921019 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

つきももブログ

PR

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

音楽

2017.04.02
XML
カテゴリ:音楽
Googleのロゴデザイン、歴史上著名人の生誕日があると、
それにちなんだものに変わるよね。
あれに清志郎も登場しーひんかな、と勝手に毎年思っている。
でもまだみたい。
ちなみに、ジョンレノンは2010年に生誕70年で登場したらしい。
ここ
ジョンレノンで70歳か。
やっぱまだやろな。

最近よく聴いてる。
セラピー






Last updated  2017.04.02 21:44:04
コメント(0) | コメントを書く


2017.02.13
カテゴリ:音楽
METROでヴァイオリニスト金原千恵子さんのライブを見てきました。

image

普段Rockばっか聴いてる、Rockしか知らないつきももが、
なぜヴァイオリンなのかというと、
格好いいのです、金原さん。
エレキなバンド編成で、ハイヒール履いて踊りながらヴァイオリン弾かはるんです。

大好きなStrings of LifeをYoutubeで見た時に、
ちょっと他の曲も見てみたら、ほんとに格好良くて。
それがライブで見れるなんて、しかもMETROで!
すごく楽しみにしてました。

このイベント、ライブ以外のDJも豪華でした。
FPMの田中さんと、Kyoto Jazz Massiveの沖野さんも出演。
おふたりの名前はずいぶん昔から知ってたのに、
今まで見たことなかったので、この機会に見れるのはラッキーでした。

客層は今までメトロで見たことのないような人達が多かった。
年齢層もかなり高め。
彼らはオープン前からメトロの外に並び、
バーカウンターで、ドリンクオーダーのためにずらっと一列に並び、
(初めて見る光景。)
飲み物買ったら、ステージ最前列から順番にきっちり並び。

まだステージには誰もいないのに、ずっとそっちを見ている。
別の場所でDJしてる人達には関心なさそうな感じ。
もう何年も、気合い入れて場所取りしとかなあかんような、
オールスタンディングのライブに行ってないけど、
彼らはそういう感覚なのかな。

田中さんのDJ、面白かったです。
職人技であらゆる曲をひたすら繋いでいく。
華麗に強引に。
1曲で1分かかってた曲なんてないんじゃないかな。
もう5秒~10秒くらいで、どんどん次の曲へ。
せわしなくて笑えるくらい。
しかも、ライブ目的で着てる人が多いから、
フロアそんなに盛り上がってないし。
なんかいろんな意味ですごかった。

ライブはやっぱり格好良かった。
金原さん足首を骨折されたらしく、椅子に座った状態での演奏。
でも迫力あったなー。
ヴァイオリンの生音聴いたのって、いつ以来だろう。

プレイ中は怖いくらいにキリッとしてるのに、
MCで話してる時はすごくかわいくて、そのギャップが素敵だった。
残念ながら、Strings of Lifeは聴けなかったけど、
(たぶんあれ、座ってやるの無理な気がする。)
大満足なステージでした。

CHIEKO KINBARA / Strings of Life

(お正月に貼ったのとは違うやつを。)

最後に沖野さんをちょっとだけ見て、
タイカレー屋シャムで晩ごはん。

シーフードグリーンカレー パクチー増量
image

美味しかった。
バイマックルーちょっと分けてもらった。






Last updated  2017.02.13 21:46:35
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.01
カテゴリ:音楽


1ヶ月以上前から楽しみにしてた不夜町歌謡祭、
無事終わりました。
もうとにかく楽しかった!!

清志郎の曲でDJをやるということで、
いつもド派手なメイクでステージに上がっていた彼に敬意を表して、
私も普段はやらない派手メイクにチャレンジ。

前もってポールダンサーのベリーちゃんに、
ブラックライトの下でも映えるメイクについてのアドバイス&実際にやってもらい、
その後は清志郎の写真集をひたすら眺めてイメージをふくらませ、
当日、latinaちゃんに確認してもらいながら、
あり得ない濃さで盛ってみた。

なんとなーく分かるでしょうか。

(Photo by latina)

肝心のDJは、やっぱりレコード難しかった。
最初の2曲をレコードにしたんだけど、
針飛ばすし、頭出しも微妙で、
もうごめんなさいって感じ。
家で練習してるようにはいかへんな。

でも、スペシャルパフォーマンスのおかげで、
ちゃんと盛り上がって良かった。
なんと、ルージュマジックかけてる時に、
横で男性同志がキスしてくれたのです。
あのPVのラストシーンのように。

この日、Weller'sに着いて、主催者akira-oに、
「ルージュマジックかけるんで、後ろで男同士キスしてくれる人いーひんかな。急募!!」
と言ってみたら、なんと然るべき男性を選んで声をかけてくれました。

しかも彼ら、こんな唐突な無茶ぶりにも関わらず、
「Youtube今からみて研究しときます。」とPVを見始め、
ちゃんと清志郎役とキョージュ役も決めていた。
なんて良い子達。
ゲイなわけでもないっぽい、たぶん。
(ちなみに彼らとは初対面、名前も・・・、誰だろう。)
おかげで助かりました。
レコード終わって、CDになってからは、
気持ちに余裕がでてきて、自分のかけてる曲を楽めました。

パンクな君が代もかけたよ♪
君が代

Weller'sが初めてな友達が来てくれたのも嬉しかったな。
遠方から車でだったり、当日の予定を調整して何とか時間を作ってくれたり。
お店の中がどんな雰囲気なのか分からないままに、
1人でドアを開けるのはちょっとドキドキしそうだけど、
それでも会いに来てくれたのはほんとに嬉しかった。
同世代なので一緒にBOOWYの曲で盛り上がったり、楽しかった。

B2B中のisとあちゃぴん。
2人でDJブースにいるの久しぶりにみた。
image


これは詩の内容が濃すぎるのでB2Bで。
the timers / long time ago


「清志郎の曲を好きなように爆音で聴きたい!」と、
私の好み全開で参加させてもらったこのイベント。
楽しいのはもちろん、いろんな人のおかげで、
喜びと感謝で胸いっぱいな夜でした。

あんなにゴキゲンなイベントをチャージフリーで開催してくれた
サンポンさんとakira-oにはほんとに感謝。
どうもありがとう、おつかれさまでした!

akira-oには、
「ももちゃんが出ると、いちいちリクエスト多くてめんどくさいわ。」って、
絶対思われてそうだけど、
ほとぼり冷めたらで良いので、また出させてね。







Last updated  2016.12.01 17:51:20
コメント(2) | コメントを書く
2016.11.30
カテゴリ:音楽


不夜町歌謡祭、タイムテーブル出ました。

2100 鈴木亜美
2120 YUKI
2140 銀杏BOYZ
2200 ソフトバレエ
2220 ASIAN KUNG-FU GENERATION
2240 チェッカーズ
2300 NUMBER GIRL
2320 サカナクション
2340 弘田三枝子
0000 Perfume
0020 忌野清志郎
0040 遠藤賢司
0100 THE YELLOW MONKEY
0120 BOOWY
0140 小比類巻かほる

誰が誰をかけるのかは、行ってみてのお楽しみです。

latinaちゃんが「Perfumeからの清志郎ってすごいね。」と。
そういえばそうだ。
うっかりしてた。

もう1曲目決めてて、
今さら、違和感ないようなかわいい曲とか探すの無理やし、
(そもそも、そんな曲ない。)
予定通りでいきます。
もしかしたら、PerfumeかけるDJさんが、
何とかしてくれるかもしれん。

私が楽しいのは、もう間違いないんだけど、
来てくれた人にも楽しんでもらえるように、
ちょっとでも清志郎を好きになってもらえるように、
がんばります。

ではでは、Weller'sで。
場所はここ→Weller's Club
チャージフリーなので来てね。






Last updated  2016.11.30 19:20:06
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.25
カテゴリ:音楽


今回の出場者がかけるアーティストがコラージュになってます。
チェッカーズの左、めっちゃ昭和なんやけど誰だろう?
ってチェッカーズも昭和か。
ソフトバレエもいる!
誰がかけるねんろ?

清志郎の写真は、akira-oにお願いしてこれを使ってもらいました。
(わざわざ写真の注文つける人、他にいるんかな。聞いてくれてありがとう。)
清志郎が亡くなった直後に、Rockin'on Japanから出た特別号の表紙で、
私にとっては、ものすごく思い入れある写真。
この特別号に掲載されてる山崎洋一郎(当時の編集長)のあとがきなんて、
いまだに涙なしでは読めない。

そんな私の思い入れは置いといて、不夜町歌謡祭です。
タイムテーブルの連絡も来ました。
私の出番は0時20分。
厚かましい時間ですいません。

ほんとは、素人DJは早めの時間を割り当てられるもんなんだけど、
これまた私は、仕事の都合もあったりして、
「10時半以降で。」とお願いして、この時間になりました。
おかげで、前後ベテランばっかり。
プレッシャーもあるけど、
「ちょっとくらい何かやらかしても、次の人が何とかしてくれる。」という安心感も。

BOØWYもイエモンも大好きなバンドだし、
当日はごきげんだろうなぁ。
楽しみ。

おまけ:
清志郎がボーカルとしてかっこいいのは、
もう自明のことなんだけど、
コーラスも素晴らしいのです。

ハナレグミ&忌野清志郎『サヨナラCOLOR 』






Last updated  2016.11.25 21:49:33
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.22
カテゴリ:音楽
レコードの頭出しがこんなに難しかったなんて!

先日もちょっと書いたように、不夜町歌謡祭でレコードを使いたいので、
ウェラーズで練習してきました。

私がすることは、かけたい曲にレコードの針を落として、
「この音からかけたい。」というとこで音を止めるだけ。
それだけやのに、思った以上にうまくいかない。
その瞬間でうまいこと音を止めれへんの。
数秒の無音があったり、「うぃーん」って鳴ってしまったり、
「この音」のちょっと後から始まったり。
こういう時、1秒って以外と長く感じる。
(素人過ぎる表現で分かりにくくてすみません。)

みんなこんな難しいことやってたんや!

過去の自分を大いに反省しました。
頭出ししてる最中に話かけたり、
前後の曲の流れを無視して、聴きたい曲をリクエストしたり、
傍若無人やったわ。

そして、然るべき所で曲を止めておくだけで苦労してるのに、
ピッチ合わせて繋ぐとか、もう神業のように思えてきた。
やってるみなさん、すごいわ。

とりあえずミキサーの使い方と、
レコードとCDを組み合わせてかける時にどうすれば良いかは覚えたので、
頭出しは家で練習しよう。

昨夜akira-oから、他の出演者とかちらっと教えてもらったけど、
かなり楽しい夜になりそう。
緊張するのは仕方ないとして、
音を飛ばさないように、止めないように頑張ろう。

おまけ:
そういえば初めてCDJを触った時も、頭出し全然できなかったのよな。
でもやってるうちに何とかなったので、
レコードも練習すればコツがつかめるはず。

この曲で練習してた。(@Bar変質者)
Ash 「Burn Baby Burn」







Last updated  2016.11.22 21:37:37
コメント(0) | コメントを書く
2016.11.16
カテゴリ:音楽


東京日記をあと1個アップするはずなんだけど、
いつの間にか11月も半分過ぎたので、
先にイベントのお知らせを。

11月30日(水)、Weller'sで不夜町歌謡祭が開催されます。
第10回目、なんと1年半ぶりらしい。

不夜町歌謡祭とは、

DJがそれぞれ一人の歌手・バンド・アーティストを選び、持ち時間20分を使ってその魅力を目一杯に引き出すというコンセプトで不定期に行われているJ-POPイベントです。
忘れた頃にやってくる、お祭り的なイベント!


なのです。(isさんとこからコピペしました。)

DJはごく一部のレギュラーを除いて毎回変わります。
主催者akira-oの幅広い人脈でいろんな人が集まってくるので、
ベテランな人もいれば、「ミキサー初めて触るんです。」のような初心者も。

でもみんな邦楽1アーティストしばりで20分。
誰がどのアーティストを選ぶのか、毎回楽しみです。
ちなみに第9回目はこんな感じだったらしい。

21:20 CHARA
21:40 n'夙川ボーイズ
22:00 大塚愛
22:20 坂本真綾
22:40 布袋寅泰
23:00 THE COLTS
23:20 サザンオールスターズ
23:40 EGO-WRAPPIN'
24:00 放課後ティータイム
24:20 越路吹雪
24:40 Wink
25:00 松任谷由実
25:20 X JAPAN

後半濃いな・・・。
越路吹雪って誰がかけてんろ?

この時のDJ陣は、初DJの女子学生から、某音楽フェス主宰のバンドマン、
老舗料理屋の若旦那、飲み屋のママ、 安定のベテランDJ、などなど。
若旦那、誰をかけてんろ?

私は第1回目に「RCサクセション」で出させてもらったんだけど、
今回は「忌野清志郎」しばりでDJします。
(聴いてる人には、一緒な気もするが。)

RCサクセション以外の清志郎の曲を自由奔放にかけるべく、
ただいま鋭意選曲中。
あまりにもパンク過ぎて、大手レーベルから発売を拒否られ、
インディーズから出たあの曲とか、
メロディ聴いたらおそらくみんな知ってるアノ曲とか、
たぶんかける予定。

20分ってかなり短いので、何とかうまいこと繋いで、
清志郎の多彩な魅力を目一杯に引き出したいと思ってます。
1曲くらいばしっとカットインで繋ぎたいなぁ。

今回初めてレコードも使います。
来月末これ使います。練習せねばー。

今までCDでしかDJしたことなかったんだけど、
以前Takeさんからもらったアナログ音源があるので、
日の目を見させてあげようと。
(Weller'sに練習しに行かなあかん。)

平日の夜なのになぜかすごく盛り上がる不夜町歌謡祭、
1人でふらっと来ても、ばっちり楽しめるので、
都合の着く方はぜひぜひ遊びに来てね。

最後に私も書いておこう。
「akira-o、B2Bやっていいよね?」

もうやるつもりで選曲してるし。
というか、B2Bでしかかけれない曲があるし。
(akira-oがこのブログを見てるかというと、それは知らない。)











Last updated  2016.11.16 21:59:55
コメント(4) | コメントを書く
2016.10.26
カテゴリ:音楽
久しぶりのメトロ。スモサのライブ!

SMOC(Small Ciecle of Friends)のライブに行ってきました。

スモサの音は、私が普段聴いてる音楽と全然違う。
ラップの人とボーカル&コーラスの人がいて、
机の上には機械がいっぱい置いてあって、
(エフェクター、リズムマシン、ミキサー・・・、あと何だろう。)
今回のライブでは、生音のドラムとベースの人もいて。

ラップの入る音楽って苦手なことが多いんだけど、
彼らの音はなぜか好き。
ふわーっとした気分になるからかな。

ライブは最初から最後まで、すっごく良かった。
実は「途中で退屈するかも。」と思ってたんです。
(ほんとに好きなやつ以外は、たいてい集中力途切れる時がある。)
全然そんなことなかった。

機械から出てくる幻想的な音と、生の音が、
これ以上ないくらい素晴らしく融合していて、
圧倒されっぱなし。
1曲、1曲、すごく引き込まれた。

音も良くて、サツキさんは可愛くて、めっちゃ楽しかったー。行って良かった。 なんと2年10ヶ月ぶりのメトロ。

そして、「波よせて」。
絶対やってくれると思ってた。
思ってた以上に格好よくて鳥肌たった。
曲前のMCの時から「次来るな。」と分かったので、
心の準備はしてたけど、
やっぱりイントロ始まると涙出てきた。
あれは後3回くらいやってほしかったな。

Small Circle of Friends - 波よせて


アンコールはアップテンポなテンション上がる曲で、
ごきげんにライブは終わりました。
感無量♪

この日は仕事がめちゃくちゃ忙しく、
帰ってきたらきたで、同居人と一悶着あり、
「こんな気分でライブ行くの無理!」な状態から、
何とか仲直りしてMETROへ。
行ってほんとに良かった。


おまけ:
しかし、METRO久しぶり過ぎた。
なんと2013年のカウントダウン以来。
月イチ以上の頻度で通ってたのが嘘みたい。

Bass(イギリスの美味しいエールビール。)を飲む気満々で行ったら、
なくなっててびっくりした。
「もうだいぶ前からないで。」
そうなのか。
カウントダウンの時はテキーラショットなので、
ビール飲む余裕なんてなくて気づいてなかった。

そういえば今月初めに行ったDJイベントもめちゃくちゃ楽しかった。
エンターテイナーなあちゃぴんにまんまと乗せられて、
久しぶりにがっつり踊ってきた。

JOINTなう@West Harlem

これから寒くなるけど、めんどくさがらずにたまには出かけよう。
好きな曲で踊るのはいつだって楽しいんだし。






Last updated  2016.10.26 22:05:14
コメント(0) | コメントを書く
2016.04.16
カテゴリ:音楽
image

2003年から続いていたSwitchOver、昨日が最終回でした。

なんとこの日は、NackyさんがシークレットゲストDJとして登場。
私も前日の夜に聞いてびっくり。
Nackyさんといえば、METROで開催されてた伝説のロックイベント、
“69Tracks”のDJなのです。
めっちゃ楽しみやけど、
そんなレジェンドがいるとこで私もDJするなんて。
緊張でじたばたしてたら、
sadaくんに、「そんな機会めったにないですよ。」と励まされ、
なんとか乗り切りました。

Nacky
image


ゲストDJ、Takeさんへのリクエストはこの曲。
image

Madonna - Sorry


Takeさんは「レコード見つけられるか分からへんし。」と、
この曲が入ったCDを買って用意してくれてたらしく、
結局レコード見つかったからと、CDはプレゼントしてくれました。
なんて優しい気遣い。
どうもありがとう!!
このマドンナ以外にも、つきもも狙い打ちな選曲に、
めっちゃテンション上がる私。
ばっちり踊らせてもらいました。

私は相変わらずの緊張で、手が震えてたけど、
3曲目くらいからは楽しむ余裕も出てきて。
latinaちゃんが撮ってくれた写真みると、かなり楽しそう。
image
(あえてブレてるのを選んでるけど、ちゃんと撮れてるのもあったよー。
 ありがとう、latinaちゃん。)

終わった後のダイキリ、美味しかった~。
出番終了、今から飲みます。 ダイキリ〜!!

大好きな曲がいっぱい聴けて、
久しぶりな友達にも会えて、
ファイナルにふさわしい、とても楽しい夜でした。

SwitchOver、ここ2年くらいはあまり行けてなかったけど、
月イチでやってた時は、何年も皆勤で通ってたくらい大好きなイベントでした。
isとsadaくんの、全く息の合わないBack to Backももう見れなくなるのかなと思うと残念。

でもまた何かの機会に、2人でorそれぞれ別にかは分からないけど、
DJするのを見るチャンスはあるはず。
ふたりともずっと楽しませてくれて、
そして、私のわがまま&無茶ぶりなリクエストに応えてくれて、
どうもありがとう。
今までおつかれさまでした。


そして、ごきげんに遊んでる時に、
熊本ではまた大きな地震が起こっていた。

これだけ科学が発達しても、
地震を予測することはできず、
自然には敵わない私達。

過去のデータを積み上げて安全基準を作っても、
自然の持つエネルギーは、一瞬でそれを壊してしまう。
原発なんて動かしてる場合じゃないわ。
自然に対してもっと謙虚にならないと。







Last updated  2016.04.16 22:03:42
コメント(2) | コメントを書く
2016.04.14
カテゴリ:音楽
2016-04.jpg

なんとびっくり、明日のSwitchOver、最終回です。
SwitchOver・・・isとsadaくんが、Weller'sで隔月第三金曜日に開催してた音楽イベント。

最後のゲストDJはTakeさん。
うれしーーーー!!!
TakeさんのDJ、しばらく聴いてないのでめっちゃ楽しみ。
すでにかけてほしい曲をリクエスト済み。

私もちょっとだけDJさせてもらいます。
前回のように“かわいげ路線”を狙った選曲ではなく(結局無理やったし。)、
最後なので、“やりたい放題がっつりRock”でいきます。

詳細はここ→今週金曜日は「SWITCH-OVER」(最終回)

No Chargeだし、いろんなジャンルの曲が聴けるゆるーくて気楽なイベントなので、
都合のつく方はぜひ来てね。
Weller'sはお酒も美味しいよー。
IMG_6328
(つきももスペシャルな酸味強めのカクテルがオススメ。)

場所はここ→Weller's club

どうしよう、まだ曲を絞り込めてない。
というわけで、音に戻ります。

Kula Shaker - Hey Dude










Last updated  2016.04.14 21:35:56
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.