939407 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

つきももブログ

PR

Recent Posts

Archives

2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04

Category

Profile


Tsukimomo

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

Free Space

QLOOKアクセス解析
2016.08.17
XML
カテゴリ:本の話
image

『紙の月』(角田光代)
宮沢りえが出てた映画の予告編が面白そうだったので読んでみた。

主人公梨花がふとしたきっかけで知り合った大学生の恋人との生活に、
ものすごいお金をつぎ込んでいく。

その大学生が全然魅力的じゃないの。
最初は「なんでこの人に?」という違和感をずっと感じながら読んでいたんだけど、
別にその恋人が好きでたまらないからじゃないんだなと気づいた。
自己満足というと簡単すぎるけど、
その贅沢三昧な生活が彼女の居場所だったんだろう。

スリリングに話が展開していくので、続きが気になる面白さはあるけど、
共感出来るとこがどこにもなくて、何とも微妙気分で読み終わった。

映画は小説とはまたずいぶん違う展開らしいので、
もしかしたら面白いのかな。


『ひそやかな花園』(角田光代)
毎年夏になると、どこかの別荘でキャンプをしていた7つの家族。
そのキャンプがある時突然開催されなくなり、子供達はお互いに連絡が取れなくなった。
親に聞いても誤魔化されるだけで何も分からない。
いったいあれは何の集まりだったのか、
7つの家族はいったいどういう関係だったのか。

これも重いテーマを取り扱ってるので、楽しく読み進むわけではないけど、
家族や子供、血のつながりについて、いろいろ考えさせられるエピソードが出てくる。
親の立場と子供の立場、どっちからでも考えることができて、
興味深く読めた。
最後、希望のある終わり方でほっとした。


『人生を救え』
町田康の人生相談。
送られてくる悩みは、そう突飛なものはないんだけど、
(「何をやっても続かない」「明るい性格になりたい」「美人なのにふられる」「家事が苦手」
 「妻が全然痩せない」「世の中が腹立たしい」などなど。)
町田康による回答が、まぁぶっ飛んでいて面白い。
「え、そこから来る?!」と言いたくなるような明後日な方向から回答が始まり、
最終的にはちゃんと着地して、問題が解決しそうなものもあれば、
最後までぶっ飛んだままのものも。
でも、独自の着眼点で真面目に回答してくれるので、
どれを読んでも面白かった。

ちなみに人生相談といえば、西原理恵子の「生きる悪知恵」もべらぼーに面白いです。

おまけ:
暑い時に暑苦しいPVですみません。
音だけ聴いて下さい。

世界を止めて / ザ・コレクターズ


たまにものすごく聴きたくなる曲。
で、聴くときは10回くらいリピートする。






Last updated  2016.08.17 21:12:23
コメント(0) | コメントを書く
[本の話] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.