000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

つきももブログ

PR

X

全86件 (86件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

料理レシピ

2015.12.30
XML
カテゴリ:料理レシピ
今日の朝、印度的忘年会の記事をアップしましたが、
ブログ書きながらインド薬膳リゾットを作ってみたくなり、
さっそくお昼ごはんに。

豆は家にあるもので3種。
マスールダル、チャナダル、ムングダル。
どれも皮なしなので、軽く浸水すればすぐに火が通ります。
思い立った時に使えるので便利。
マスールダル、チャナダル、ムングダル

クミンシード、カロンジを炒る。
(オイルで加熱した方が香り高く仕上がる。)
豆とターメリック、塩を入れて、豆が柔らかくなるまで煮る。
途中で野菜(人参、ブロッコリーにした。)すりおろしニンニク&生姜も入れる。
クミンパウダー、チリパウダー、フェネグリークも。
塩加減調整。

ここまでだとあっさり。
さらに溶かしたココナッツオイルか菜種油にマスタードシード入れて、
オイルテンパリング(火にかけてパチパチさせる。)したものを、
鍋に投入して完成。

#lunch 楽膳リゾット

米から炊くのではなくて、昨夜のごはん(キヌア入り)を使ったので、
リゾットではなくて雑炊ですな。
私は雑炊やお粥などは、水分少なめが好き。
噛めるくらいの。
なので、ぼてっとしてます。

まったくレシピを調べずに思いつきで作ったわりには、
美味しくできて嬉しい。
ヌーラーニーで食べたのとはもちろん違うものだけど。
豆が入るだけで、米だけよりも、驚くくらいに味わい深くなるな。
やっぱり豆のパワーはすごいわ。
雑炊やリゾットに豆、オススメです。

次はジャスミンライス使って、カレーリーフなども入れてやってみよう。


おまけ:
引っ越し準備、今のとこ順調に進んでます。
毎年億劫な会社用年賀状も昨夜やりました。
ゴキゲンな音楽聞きながら、
弟夫婦から今年届いた甥っ子ひつじの年賀状に和みながら。
思った以上にさくさくはかどってよかった。

IMG_7541


東京スカパラダイスオーケストラ / カナリヤ鳴く空










Last updated  2015.12.30 22:01:11
コメント(0) | コメントを書く


2015.11.30
カテゴリ:料理レシピ
大好きだけど、なかなか手に入らないグリーンパパイア。
最近立て続けに手に入れる機会がありました。

最初は、近所のスーパー八百一の見切り品コーナーで。
さらに嬉しいのは、先日、sumiさんが奈良へお出かけした際に、
売ってるのを見つけたそうで、
「もう、つきももさんの顔しか頭に浮かばなくて」と、
お土産に買ってきてくれました!!
なんて嬉しい心遣い。
sumiさん、ありがとう。

グリーンパパイア

グリーンパパイアといえば、ソムタムです。

バンコクの屋台で見かけるソムタムの材料は、
だいたいこんな感じ。

グリーンパパイアの細切り、にんにく、生とうがらし、マナオ(タイのライム)、
炒ったピーナツ、干しエビ、トマト、生さやいんげん、ナンプラー、
味の素、ココナッツシュガー。

今まで、グリーンパパイアが手に入っても、
ピーナツがないとか、いんげんがないとか、
まぁ、あるもので作ってたんだけど、
今回は良い感じに揃いました。

ピーナツは、実家で大量に採れたものをもらい、
(1週間天日干しして、1時間フライパンで煎ったらしい。感謝、母。)
いんげんもちょうどMOAで手に入り、
マナオは酢橘で代用して、
そこそこ、バンコクで食べるようなソムタムができた。

久々にソムタム作った

ソムタム作る時にポクポク叩くあのクロックとサークは、
すり鉢とすりこぎで代用可能。
うちには大きなすり鉢がないのでボウルで。

ボウルに、にんにくとちぎった鷹の爪を入れてつぶす。

細切りパパイア、生いんげんもいれて、よく叩く。

トマト、炒ったピーナツ、酢橘搾り汁、ナンプラー、好みでココナッツシュガーもいれて、
野菜がしんなりするまでがんばって叩く。

こんなに簡単やのに美味しいのよなー。
タイ料理の中で一番好きなソムタム。
タイへ行ったら、1日1ソム、毎日食べます。

ただ、普通にオーダーすると、
甘くて辛い、私にはヒジョーに残念なものが出てくるので、
必ずアレンジしてもらいます。
「唐辛子とナンプラーほんの少し、味の素と砂糖抜き、マナオたっぷり」
(屋台はもちろん、レストランでもほぼ聞いてもらえると思う。)

タイ人に言わせると「これはソムタムではない。」らしいが、
私にはシアワセの味。
あー、また食べに行きたい。


おまけ:
今日で11月も終わり。
ずっと暖かい秋だったけど、
もうかなり冬を実感。
あ、ホホバオイル固まってないから、
まだ冬じゃないか。

そして12月。
引っ越しのなんだかんだで、
例年より一段と早いスピードで年末を迎えることになりそう。

うまいこと優先順位をつけて、
大事なものを取りこぼさないようにせねば。



忌野清志郎 素晴らしきこの世界


真心ブラザーズのカバーらしい。
でもびっくりするくらい原曲と違う。






Last updated  2015.11.30 21:37:11
コメント(2) | コメントを書く
2015.11.10
カテゴリ:料理レシピ
最近の晴れやかファーム、人参の葉っぱが絶好調です。
わさわさたっぷり入って100円。
思わず、「やす~。なんてありがたい。」って言ったら、
「人参作ってたら出来るものなので。」とのこと。

毎週のように買ってスムージーにして飲んでるんだけど、
今回はスープにしてみた。

人参葉っぱとバイマックルーのスープ ベンガルフィッシュカレー
(kyonちゃんにもらったIL cieloさんのライ麦パンを添えて。)

人参葉っぱ1袋、たまねぎ1/2個、バイマックルー(こぶみかんの葉)5枚、ちょっと塩を、
ひたひたの水で火を通す。
カシュー1つかみ、ココナッツフレーク大さじ2くらい、塩麹、味噌と一緒にミキサーへ。
鍋に戻して温めて、水分量や味を調整して完成。

うまー。
酸味のあるライ麦パンともめっちゃ合う。
人参葉っぱ独特のこの風味好きだなー。
この量だとバイマックルーは控えめ。
いっぱい出来たので、3日連続で食べてるけど、
全然飽きない。
「また作ろうかな。」くらいの気分。

赤かぶのポタージュも作りたいし、
秋冬はとろみのあるスープが美味しい。

後ろに写ってるのはベンガルフィッシュカレー。
サルーテでマスタードシードを分けてもらったので
久々に作りました。
このベンガルカレー、自分で作るカレーの中で一番好きかも。

白身魚で作るって習ったけど、
我が家で普段食べるのは、鰯、鯖、鮭、秋刀魚、ぶりなど脂の乗った青魚。
くどくなるかなと気にしつつ、
鯖、鮭、ブリで試してみたら、どれも美味しい。

使う魚だけじゃなくて、作る工程やレシピもどんどん自己流になってて、
前もって魚焼かないし、タマネギ炒めないし、
めっちゃ簡単。
味付けも醤油や味噌だったり。
でも美味しい。


ロースイーツ的抹茶のケーキ
抹茶のケーキ

アーモンドパルプに黒蜜とシナモン混ぜてスポンジ的なものを作って、
その上に、きなこクリーム、あんこ、抹茶クリーム。

あんこ、もうちょと水分を残せば良かったな。
その方がクリームと馴染む気がする。

これはもう一度作らねば。









Last updated  2015.11.10 20:43:32
コメント(5) | コメントを書く
2015.11.03
カテゴリ:料理レシピ
サンバル作りましたーー。
気分的には「やっと」とか「ついに」とか、そんな感じ。

サンバル、南インドのスープというか、カレーというか、
酸味のきいた野菜と豆の煮込み料理です。
「日本でいう味噌汁のような」ってフレーズで紹介されているのを、
よくみかけます。

あのスパイシーで酸っぱい料理を、
味噌汁感覚で食べれるインド人。
所変われば、なんとやら。
食文化って面白い。
サンバル

そんなサンバル、近所のスーパーでは手に入らない食材を揃えたり、
前もってサンバルパウダーなるものを作っておく必要があったり、
ちょっと敷居が高かったのです。

Ratnaのスパイス教室では、
1年コースの最終回がミールス(南インドの定食)で、
その時にサンバルを作りました。

当時のメモによると、
「南インド料理はスパイスをいっぱい使う。」
と書いてあります。
サンバル。

その時に作ったミールス。
最終回はミールス(南インドの定食)



今回ばしっと材料が揃ったのでトライ。

まずはサンバルパウダー作り。
鷹の爪から右回りに、トゥールダル、カレーリーフ、チャナダル。
サンバルパウダー作ります

これにホールのブラックペッパーも加えて一緒に炒る。
すでにめっちゃ良い香り。
まずは炒るとこから

冷めたらミルで粉にして、コリアンダーとフェネグリークのパウダーを混ぜたら、
サンバルパウダー完成。
サンバルパウダー

※ ほんとは、コリアンダーとフェネグリークはシードで使い、
  最初の段階で炒るらしい。
  パウダーしかないので最後に混ぜた。

トゥールダルを茹でる。
トゥールダル

「手に入りやすい、レンズ豆とかムング豆やったらあかんの?」
って思うけど、
どのサンバルのレシピ見ても、トゥールダルって書いてるのよな。
というわけで、今回はちゃんと使ってみた。
(たぶん次からは、簡単に火の通るマスールダルあたりで代用しそう。)
半日くらい浸水して、茹でる時にはターメリックも一緒に。

ここまで下準備をしたら、作り始めます。

これがまた、ヒングだ、タマリンドだ、カレーリーフだと、
通販取り寄せ系の材料を使うんだけど、
作り方は若干自己流にしつつも、
材料はレシピ通りにしたら、
なんとまぁ、サンバルが出来た。

完成直前。
サンバル完成直前

まるで出来上がりみたいに写真撮ってますが。
この段階でじゅうぶん美味しかったので、
1日目はこのまま食べました。

ノンオイル、ヴィーガン、にんにくも入ってない。
野菜と豆、スパイス、塩麹、塩のみ。
ものすごい旨みにびっくり。
仕上げの工程いらんのちゃうかと思ったくらい。

でもせっかくなので、最後までやろう。

最後にテンパリング(オイルにスパイスを入れてパチパチさせて鍋に投入。)して、
黒砂糖入れて完成。
マスタードシードのテンパリング
(この時はマスタードシードとヒング。)

できました。
IMG_7257

野菜と豆とスパイスで、
いろいろ出来るもんやな。
前回作ったものも、野菜と豆とスパイスだったけど、
もう全く違う味。(写真はあんまり変わらんな。パクチー乗せすぎか。)
すごく面白い。

サンバルパウダーは多めに作ったし、
トゥールダルもあと2回分くらいは、
茹でて冷凍したので、
次は簡単にできそう。

でもさすがに味噌汁の代わりにはならんわ。
このサンバルと味噌汁で晩ごはんって感じ。

家のごはんは、インド系なら全部インド系にするのではなくて、
和印折衷にする方が好きです。
インド料理を外に食べに行くのは全然OKなのに、
なぜか家だと、和食も組み合わせる。
その方がしっくりくると言うか、落ち着くというか。

ちゃんとインド料理作るとなると、
スパイス、オイル、塩がベースになるので、
味噌や醤油系のも食べたくなるんかな。
と言いながら、和の煮物にこっそりスパイス入れたりするんだけど。


おまけ:
一昨日くらいからの脳内BGM。
なぜか唐突に。

The Bangles - Walk Like an Egyptian








Last updated  2015.11.03 21:01:32
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.31
カテゴリ:料理レシピ
今日で8月も終わり。
えらい涼しくて、「残暑はどこ?」って感じ。
昨日サルーテの帰りにエビスク寄ったら、
スイカが半額。
大喜びで買ったは良いが、ものすご違和感ある。
スイカの気温じゃない。

ゲーンキョワーン(タイ風グリーンカレー)作りました。
(サンシャインカフェで食べてうずうずしてたのです。)
ゲーンキョワーンとベンガル風空芯菜とじゃがいもの炒め物

今回はがんばって、じゃがいも入れないことに成功しました。
タイカレーにじゃがいもの組み合わせすごく好きなんだけど、
煮溶けてとろみが出て、いつもタイカレーっぽくないテクスチャになってしまう。
かわりに茄子とオクラをたっぷり。
カレーの中で柔らかくなった茄子やオクラ、
美味しいよねー。

ここ1年くらいで、ココナッツ苦手を克服したおかげで、
ちゃんとココナッツを入れたカレーが楽しめるようになったのも嬉しい。
(それ以前は、豆乳タイカレーを作ってた。だいぶ違う。)

後ろに写ってるのは、じゃがいもと空芯菜のベンガル風炒め。
ベンガル風がどういうものなのか知らないけど、
ベンガルカレーのレシピをアレンジしてるので、
勝手にそんな名前で。

もういっこ。
かぼちゃのサラダ。
Untitled

ヨーグルト(豆乳の)があるってことは、
かぼちゃのサラダできるやん!!
ってことで、久々に作りました。

かぼちゃを蒸して、アニスシード、クミンパウダー、塩麹ちょっと。
つぶしながら、ヨーグルトと混ぜてブラックペッパー。
MOAのあまいかぼちゃで作ったのでデザートみたい。
くるみを入れるとさらに美味しいです。

かぼちゃと言えば、昨日のサルーテのかぼちゃのスープも美味しかった。
ある日のまかない

メインのインド風てんぷらも大好きおかずのひとつ。
特にゴーヤ。
インドでもゴーヤ食べるのかな。
もし食べる習慣がないなら、「教えてあげな!!」って思うくらいに美味しいです。









Last updated  2015.08.31 20:42:51
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.22
カテゴリ:料理レシピ
おからをスパイスで炊いてみました。
自分で思いついたわけではもちろんなくて、
以前サルーテで食べたやつが美味しかったのを思い出して。

まだスタッフとして働く前だったよなーと思って、
ブログをさかのぼってみたら、あった。
うつくしおやさいプレート@サルーテ

このショットグラスのようなガラスに入ってるやつです。
クミンがきいてて、めっちゃ美味しかった記憶が。

おからと言えば和風に炊くか、
春巻きの具に入ってるか、
焼き菓子に入ってるか、
くらいしか食べたことなかったので、
スパイスと合わせてあるのは衝撃でした。

見た目も味も全然違うけど作ってみた。
おからをスパイシーに食べる

確かにターメリックきかせたけど、
「ここまで黄色くならんでえーやん!」
っていう写真写りに。
(最近、写真がうまく撮れない。)

ある日の晩ごはん(これプラス、サラダと鯖の生姜煮。)
本日のディナープレート #dinner

このかぼちゃもスパイス煮。
たっぷりの生姜、クローブ、塩麹で炊いて、
柔らかくなったらシナモンちょっと。


盆休み明けに、晴れやかファームで買ってきたきゅうり。
育ちすぎたきゅうり

ズッキーニか、ゴーヤか、ってくらい大きく育ってた。
休みの間収穫されずにずっと畑にいたんだろうなぁ。
きゅうりの青っぽい味が抜けて美味しかった。


おまけ:
ひっさびさの丸1日休み。
目覚ましに起こされない朝でした。
私にしては珍しく、仕事とサルーテ合わせて12連勤でした。
その間、午前半休と午後半休1回づつ取ったけど。

休み取りやすいことが唯一の取り柄な職場なのに、
今週はなぜかそれが叶わず。
でも1個仕事が片付いたので良し。

と言うわけでおつかれビール。
(ちょっと飲んでしまった。)
おつかれビール

ヒューガルテンうまー。








Last updated  2015.08.22 21:31:15
コメント(2) | コメントを書く
2015.06.27
カテゴリ:料理レシピ
久しぶりにジャスミンライスを炊いたら、
あまりにも美味しくて、
当然のように食べ過ぎたつきももです。
こんばんは。

茄子の季節~。
ババガヌーシュ作った。
ババガヌーシュ

なにかようわからん見た目になってしまったのは、
今うちに白胡麻がなくて、黒胡麻を使ったから。
黒くなりついでに、麻炭も入れてやりました。

ふだんは焼き茄子で作るんだけど、
蒸した茄子で作る方法もあるらしいので、
今回はそれでやってみた。
楽だし、熱いおもいして皮剥かなくていいしと思って。

食べてみた感じ、少々手間でも焼いてから作った方が、
食感、茄子の味の濃さ共に、良い気がするな。
どっちにせよ、やっぱりババガヌーシュは美味しい。

レシピはこのときの。
あの時の美味しい料理は『ババガヌーシュ』だった。
塩は塩麹で。
ディップにするならもうちょっと濃い方が良いかも。


実はこの茄子、切って味見した段階で、
刺身で食べたいくらいに美味しかったのです。
調理するのもったいないかなと、しばらく迷ったけど、
この日はババガヌーシュの気分だったので、
少しだけ食べて鍋の中へ。

MOAで売ってた奈良県産自然農のやつ。
今度見つけたら、刺身かサラダにしよう。


次。
晴れやかファームのズッキーニが絶好調らしいです。
行くたびに大きくなってる気がする。
写真ではサイズ感がわかりづいらいけど、緑のやつ腕より太い。
晴れやかファームのズッキーニが絶好調

「もっと大きいのもあるんですけど、
 大きすぎてもお客さん困らはりそうなので、
 そういうのは、僕たちで食べてるんです。
 味はちゃんと美味しいんですけどね。」
(土曜日のお兄さん談)

大きくても喜んで買うけどなー。
最近スムージー用の葉野菜、良いのが手に入らないので、
ズッキーニで作ってみました。
ズッキーニのスムージー
緑ズッキーニ、夏みかん1個、バナナ1/2

とろみがついて美味しいです。
ズッキーニ自体、そう強い味が出ないので、
パクチー入れたり、フェンネルパウダー入れたり、
フレーバーを楽しめるのも嬉しい。

タイカレーにも。
久々のマッサマン♪
久しぶりのマッサマン


おまけ:
RC SUCCESSION “明日なき世界”


カバー曲。

もちろんRCバージョンが1番好き。






Last updated  2015.06.27 21:28:46
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.27
カテゴリ:料理レシピ
思いつきで作ってみたら、
思った以上に美味しくできたので、
レシピメモ。

【材料】
・新タマネギ 大きめ1個
・大根の葉 大根1本分
・塩

・グリーンカレーペースト
・くこのみ
・ナンプラー
・ガーリックパウダー
・ココナッツオイル

【作り方】
1.新タマネギ、大根葉、塩を重ね煮。

2.火が通ったら、調味料とくこのみを入れて、
  味を調えて完成。

新タマネギと大根葉っぱの重ね煮
(先日の蓮根料理同様、超地味。)

うまっ!!
以前は苦手だったココナッツの味が大丈夫になってから、
味付けの幅が広がった。
重ね煮の時にバイマックルー入れても美味しいかな。
次やってみよう。


最近気持ちの良い天気が続いてて嬉しい。
職場のトイレの小さな窓から外を眺める時間は、
仕事中の確かなシアワセ。
(事務所の中は冷蔵庫状態、ブラインドは全部閉めてあって外なんて見えない。)

ここんとこ毎日洗濯機回してて、
カーテンや布団カバーなどの大物洗濯も、
梅雨がくる前に終わらせました。
今年は優秀。

梅雨と言えば、来週から6月らしい。
月日の流れるスピードに全然ついていけてない。


関西電力から届いた電気料金値上げのお知らせを見て、
いろいろアタマにくる。
来年から始まる電力自由化、
違う会社から電気を買いたいわ。







Last updated  2015.05.27 21:25:10
コメント(0) | コメントを書く
2015.04.25
カテゴリ:料理レシピ
とってもお母さん思いの友達からリクエストをもらって、
ココナッツを使わずにロースイーツを作ってみました。

普段ココナッツオイルで固めるフィリングはカカオバターにして、
クラストに入れるフレークやフラワーは抜きにして・・・。
「よし、これでやってみよう。」と作りはじめて、気づいた。
甘みはココナッツシロップ(ココナッツシュガーを水で煮詰めたもの)使ってるんやった。
急遽、紅茶きのこ用に買ってあった喜界島粗糖でシロップを作って。


完成♪
カフェラテとチョコのローケーキ
ココナッツフリーのカフェラテローケーキ


カカオバターの方が固まりやすいので、
ココナッツオイルの70%量でやってみたら、
ちょうどよい固まり具合になりました。

覚え書き。15cmケーキ型

クラスト:
アーモンド60g、デーツ2個+ゴジベリーで30g程度(だったかな?)、
塩少々、カカオパウダー適当

フィリング:
カシュー100g、カカオバター70g、水200ml、シロップ大さじ1,5くらい。
これを半分に分けてカフェインレスのオーガニック珈琲6g入れたものと、
カカオパウダーを入れたものに。

久しぶりにナッツとドライフルーツだけでクラスト作ったら、
なんか粒々感が残ってしまった。
次は作り方を変えてみよう。

カカオバターは贅沢にアルティメットのを使いましたぞ。
これでローチョコ作ってみたら、もう!!!
1個でやめれた試しがない。




珈琲はiherbで買ったこれ。
そのまま珈琲として飲むのは、味がイマイチ過ぎてあかんけど、
お菓子作りにはそれなりに使えます。
カフェインレスなので、作ったおやつを夕方に食べても大丈夫。
Mount Hagen, オーガニックインスタントカフェインレスコーヒー 25小包装入り  1.76 oz (50 g)


コーヒー味といえば、サルーテのローティラミス、
先週やっと食べれた。
重くないのに濃厚なクリームと、
かなえ珈琲を使った香り高いロースポンジ。
美味しかったー。
「え、ロースイーツにそれ入れるんですか?!」
というような驚きの食材が入っていて、
びっくりしたとこです。
運良く出会ったらぜひ食べてみてね。

そうそう、今は入り口の商品棚にかなえ珈琲がいっぱい置いてあるので、
お店に一歩入っただけでいい香りよー。







Last updated  2015.04.25 21:02:25
コメント(0) | コメントを書く
2015.04.23
カテゴリ:料理レシピ
iHerbで買ったカシューバターが余ってしょうがないので、
カレーに入れてみた。
気に入って月イチくらいで作ってる、
マスールダルとキャベツのスパイス煮込みです。
(その時によってカレーになったり、サブジになったりする。)
キャベツとレンズ豆のカレー


カシューバターのおかげで、いつものよりコクが出て、
めっちゃ美味しい。
私は好きなものなら毎日食べても平気なので、
これも1週間くらい食べ続けたい。
でももう明日のお弁当でなくなる~。


作り方はこんな感じ。
【材料】
・ホールスパイス:クミンシード、マスタードシードなど。
 最近お気に入りのニゲラ(カロンジ)も入れました。

・パウダースパイス:チリ、ターメリック、クミン、コリアンダー、フェネグリークなど。

・生姜とにんにくのすりおろし

・マスールダル 100gくらい

・好きな野菜

・塩、塩麹、醤油など

【作り方】
1.マスタードシードとニゲラ(カロンジ)を炒って、(オイルで炒めても)
  水とマスールダルを入れて炊く。

2.タマネギスライス、にんにく、生姜、チリパウダー、ターメリック、塩麹も入れる。

3.マスールやタマネギがある程度柔らかくなったら、
  ざく切りキャベツも入れて、好きな食感になるまで火を通す。

4.カシューバター、パウダースパイス、塩も入れて、
  味を調えたら出来上がり。

この日は量を増やしたかったので、新タマネギと豆苗も入れました。
食べるときに、ココナッツオイルを入れたり、
煮込む時にココナッツフレークを入れても美味しいです。

スパイス料理、何が楽しいって、
水分やスパイスの量を味をみながら調整できること。
お弁当に入れるので水分少なめとか、
今日は汁物がないからスープっぽくしようとか、
今日はこのスパイスを効かせてみようとか。
材料もその時あるもので出来るし、
この融通の利き加減が好きだわ。

あ、カシューバターはこれです。
Artisana, 100% Organic Raw Cashew Butter, 10 Packs, 1.19 oz

買ったけど余ってるって人は、ぜひカレーに入れてみてね。


イカ墨っぽいリゾット
イカ墨リゾット

黒練り胡麻と麻炭で、なんちゃってイカ墨リゾットをよく作るんだけど、
今日はイカをワタごと煮た後の煮汁があったので、
そこにごはんを投入。
いつもの練り胡麻と麻炭も入れて、普段よりイカ度アップなリゾットが出来た。
(イカは入ってない。)

先日、魚介類の内臓が好きって書いたけど、
イカのワタも美味しいなー。
昔は捨ててたのよ。
なんてもったいないことしてたんだろうって思ったわ。



おまけ:
先日の嬉しいニュース。
レベッカ再結成♪

母親がレンタルレコードで借りてきて録音したカセットテープがあって、
小6~中1の頃、よく聴いてたわー。
(ものすごく昭和な話。レンタルレコードあったよね。
 2歳下の同居人には知らないって言われた。)

Nokkoの艶のある声大好き。
REBECCA “RASPBERRY DREAM”







Last updated  2015.04.23 21:23:56
コメント(0) | コメントを書く

全86件 (86件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


© Rakuten Group, Inc.