になる…

そして 今は娘のテニスの観覧席
隣のママさんが脚を組んでその膝に片手を乗せて ひたすら二本の指をタカタカ
ピアノの練習なのかトリルにしても長すぎる

そっとその指を上から包むように支えて 止めてあげたいものです







最終更新日  2019年06月06日 18時24分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類
新しい住処に来て数年目 近所さんには恵まれて 此処も無駄なストレスなくて有難い

子どもたちもそれぞれ伸びしろの感じる成長
自分も負けていられないと運動と楽器を始めた
小中の部活で頑張ってきたものが 今また活きる
高校でやっていた弓も引きたい
大学でやっていた武道もしたい
新たな楽器にも手を出したい
仕事も本当はしたい (すごいブランクだから浦島太郎状態だけど)
子どもの関係の繋がりではないヒト達との関わりが楽しい
ヒトが苦手だったし 今もやっぱりがっかりする事もたまにあるけれど 少しは成長したのかな
それにしても 退化したものもある
誰と何を話したか すぐに忘れる
最近の私の特技
誰かのママが誰かのママや子のことを言ってた事なんかさっぱり 覚えていられない

うっかりスマホを壊してしまいLINEのアカウントを無くした時
清々しくてすごく爽快だった

不便だったけど その気持ち良さが今も忘れられない

一期一会がちょうどいい
もう一度会って話せたらラッキーと思える
縛られる 期待する
そんな重たさは あまり持たない方がいいと教えられた









最終更新日  2019年04月15日 17時16分08秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
もう何処かに消えたかのような忘れかけていた香りのように
自分のブログにふと気づいた

押し流されるように 時は過ぎて

そうだ 私はここに居た






最終更新日  2019年04月15日 16時36分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年02月11日
カテゴリ:カテゴリ未分類
社会人になって始めての職場で度重なるひどいいじめ
そこまでやるか?と思うほど 

これを観て

職場では色々大変なこともあったけど 自分はこんなひどくなくてよかった
なんて思う
そして どの職場にも仲原さんのような心のオアシスなる人
それは男女や年齢など関係なく一人はいてくれた
だから救われたし頑張れた

このドラマを観た多くの人が
「自分の方がマシ」と思うのではないのかなと
もっとひどい扱いや辛い思いをしている人も
いるかもしれないけれど・・・

現にこういう扱いを受けている人を見て 「自分の方がマシ」
そう思う貧しい心を生まなくて済むのが ドラマのいいところ

いくつになってもいじめをする人は 所詮つまらない可哀相な幼稚な人

社会人になってまでくだらないいじめをして自分を慰めるなど 恥ずかしい
それを放っておく職場には 
良いものも作れない

ひたむき 真面目 まっすぐ
そんな純粋な気持ちがある人 好きだなあ

けど
正直者が馬鹿をみる ことの多い日本の社会が存在する
そこがやるせない







最終更新日  2010年02月11日 09時12分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年10月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類
買いだめしてしまった改良前のテープタイプがあるため 使い比べてみると
伸びないテープということもあってか お腹周りに締め付けが心配になる
このパンツタイプも初めは少々心配だった

けど テープのような太ももの外側両サイドに固定感が無いおかげか
足運びが楽そう

靴を履かせると 全然あるけなかった娘が ついに靴を履いてもすたすた歩き出した
このパンツタイプのおかげとは言い過ぎと思いますが モニターで試してみたタイミングと合ってるので
何となく良い感じ

暑さも和らいで外に出やすくなった今 ちょうど歩く事が楽しくて仕方が無い娘と とことこ散歩へ
買い物は私の足下でぐいぐいカートを押してくれる
私も前以上に目が離せないけれど 成長が嬉しい







最終更新日  2009年10月05日 01時12分31秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
あまり動き回らない頃はテープでよかった
けど ハイハイから歩き出すようになると オムツを外したとたんはしゃいで 逃げていく
これを機に昼間はパンツタイプにしてみた
ギャザーがきつくないか心配だけど うっすら跡がつく事もあるけどそれくらい
大丈夫そう

はかせやすさとはきやすさ
どちらもかなっていて かつ やっぱり漏れない
もちろんかぶれなど起こらない
さすがだと思う

持ち歩くにはもう少し軽いと嬉しいけれど たっぷり吸ってくれるので有り難い

やっぱりやめられない









最終更新日  2009年10月05日 00時58分16秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類

娘が産まれて最初の買い物が紙オムツだった

布オムツも考えたが 洗浄するための水量も考えるとそうなった

たくさん聞いた事のあるメーカーの商品が並んで迷った

使ってみなくちゃ分からない 

結局最初のメーカーのは外れ

こまめに交換してもオムツかぶれが起こるので

次のは少し長く使ったが おしっこが漏れる事が多く布団を汚すので止めた

それ以来ずっと一筋に使っているのがこのメーカー

紙オムツの事をパンパースというのだと思っていたくらいよく聞いていた

これはいい

かぶれはまず起こらない

そして漏れない

それをイイコトにオムツ交換の危機感が薄れることもあったりして

 

もう止められないなあと思ってしまうのでした

 







最終更新日  2009年10月05日 01時54分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年06月06日
カテゴリ:けじめ
よい上司や先輩に恵まれた職場は
生き生きしていることが多い

時に厳しく 時に熱く 時に優しく
そんな人が多い

できる人は 鋭い観察力を持つ
状況を素早く把握する力も

長年の経験だけではなく その人の 人となり
そして その人の努力の賜物がものをいう

だから 下の者も魅力を感じ ついて行きたいと思う

仕事をしてきて感じたこと
買い物や出掛けた先で感じたこと
これまでそんなに多くではないけれど 自分の目で見てきたことから
そう思う






最終更新日  2009年06月06日 23時47分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年06月05日
カテゴリ:カテゴリ未分類
お金を払えば されて当然と思いがちなサービス
お金を払わなくても してくれるサービスもある

手間や時間をかけていただいたこと 丁寧な対応や素敵な笑顔をくれたこと
感謝の気持ちを忘れてはいけない


お客様をおもてなしする仕事 サービス業
仕事をするのは人

人と人のかかわり合い

一方的では どこか寂しい
見返りなど 求めないつもりでも


たとえお金を払っても払わなくても 感謝の言葉を伝えたい






最終更新日  2009年06月06日 23時16分27秒
コメント(0) | コメントを書く

全206件 (206件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.