2020.08.06

聴診器を当てて、走って、書いての日々!

カテゴリ:宮城
おはようございます。

2020/8/6(木)

八戸は雨です。29℃の予報。梅雨明けと信じていたのに、今週末は雨のようです。


帰省について、青森県知事は、自粛を求めない。むつ市長は、感染拡大地域からの帰省自粛を求めています。県内でも温度差があります。


全国紙の紙面は、広島原爆から75年の記事がメイン。地元紙は、各県の人口、死亡率がトップです。青森県ワーストの記事です。人口減も、秋田と首位争いをしています。


さて…


大学時代の同級生が、本を出版。注文していましたが、昨日、届きました。






聴診器を
当てて、
走って、
書いての日々

〜内科医の言わずにはいられない


木村君は、仙台出身。

2011年に、東日本大震災。彼のクリニックの前まで津波が来ました。診察を終えて帰宅した方の中に、津波で流され、亡くなった方がいると聞きました。


震災後には、八戸に講演に来ていただいたこともあります。そのあとは必ず同級生が集まり、懇親会をしました。


彼の文章を目にすることはありましたが、まさか本を出すとは思っていませんでした。これまでの書きためていたものを、まとめて、少しだけ手直しして、とのことです。


内容には、共感します。悩んだり、時に、強く主張したり…日々の想いを綴っています。彼の人柄の温かさが伝わってきます。


今週末は天気があまり良くないのと、仕事が入っていて出かけない予定です。


彼の本、ゆっくりと続きを読みたいと思います。





TWITTER

最終更新日  2020.08.13 20:37:04
コメント(0) | コメントを書く