000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JAJAのひとりごと

全769件 (769件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 77 >

カテゴリ未分類

2020.05.27
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
いずれもネットタイム

ハーフマラソン
 富士マラソンフェスタ 2002/09/22 1:51:45 (x:xx/km) 意図的にスロー走行
 横浜マラソン     2002/11/10 1:32:26 (x:xx/km) たぶん距離が足りない
 立川・昭島マラソン  2009/03/08 1:37:23 (4:37/km) 前半飛ばしてバテた
 自己計測ハーフ    2016/01/17 1:33:18 (4:25/km) ガーミンログより

フルマラソン
 河口湖マラソン    2000/11/xx 3:58:26
 荒川マラソン
 河口湖マラソン    2002/11/xx 3:28:10
 横浜マラソン     2016/03/xx 3:30:11






Last updated  2020.05.27 08:48:24
コメント(0) | コメントを書く


2020.04.25
カテゴリ:カテゴリ未分類
今のこの状況では、中止が当然でしょうね。
来年、開催されることと
それに参加できることを目標にして過ごします。






Last updated  2020.04.25 07:10:05
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
通信機(電波を飛ばしたり受け取ったり)
蓋を開けるための仕組み(まあ、閉めることは考えなくてもよい)
マイク(周囲の音を拾う)
スピーカー(自分の声を届ける)
アンプ(信号の増幅)
爆薬(そんなに多くなくていいけど)
起爆装置(遠隔で爆破させることができるもの)
電源(ないと動かないよね)
スプリング(ぼっよよよよ〜ん)
顔(やい伯爵よく聞け!ってセリフが似合いそうな顔で)


これだけのものを小さな指環の中に短時間で仕込めるアナタ
さすがですなw

そういえば、マイクとかスピーカーとかアンプとか、全部自作なのかね?
超小型高性能・・・なブツを供給する裏ルートがあるとかw

ちなみに、元ネタは何百回見たかわからない
(間違いなく3桁はいっているが4桁はいっていない)






Last updated  2019.10.06 20:06:22
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.16

MGC

カテゴリ:カテゴリ未分類
MGC
テレビ観戦
男子レースのTBSは、予想どおりCMが多すぎて興ざめ。
あと、毎度のことだが無意味な煽りは無用。レースはショーではない。

一発勝負とか、選考をわかりやすく、とか言うならば
このレースでの上位3位を内定者にすればよいはずなのだが、なぜそうしない?
そこが最大の疑問。
とはいえ、従来からは半歩は前進したように感じる。

女子レースの野上選手の追い上げにびっくり。
序盤で真っ先に遅れたのに、ゴールでは5位。
今回は最低でも3位に入らなければならないレースだったので
本人にとっては納得できる結果ではないだろうが
マラソンファンとして、この走りには大拍手を贈りたい。


中村選手、箱根駅伝でもクレバーな走りをするランナーという印象だった
あと、崩れる、遅れる、といった言葉とは無縁な雰囲気。
(ときどきキツそうな顔をすることはあったけど、あまり表情を変えない印象だった。)
彼がもう27歳になっていることにもびっくり。
駒沢のユニフォーム姿が、まだ記憶に新しいのだが、月日の経つのは早いものだ。。。






Last updated  2019.09.16 19:38:40
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.30
カテゴリ:カテゴリ未分類
ディープインパクトが天国に旅立ってしまった。

突然のことで、ただただびっくり。

どのレースも印象深いけど、菊花賞の最初のバックストレートで引っかかったシーンが思い出深い。






Last updated  2019.07.30 21:25:25
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
トレックのドマーネ、新型が発表されたので、思ったことを書き留めておく。

昨年、ドマーネに変えたばかりなので、買い替えたり買い足したりするわけではない。
というか、買った翌年に新型にモデルチェンジされちゃったけど、全っ然悔しくないもんね(涙目)って自分に言い聞かせるために書いておくだけw

まあ、冗談はさておき。

そもそもドマーネのモデルチェンジは予想していたので、新しくなったからといって何をどうするわけではないし、どこらへんがどう変わるんだろう?って予想もしていたので、それと対比しながら。

まずは、フロントのブレーキホースの内装化。
内装されることは予想どおりだったが、内装の方式は予想外。
フロントフォークの肩あたりからホースを入れると予想していたけど、トップチューブから入れて、さらにフォークコラムに穴を空けて、そこから入れるらしい。
その方が、ステム周辺はすっきりしそうだが、トップチューブバッグを装着する場合、ちょっと干渉しそう。
ダウンチューブ内に工具やパンク修理キットなど内蔵できるようになったらしいが、トップチューブバッグの使用に影響が出るのだとしたら、ちょっと困る。

次に、リアのIsoSpeed。
MADONEのような、トップチューブ側で調節できる方式に変更された。
調整が格段にしやすくなるだろうから、これは歓迎。
また、フレームサイズが小さい場合の調整代の確保の点でも、こちらの方が理にかなっていると思う。

続いて、ケーブルルーティング。
エアロロードではないので、完全内装化されたわけではないけれど、前世代と比較するとかなり内装化が進んだ感じ。
とはいえ、個人的には以下の点が気になる。
・ジャンクションはステム下から右側ハンドルバーエンドに移動したが、できれば、ここではなくダウンチューブにしてほしかった。なぜならば、右側のバーエンドには、バックミラーを装着したいので。。。
・コラム直後とはいえ、トップチューブ上からの内装なので、トップチューブバッグを使いたい場合、使えるバッグが限られてしまう(と懸念している)。
・リアブレーキのホースの取り回しがやや複雑。ステムの直後から入り、ヘッドチューブを経由してダウンチューブへ、というS字を描くような経路なので、ホースにストレスがかからないか?

次に、シートポスト。
MADONEのような形状&仕組みになり、かつ、MADONEとは互換性がないようなので、完全にドマーネ 専用になってしまっている。
そう頻繁に変えるものではないから実用上で問題になることは少ないだろうが、汎用性を狭めるのにはやや抵抗あり。(同じトレック内、例えばEmondaとすら互換性がない)
サドル前後角度の微調整がやりやすくなっているように思われるが、試してみないとわからない。

そして、空力処理
エアロロードとしてはMadoneがあるので、そことの棲み分けは明確化されている模様。
その範囲内で、ドマーネ として、できるだけエアロ化した、という印象。
バイクのキャラクター上、バッグやらライトやらサイコンやらミラーなど、ロングライドやブルベ仕様で後付けパーツだらけになることが多いだろうから、せっかく吊るし状態での空力を良くしても・・・と思う。
もちろん、努力を否定するわけではないが。

トップチューブ内のストレージについては、確かに、ないよりはあった方が嬉しい。
スペシャライズドの旧ルーべやBMCのTimemachine Roadだったかな?のような、BBシェル上のストレージボックスもつけてくれると、さらに嬉しい。

あとは、ドマーネに限った話ではないけれど、ボトムブラケットの変更
BB90からT47(だったっけ?)に変わる、変わった、とか。

BBについては、JISでええやん、それがいちばん扱いやすいし、という主義のヒトなので、まあ、ハイそうですか、って感じ。
投げやりだな。。。

カラーリングは、隣の葡萄効果?で、やはり羨ましいし、プロジェクトワンのカラーテーマや新色を見ると、ちょっとだけ涙目になりそうw

ダラダラ書いてきたけれど、モデルチェンジする、ということは、現行モデルより良いものにする、ということなので、今、僕が乗っているモデルより良くなっているのはアタリマエ。良くなっていてくれなきゃ困る、という話。
なので、新しくなったことは大歓迎。

もし、新しくロングライド系のバイクを導入するとしたら何にするか?と、考えてみると

スペシャライズドのルーべ
キャノンデールのシナプス

あたりが(自分にとっては)比較対象になるけれど
まあ、ドマーネを選ぶだろうなぁ。。。

やはり、プロジェクトワンの存在は大きい。
カラーリングやパーツセレクトの自由度が高い、というのは、かなりのメリット。

ルーべもシナプスも、カラーやデザインがそれなりに選べて、クランク長やステム長、ハンドル幅、リアコグなどが選べれば良いんだけどねぇ。。。
まあ、シナプスもBBがネックになるか。






Last updated  2019.07.28 18:32:29
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.12
カテゴリ:カテゴリ未分類
EDCにした。
悩んだ。
禿げ上がるほどに。







Last updated  2019.07.12 20:15:28
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.23
カテゴリ:カテゴリ未分類
タイムは史上最悪レベルにダメダメ

降ったり止んだり霧が凄かったり
まあ、いろいろとありました

疲れたけれど
無事に済んでよかった






Last updated  2019.06.23 16:31:07
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カテゴリ未分類
無事に走って無事に帰宅して
レースレポを書くのが目標

みなさま、ご安全に!






Last updated  2019.06.23 04:35:10
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.14
カテゴリ:カテゴリ未分類
2011年の11月に納車されてから7年半
車検も3回、通しました
走行距離は、20000キロ台前半と、年間3000kmにも満たないペースだったけど
小さな車体にロードバイクを2台積んで、いろんなところに出かけたなぁ
購入当初は2台積めるなんて思ってもいなかったよ

けれど、とうとうお別れの予感

まだ契約したわけではないけれど、近々、乗り換えることにたぶんなります

スタイルは今見ても新鮮だし、他のどんなクルマにも似ていない
(あっ! 8Cは除く)
必要十分な実用性を確保しつつ、生活臭をあまり感じさせない流麗なスタイリング
親しみのあるフロントフェイス、愛嬌のある後ろ姿
不満はほとんどないんだよなぁ

たまに、外気温計が気まぐれになったり(そのせいでエアコンが効かなくなったり)
内装の樹脂がベトベトになったり(無水アルコールで拭けば綺麗になるけど)
どこをどうしても段差で擦ってしまうバンパー下の黒い物体とか
なぜ、そこにあるんだ?っていうドアのインナーハンドルとか
低速域でギクシャクするDynamicモードとか
強いて挙げればそんなもん
でも、だから何?ってカンジ、こんなもん、トラブルでもなんでもない
(まあ、さすがに真夏にエアコンから熱風が出てきたときは困ったけどw)

まだまだ乗れるし、まだまだ楽しい

でも、ロードバイクの2台積みは、それなりに大変
ゆっくり確実にやればいいんだけれど、時間がかかるのは事実
で、積める荷物の絶対量が厳しいのも事実

今度のクルマは、ロードバイクが2台、ホイールを外せずに(たぶん)積めて
それでいて、自分のストライクゾーンから外れていないクルマ

アルヴェル系、エルグラ系、ボクシー、セレナ、ステップワゴン
このあたりの1BOX系は最初から眼中になし
ハイエース系なら積載量は十分すぎて困るくらいだけど
さすがにデカすぎ、あとたぶんシートがダメだろう、自分には

シエンタとフリードプラスは、まあ、そこそこ気になった
でも、やはり積載量が厳しい(たぶん前輪外さないとダメ)のと
どちらも、デザイン的にダメ
どちらかを選べ、というのであればフリードプラスだっただろうが

さて、じゃあ何にしようとしているのか?

こういう系統のクルマで、今まで書かれていないクルマ
ハイ、もちろんそれです
てか、ある意味ド定番だなぁ
以前からとてもとても興味があったし、最近試乗して感触もつかめたし




ちなみに、色と変速機については、今でも迷っている






Last updated  2019.06.14 21:51:14
コメント(1) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全769件 (769件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 77 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.