3390180 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あけやんの徒然日記

PR

全684件 (684件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 69 >

野球

2021年11月16日
XML
カテゴリ:野球
​​ プロ野球広島の初優勝時の監督を務めた古葉竹識(こば・たけし)さんが12日に亡くなっていたことが16日、分かった。葬儀、告別式はすでに近親者のみで執り行われた。85歳だった。熊本県出身。​  古葉氏は済々黌から専大、日鉄二瀬をへて、58年に広島入り。1年目から遊撃のポジションに定着。俊足巧打の内野手として、63年には巨人長嶋と首位打者を争い、64、68年には盗塁王を2度獲得。70年に南海にトレード移籍し、71年に現役を引退した。引退後は南海コーチを務め、74年には広島に復帰。75年にはシーズン開幕直後の5月に帰国したジョー・ルーツ監督の後を継いで監督就任した。山本浩二や衣笠祥雄、高橋慶彦を鍛え上げ、同年に球団史上初のリーグ優勝を果たした。85年の勇退まで球団最長政権となる11年間でリーグ優勝4度、日本一3度導いた。【日刊スポーツから引用】

 「カープの監督」というと、やはりこの人の名前が真っ先に思い浮かべてしまいます。古葉竹識さん、テレビに映る古葉さんは体の半分が隠れて、いてるのかいてないのかわからないのが特徴でしたね。よく古葉さんのものまねではよく見かけたものです。
 現役時代はショートを守っていたそうですけど、その時代は全然わかりませんし、現役晩年には南海ホークスへ移籍していたとか・・・。その南海時代に野村監督と出会ってち密な野球を会得してカープで花開かせたというところでしょうか。
 いつだったか、カープが1975年にリーグ優勝した時の映像をみたのですけど、2016年からの三連覇以上の盛り上がり。原爆の被害から立ち直り、広島の街に希望の光を輝かせたものだったんですね。映像だけでなく本でも読みましたけど、優勝パレードに故人の遺影を掲げてみていたという光景は、涙を誘うものだと思います。
 そんなカープを率いて1985年までの間に4回のリーグ優勝と3回の日本一はすごいことだと思います。どこかのチームのようにカネで選手を集めるのではなく、選手を育ててち密な作戦で勝っていくスタイルを作り上げたのは古葉さんだと思います。
 カープの監督を辞めてからは、大洋ホエールズの監督も務められましたね。カープ時代のコーチをごそっと引き抜いたのはびっくりしましたが、それでもホエールズは勝てませんでしたね。まぁ、カープのようなち密な野球をしようとしても、当時のホエールズはどうしても大味な野球が持ち味で、それはそれで見ている方は楽しいかもしれませんが、勝ち星にはなかなかつながらないというところでした。
 「強いカープ」のきっかけをつくった古葉さんの訃報が明らかになった日に、もうひとつカープにとってはショックなことが・・・。

 広島​​​は16日、​鈴木誠也外野手​​のポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦を容認した。この日、鈴木球団部長が明かした。  ​鈴木誠也外野手​​はこれまで将来的なメジャー挑戦の夢を語っていた。この日、マツダスタジアムで鈴木球団本部長と会談し、自身の思いを伝えた。  鈴木本部長は「本人と話をして、彼の長年の夢であるポスティングにかけるということを本人に伝えました。ほとんど準備はできているんですけど、(申請は)正式には来週あたりになる予定です」と語った。球団は16年からのリーグ3連覇に貢献したことや、直近6年間の成績を高く評価。「タイミング的にも今が一番いいだろうと。チーム的には痛いんだけれど、そこは誰かがカバーしていかないとしょうがないけど、彼にとっては今がベストなタイミングでないかなということで判断したということです」とした。【デイリースポーツから引用】​​​

 ついにこの日が来てしまったか、というところです。覚悟はしていたけどね。
 カープの4番打者がポスティングでメジャーへ移籍することがほぼ決まったようです。メジャーでどれだけ通用するのかわかりませんが、前評判はかなり高いようですね。ただ、ここ数年で野手でメジャー入りした選手大谷選手のような規格外の選手を除いては、なかなかいい成績が挙げられていないのが気がかりで、鈴木誠也選手もそうなってしまわないか気になります。メジャーに行くからには、かつてのイチロー選手や松井選手のようにメジャーの投手が頭を悩ませるような活躍を期待したいところです。
 それにしても、鈴木誠也選手が抜けたら、カープの4番打者はどうするんだろうね。このところ外国人選手も当たりがないしなぁ・・・。
​​






最終更新日  2021年11月17日 00時01分31秒
コメント(2) | コメントを書く


2021年11月14日
テーマ:草野球!(441)
カテゴリ:野球
今日は、住吉公園野球場で練習を行いました。いいグラウンドで試合がしたかったのですが、なかなかタイミングが合わないですね。それでも、9人が集まって守備練習を中心に行いまして、ロングTも行いました。
 ただ、私は先週の練習試合で4イニング投げた影響がまだ残っていて、肩が痛くてたまりませんでした。どうやら、また肩を痛めているようです。肩の可動域が狭まっているのでしょうか。肩がダル重い感じがしてしかたないんですよね・・・。元々痛かった肩ですが、今日はどう投げても痛いしね。

 しばらくは投げない方がいいのでしょうけど、このダル重い感じを何とかできないかなってね。また病院行くしかないのかな・・・。

 そんな状況でしたが、今回練習に参加した私の職場のT君がガゼルスの新メンバーに加わってくれることになりました。T君は左の長身左腕という貴重な存在で、中学までは一塁手だったようですけど、職場チームでは投手として育成しているところなので、ガゼルスでもどんどん投げてもらえればと思っています。






最終更新日  2021年11月14日 16時38分34秒
コメント(4) | コメントを書く
2021年11月13日
カテゴリ:野球
今年のプロ野球・日本シリーズは、セ・パともリーグ優勝したチームが対戦することになりましたね。セ・リーグが東京ヤクルトスワローズ、パ・リーグがオリックスバファローズで、ともに昨年は最下位のチームだったんですね。最下位からリーグ優勝というのは過去にもありますし、日本一になったチームもあります。1960年の大洋ホエールズがその一つですけど、最下位から優勝ってすごいですよね。

 ところで、現在のオリックスバファローズは、阪急ブレーブスを前身とするオリックスブルーウェーブと近鉄バファローズが合併したチームですが、その阪急ブレーブスは1960年代後半から1970年代にかけてパ・リーグでは常勝チームでした。1975年に広島東洋カープを破って日本一になるまでは読売ジャイアンツに日本一を阻まれていたわけですが、1976年にリベンジを果たし、1977年も読売を破って三連覇、1978年もリーグ優勝を飾って日本シリーズに駒を進めて、セ・リーグのチームと対戦するのですが、それが何とヤクルトスワローズだったんです。
 
 だから、阪急とヤクルトの日本シリーズが1978年から40年以上を経て再び対戦するということになります。まぁ、現在のオリックスは半分近鉄も入っているので、正確には「再び対戦」というわけではないのですけどね・・・。でも、わたしのような古い野球ファンにしてみたら、1978年の日本シリーズのことを思い出します。有名な話としては、第7戦の1時間19分におよぶ阪急上田監督の猛抗議が思い出されるところです。今映像を見ても「ファールかフェアーか」はわかりませんけど、おそらく当時のレフト線審も実は見えてなかったんじゃないかなって思いましたけどね。今では当時の映像をyoutubeで見られるのがありがたいですね。

 さて、日本シリーズ開幕はまだもう少し先ですけど、どのようなシリーズになるのでしょうね。
 ちなみに、ヤクルトは神宮球場が使えないので東京ドームで開催するそうですけど、オリックスはグリーンスタジアム神戸を使う日もあるとか・・・。神戸といえども寒いところだから、ホントケガにはきをつけてほしいところです。






最終更新日  2021年11月13日 19時22分49秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年11月07日
テーマ:草野球!(441)
カテゴリ:野球
今日は緊急事態宣言が明けてからの初めての練習試合がありました。実に去年の11月29日以来、約1年ぶりの試合です。途中で練習はしていますが、練習試合は全然できていませんでした。(一度今年7月には相手チームの協力を得てしていますが・・・)

 さて、今日の試合相手は、私の職場チームです。職場のチームも去年・今年と秋に行われている大きな大会が中止となってしまい、練習はしているものの練習試合ができていない状況でした。そんな状況でしたが、ガゼルスが今日ダブルでグラウンドを抑えていたので試合することにしました。ちなみに、私はガゼルス側に編成されました。

 今回の球場は、寝屋川市の寝屋川公園第一球場。黒土で両翼91mセンターまで120mと立派な球場です。マウンドがやたら高いのも特徴です。そんなマウンドにあがったのは、なんと私。ダブルヘッダーだったので投げる機会はあるかも、と思ってはいたのですが、まさかの先発とは・・・。心の準備もできないまま、普段見慣れた職場チームのメンバーと対戦しました。

 初回に1失点しましたが、2、3回はヒットは打たれるものの持ち前のコントロール重視の遅い球で何とか無失点で切り抜けました。4回に味方エラーから2失点しましたが、それでも自責点は1とまずまずでした。三振もとったし。
 5回からはサードに入って、マウンドはK14さんに譲りました。サードも久しぶりだったのですが、ノーエラー。三塁線を抜けようかという打球も不格好な捕球でしたが、何とか後ろにはそらさずにとってベースタッチしてランナーをフォースアウトにする、なんていうプレーもありました。
 ただ、打線は相手のH君にヒット3本に抑えられて、5-0で負けました。

 二試合目は、私はキャッチャーで出場。U27さんとバッテリーを組みました。試合の方は、毎回のようにヒットや四球でランナーを背負う苦しい展開。それでも、4回にU27さんのタイムリーで2点返し、5回にも満塁から私が押し出し四球を選んでさらに1点返したのですが、結局6-3で負けました。
 久しぶりの練習試合で連敗は痛いのですが、それでも約1年ぶりの練習試合を楽しむことができたし、久しぶりにみんなと会って野球できたのが楽しかったです。
 
 ところで、私の職場チームも練習試合ができていなかったのですが、若手選手が中心となってよく振れていました。このままうまく世代交代ができればいいなぁと思います。今回は相手チームに入りましたが、いつまでもわたしのようなロートルが試合に出るような状況ではだめだからね。

【今日の成績】
1試合目
 1打席目 三振
 2打席目 打撃妨害
 3打席目 投ゴロ
2試合目
 1打席目 四球
 2打席目 四球
 3打席目 四球
 4打席目 四球

投手成績 4回 三振1 四球1 失点3 自責点1






最終更新日  2021年11月07日 22時02分11秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年08月23日
カテゴリ:野球
南海ホークスが大阪の街からなくなったのが1988年。もう今から33年も前になるんですね。昭和20~30年代はパ・リーグにおける強豪チームも、昭和50年代中盤からBクラスの常連となり、ついには球団身売りとなってしまったわけですが、そんな南海ホークスの本拠地大阪球場の跡地に建つなんばパークスに「メモリアルギャラリー」があります。南海ホークスで活躍された名選手が紹介されているのですが、長らくここに展示されなければならない人物が、まるでその歴史がなかったようになっていました。

 そう、その人は昭和40年に戦後初の三冠王になり、監督も務めた野村克也さんです。南海ホークスの歴史を語るうえで功罪いろいろあるとは思いますが、やはり欠かすことができない人物です。そんな人物なんだけど昭和52年の監督解任に至った経緯からこのギャラリーへの展示を断ったと言われていますが、野村さんとバッテリーを組んでいた江本孟紀さんらが発起人となって、ようやくあるべきところに野村さんが戻ってきました。生前中にもどってきてくれたらなおよかったんですけどね・・・。

 そして先日、その様子を見てきました。



 展示されているユニフォームは、野村さんが監督とされていた昭和52年のユニフォームだそうです。



 このユニフォームはよく覚えていて、それはおそらくペットマークと、袖口のラインの色遣いが強烈な印象として記憶に残ったのだと思います。



 それと、確執があったと言われている鶴岡監督の横に野村さんの写真が掲げられた写真も展示されていました。野村さんの攻守にわたる活躍と、鶴岡監督の采配。これがうまく組み合わさってのパ・リーグの覇者だったんだと思います。



 その他のパネルも新しくなっていました。
 これは投手編、野村さんとバッテリーを組んで1シーズン38勝4敗の驚異的な成績(昭和34年)をあげた杉浦投手や今回の発起人の江本さん、その江本さんとトレードで阪神タイガースからやってきた江夏さんの写真もあります。



 こちらは野手編。個性的な選手がならんでいます。
 こういう展示を、戦後すぐからの南海ホークスのファンだった亡き父に見せてあげたかったです・・・。

 話を戻して、そのほかにもいろいろな展示がリニューアルされておりますが、やはり何といっても南海ホークスの歴史の一つである野村さんが加わったことで、本来あるべき姿になったと思います。






最終更新日  2021年08月23日 22時38分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年07月28日
テーマ:草野球!(441)
カテゴリ:野球
​​​​​ 夏の甲子園を目指す全国高校野球​大会・地方予選がはじまりました。甲子園の常連である強豪校は、大​会前に多くの練習試合でチームを強化しますが、意義のある試合をするためには対戦相手も大​事。西東京の名門、日大三高を率いる小倉全由​​​監督によれば、「お願いしてでも対戦したい学校」がある一方、「二度と対戦したくない学校」も確実に存在するとか。それぞれ、どんな特徴を持つチームなのでしょうか──。【ブックバンから引用】

 この内容的としては、「お願いしてでも対戦したい学校」として、『
​​​​​​​​​​​​元気はつらつとして、マナーのいい学校​​』​『​グラウンドに出たらキビキビと動き、きちんと挨拶ができる。そして、試合中もよく声を出して、たとえ劣勢でも最後まであきらめずに、一生懸命、必死になってプレーする​』とのこと。その逆に「二度と対戦したくない学校」として、『​マナーの悪い学校、覇気の感じられない学校​』​『​チームの士気を下げる学校​​​​​​​​​​』と紹介していますが、これは高校野球に限らず、草野球でもそうですよ。
 私のこのブログで「挨拶のできるチーム・・・」と紹介してるチームは、時間より前に現着しているのはもちろんのこと、試合前それもまだグラウンドに入る前からきちんと挨拶してくれるし、試合後も率先してグラウンド整備に協力してくれたり、試合後にもちゃんとお礼に来てくれるところは、試合に負けても気持ちがいいと感じています。私が所属しているチームもそう思ってもらえているのかな・・・。
 逆にマナーの悪いチームは、胸糞悪いですね。やじを飛ばすチームは最近は少なくなったように思うけど、実力差が大きい対戦の場合(トーナメント戦に多い)に見下すような言動や態度は、気持ちのいいものではなりません。いつだったか、大阪の強豪私立の高校野球OBなのかその当時のユニフォームを着てきたチームと対戦したけど、態度悪かったなぁ・・・。私が投手でデットボールをぶつけたんだけど、帽子を取って謝ったにもかかわらずマウンド近くまで向かってきたときは、意味が分からなかったね。私の渾身のまっすぐなんて、たいして速くないんだから当たっても痛くないだろって。デットボールで打てなかったのが残念だったのかもしれないけどさ。
 草野球の世界って、広いようで狭いから悪い噂はすぐ広まるようです。態度が悪い、なんていう情報は早いんでしょうね。
 草野球は土曜日や休日に集まってプレーを楽しむもの。勝てればうれしいけど、負けてもその反省を糧に次の試合に臨めるわけだから、できるだけ気持ちよく試合できる相手がいいですよね。去年もそうでしたが、今年も新型コロナウイルスの感染拡大のために、なかなか試合ができていませんけど、早く試合をして楽しみたいと思っています。
 
​​​​​






最終更新日  2021年07月29日 01時14分26秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年07月04日
テーマ:草野球!(441)
カテゴリ:野球
今日は、緊急事態宣言も明けたので久しぶりの草野球の試合があるということで、住之江公園野球場へ行きました。ここは、高校野球大阪大会の予選でも使われるいい球場なんです。抽選でここが当たるとはすごいことなんですよ。
 でも、試合は中止になってしまいました。確かにこのところ雨が多かったし、昨日も時折雨が降るし、今朝も奈良は雨だったんですけど、住之江公園近辺は小雨が降ったけどすぐにやんでいました。加えて、私たちが確保していた前の時間帯では、他のチームが練習試合をしていたし。だから、中止判断は早すぎたんじゃないかってね。まぁ、監督が相手チームと相談した結果だそうだけど、相手チームはすでに10人来ていたし、こちらは5人しか来ていない・・・。っていうか、それにも問題があるんだけどね。

 そこでどうしたか? 相手チームとしてはせっかく10人もいるし、やはりどうしてもやりたい。たとえ練習でもいいからとのこと。もちろん、私を含めた5人も同じ意見でした。そして、紆余曲折があって、何とか変則的な練習試合ということで実施することにしました。

 というわけで、相手はDKALLSTARSさん。最初に相手チームの内野ノックに混ぜてもらって合同で練習しました。こういうのって、いいですよね。草野球好きが集まって敵味方関係なく練習って、職場の野球部の合宿ではよくそんなことをしていました。
 練習試合は、守りにはガゼルス5人に相手チーム4人が加わってもらって、残りは打撃を行うというものでした。私はキャッチャー、投手はI5さんとU27さんが投げました。
 打つ方は私以外の4人がいい当たりを打っていまして、I5さんは場外にホームランを打っていました。蚊帳の外はいつものこと、私。昨日の夕方バッセンに行ったんだけど、さっぱりでした。三振二つと死球2つですからね。
 そんな散々なバッティングは別にいつものことだからいいのですが、キャッチャーでは見事なトリックプレーを魅せました。満塁のピンチに左中間を破られて1点は仕方ないとしても、2人目のランナーをアウトにしたのですが、それは私がコリジョンルールに引っかからないようにホームベースの前でいかにも中継からのボールが全然やってこないというようなボーっと突っ立っていました。そこへ中継からの見事な球がやってきて、そのボーっとしたままキャッチして、すぐさまランナーへタッチ! ドンピシャのタイミングだったのでランナーはアウトになりました。タッチされてアウトになったランナーにしてみたら、私がボーっと突っ立っているのを見て油断したんでしょうね。相手チームも「あれはキャッチャーがうまいわ」って言っていましたが、トリッキーなプレーをすることができてよかったです。
 そんな感じでお互いのチームともに、蒸し暑い日でしたがいい汗を流すことができて、ちゃんとした試合はできなかったけど一日が無駄にならなくて楽しむことができました。

 ところで、今年はチームのユニフォームを一新したのですけど、まだそれを着て試合をしていませんでした。今日がその日になるはずだったのですが、それは次にお預けになってしまいました。でも、一応それを着て練習試合はしました。



 こんな感じの白地に緑色の文字のユニフォームです。O8さんのこだわりの詰まったユニフォームで、私の妻もいいデザインだと言ってました。
 それから、アンダーシャツもストッキングもベルトも緑色をネットで探して揃えました。緑色ってなかなか量販店でも置いてないんですよ・・・。白地がベースだからこの住之江球場のような黒土は汚れが目立つのが難点ですけど、かっこいいからまぁいいか。(写真はわざとに小さくしています)

 最後にDKALLSTRASさん、ありがとうございました。






最終更新日  2021年07月04日 23時08分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年01月29日
カテゴリ:野球
 「マー君」が杜の都に帰ってくる-。米大リーグ、ヤンキースからフリーエージェント(FA)となっていた​田中将大​投手(32)が、プロ野球東北楽天へ8年ぶりに復帰すると発表された28日、東北のファンは大エースの帰還に沸いた。【河北新報から引用】

 ​こ​れはびっくりしましたね、東北のファンも大喜びでしょうね。8年ぶりの日本球界復帰、パ・リーグはますます盛り上がるでしょうね。
 それにしても、田中投手はFAしたもののほかのチームからは誘いはなかったのは、なぜなんでしょうね。あれだけの実力があるのにね・・・。メジャーもコロナ禍で思うような実入りがないし、それでも実力のある選手を手元に置くためにいろいろ考えた結果なんでしょうけど。もしかしたら、田中投手の代理人がふっかけすぎたとか・・?

 メジャーで活躍した選手が日本球界に戻ってくるケースはこれまでにもありましたが、私が印象に残っているのは、2015年にカープに復帰したレジェンド黒田さんです。カープからメジャーに移籍してメジャーでも大活躍、2014年のシーズンオフにカープへ復帰するわけですが、その時点でもヤンキースが40歳になる黒田さんに21億円のオファーをしていたにもかからわず、それを蹴ったんですからね。当時の黒田さんの実力だったら、そのままメジャーで選手生命を全うすることもできたんでしょうけど、「最後は日本で、カープで」という気持ちがあったんでしょうね。
 だから、21億円のオファーがあっても「いや、カネじゃないねん」ということで、戻ってきてくれた男気、びっくりしました。いつかはもどってきてくれる、とは思いながらたぶん無理だろうなって思っていましたからね。それが現実にもどってきてくれて、2016年にはリーグ優勝に貢献、有終の美を飾ってくました。できれば日本一になってほしかったけどな・・・。

 田中投手の場合は、黒田さんの時とは状況が全然違うのですけど、コロナ禍で気分的にも落ち込んでいる野球ファンを勇気づけるためにも、メジャー仕込みのピッチングを見せてほしいですね。







最終更新日  2021年01月29日 22時49分29秒
コメント(2) | コメントを書く
2020年12月10日
テーマ:ニュース(97587)
カテゴリ:野球
​​​​​​​ 興和とナゴヤドームは10日、中日が本拠地にしているナゴヤドームのネーミングライツ(命名権)を興和が5年間取得することで合意したと発表した。これにより、来年1月から名称が「バンテリン​ドーム ナゴヤ」に変更に。新名称が発表されるや、ネット上では大きな話題に。ツイッターのトレンドを一気に駆け上がり、1位になった。​​  略称表記は調整中で、正面の案内看板などに名称が掲示される。ナゴヤドームは「『バンテリンドーム ナゴヤ』は、当地にある唯一のドーム球場のイメージにもあった素晴らしいものであると確信しております」と期待した。1997年3月の開場以来、命名権を導入するのは初めて。セ・リーグでは、広島の本拠地「MAZDA Zoom-Zoomスタジアム 広島」に続き、命名権を導入したのは2球団目となる。  名古屋市に本社を置く興和は、ファッションや雑貨、健康関連商品など幅広く手がける専門商社。「バンテリン」は、筋肉や関節の痛みをやわらげる同社の代名詞的な商品で、その名をドームに冠することになった。  この名称にファンは続々と反応。スポーツ選手の強い味方なだけに「怪我人でなさそう」「強そう」「略して板東」「これはpaypay​超えた…」などと騒然だった。【FULL-COUNTから引用​​​​​​

 今シーズンが終わって、戦力外や契約更改、FAなどでストーブリーグがにぎわっているプロ野球ですが、球場のネーミングライツとしてナゴヤドームの名称が変更されるとのこと。名古屋市に本社を置く興和株式会社がその名づけとして「バンテリンドーム」になるとのこと。「興和株式会社」と書くとちょっとわかりづらいかもしれないけど「コーワ」とカタカナで書くとわかりやすいかもしれませんね。そうです、あのキャベジンとかコルゲンとかを作っている会社です。薬局の前にあの緑色のカエルの置物を見たことがあると思いますけど、あれもコーワのキャラクターのケロちゃんコロちゃんでしたね。名古屋に会社があったんですね。

 そんな名古屋ゆかりの会社がナゴヤドームのネーミングライツにより名称を変えることになったわけですが、「キャベジンドーム」でもなく「コルゲンドーム」でもなく、はたまた「ケロちゃんドーム」でもなく「バンテリンドーム」にしたのは、やはり「スポーツをして筋肉痛」からの「バンテリンで和らげる」という流れなのでしょうか(笑)。
 それにしても、略称はどうするんでしょうね。例えば、マツダスタジアムの場合は「ズムスタ」なんてよばれたりしますが、まさかの「バンド」?それは略しすぎか。ネットのコメントにもありましたけど、意外と「Vドーム」とかになるのかもしれませんね。
 それと、中日ドラゴンズの応援歌「燃えよドラゴンズ」の歌詞には、『ナゴヤドームに詰めかけた』というところがありますが、ここはどうするんでしょう? 「バンテリンドーム」では座りが悪いから、ここはそのまま「ナゴヤドーム」なのかもしれませんね。

 さて、最近はネーミングライツで球場の名称が変わっているので、なじみがないと「それどこ?」ってなってしまいます。福岡ドームなんて、ヤフードームがなじんできたと思ったら、ヤフオクドームに代わって今年からはペイペイドームでしょ? いくらなんでもペイペイって・・・。ホークスファンの人はこのネーミングってどうだったんでしょうね、まぁ日本一になったからそれは関係ないのかな。
 大阪の大阪ドームだって、かなり前に「京セラドーム」ってよばれるようになっているし、グリーンスタジアム神戸だって、ヤフーBBスタジアム→スカイマークスタジアムを経て、今はほっともっとフィールド神戸。こうなってくると、よほど詳しい人しかわかりませんよね・・・。

 話を戻して、バンテリンドームと名称を変えるナゴヤドーム。ホームラン賞にはバンテリン関係の詰め合わせとか、シーズンのMVPにはバンテリン1年分とかが出るのかな?(笑)。
 とりあえずは、来年こそは例年通りの試合数がこなせて、大勢のファンが球場で大声出して応援できるようになればいいですね。






最終更新日  2020年12月10日 22時18分22秒
コメント(2) | コメントを書く
2020年11月29日
テーマ:草野球!(441)
カテゴリ:野球
 今日は、北加賀屋野球場で練習試合があり、11人が参加でした。相手は、先日対戦したメッツ倶楽部さんとの対戦でした。



 何気ない試合前の光景ですが、この緑色の現在のユニフォームはとりあえず一旦は今年いっぱいまで。来年からは新しいユニフォームになります。このユニフォームもセカンドユニフォームになるのかな?デザイン的には、これも気に入っているからね。

 今日は久しぶりのサードで出場、T16さんが先発でした。試合は、初回に相手投手の乱調と連打が重なって打者一巡の猛攻で5点をあげ、その後も加点していきました。T16さんは今日は制球が定まらず、ランナーをためることが多かったのですが、それをゲッツー2つでアウトにするなど守りがよくがんばっていました。結局7-0で勝ちました。
 
 私の成績は、久しぶりにヒットが出まして、センターへクリンヒット! ちょっと打ち方を変えてみているのですが、それがよかったみたいです。サードの守備も2つこなしましたが、ノーエラーでした。


【今日の成績】
 1打席目 死球
 2打席目 投ゴロ
 3打席目 中安打


  32打数5安打0打点6三振5四死球  打率.156






最終更新日  2020年11月29日 22時00分51秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全684件 (684件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 69 >


© Rakuten Group, Inc.