045691 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ココロツブヤキ

全206件 (206件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 21 >

2005年03月20日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
姉の引越し先は大きな道路を挟んで約500m先
今のいるところよりずっと明るい部屋
突然の引越し業者のドタキャンに落ち込む姉
色々と大家さんにも問題があるみたいで ストレスいっぱいの様子
義理の兄は良くも悪くもぽんやりさん
怒ってるのか分からない
電話越しの大家さんにもぽんやりな対応
ねえ そこは少し怒ってもいいんじゃないの?
埒の明かない二人
義理兄さんはちょっと出掛けてしまって途方に暮れる姉
母が引っ越し業者を探そうとするのを制止するし

お姉ちゃんはどうしたいの?

どもう目先のことでいっぱいいっぱい
根本的な目的を見失っている姉に聞いてみた

今日中に何でもいいから引越しが出来ればいい

そうと決まれば動くだけでしょ
母の声で片っ端から業者に電話 
時期的にどこも混み合っているみたい
なんとか決まった
徒歩で運んだり トラックに荷物を積み込むのを手伝ったり

大変なのは姉夫婦なんだろうけど 金銭面肉体面で一番浪費したのは母だろう
38度9分の熱を発しながら一番働いた
母の身を思うと休ませてあげたいのに ほとんどねぎらいの言葉の無い姉夫婦
食事も母頼り

所帯持って子どもを持つというのに
こんなに頼りなくていいのやら
ちょっとなあ…
 






最終更新日  2005年03月27日 16時42分39秒
コメント(0) | コメントを書く


2005年03月19日
カテゴリ:カテゴリ未分類
5時前に起きて出発
飛行機は何度乗っても 自分にとっては日常的に使う乗り物じゃないと感じる
小さい頃は電車のように乗せられていたのに
歳を重ねると どう考えてもこの不安定な乗り物が不自然に感じる
天候に左右されるし 
どんなにプロの操縦士さんでも 絶対という安全は無いような
時代は進んでいる
事故が起こらないように念入りに整備されて管理されているはず
でも大事に至らないだけで ニアミスなどは起こっているそうな

CMで飛行機数台が曲に合わせて飛んでいるものがあった
縦に横に 近づきあってぐるぐる
父がやめて~って言ってたなあ
頻繁に乗る身にはCMであっても 怖いよね

さて無事到着して姉夫婦宅へ向かう

母がバス停に迎えに来てくれていた
母はインフルエンザB型に侵されていた 
来る時に母の症状聞いて 病院に行くように頼み込んでおいたのだ
A型なら私もかかるし
何より姉が心配

4月半ばには出産予定
お腹は数ヶ月前より更に膨らんで はちきれそう
歩き回られるのが怖いくらい

こんな時期なのに 住んでいたアパートを取り壊すとかで引越しを強いられていた
引越し費用は出ないとのこと
ということで助っ人として動員されたのだった






最終更新日  2005年03月27日 16時14分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年03月18日
カテゴリ:カテゴリ未分類
明日早朝に上京
彼は明後日埼玉へ1週間ちょっと出張
とうことでしばしのお別れなので
出掛ける準備をして 彼の家へ
毎度ながら遅くに帰ってきた彼に抱きついてやったり
外の空気の匂いがした

帰った時 家に居てくれるとやっぱり嬉しいよ
嬉しい言葉をくれた

久々に会ったし しばらく会えなくなるし ということで
無精ひげの彼にしがみついたまま
彼の頭をぐりぐりなでなで
お疲れ様~~

朝早いから 早く寝なくちゃと思いつつ
彼に合わせて夜更かししてしまった






最終更新日  2005年03月27日 15時55分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年03月17日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ふと立ち寄った 過労死認定を求めているご遺族のHP
まだまだ働きすぎる日本の社会
仕事は家庭や生活を守るためのもの お金を得るためのもの
だけではないと思いたい
自分の心身ともにプラスになることでありたい

仕事に夢や希望を持ち続けてまっとうできる人は どれだけいるものなのかな
ほんの一握りなんだろう
TVを観ていると今どき 自分を含め若い世代の日本人が 仕事に夢や希望を持っていることも
一握りかもなんて思っちゃうけど

多くの誰かのためを思って仕事をしている人間は
その分 自分の身を削ってしまう
その最悪な結果 現実を突きつけられた

どんな仕事でも 過労死は本当はあってはならない 無くさなくてはならない問題
それでも無くせなかったものは 過労で死亡したことはせめて認めて欲しい
認められたところで亡くなった方は還ってこないけれど

ニュースで話題になるのは良くない医師ばかり
身の回りで知っている医師は良い医師ばかり
なので こちらの故中原医師は小児科医
前の病院でも原因がそれらしい先生がいた 知り合いの友達の研修医も亡くなった
医療従事者の一人として
幼少の頃小児科の先生には大変お世話になった一個人としても
何か支援できたらと思う






最終更新日  2005年03月23日 01時15分19秒
コメント(1) | コメントを書く
2005年03月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨晩彼の家に来ていたので
朝食は2人で一緒に
あまりにも時間が無かったのであり合せだったけど
私がいる時くらいは朝食を抜かせたくない
朝食べなければ次いつ食べられるんだかわからないのだし

夜にメールが来た
朝食のおかげで助かったーって
不規則な生活を送っているので身体が心配
今は良くても…

ともかく 2人で朝から一緒に食べられること 
しかも平日に
一日の良い滑り出しとなって
私にとってもとても満たされた気分だった

近くに来てよかった







最終更新日  2005年03月18日 01時14分16秒
コメント(2) | コメントを書く
2005年03月14日
カテゴリ:カテゴリ未分類
本日は男性にとってお金のかかる少し頭の痛い日
女性は少ない男性職員に一方的に〇〇一同として プレゼント
男性はその1人1人にまたは 大体の人数分のお返しを強いられる
父が職場でもらって帰るのが楽しみだった2/14
反面 お返しにお金がかかり 大変だろうとも思っていた

バランスが合ってない

この日本だけの習慣 ちょっとつまらない
本来は女性から限定の日ではないのに
私は好きな人からお花などをもらいたい
でホワイトデーなるものを利用して 好きな人に気持ちを込めたお返しをしたい


こちら(女性の立場)から渡さなければ 今日は返って来る可能性も無い
渡したのだから 返してね
プライベートはともかく 職場のチョコ配りはちょっと見えない圧力を配ってるような
もちろん 日ごろお世話になっているからお礼として
一年に一度のちょっとした交流のきっかけとして
という方のほうが多いのかもしれないんだけど

もらっ(てしまっ)た側としては返さないと なんとなく肩身の狭い思いをしそう

見返りを求める愛の無いプレゼントに 返す愛(義理)は無いのでは
と思うけど



返さなくてはいけない側の身を思うと 職場の人に渡せなくて
新しい職場でもやっぱりバレンタインデーは何もしなかった
 
けれどなぜか お返しの包みが職場に置いてあった
ある医師からだった
私の部署からは誰も渡していないけれど 毎年律儀にお返し(?)をしてくれるらしい

なんだか嬉しい 
けど 何も渡していないのでちょっといただくのが後ろめたい

…嬉しいのかも

男性はこういう気分なのかな
貰うだけなら嬉しいんだろうなあ 
お返しをしなければならない憂鬱か お返しを用意できなかった後ろめたさが無ければ






最終更新日  2005年03月18日 00時53分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年03月13日
カテゴリ:カテゴリ未分類
夕方 帰ってこない彼を待つのを諦めて家に帰ろうとしたところで電話
これからほんのちょっと遠いショッピングセンターへ行こうって
彼がこっちに来たからにはと ずっと行ってみたいと思っていた所
そう思ってもう2年にもなってしまう
遠いと言っても10数キロほどの隣の市
彼の同期の友達が結婚するので その人の結婚祝を買いに行くのが本日のメイン
彼は私と出掛けるついでだと言ってくれてたけど… 
そこのお店にしか置いていない家具を希望されているから 行く気になったんじゃないかな
そう思うと内心素直に喜べない
私 性格よろしくない

出発したのが夕方だったのもあって 辺りが暗い
その上雪が降り出してきた

視界の悪さにいつもの方向感覚が発揮されない
ことごとく彼と一緒になって 目的地と逆の方向へ走り回る
道路標識を見て方向を修正してもなぜか逆走
どうしてちょっと遠くに行こうとするたびに道に迷うんだろ
到着の最後の最後まで繰り返した

目的のものを買うまで二人とも落ち着かず とにかく購入
その後食事 デパートの中でもなかなか落ち着いた洋食屋へ

帰る時間も考えて食料品をささっと買って 車に乗り込む
買うもの買って 呼び出される前に食べれる時食べて…
結局呼び戻しの電話に怯え 時間に怯えて落ち着かないプチ遠出

帰り道 しっかり道を間違えて見知らぬ山道へ入りかけてUターン
それでも彼と一緒に出掛けられたし 時間はちょっとでもいつもよりあったし
それでいいか
 






最終更新日  2005年03月17日 00時40分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年03月12日
カテゴリ:カテゴリ未分類
パワーヨーガのDVD付きの本を買ってあったので
テレビの前で挑戦
最近柔軟体操をしていなかった為 立って両腕を床にべたっと付けるのが辛い
こんなはずでは…
ひとまず基本の一つ 一通りの動きを何度かしてみた
全て鼻で呼吸 
ゆっくり深く吸ったり吐いたり なんとなくだけど気持ちいいなと感じた
今日はこれで終了とした

巷で話題のヨーガ
一通りを習慣として出来るようになれば 身体締まってくるかしら







最終更新日  2005年03月17日 00時03分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年03月11日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日仕事の後に軽くミーティング
開業するため退職する先生の送別会の件
私はご本人とは関りが無い
あんまりピンと来ない
そして
その先生に付いて行くため 私のすぐ隣に立っていたTさんも数ヵ月後に退職すると
唐突なお話
このTさんは検査室の6人の中で非常に大事な役目をしていた人
2人いる男性のうちの1人で みんなのクッションになっていたはず
皆いい人たちだけど 時々殺伐とした空気になることだってある
そんなところでも 気付いてか気付かずなのか 何かしらしてふわっと空気を変えてくれる 
誰に対してもとても低い物腰で 優しい口調
他の人は それぞれ時々無意味にカチンとくる言い方をする
その度ちょっと小さく凹む
そんな中 Tさんと仕事すると すごく気分が楽になれてた
私もこういう人になりたいと思うけれど
なれないような気もする

過ごした時間はまだ数ヶ月だけど 私にとって一番いなくなって欲しくない人
他の人たちもすごくショックを受けてた
この職業はあまり退職 転職をしない …就職難なので
退職による別れにあまり慣れていない
10年以上も一緒に仕事をしてきた人との別れって きついだろう

ちらっと見回すと みんな目がうるんでた
涙もろい私はすっごく泣きたくなったけど 必死に我慢
みんなよりも付き合いが短いので 重さが違う
泣くべきじゃないだろうと思って

ミーティングが終わっても重苦しい空気 誰も一言も言わない…
別に今日でいなくなる訳じゃないんだし
この暗い雰囲気何とかしなくては

なるべく相手の目を見ないように 残っていた仕事を見つけて動き
自分の気持ちを落ち着かせてから いつもよりも少し元気に話し掛けて
無言の時間を切った

この職場では この役は私じゃないはずだったんだけど


夜 彼の職場の人も何人か今月いっぱいで辞めるらしい
親しくなった人が職場を去っていくのって 切ない
止められるわけないし ただ受け止めて見送るだけ

できるだけ次の職場がよいところでありますように祈り
明るく送り出したいと思う
その前に 吸収できる所は吸収しまくらなくては












最終更新日  2005年03月15日 23時20分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年03月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類
明日は遅番なので 彼の家へ
帰りは遅いはずなので 私は好きなことをしてる
今日はなんかふと気が向いたので 家にある食材を使って料理をしてた
どうしても時間のない朝のために 夜のうちに作る
準備も出来たし お風呂も入ってテレビを見たところで
彼が帰宅

私来ていたことを喜んでくれた
そんなに喜ぶ彼に私も自然に笑顔になっちゃう

二人で布団に入って 目を閉じて…
何となく彼に話しかけてみたら 彼も起きてた
外の雨の音が聴こえていて それ以外何も聴こえない すごく静か

キャンプで雨が降ったときの気分だ~と言ってみると
それわかる~って返事
テントの中にいると雨がすごく近く感じるのに 自分は濡れない
ちょっと特別な感じ
湿った草の匂い 濡れた土の冷たさ
別々に体験したことなのに 感じるところは似てるんだね

なんだか眠れない さっきまで真っ暗で見えなかった彼の顔がよく見える
顔がふっと笑顔になった彼に「顔 笑ってるよ」と言うと 
目を開けてこっちを向いてくれた
彼もなぜか眠れないみたい
彼に引き寄せられて ぴったり密着
私の仕事の話をぽつぽつ 彼の仕事の話をぽつぽつ
お互いの話を聞いたり意見を言って

彼の体温を感じながら 心地よい眠気がきて いつの間にか眠ってた







最終更新日  2005年03月14日 20時37分37秒
コメント(0) | コメントを書く

全206件 (206件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 21 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.