641648 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

つきももブログ

PR

Recent Posts

Archives

Category

Rakuten Profile


Tsukimomoさん

いつもニコニコ、ゴキゲンに、すこやかに。

フォローする

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

Free Space

QLOOKアクセス解析
2012.08.27
XML
カテゴリ:美味しい食べ物
どうやら同居人は、ピーマン肉詰めが大好きらしい。
(いや、わざわざ言わないだけで、ハンバーグも日本のカレーも、オムライスも、焼きそばも、クリームシチューも好きだと思う。)

でも私はハンバーグ、メンチカツ、ミートボール、つくねなど、
ああいう系のひき肉系料理が苦手。
ひき肉料理で食べるのは、具の7割方が野菜の餃子と、
鶏の中でも脂身の少ない胸肉を、さらに皮をとってミンチにした自家製鶏団子や鶏そぼろくらい。

なので、ピーマン肉詰めが我が家の食卓にのぼることはないんです。
(ついでに言うと、日本のカレーもオムライスも焼きそばも、クリームシチューも。)
私が作ることはまずないし、彼が作っても私が食べないだろうから、
そこまでして作るのも・・・、みたいな感じで。

「申し訳ないなぁ。」とずっと思っていたら、面白そうな機会がやってきた。

先日yukiさんのブログで、
“なすのはさみフライ”のレシピを見つけました。
いつものように「美味しそう~。」って思いながら読んでたら、
思ってたより簡単に大豆ミートでハンバーグのタネみたいなのができるっぽい。
しかも、ピーマンに詰めても美味しい、とあったので、
チャレンジしてみることに。

まずはyukiさんオススメの大豆ミートをiHerbで購入。
Bob's Red Mill, Organic, TSP, Textured Soy Protein, 6 oz (170 g)

大豆ミートを買ってみた。


初の大豆ミートです。
サクサクのパン粉みたいで、そのままでも食べれそうな感じ。
(よくわからんけど、加熱して使うんだろうな。)

IMG_9005


大豆ミートのタネ部分は、yukiさんのレシピを参考にして、
うちでは揚げ物が出来ないので、
重ね煮レシピの時に書いたラタトゥユのようなトマトシチューのようなとこに入れて、一緒に煮込みました。

ピーマン肉詰め
(いろいろ混ざりすぎで分かりにくいな。)


うっかりレシピ以上に山芋入れてしまって、
肉的な食感より、ずいぶん柔らかくなってしまった。
ハンバーグ系のああいうタネを作ったことないので、
どのくらいの固さにすれば良いのかよく分からなかったのよなー。
でもこれはこれで美味しい。
塩の代わりに、初めて使うハーブ塩を入れたら、
塩というよりほとんどハーブで、ちょっと味が薄かったかな。

翌日は焼いてみた。

ピーマン肉詰め(焼) #dinner
(これは焼き上がりに醤油をかけたので、美味しくなった♪)


大豆ミート、簡単で便利ね。
何が良いって、食べたときに、肉汁じゅわーってならないのが私的にはすごく嬉しい。
(肉のあれが苦手。)
iHerbだと安いし、そんなに重くもないから買いやすい。
もっといろんな料理に使ってみよう。








Last updated  2012.08.27 21:59:13
コメント(2) | コメントを書く
[美味しい食べ物] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.