000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わたしの部屋

全7件 (7件中 1-7件目)

1

トラベル

2019.11.13
XML
カテゴリ:トラベル



友人の一人が釣り堀を経営しています。
この釣り堀はヤマメ、イワナがメイン。

養殖ではあるが、40cm級のイワナが釣れるので
釣りファンには人気のスポット。

釣りのほかにバーべキューも楽しめます。
ゆえに夏場は、家族連れで小賑わいしています。

先日のクラス会で彼と一緒になったので
「釣り堀って冬場はクローズか?」と聞くと、なんと、年中無休とか。

あの辺は冬場(夜)はマイナス15℃~20℃にもなる酷寒の地。
それでも、冬場でも釣れるのは、暖かい湧水を利用しているから。
湧水は、夏は手を入れられないほど冷たいのに、冬は結構暖かいのですね。

陣内釣り堀園はサービス満点?
釣れなければ、生きの良いイワナやヤマメのお土産付き。のお客様も時にはあったりして。

「この間ここを利用した釣り人のブログを見たら
ビックリするくらいもらったと喜んでいたよ」というと。

そういうサービスは、釣り人と担当者の気分によるらしい。

友人も「オレもその口だ」というから
「そんなことで儲かるんかい?」と聞くと、そこそこ赤字ではないらしい。

で、先日、イワナの採卵風景を見せてもらいました。

丸々と太ったイワナ、大きいのは40cmを超えているかも。
じっと動かないのは、麻酔が効いているから。



彼が作ったのか?
小型滑り台のような採卵器。
ここに立てかけてお腹をしごくと黄色い卵が一杯!

この採卵は今頃が時期で、都合300匹から採卵するという。



採卵が終わるとイケスへ戻し、また次年の卵を蓄えるといいます。
鮭は卵を産むと死んでしまいますが、イワナは何年も生きるんですねぇ。
 


で、イワナのお味は?と聞くと、癖がなく結構なお味らしい。
このすぐ下に町営の食堂があり、ここで調理してくれるそうです。

自宅に持って帰るなら。
体の表面のぬめりを取ってから調理すると滑らないのでよいそうです。

身肉はしっかりしていて、味わいは淡白でクセのない上品な味とか。

釣り上げたばかりの鮮度の良いものは、刺身にしても美味しく食べることができるが
素人は、寄生虫の恐れもあるので、塩焼きなどの焼き物や揚げ物にするのがおすすめとか。

しかし、級友がこんな高原でイワナの養殖をしているとは
実にうらやましい限りです。

でも今頃のお水は冷たくて、結構きつい仕事かもしれませんねぇ。
わたしには無理だわ絶対・・・
なんて思いながら、陣内釣り堀園を後にしました。

☆ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。↓


日々の出来事ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村








Last updated  2019.11.23 18:24:54
コメント(0) | コメントを書く


2019.11.12
カテゴリ:トラベル



台風19号の被害が心配で、母に電話したのは先月13日の朝。

「大丈夫か?」と聞いたら、
「大丈夫じゃない!堤防が決壊した・・・」
というので、先週の土曜日からクラス会を兼ねてみてきました。

クラス会でも、長野市の千曲川決壊場所付近から来ている級友がいて
息子さんのところが浸水で自宅の1階と車5台が水没したとのこと。

我が家の方はと云うと、自宅は高台だから無事でしたが、田圃は想像を絶するありさま。
すっかり変わり果てて最早河原。
流れ込んだ石を積み上げれば、まるで賽の河原。



下流の民家は4軒ほどが水に浸かったようですが、
幸いに流木や流石はなかったようで、見た目的には損傷はないようです。

でも、母の話では、浸水にあった何軒かの家は取り壊すそうです。

で、うちの田んぼです。田んぼにするには相当労力がいります。
兄は「もう米作りはやめた・・・」とぽつり。

川は、うちの辺りまでが一級河川で国が補修するそうです。

それから上は二級河川となって町の管理であるそうな。

その上流で暮らす級友も被害にあい、納屋にあった車と農機具が全損、
役場に掛け合ったが、納屋は住居じゃないから「保証はできない」
と軽くあしらわれたと云う。

「力が抜けて、何もする気が起きない」と寂しそうに笑った。

かれは信州牛を40頭ほど飼育しています。
農機具も基盤を変えるだけで300万ほどかかり、
それも治るかどうかは分からないそうです。

この川は川床にがれきが積み重なり超浅くなっていて
もう一度大雨が来たら、二次災害の発生が気にかかります。

国や町に、できるだけ早くの復旧をお願いしたいものですね。


☆ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。↓


日々の出来事ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村









Last updated  2019.11.16 20:01:24
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.11
カテゴリ:トラベル




蓼科でのクラス会の帰り、ビーナスラインをドライブ。
途中、蓼科湖に寄ったりして南下。





道の駅「信州平谷」で小休止。

土産物の売り場、レジでの立ち話
「夏場寄った時に買った『おやき』が美味かったから
また買って来てくれと、家人に頼まれた」と云うと

「あれま!それはありがとうございます」と云って
「どちらから来られたんです?」」とお愛想を云うから

「蓼科から・・・」と応えると
「あら!私も先週行ってきましたのよ」と云うではありませんか。

蓼科湖の「滝の湯」の話が出たので

あそこは湯量が多くて気持ちいいよね」と続けたら
「ここの『ひまわりの湯』もいいんですのよん。ホホホ・・・」と微笑む。

そうなんですね。
この道の駅は、信州平谷温泉「ひまわりの湯」と一緒になっているんですよね。

わたしはまだ、ここの湯に浸かったことはありませんが
「いつか、この湯にも入らせてもらわなくちゃね・・・」と駐車場へ。

すると、車に乗るか乗らないうちに、ぽつぽつと大粒の雨。

突然の雷鳴と強風!
空模様も真っ暗に!

こりゃいかん!とそそくさ出発すると
5分も走らないうちに、ビシピシッ!と
フロントガラスが割れんばかりの衝撃が!

すさまじい雹嵐の襲来です!






こりゃ走行は危険ですわい!と判断して、最寄りの駐車スペースへ。
すでに足元には雹が積もっていて、ブレーキを踏むとABSがゴッゴツゴッ!と効いてる。

10分ほど待つと降雹はやんだが、あれまっ、道路が真っ白ですよ!
これから峠を越えると云うに、まったく胆が縮んじゃいますよ。

えっ!?胆じゃなく股間の○○じゃなかと?ですか?

それが・・・あの時は・・・
とても確かめる余裕がなくて・・・
でも、おそらくは・・・





何はともあれ、
なんとか恐る恐る走行して、午後4時半ころ無事に帰宅できましたが
どっと疲れが出たクラス会でした。

☆ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。↓


日々の出来事ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村









Last updated  2019.11.14 13:06:37
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.28
カテゴリ:トラベル


信州へ行ってきました。

少しお天気が怪しげでしたが、実家での昼寝は最高でした。

なんつったって天然クーラーです。

お部屋をあけっぴろげて

ミンミンゼミが鳴いて

緑の木々が揺れて

いつしかZZZ・・・爆睡。

眼覚めたら

トウモロコシの茹でたのとスイカ。

安部降ろしワイドショー、加計問題も賞味期限オーバーでゲップが出ます。

ここは静かにセミの声を聴きながら

いつしかまたもや、爆睡・・・






Last updated  2019.09.17 13:22:20
コメント(0) | コメントを書く
2012.10.10
カテゴリ:トラベル
先だってから、クラス会の為に里帰りしてました。

行く途中、諏訪大社によってお祈り。

どうぞ良きクラス会になりますように・・・なんて殊勝に。

御神湯がとっても熱い温泉で「熱いので手を入れないでください」の注意書きがあります。

が、どれくらい熱いか確かめてみたいのが人情。だいたいのお方が入れてしまいますな。恐る恐る‥‥‥

じつはワタシも。で、当然「アッチッチ!」てなことになるのです。

この御神湯「流してしまうのはもったいない・・・」誰もが思う貧乏性。

このおば様ももらしました。


1.gif

平日にもかかわらずお参りする方もちらほらおられ、ワタシもポケットからばら銭を茶つかみほど投げ入れて、今度の宝くじ、一等当選をお祈りするのでした。

7.gif


平日の白樺湖は白鳥ボートに乗る方もなし、閑散としていました。風も少し冷たい。


6.gif


蓼科第二牧場は駐車場に一台の車もなし。モウモウさんもワタシ一人が独占です。


4.gif

ここは日本のおへそ、降雨を分ける分水嶺。雨境峠との名の通り、南に降った雨は諏訪湖より天竜川となって太平洋。北側に降った雨は、千曲川から信濃川になって、日本海に注ぐ感慨深い場所。
同級生の一人A君は昔からここで高原野菜つくりを営んでいましたが、まだ元気でやっているのでしょうか?


3.gif
ワタシの実家は白樺湖からクルマで20分ほど下ったところ。
兄の営んでいるビニールハウスにはなんとスイカが!こぼれ種から自然発芽とか・・・果たして甘く成長するのでしょうか?信州の夜はもうすぐ凍えますのに。


5.gif

庭にはワタシの知らない花が白く輝いて‥‥‥あの無骨者の兄の趣味でしょうか?なんだかホッとする瞬間でございました。


2.gif


なんだか、夕べ車を運転して帰宅するのにとても疲れてしまったようです。これから昼寝をします。

えっ?クラス会ですか?
ええ、皆さんお歳を取っておられ
なんだか浦島さんになった気分でございました。ハイ。




9784879280701.jpg3.11のメッセージ







Last updated  2019.09.17 13:25:26
コメント(0) | コメントを書く
2012.10.05
カテゴリ:トラベル
8.gif

大分涼しい。

ようやっと庭の草取りも楽になった。

で、半日も家の周りを這いずりまわったら

なんだか右腕が痒い。見ればところどころ赤く虫に刺されたような。

用心に長袖を着てやったんだが、

袖口から侵入したんですな?キット。

「えっ?、元々長袖シャツに付いてたんじゃない?そうダニ・・・」と家人。

ふ~~む。それにしちゃ左腕はなんともないんじゃがの?

まっ、どうでもいいが、日曜日には在所に飛んでいかなならん。

ン十年ぶりの同窓会だと。権現の湯で、

おめかしアクセが虫食いのブレスレットじゃ様にならんな。

「一体どういう暮らしをしてるんじゃ?おのれ」と哀れんでもらってもなぁ・・・

ところで

キャッツらとは、ほぼ何十年会ったことがないのが多いが

見極めるには
子供の頃のあやつらの親父殿やお袋様を思い出せば良い。

きっとおんなじ顔をしてるに決まってるはずだから・・・

当たるか外れるか?それが実にタノシミなんです・・・




9784879280701.jpg3.11のメッセージ







Last updated  2019.09.18 12:42:34
コメント(0) | コメントを書く
2006.05.07
カテゴリ:トラベル
妖気漂う場所と言える。
土地のものは城山(じょうのやま)と呼んでいる。

戦国の時代には、城が築かれていたそうな。
小高い丘の頂上の、僅か500坪程の藪。

ぐるりはケヤキが繁茂し、鬱蒼としていて
参る人も無く、藪に埋もれた古めかしい小さな社(やしろ)の前に立つと

風に吹かれた落ち葉の音が、古の兵(つわもの)の歩き回る音のようで
思わず振り返ってしまうのだな。

小生の幼少だった頃、誰もが貧しい時代、ここは畑だった。
小豆などが植えられていて
あたりをほじくれば、欠けた土器が出土して、小生らの格好の遊び場であったな。

貧しくも、社は守られていて
人の心に、神仏に対する畏れと純真が残っていた・・・

それが・・・
近頃じゃ経済至上主義。
一銭にもならぬ畑作など、誰がやろうと云うのか?
いつの間にやら原野。

自然、訪れぬ者もなく、荒れ果てるにまかされた社の必然!
それが一層の妖気を呼び、
戦国武将の鮮烈な最後の伝説と相まって

社の脇の、つる性の樹に覆われ枯れ死した老樹の哀れさに、
人の世の儚さを、妙に感じてしまうのだな。






Last updated  2019.09.17 14:01:12
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.