000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あけやんの徒然日記

PR

全270件 (270件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

子どもたちのこと

2020年10月30日
XML
カテゴリ:子どもたちのこと
今日の話は、書こうか書くまいか迷ったんですけど、とりあえず書くことにしました。今年4月から和歌山の職場に勤めていた私の娘ですが、この度その職場を辞めました。3年前も体調不良で入退院を繰り返していて結局は辞めてしまったのですが、今回も部位こそ違え℃体調不良ということで辞めました。

 実は、今年夏くらいから腰痛を発症し、それがなかなか治らず病院にもかかっていたのですけど、会社側からは「治る見込みがなければ引き続き勤めてもらうのは厳しい」という通告を受けていたそうです。そのために精密検査を受けていたのですが、診断の結果は「(腰痛の)原因がわからず、治る見通しも不明」ということになり、ついに決断することになりました。
 娘が会社側へ報告する日、私もその日は一緒に行っていたのですが、会社側としてもそういう結果であればやむを得ない、とのことでした。会社側として原因がわからず、しかも治る見込みがなく、生産性のない者を置いとくだけの余裕がないということなんでしょうね。つまり、「早く辞めてほしい」と遠回しに言われているようで、なるほどそういうことなのか、って思いました。

 それから、住んでいた寮からの引っ越しは土日で行うのかと思いきや、会社側からは「その日のうちに荷物を出してほしい」ということを言われ、時間はかかりましたが何とか車に積み込みました。私の車がデリカSWと大きな車だからできた芸当なのですけどね・・・。
 でも、4月以降コロナ禍で苦楽を共にした同期入社のメンバーには一切会うことができず、まるで夜逃げ同然のように寮を後にするのはいくら何でもかわいそうに思いました。これも前出のとおり一日も早く関係を清算してほしいということなのかなって思いました。

 荷物を積んで帰るときに、娘が「この仕事は向かなかったのかな・・・縁がなかったな・・・」とポツリと口にしたのを聞いて、3年前と同じ結果になってしまったのをとても残念に思っているようでした。残念な気持ちは私もそうでして、これがきっかけに引きこもりにならないか心配しています。

 ところで、同期入社のメンバーとは会うことができなかったのですが、家に帰った夜遅くに娘のケータイに電話があったそうで、苦楽を共にしたメンバーが泣き崩れているとのことでした。特に、数日前に研修に行ったそうで、仕事の一環とはいえ久しぶりだったこともあって楽しく過ごせたにもかかわらず、その数日後には顔を合わせることなく仕事を辞めているんですからね。しかも、私の娘の方が少し年上だったこともあって頼られていたみたいですから、ショックも大きかったようで・・・。まぁその辺は悲しいのは一時的なものだと思いますけどね。

 さて、現在はコロナ禍でどこの会社も業績不振で人員整理などを行っている真っ最中、そんな状況の中で新しい仕事なんてなかなかあるわけがないのですが、娘にはまずは体を元に戻してもらって、次の道に進んでほしい、変な気持ちを起こさないようにしてほしい、と思っています。






最終更新日  2020年10月30日 23時34分16秒
コメント(2) | コメントを書く


2020年08月10日
カテゴリ:子どもたちのこと
今日は、和歌山の職場に勤めている上の娘を迎えに和歌山まで行きました。3週間ぶりに、お盆ということもあっても戻ってきました。仕事は忙しいみたいですし、例の新型コロナウィルスの関係もあったんですけど、16日までの予定で戻ってくることができました。



 晩御飯は、上の子供が大好きなサーモン尽くし。今日は手巻き寿司にしてみました。昨日、コストコへ行って買ってきたサーモンが早速役に立ちましたし、上の娘も大喜びでした。まだまだサーモンはありますので、当分はサーモン尽くしです(爆)。






最終更新日  2020年08月10日 21時39分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年03月29日
カテゴリ:子どもたちのこと
私の子供たちは、来月から就職や進学で我が家を離れて生活することになっています。それはそれで親としては心配なんですけど、新しい道に向かって進むということで、これは仕方ないのかなって思っています。

 上の子供に対しては、先日引越しの荷物を和歌山までもっていくのを手伝いました。私の車いっぱいに荷物を積んで持って行きました。上の子供は3年前にも和歌山で就職したのですが、体を壊してその年末にはその職場を断念したんです。今度も再び和歌山の職場ということで前みたいなことにならないかとても心配です。その後は、発症していないから大丈夫だと思うのですけど、環境が変わりますからね・・・。
 
 下の子供に至っては、北海道函館での生活となりますが、とてもそこまでは荷物を持っていくことはできないので宅配便で送ることにしました。160サイズの箱に4箱と140サイズの箱1箱の合計5箱、料金も1万円超えになりましたが、これも仕方ないです。これらの荷物の中身は衣類等でしたが、段ボール箱いっぱいに詰めて送りました。ちなみに、段ボール箱は、重量段ボールとか二重段ボールとか言われるもので、これだったらかなり丈夫だし複数回使うのも可能だから。

 ところで、これらの荷物には、家電や家具は含まれていません。家電はレンタルで、家具はニトリのオンラインで購入して直接送ってもらうことにしました。家電のレンタルは、以前出向していた時の上司がレンタルでも十分だったという話を聞いたのでそのようにしました。卒業したら奈良へ戻ってくる場合には、レンタル品を返して、家具の類はきれいに使っていたら中古で出すこともできるしね。

 4月からは、夫婦ふたりだけになるし、子供たちは遠方にいるし、なんだか寂しくなりそうです・・・。






最終更新日  2020年03月30日 01時20分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年03月01日
テーマ:草野球!(440)
カテゴリ:子どもたちのこと
今日は、未明からの雨も上がって霧の朝でしたが、そのうちに霧も晴れていい天気となりました。今日は、私の息子の高校の卒業式。アベシンゾーの勘違いリーダーシップ(あと、唐突とか思いつきとかも点きますが)のせいでかなりかなりさみしい式典となりました。



 式典には2年生も参加する予定だったそうですけど、参加することができず、式典が終わってからは恒例の2年生が花道を作ってそこを卒業生が歩いていくという光景は見られずじまいでした。そんなさみしい式典でしたが、卒業生退場の時には、各クラスが趣向を凝らして担任の先生への感謝をパフォーマンスで表していたのは面白かったです。
 この写真をご覧いただくとわかるように、隣の人と接近しないように椅子を離して配置し、前の方に卒業生が座っています。本来なら2年生も一緒だと思うので、もう少し保護者席は後ろの方で結構詰め詰めではないでしょうか。

 そういえば、卒業生の答辞の中で夏休みには学校にやってきて勉強や面接の練習、小論文の添削などをしていたそうで、これは学校は違いますが私が高校3年生だった35年前もそうだったなぁって思い出しました。家で勉強していても気が散るし、わからないところを今だったらネットで調べることができるだろうけど、当時はそんなものはない。だったら、学校へ行って誰かに聞けばいいとうことで、片道7kmの道のりを自転車で通っていました。そして、特に苦手だった理数系の勉強を教えてもらっていて、逆に得意な地理・歴史系をクイズ形式にして出題したりしていました。そうやって、みんなで助け合っていましたが、それは今でも学校が違っても同じなんですね。
 
 卒業生退場の時には涙ぐむ生徒もいましたが、就職する人と進学する人に分かれるわけで、就職する人はいきなり4月から社会人、進学する人も私の息子のように親元を離れて遠くの土地で一人暮らしという人もいるわけで、仲のよかった友達と離れ離れになり、新しい生活が始まることから期待もあるが不安が大きいかも知れない、楽しかった学生時代はもうもどらないと思うと、複雑な気持ちがでているのかなって思いました。私も高校卒業して就職した方なので気持ちは分かります。就職すれば、同級生と会うことなんてほとんどないですからね、同窓会とか行けば別ですけど。
 ちなみに、私の卒業式の思い出話は、​2006年3月7日のこのブログで​紹介していますので、そちらもご覧下さい。

 さて、式典が終わってから、妻は息子が在籍していたバスケの親御さんとお食事会他の予定があったので、私は列車で帰りました。学校の最寄り駅は、近鉄大阪線の松塚駅だったのでそこまで歩きました。ちなみに、この駅を利用するのは初めてです。



 築堤に作られたような駅で、この駅周辺は狭い道が多いのです。車では何度か通ったことはあるのですが、私のデリカSWではなかなかしんどいです。



 ホームに上がると、大阪上本町行急行が通過していきましたが、このあたりは直線が多い区間なので毛通過列車は結構飛ばします。この駅は、普通と準急、区間準急が止まる駅なので、この写真を撮ったあとも結構待ちました・・・。






最終更新日  2020年03月01日 22時46分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年02月11日
カテゴリ:子どもたちのこと
今日は、一日いい天気だった奈良地方です。
 朝から息子が「散髪へ行きたい」ということで、私がいつも行っている東淀川区のカットサロンまで行きました。証明写真を撮らなければならないが、しっかりセットをしてほしいとのこと。まぁ、私も若い頃はそうだったかなぁと思いながら連れて行きました。

 そのあとは、堺の実家へ移動。母親が進学する息子へお祝いを渡したいということを前々から話していたので、今日行くことにしました。母親にとっては孫といえば二人だけ、しかも自分の子供たち(私と弟)さえ行くことができなかった大学生になるということで、母親も喜んでいました。ただ、北海道だからちょっと遠いわなぁ~

 母親が少し寂しくなるだろうということを思ってか、息子は一緒に買い物に行った時にカートを押してあげたり荷物を持ってあげたりと、息子が普段は見られないことをしていました(笑)。

 進学するまでの間、機会があったらまた行ってあげて欲しい、と思いました。






最終更新日  2020年02月11日 23時11分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月28日
カテゴリ:子どもたちのこと
今日は、下の息子の誕生日でした。18歳、早いものです。今は検定や資格、受験のための勉強をしていまして、このところようやくやらなければという意識になってきているみたいですけど、もっと早く着手していればよかったんだけどね・・・。



 今日は早めに帰ってみんなで食事しました。中央のリボンの箱は・・・。



 バームクーヘンでした。「クラブハリエ」のもので、下の息子のお気に入りのバームクーヘン、外箱は誕生日仕様のものになっていました。



 私は、暑い時期なのでなんばの「北極のアイスキャンデー」にしました。これも、下の息子が好きな抹茶を入れておきました。

 ちなみに、学校ではバスケのチームメイトや彼女からもプレゼントをもらったようでよかったです。






最終更新日  2019年06月28日 22時13分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月01日
カテゴリ:子どもたちのこと

 今日は、下の子どものバスケットボールの試合を見に行ってきました。先日の試合では強豪の天理高校に負けてしまったので決勝リーグに進めず。そこで、順位決定戦にまわりまして今日は奈良情報商との対戦でした。



 橿原公苑の中にある体育館で、ネーミングプライツでジェイテクトアリーナという名称となっています。



 試合の方は、先日の試合でことごとく入らなかったシュートが決まるし、攻撃のリズムもよかったと思いました。下の子どもも途中から出場、同じく先日の試合ではシュートが全く入らなかったのですが、今日はスリーポイントが決まっていたし、味方へのアシストもよくできていました。また、相手のパスをカットして、それを拾ってシュートを決めるという先日の試合でそれを見せてくれっていうくらいの出来でした(笑)。
 試合は勝ったのですが、本人はまだシュートミスが多かったのを反省しているようです。あすは本当に最後の試合となるので、しっかりとがんばってほしいと思います。

 ところで、この試合は下の子どもが小学六年生のときに担任だったH先生も応援に駆けつけてくれていました。しかも、動画を撮影していただいていたようでありがたかったです。スリーポイントシュートがきれいに決まったものは、本人も喜んでいると思います。







最終更新日  2019年06月01日 21時25分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月19日
カテゴリ:子どもたちのこと
今日は、先週に引き続き下の子どものバスケットボールの試合を見に行きました。



 負けたらそこで終了という状況で、序盤は波に乗れない状況でしたがそこは強豪校の強さですね、きちんと立て直して加点していきました。

 下の子どもは途中から出場、シュートを打つもなかなか決まらず。それでも、パス回しやアシストはうまく、相手へのプレッシャーもかけていました。そして、前半終了間際、タイムアップ寸前でに放った3ポイントシュートが決まってからはきちんと入るようになり、後半も途中からの出場でしたが要所で3ポイントシュートを決めていました。

 試合は86-28(だったかな?)で勝って、25日の次の試合に駒をすすめることができました。
 25日の対戦相手はさらに強いチームとのことです・・・。






最終更新日  2019年05月19日 22時55分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月07日
カテゴリ:子どもたちのこと

 今日2月7日は上の娘の誕生日でした。21歳になりましたが、一時期の病気はマシになっているものの、依然として投薬と月一回の病院での検診はあるので、まだまだ完全ではないようです。それでも、次のステップに向けて頑張っています。



 そんな娘のお気に入りのケーキの一つである、ケーニヒスクローネのケーキを買って帰りました。2年まの誕生日もこれでしたが・・・。



 シフォンケーキのスポンジがおいしくて、娘も大喜びでした。 







最終更新日  2019年02月07日 23時23分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月11日
テーマ:修学旅行(69)
カテゴリ:子どもたちのこと
私の下の子ども(高校生)は、今週火曜日から今日まで修学旅行に行っていました。行き先は南九州で、博多まで新幹線、博多からバスで宮崎へ移動、帰りは鹿児島空港から飛行機でもどってくるというパターンでした。
 
 宮崎では青島へ行ったり、ラフティングをしたりなど普段できないことを満喫して、結構楽しめたそうです。そして、ちゃんと家のおみやげや堺の私の母親へのおみやげも買ってきていました。よしよし、ちゃんとわかってんじゃんか。
 それにしても、修学旅行で宮崎は珍しいかな。かくいう私は九州では唯一足を踏み入れていない県が宮崎県なのでちょっと羨ましく思うんだけどな。上の子どもの時は沖縄だったのですが、同じ県内の学校でも違うんですね。
 
 私が高校の時の修学旅行は、往路は大阪南港から船で志布志へわたり、バスで知覧、指宿、鹿児島、霧島と移動して、最終は博多までバスで移動して新幹線でもどるという強行軍でした。私が高校生の時は、修学旅行は長野へスキーというのが定番でしたけど、今はそういうところはないのかな。

 さて、高校の大きな行事の一つである修学旅行が終わったので、下の子どもには勉強の方もがんばってもらわないといけないんだけど、大丈夫なのかなってね。






最終更新日  2018年10月11日 23時06分57秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全270件 (270件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.