000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ココロツブヤキ

全206件 (206件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 21 >

2005年03月09日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
彼は結局朝4時頃には用事ができて帰っていった
私は彼がうちに来てから全然寝付けず 3時半頃にやっと寝られたばかり
「行かなきゃ…」と布団からやっと起き上がった彼に 行ってらっしゃいと言い
ちょっと目を開けただけ
玄関まで見送ろうと思えばできたのに また目が冴えてしまうのが嫌で
ロフトから見下ろすことさえもしなかった 
彼が上(こちら)を向いて声を掛けてくれた気配がしたんだけど
天井に向かって「がんばってね」と言っただけ

帰ってしまった後 後悔した
ほんのちょっと顔を出すだけでも どうしてしなかったんだろ

遠距離だった頃 私が帰る時 彼は家に居たとしてもよく寝ていた
彼の寝室の窓は玄関を出てすぐのところに面している
そこから彼の顔が見えることを期待して振り返りながら帰っていた
彼の顔はただの一度も見られなかった

淋しかった

だからってそれを彼にしていいことにはならない
でも ほんの少し気持ちを分かって欲しくて やってしまったような…
義務とかじゃなくて 気持ちの問題
仕事を手伝うことはできないので せめて仕事に向かう彼を見送りたい
そう思って いつも見送りしてたのに

自己嫌悪で 結局またしばらく寝られず

なんだか眠たい一日を過ごすことになってしまった











最終更新日  2005年03月14日 19時42分01秒
コメント(0) | コメントを書く


2005年03月08日
カテゴリ:カテゴリ未分類
まだ火曜日
一週間始まって2日目にして なんか疲れた
彼に会いたい

とか思いつつ 平日だし諦めて寝る準備

だらだら起きているのは 光熱費の無駄
灯油が減る
勉強を軽くして寝るぞ

23時 彼から電話 
もう少ししたらそっち行ってもいい? って
寝てていいから とは言われたものの 
待っちゃうでしょう普通 期待しないようにしてもしちゃうもんでしょう

この頃24時前には布団に入るようにしてたものだから 目がしょぼしょぼ
24時 25時…
眠い目を無理にこじ開けて 勉強をしてた
でも さすがに寝なきゃ 
今日は来ないでしょう
いつものことです 仕方がないのです

電気を消そうとした頃 彼の車の音がした
のぞき穴から確認して お迎え
コンビニのおでんのお土産つきで

お疲れ~と 軽くキスして さっさと布団に入った
朝起きる時間を確認しておやすみなさい
彼は日曜日丸一日と昨日連日で泊まりで仕事していたので 極限状態
会話もなく熟睡
ここまで来る時間も惜しんで 休んで欲しいんだけど

でも気分が落ち始めてまずい状態になりかけの私としては 
嬉しかった








最終更新日  2005年03月13日 10時58分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年03月06日
カテゴリ:カテゴリ未分類
彼の家からの帰り 途中にあるCDショップへ
なんとなくCDを買いたくなって

平井堅さんかaikoさんの新しいアルバム 発売される前から欲しいなとは思ってたんだけど
どちらも買っていなかった
どちらも別にファンではない
ただちょっと いい曲が盛りだくさんなのでお買い得かなって

買ったのは 平井堅さんのDVD 
『瞳をとじて』『君はともだち』『思いが重なるその前に』などの入っているもの
正直映画とCMで流れた2曲しか知らなかった その辺でもかなり失礼なんだけど
声だけのCDじゃなくて 映像で観て聴きたいと思っていた2曲
一緒に入っているなら こっちでしょう
と DVDを衝動買い

実にいい
そしてぼろ泣き
『君はともだち』
けっこうメジャーな曲だったみたいだけど 私は初めて聴き プローモーションビデオを観た
一度目にして 歌詞に 映像に 泣いた
映像はアニメーション 台詞はないので解釈は人それぞれだと思うけど 
仲良くなれた唯一 人間の友達が殺されてしまい 悲しみと怒りに燃えた龍(?)も 戦い死んでしまう
その後 2人の眠る場所からまた小さな龍が生まれ 飛び立っていく
そんなお話の絵
一人取り残された龍が泣いている時に入る歌詞
「君がいないと 僕は本当に困る」

そうだった…
ずっと困ってるんだ 私

忘れることなどできるわけもなく
一緒に歳を重ねることもできず
言いたい 伝えたいことばかり増えていく
このどこにも行き場のないものを
どうしていいのか
困ってる

後ろ向きになっているつもりじゃなくても 前向きにもなれない
そんな自分にも 何かできることを見つけていかなくては
生まれてきた小さな龍は そう感じさせてくれた

本当によくできている

思いがけなく泣いてしまい たまり溜っていた気持ちに久々にとことん泣いた



自分のために泣く涙と誰かのために泣く涙
前者は自分が可哀相だから 自分に酔って泣くだけ
どちらかと言えば そっちに近いのかもしれない 
子ども染みた涙でも 今日はいい 
自分が困っていたのだということに気がついて 何かほっとした
便利な言葉だけど 本当にそうなんだもん






最終更新日  2005年03月13日 11時52分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年03月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類
自宅に着いて一休み 
彼の家に行くには 歩いて10分ほどのバスターミナルからバスに乗る
雪道でかなり雪が降っているので 歩くともう少しかかる
今日はかなり冷え込んでいて 家から出るにもちょっと覚悟がいる

ちょっとのつもりだったのに 一度コタツに入ってしまうと…
動きたくない
仕事でちょっと疲れてたので 座ったらほっとしてしまった
次の時間のバスにしよう と3本ほど見送って やっとこれと決めた時刻のバスに向けて準備

バス乗り場まで一気に歩き続けたいところなんだけど 寒さに負けて
その手前の本屋さんで冷たくなった顔と手足を少し解かして 再出発
バスに乗って暖かさにうとうと 
また寒い外へ出て 彼の家まで5分ちょい歩いて やっと到着

即ストーブの電源入れる 氷点下のため温度表示されない
寒いはずだね
しばらく身動きとれず

少し暖かくなってきたら 溜った食器類を洗って片付けて 魚を焼いて 休憩
『I AM SAM』が入っていたのでそのまま観てた 一度観たことはあるんだけど
ストーリーを知っていても涙が出ちゃう ビートルズの歌がいい
あと少しで終わる…というところで彼が帰宅
伸びきった無精ひげ ここまで伸ばすとちくちくしない

12時前だったのでいそいそとスーパーへ 買出しのチャンスは逃せない
久々の買い物にうきうき カゴヘほいほい入れていく 
これで料理が作れる
お酒も買ったし
彼の家に帰ってすぐに魚を温め直して 大根おろして お酒の準備
久々に一緒にお酒が飲めた

少しぬるくなってしまったお風呂に入って 彼の顔や指のマッサージをしたら寝てしまった
すごく気持ちよくて すーっっと眠りに入っちゃうんだよねって言ってくれる
疲れが溜りすぎてるんだと思うんだけど
少しでも疲れが軽くなった気分になってくれたらいいなと思う

上がると2時
眠さに勝てず 布団がすごく冷たかった記憶はあるものの 知らないうちに就寝






最終更新日  2005年03月06日 11時49分25秒
コメント(1) | コメントを書く
2005年03月03日
カテゴリ:カテゴリ未分類
桃の節句 雛祭り
誕生日でもなく クリスマスでもない
でも 何か美味しいものが食べたい気分

今日は彼のところに行くつもりでいたんだけど
昨日急遽当番を代わったらしく 今夜は帰らないって言われた
主の帰らない家に行ってもなあ

昼休み 職場の売店のコーヒー味のロールケーキ(一切れ入り)を買っておいてみたり
近くにスーパーなどがないので こういうものは職場で買うしかない

早番だったので いつもより少しだけ早く退散
ふと気が向いて 仕事場から歩いて数分のケンタッキーでマイごちセットを購入

コーヒーを入れて フライドチキンを食べて デザートにロールケーキ
ふう

..
実家に電話
二人でワイン1本開けたらしく ほろ酔いで楽しいらしい
記念日 バレンタインなどイベントは両親にとっては ワインを飲むための口実
普段から飲んでるので “いつもより多く飲んでいい日”と言ったところかな

ごちそうさま

彼にメール
「今度一緒にケーキ食べるの付き合ってね」と
とあるお店で人気のロールケーキ なんだか無性に食べたくなったもので…
一切れやハーフで売ってないので 一人じゃ食べ切れない

返事も連絡も無かったけど 仕方ないよね
仕事で大忙しなんでしょう 
少しは寝られますように






最終更新日  2005年03月06日 10時41分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年02月25日
カテゴリ:カテゴリ未分類
つまらない
熱は下がったものの 頭痛がひどい 鼻声もひどいまま
ご飯を食べるために布団から抜け出して ロフトを降りて
ストーブつけてコタツへ
テレビをつけて
嗅覚が弱っているので 匂いを思い出して胃に詰め込む
用が済んだらまたテレビ消して ストーブ止めて
ロフトに上がり 布団に入る

熱があった時はこの動作は非常にきつく 一人でいることがなんだかとても堪えた
この2日はまったく人に会っていない
テレビでは観てるけど

実際人に会った所で何も変わらないんだけど
なんだか部屋に閉じこもりっきりってなんか異常に辛い

昼に母から電話
父も調子が悪くて早退してきたそうだ
症状は私とそっくり
ワクチンは接種していたらしいので もしインフルエンザ(B)でも多少はましかも…

今朝 迎えに来てくれると言っていた彼は先輩と飲みに行ったらしく
「これからタクシーで迎えに行くから~」と無駄遣い発言
先輩とお酒を取ったなら今日はそれでおしまいにしておけば?
と断ったものの 根負けして私がタクシーを呼んで彼の家へ

彼は寝てた
お風呂にお湯を入れていたらしいけど いっぱいになってあふれてた

疲れた
今日は何も手を貸したくない

声だけを掛けて彼を起こし お風呂のお湯を止めてもらう

このごろ彼は周りに流されるように 流されるまま生きている感じ
それを観ている私は 画面を覗いているだけのような気分
会話は誰とでも交わすような簡単な単語だけ
いつからこんな状態だっただろう
実はけっこう前からだった気もする

本当は自分で気付いて欲しいことなんだけど
今の彼には無理なんだろうなと そう思うしかない

気付くまで もう少し画面から見守ろうか どうしようか






最終更新日  2005年02月26日 20時25分58秒
コメント(1) | コメントを書く
2005年02月24日
カテゴリ:カテゴリ未分類
お休みさせていただくため 職場に連絡
職場の中で一番温厚なTさん(男性)が出た
「大丈夫だから 玉子酒でも飲んでゆっくり休むんだよ」と
卵はうちに無いんです~~と言ってみたら
「買っていってあげようか?」って
もちろんこれは会話上の流れの冗談
でも 優しいTさんの声を聴いてほっとした
うっかり泣きそうになるくらい

もう一人の男性Nさんが出ないで本当によかった
Nさんがでたら逆に「休みます」ではなくて「治りましたので今日行きます」
とでも言ってしまっていたんじゃないかな
それはそれで 健康的かもしれないけど

彼氏から「調子どうよ」とメール 返信したがその後音沙汰なし
「甘えびの刺し身が食べたい」 とふと思ったのでメールしてみたら
「こっちはカップラーメン食べたよ」だって
手が離せない訳では無かった様子
そんなものか

実家から電話
父もちょっと体調があやしいらしい
電話でも感染してたりして









最終更新日  2005年02月25日 14時51分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年02月23日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日も遅番
鼻水ずるずる
さすがにマスクをかけて仕事

お昼に使用期限の切れた試供品のインフルエンザ検査キットで仮の検査
どうせ陰性だろうから 念のため
と思ってやってみたらB(+)
ついにやられた

意外とぴんぴんしてる方だと思うんだけど 
内科を受診して薬を出してもらう
薬を受け取って帰宅

ところが肝心の抗ウイルス薬が入っていない
いわゆる風邪薬の類だけ
処方し忘れたらしい 職員なのでその辺はご愛嬌と言うことで…
もう一度職場に戻って処方箋を出してもらって 今度こそ帰宅
初めて吸入タイプの薬
ちょっと緊張しながら吸入
効いてくれるといいんだけど 

にしても まだまだ動けるのに帰らなきゃいけなかったのかな 
他の人にうつすことの方がまずいので
仕方がないと言えばそれまでなんだけど

家に帰る前にスポーツドリンクや食料を売店で買っておいてよかった
だんだん身体が重たくなり 水分が必需品となった


夜 彼が吉野家のご飯を差し入れしてくれた
ほんの2.3分だけど会えた
離れていた時とはここが違うよなあ
だるいけど ちょっと嬉しい気分になれたよ







最終更新日  2005年02月25日 14時28分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年02月22日
カテゴリ:カテゴリ未分類
喉が痛い
いつになく布団にしがみついていたい朝
あと5分あと5分… にしても喉が痛い

仕事は普通どおりこなしていて 昼前には鼻水でぐすぐすしてきた
まずいかな?
それでも時々鼻をかむだけで済むからまだ大丈夫かな

帰る頃にはちょっとだるさが

それでも昨日彼に何あったらしく 愚痴を聞いて欲しいと言っていたので
彼の家へ直行

熱は37.6℃ 風邪ひいたなあ
彼を待つも帰ってこない メールをしても返事なし
22時ごろに電話
先輩とご飯食べに行くけど一緒に行かない?と
風邪ひいたみたいだということをメールしたんだけどな
彼の場合単純にご飯を食べるんじゃなくて お酒も飲んでくることでしょう

案の定12時頃 酔っ払ってふわふわになって帰ってきた
いつもより早く仕事を終えた時はこれだものね
昨日の私に聞いて欲しかったことも忘れてしまえるくらい 楽しく酔っているらしい
それならまあいいか

お風呂に入った彼は浴槽で熟睡
そのころ私は38.9℃
心配で何度も彼を起こしにお風呂場に行った
5回目 ついに早く上がって~~と悲鳴あげた
熱で辛い しかも夜遅くて早く休みたくてたまらない
布団に入ったら1分もせずに彼は寝息を立ててた
私は何しにここに来たのだろう

寒さと熱にうなされる私の声など全く届かない彼が とても遠く感じた








最終更新日  2005年02月25日 14時11分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年02月21日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は遅番
なんか全然片付かない
予告電話もなしに 検体をぽいといつの間にか置いて行かれるし
一応こちら既に看板は下ろしてるんですけど…
一通り片付いたと思ったら一検体だけ測定器にかけずに忘れていたり

やっと帰れる
7時に帰れるはずが9時だった
ちょっと寄り道してコンビニでおでんを買って帰った

疲れと眠気で 帰ってすぐ食した

これが間違いだった

『うがい』しなかった
今日も何件もインフルエンザの検査をしてたのに

いつも必ず『うがい』は欠かさなかった お昼を食べる前だって


なんだかぐったりしてるのに夜更かし
お風呂に12時過ぎに入って 2時に就寝







最終更新日  2005年02月25日 13時51分35秒
コメント(0) | コメントを書く

全206件 (206件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 21 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.