920133 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

つきももブログ

PR

全5件 (5件中 1-5件目)

1

手作りコスメ

2014.12.17
XML
カテゴリ:手作りコスメ
最近スキンケアがますますシンプル(手抜き?)になってきた。
大好きなドクターハウシュカのローズクリームも、しばらく使ってない。
(ユーロが高くなって諦めた。)

朝晩、顔洗った後は、化粧水とオイルのみです。
こんな適当で良いんだろうかと思いつつ、特に乾燥などのトラブルもなく、
むしろ良い感じなので、そのまま継続してます。

オイルはiHerbで買ったバオバブオイル。

Aura Cacia, Organic Baobab Oil, Natural Skin Care, 1 fl oz (30 ml)

これ単品で、めっちゃ私の肌に合うので、満足して使ってたんだけど、
冬は固まってしまうのが不便~。
(そして、ずっと在庫切れ状態。)
12月に入ってからは、ブレンドオイルに変えてみました。

バオバブオイルをベースに、プルーンオイルとクランベリーオイルをブレンド。
2:1:1くらいの割合かな。
ここで買いました。→Orange Flower
手作り美容オイル

クランベリーオイルは初めて。
強力な抗酸化力やアルブチン(美白美容液によく配合されてるよね。)に心惹かれて。
香りは甘酸っぱい感じ。
プルーンオイルもビタミンEが豊富で、アンチエイジングに最適らしいです。
こっちは杏仁豆腐みたいな甘めの香り。


さらに精油もブレンド。
スキンケアに定番のフランキンセンスに、今回はローズマリーも入れてみた。
ローズマリーは、肌のハリやしわ予防、毛穴引きしめなどの効果があるそう。
IMG_5570

※ キャリアオイルに対して精油は1%以下にします。
  一般的な精油瓶のドロッパーは0.05mlなので、キャリアオイル30mlなら精油は6滴までです。
  

2週間ほど使ってみてるけど、なかなか良い感じ♪
引き続きこれで様子をみてみることにする。


化粧水は、iHerbのこれ。
Thayers, セイヤーズ, アロエベラ入り、アルコールフリー、無香料、マンサク化粧水、12液量オンス(355 ml)
でも今はミユキさんのブログを見てから酵母化粧水に興味津々。
次に会った時にあれこれ聞いてみるつもりです。


問題はハンドクリーム。
今年の冬は例年より手がかさかさで。
いつものホホバオイル+シアバター+蜜蝋少しでは、
あっという間に吸い込まれてしまって追いつかない。
シアバター単品だとかなりしっとりなるんだけど、固くてぬりにくいし。
常温で液体のオイル少し+シアバターを試してみよう。



おまけ:
おそろしく寒い!!
明日は今日より冷え込むらしいし、雪の予報も出てる。
いろんなものを動員して、内から外から温めて、
なんとか乗り切らねばー。












Last updated  2014.12.17 21:30:44
コメント(4) | コメントを書く


2013.12.16
カテゴリ:手作りコスメ
リップグロスを作ってみました。
リップクリームは何度か作ったことあるけど、
グロスは初めて。

と言っても今回作ったのは、
しっかり色をつけたり、パールなどが入ってるのではなくて、
つやつやしたリップクリームって感じのやつ。

材料はこんな感じ。
リップグロス作ります


・みつろう (オーガニック 未精製) 小さじ1くらい

・キャスターオイル (オーガニック 生)8g

・ビタミンEミックストコフェロール 8g

・紫根インフューズドオイル 5g


作り方はとっても簡単。
1.キャスターオイルとみつろうを湯煎にかけて、

2.みつろうが溶けたら他のオイルも入れてよく混ぜる。

3.型に流し込んで完成。


完成


材料のグラム数はかなり適当で出来ます。
どのようなテクスチャを目指すかで配合が変わってくるので、
もし固くなりすぎたら、再度湯煎にかけてオイルを足せばOK.
ゆるすぎたら、蜜蝋を足して溶かせばOK.
あと、紫根で色をつけたけど、
これは雰囲気出すためであって、塗っても唇に色はつかないです。


ついでにハンドクリームも作りました。
こっちは、ホホバオイル、シアバター、トコフェロール、精油。
溶かして混ぜるだけ。

ハンドクリームも。


オレンジ+プチグレンの精油を使った“なんちゃってネロリ”と、
ラベンダー+ベルガモットの“リラックス”の2種。
(写真には1個しか写ってないけど。)


こういうのは作る作業が楽しいです。
実際こまめに塗るかというと、つい忘れがち。
冬はすぐに手がかさかさになるし、
寒さで顔色も悪くなるので、
忘れずに塗るを心がけよう。

材料は精油とシアバター以外はここで買いました。

手作り化粧品材料 マンデイムーン




















Last updated  2013.12.16 20:36:33
コメント(0) | コメントを書く
2011.12.22
カテゴリ:手作りコスメ
美味しそうなハンドクリームを作りました。

ハンドクリームは、いつもなら、シアバター、みつろう(ビーズワックス)、ホホバオイル、精油を混ぜて作るんだけど、
カカオバターも保湿効果が高くてしっとりするというのを知って、
今回初めて使ってみた。

材料:
目分量で作ったので、ちゃんとしたレシピはないけど、
だいたいの割合としては、
みつろう:カカオバター:シアバター:ホホバオイル(好きな植物オイルで可。)が、
1:3:4:2くらい。
だいたいの目安で全然大丈夫。
みつろうなしでバターを増やしても良いし、
作ってみて固ければ、再度溶かしてオイルを増やしたり、
柔らかすぎたら、バターやみつろう増やしたり。



作り方:
これらを湯煎にかけて、よくかき混ぜる。
全部がきれいに溶けたら湯煎からあげて、オレンジの精油を入れてよく混ぜる。
冷えて固まったら完成♪

精油の量は、溶けた後の液体の1%が目安です。
精油1滴が0.05mlなので、50mlの液体ができたら10滴(0,5ml)、30mlだったら6滴(0,3ml)。
目盛りのついた小さなガラスビーカーに材料を入れて溶かすと、
出来上がり量がすぐに分かって便利です。


最初、カカオバターで作ってみようと決めた時に、
チョコレートの匂いと精油は合わないな、と思っていたんだけど、
オレンジピールをチョコレートコーティングしたお菓子や、
コアントローの入ったトリュフなどあるし、
オレンジとの組み合わせならいけるかも、ってことで試してみたら大成功。
美味しそうなチョコレートの香りに、
ほんのりオレンジの香りが混ざって、食べたくなるようなハンドクリームができた。
手もしっとりすべすべになるし、気に入りました。

ホホバオイルとオレンジ精油


今回はiHerbで買ったホホバオイルオレンジ精油を使ってみた。

このオレンジの精油、めっちゃ香りが強い。
さわやかさはあんまりなくて、濃厚で甘い。
そのまま風呂にぽたぽた入れたら、肌がピリピリしたけど、
(私の場合、柑橘精油はどこの使ってもだいたいそうなる。)
オイルやバターと混ぜるハンドクリームなら問題なし。
これはこれで気に入ったわ。
ホホバオイルはプラスチック容器に入ってたので、
遮光ガラス瓶に移し替えました。

しかし、iHerbで買うとホントに何でも安いなぁ。
オレンジの精油7.4mlで400円しないなんて!!
精油は他にも、ラベンダーやローズマリーなどベーシックな香りはあったので、また買ってみます。






Last updated  2011.12.22 20:47:20
コメント(0) | コメントを書く
2011.10.15
カテゴリ:手作りコスメ
秋になってだんだん空気が乾燥してきたからか、
手が荒れがち。
長年ハンドクリームをいろいろ試したみた結果、
私にはシアバターが一番合うことが判明した。
ピュアシアバターをそのまま塗っても良いんだけど、
香りとかもっと楽しみたいな、ってことで、
ここ1年くらい、シアバターを使ったオリジナルハンドクリームを作っています。

レシピをいろいろ微調整してきた結果、
今回は、結構良い感じにできたので覚え書き。
ちなみに、いつも材料を買うのはここです。
手作り化粧品材料 マンデイムーン


(容器は、BADGERネイルクリームの使い回し。)

レシピ ( )の中は、今回私が使ったもの。
できあがりで、50mlくらい。
・シアバター(オーガニック・生シアバターバージン) 15g
・ビーズワックス(ナチュラル未精製)8g
・植物オイル 25g
 (全部で25gくらいになるように。
  今回は、オーガニック・生ホホバオイル20g、ざくろオイル5gをミックス。)

・好きな精油10滴(ラベンダー5滴、ユーカリラディアータ5滴)

1.50mlサイズのガラスビーカーと、作ったクリームを入れる容器を煮沸消毒。
  容器が耐熱じゃない場合は、アルコールをスプレーして拭いておく。

2.ガラスビーカーをはかりに乗せて、ビーズワックス、シアバター、
  植物オイルを入れていく。

3.小鍋に湯を沸かし、その中にビーカーをつけて湯煎。
  割り箸かなんかでかき混ぜて、シアバターとビーズワックスを全部溶かす。

4.溶けたら鍋から出して、かき混ぜながら少し冷まし、
  精油を10滴入れてよく混ぜる。

5.容器に流し込んで冷ます。
  ある程度冷めたら、冷蔵庫で冷やすと、よりなめらかなクリームになるらしい。

要は、材料計って、溶かして、混ぜるだけ。
「材料揃えるの、めんどくさー。」って思うかもしれないけれど、
一度まとめて買ってしまえば、かなりもつし、好きな香りで作れるし、
配合を変えればリップクリームもできるし、便利です。
作る行程も楽しい。
そして、こんだけオーガニック、ノンケミカルなやつを市販で買おうと思ったら、
結構な値段するのよー。
作った方が断然安上がりで、安心素材。
気になるクリームなどを見つけたら、原材料見て、
それを参考に作ってみることもできます。
お試しあれ。






Last updated  2011.10.15 13:54:16
コメント(0) | コメントを書く
2011.07.05
カテゴリ:手作りコスメ
今日の日記は、“オタク、マニアック、自己満足”な内容(しかも長文)なので、
興味ない人は、スルーして下さいな。


昨年の春、すごく肌が荒れたのをきっかけに、
肌につけるものをノンケミカル(合成界面活性剤、合成ポリマーなどを使ってないもの。)に変えました。
で、市販のをいろいろ試したり、情報収集した結果、自分でできるやん、ってことに気づき、
それ以降、美容オイルは手作りしてます。
美容オイルは、手作りコスメの中でも、超簡単な部類だし、
自分で作ると、季節や自分の肌の状態に合わせて内容をアレンジできるのも楽しい。
作り方は、ベースオイル(キャリアオイルとも言う。)に精油を混ぜるだけ。
そのベースオイルや精油を何にするかが重要で楽しいところ。
今回は今までで一番スペシャルでリッチなものができました。

レシピ。
ベースオイル
・ホホバオイル(オーガニック、未精製)10ml
 →キャリアオイルの定番。肌弾力、紫外線対策に効果的、酸化しにくい。
・ザクロシードオイル(オーガニック)5ml
 →プニカ酸(保湿成分)たっぷりのアンチエイジングオイル。
・トコフェロール(ビタミンE)5ml
 →酸化防止。ビタミンE補給目的。

私がキャリアオイルを買ってるのはここ↓
手作り化粧品材料 マンデイムーン

精油
・ローズオットー 2滴
 →肌を引き締め、キメを整える。女性ホルモンバランス調整。
・ネロリ 1滴
 →代謝を高める。弾力肌へ。
・フランキンセンス 2滴
 →シワ、たるみの改善。

アロマオイルに詳しい人なら、何でスペシャルでリッチなのか分かると思うんだけど、
ローズオットーとネロリは、スキンケアには最高な(実際に市販の高級化粧品に使われている。)、
だけど超高級オイルなのです。
値段を書いとくと、私のすきなアロマオイル屋『ニールズヤード』では、
ローズオットー 2.5ml 14,700円
ネロリ 2.5ml 7,875円
(フランキンセンスは、5mlで3,780円)
2.5mlというと、スプーン小さじ半分ですぜ。
普通買えへんよな。


何で私が、身分不相応にこんな贅沢精油を持ってるかというと、
アロマ検定の勉強してた時に買った、検定対策オイルセットにオマケでついてたから。
アロマ検定一級では、17種類の精油の香りを嗅ぎ当てるテストがあるので、
検定対策オイルセットを買って、香りの訓練をするんだけど、
その中にテストには出ない、ローズオットーとネロリの精油が0.3mlづつ入ってるのです。

こんなの風呂に入れたりして使うのは、もったいないので、
美容オイルに使おうと、大事にとってあったのです。
たった0.3mlでも、1回美容オイル作るくらいなら十分。
レシピ見て、たった1滴2滴で何か効果あるの?って思うけど、
精油は植物の成分が濃縮されているので、本当に1滴でも十分効果あり。
1滴のローズオットーの精油作るのに、使われるバラは何と50本。

実際作ってみると、とにかく香りが素晴らしい!!!
肌への効能云々なくても、香りに癒されて、それだけで綺麗になれそうな感じ。
夏は、汗と紫外線で肌が荒れがちなので、
このオイルでうまく乗り切ろう。







Last updated  2011.07.05 16:37:50
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.