940591 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

つきももブログ

PR

Recent Posts

Archives

2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04

Category

Profile


Tsukimomo

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

Free Space

QLOOKアクセス解析
2016.08.26
XML
カテゴリ:本の話
町田康の「告白」、読み終わった!

少し前に「ギケイキ」を読んだらすっごい面白くて、
実家に帰った時に、母に「町田康、他におすすめは?」と聞いてみたら、
「断然、これ。」と貸してくれたのが「告白」。

普通の文庫本の2倍くらいの厚さ約4cm、842ページ。
しかも、楽しい会話のやりとりは少なくて、
主人公熊太郎の心象がびっしり書かれているので、
すいすい読める感じじゃない。
最初は、熊太郎の自意識過剰で理屈っぽいところがめんどくさくて、
挫折しそうになったりもしたんだけど、
読み進むにつれて、どんどんはまっていった。

人間のエゴや狡さ執着など、人に知られたくない、
人の知りたくない部分をさらけ出すようにしてストーリーが展開していく。
ずしっと重い気分になりながらも、引き込まれるように読んで、最後、
今までに味わったことのない読後感だった。
圧倒されたというか、とにかく、すごかった。
重いけど、救いようのない暗さではなくて、小さな爽快感も。

不器用で生きるのが下手な熊太郎に対して、
その子分の弥五郎はタフで明るい。
救われる思いだった。
しかしなんで、彼を撃つ必要があったのか。
まだ目的を果たしてないのに。

Joey Ramone  What A Wonderful World



このパンクバージョンだけじゃなくて、原曲も良いなと思うように。
オトナになったわ、私も。








Last updated  2016.08.26 22:04:59
コメント(0) | コメントを書く
[本の話] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.