2117973 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あけやんの徒然日記

PR

カテゴリ

お気に入りブログ

石清水八幡宮駅 New! ぐうたらたぬきさん

台風19号に注意せよ! 志津ママさん

zikomo days in Mala… あばぷひ★さぶさん
ごきげんいかが? サクランボ2008さん
睡眠時無呼吸症候群… とんかつの父さん

コメント新着

あけやん2515@ Re[1]:ワゴンRの12ヶ月点検・・・(10/19) New! ぐうたらたぬきさん、いつもありがとうご…
ぐうたらたぬき@ Re:ワゴンRの12ヶ月点検・・・(10/19) 最近は、夏冬以外でも窓を閉めて走ること…
あけやん2515@ Re[1]:運転免許の更新・・・(07/23) だいや46さん、いつもありがとうございま…
あけやん2515@ Re[1]:代車であおり運転するクズ野郎・・・(08/15) だいや46さん、いつもありがとうございま…
だいや46@ Re:運転免許の更新・・・(07/23) 免許更新おめでとうございます(深視力あっ…

バックナンバー

プロフィール


あけやん2515

全76件 (76件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

バス・タクシー

2019年07月25日
XML
テーマ:バスの話し(65)
カテゴリ:バス・タクシー
今日は京都府福知山市へ出張でしたが、22日は滋賀県野洲市へ出張と今週は結構動きました。
 さて、その滋賀県野洲市へ行った際に、停まっていたバスを見て写真に収めました。



 近江鉄道バスですが、車体をよく見ていただくとバスの出入り口が三箇所あることがお分かりいただけるかと思います。前側の折戸、中扉と後扉は引き戸になっているものですが、このような3箇所の出入り口のあるバスは、関西では珍しいものです。奈良交通では例がありますが、そのほかではかなり少ないのです。その理由はよくわかりませんが、関西では今でこそ「中のり前おり」のスタイルですが、元々は「後ろのり前おり」が多かったせいで、関東のような「前のり中おり」であれば早く乗客を降ろすために「前のり中&後ろおり」というのもありうるのですけどね。

 ただ、昨今のバリアフリーという点から、低床車両の車両が増えたことと、その構造上から「前中扉」の仕様しか作られないことから、このような三扉車はいずれは姿を消すことになりそうです。

 この近江鉄道バスの車両は、おそらく東京の西武鉄道からの移籍車だと思われます。






最終更新日  2019年07月25日 23時14分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月04日
テーマ:バスの話し(65)
カテゴリ:バス・タクシー
3月16日に全通したおおさか東線に乗ってきましたが、その中で下車した城北公園通駅前でこんなものをみかけました。駅のホームから見えたんですけどね、気になるので降りてみました。



 はい、廃バスですね。バスファンの方ならこの後ろ姿でわかるのではないでしょうか。年式はわかりませんが、三菱ふそうのMK116ですね。



 公民館のような感じで使われているんでしょうか。後ろ扉はオリジナルでは引き戸なのですけど、ここにはシャッターが取り付けられています。ここから入るんでしょうね。



 前にまわるとこのバスの特徴がよくわかる表情がありました。

 前にもこのブログで紹介しましたが、バスはシャシーメーカーとボディーメーカーが同一でないことがあるのですが、このバスはシャシーは三菱ふそう、ボディーは呉羽車体となっており、しかもライト周りが特徴的なモデルとなっています。

 このバスは、公民館的な使われ方をしているのか、塗装は緑色一色に塗られて窓の部分も塞がれていて大阪市営バス当時の外観はほぼ原型をとどめていませんけど、屋根に特徴的なアンテナが残っているなど一部には大阪市営バス当時の面影が残っています。






最終更新日  2019年04月04日 22時33分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月21日
カテゴリ:バス・タクシー
​ 国土交通省は12日、目的地までのタクシー運賃を乗車前に確定させる新サービスを2019年度に導入する方針を決めた。スマートフォンの配車アプリを使って車を呼ぶ際に利用できる。渋滞や迂回(うかい)で運賃が高くなる不安をなくし、需要を喚起する狙い。4月にも通達を改正し、地方運輸局の準備が整った営業区域から事業者の申請を受け付ける。同省は全国展開したい考えだ。

 新サービスは、タクシー各社が用意するアプリを使って客が乗車地と目的地を入力。表示される経路と運賃に納得すれば確定となり、運転手の判断で経路を変更されても運賃は変わらない。

 客は、従来通りの距離や時間に応じたメーター運賃を選ぶこともできる。客の都合で経路を変更した場合は途中からメーター運賃に切り替わる。天候やイベントなどによる大規模な交通規制の発生など、サービスが利用できなくなるケースもある。

 国交省は17年8月~10月に都内で実証実験を実施。メーター運賃との差はほとんどなく、利用者の7割が「また利用したい」と回答した。【SankeiBizから引用】

 このサービスはありがたいって思います。特に、あまり行ったことのない場所でタクシーに乗る際にはいいかも。私の場合、タクシーに乗ることが予定にある場合、事前にタクシーポータルサイトなどでおおまなか金額を算定しているのですけど、あくまでも目安ですからね。混雑している場合や通るルートによってはそれ以上かかることもありますから、乗っていてもメーターが気になって仕方ないんですよね。

 そんなところをいわゆる目的地までを「定額制」のような感じになるんですね。定額制だったら、先に運転手にお金を渡せばいいし、急ぐときはそんなこともできるからいいなぁってね。
 まぁ、大規模な交通規制があった場合はこのサービスは利用できないみたいなので、混雑時期は使えないのか・・・。

 観光地などでは使えるサービスかなぁって思っています。







最終更新日  2019年03月21日 09時40分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月14日
カテゴリ:バス・タクシー
  京都市内のバス停で路線バスに備え付けのインターホンのブザーを押したのに、ドアを開けてもらえないのはおかしい-。「家族が乗車を拒否された」という男性から疑問の声が寄せられた。停止して応答しているのだから、ドアを開けるぐらいできそうなものだが、運転手側にも言い分があるようだ。出発前後のブザーによる呼び出しにどう対応しているのか、市内のバス事業者や運転手を取材した。

 男性は左京区の会社員(55)で、バスに乗るのは義母(79)だった。義母は1月5日午後8時20分ごろ、同区の花園橋バス停から四条河原町行きの京都バスに乗ろうとした。バスは出発時刻前に到着し、時間調整のために停車中だった。義母は足が不自由なため、先にバス停に着いた家族が運転手に「少し待って」と声を掛けておいた。ようやく義母が着いたが、後部ドアが閉まったため、家族がドアの横にあるインターホンのブザーを押すと、運転手は「時間なので発車します。次のバスをご利用ください」とアナウンスして発車したという。
 男性によると、義母は発車時刻にバス停に着いたといい、「お願いしているのに発車するなんて『いけず』だ」と納得できない様子だ。
 一方、京都バス(右京区)の言い分は食い違う。ドライブレコーダーの映像などを調べた結果、運転手は家族の要望を受けて待っていたが、発車時刻を4秒過ぎたため「時間なので申し訳ないです」とアナウンスしてドアを閉めると、家族にブザーを押された。さらに定刻を過ぎたため、再度アナウンスして発車した。運転手は「家族は見えたが、高齢女性がいたという認識はなかった」と説明しているという。
 京都バスは「発車時刻を過ぎているのに特定の人を待てない。車内に他の乗客がいるし、先のバス停で待っている人もいる」と理解を求める。
 インターホンのブザーを設けている理由について、京都市バスを含む多くのバス事業者は「バスが大勢の乗客を降ろしている間や防寒のためにドアを閉めて待機している間、乗客が運転手にドアを開けてもらって乗車したり、行き先などを尋ねたりすることを可能にするため」と説明する。発車時刻になってドアを閉めた段階では運転態勢に入っているとの認識で、その後の無理なブザーの使用を控えるよう求めている。【京都新聞から引用】

 路線バスのほとんどがワンマン運転のため、バスの車体外に運転手と会話できるようにインターホンが設けられています。私は使ったことがないのですが、ボタンを押すと運転席にブザーで知らせてそれに運転士が応答する、もしくは乗車口の扉へ出向くというものだったと思います。また、このインターホンの目的は本文に書かれていますが、今回の記事になっているものは「いけずだ」とクレームを言っている男性の方がおかしいんじゃないかって思います。

 まず、バスは公共の乗り物で、この男性の義母専用のものではありません。発車時刻になればバスは出発するのは当然、それが4秒でもすぎれば発車するものなんです。「そのくらい待ってくれても影響ないだろう」って思うかもしれないけど、その4秒のためにその他大勢の利用客は迷惑を被るわけです。しかも、足が不自由ということになれば、最近の路線バスに多いノンステップバスといえども乗ってから座席に座るまでかなりの時間をロスすることが目に見えてますから。運転士としては、ちゃんと仕事したということになるでしょうね。
 中には待ってくれる運転士もいるかもしれないけど、本来はやってはいけないことなんだし、これも本文に書いているとおりですわ。その次のバス停でも待っているお客はいるわけだから。

 だから、この「いけず」だという男性がすべきことは、バス会社に文句言うのではなく、もっと時間に余裕をもってバス停に行くか、足の悪いという義母のためだというなら車内が混雑して転倒の危険や乗り降りに時間がかかってほかの客に迷惑がかかりそうな路線バスではなく、タクシーを利用する方がいいんじゃないの?

 そういえば、いつだったか大阪市バス(当時)に乗っていた時に、乗り遅れた客が信号待ちで停まったバスのインターホンを押して運転士がやむを得ず乗せたことがあったんです。運転士としてはバス停以外で乗せることはできないんだけど、そこでその客を放置すればほかの車に轢かれてしまうおそれがあるためやむを得なかったんだろうけど、個人的にはそんな客、放置しても差し支えなかったと思いますけどね。そんな客は一度甘い目にあうと、図に乗るからね。まるでどこかの国みたいにさ。

 話を戻して、本文にあった運転士は何も間違ったことはしていないから。たかが4秒ではないんですよ。







最終更新日  2019年02月14日 22時45分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月05日
テーマ:バスの話し(65)
カテゴリ:バス・タクシー
去年12月に岡山へ行きまして、路面電車の岡山電気軌道(岡電)に乗りましたが、岡山市内ではバス路線もなかなか魅力的なものでした。岡山市内では岡電バス、両備バス、下津井電鉄(下電)、中国JRバスなどを見られますが、バスボディーの色が茶色系統の宇野自動車もあります。



 これが宇野自動車のバスです。カフェオレ色とも言えそうな色ですよね。この宇野自動車、JR宇野線の宇野駅周辺を走っていることから社名になっているのではなく、社長さんのお名前が宇野さんだそうで・・・。だから、宇野のある玉野市には行ってないのです。




 宇野自動車のバスの特徴としては、車体の上部に取り付けられた五灯のマーカーランプです。昔の観光バスではよく見られたものですが、さすがに五灯もなかったですよね。



 しかも、この五灯のマーカーランプは前だけでなく、後ろにも取り付けられているという念のいれよう・・・。古いバスならいざ知らず、最近の日野ブルーリボンやふそうエアロスターにも例外なく装備されているんですね。それが宇野自動車の特徴にもなっているわけですが。
 それから、岡山市内は例の排ガス規制の対象外ということで、首都圏や近畿圏を引退した中古バスも活躍していますが、宇野自動車は積極的に新しいバスを導入しているようでした。

 岡山は、路面電車の岡電が魅力的でしたが、路線バスもなかなか面白かったので、また機会があれば行ってみたいです。






最終更新日  2019年02月05日 22時49分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月20日
カテゴリ:バス・タクシー
​​ 一部の民間バス会社による運行受託の撤退・縮小に伴って大幅な赤字に陥る見通しとなった京都市バスで、増収対策が焦点となっている。市バスの走行距離1キロ当たりの収入や運送収益は全国の政令指定都市などが運行している公営バスの平均を下回っており、有識者からは1日券の値上げや回数券の割引率引き下げ、大型手荷物の持ち込み料金徴収などにより、客単価を高める対策の検討を求める声が出ている。
(中略)
 市交通局は昨年、観光客を混雑が激しい市バスから市営地下鉄に誘導するため、バス・地下鉄1日券を値下げする代わりに、バス1日券を500円から600円に値上げしたばかりだが、委員からは状況の変化を受け、700円への再値上げや観光シーズンの販売中止など多様な案が出た。
 市バスの正規運賃は大人230円だが、昼間回数券は1枚当たり実質166円のため、割引率が高すぎるとして見直しを求める声も上がった。旅行用のキャリーバッグなど大型手荷物の持ち込みに追加料金を徴収する提案では、今春以降に導入が順次始まる「前乗り後降り方式」に合わせた導入を求める意見もあった。
 市交通局は19年度から10年間の経営ビジョンを策定中で、有識者委員会は増収対策を含めて1月末に答申する予定。
 市交通局は、現時点で正規運賃の値上げには否定的で、「収入改善に向けて他のあらゆる努力をしたい」としている。【京都新聞から引用】

 京都市バスの混雑が激しいことと民間事業者へ運行委託した路線が当該民間事業者が撤退することから、再び京都市営の直営になることも加わって赤字幅が広がるとか。加えて、このブログでも以前紹介しましたけど、市バスへの大きな荷物の持ち込みが多いために当該荷物への持ち込み料を検討するとのこと。

 何でもかんでも「官から民へ」にすればいいというわけではないのは、これでもよくわかりますよね。コイズミとかタケナカヘーゾーなんかの口車に乗せられてはいけないということなんですけど、京都市にとっては痛手ですよね。

 京都市バスは「中のり前おり」方式ですから、これを例えば都営バスのように「前のり中おり」にすればバスの後席の一部の座席をとっぱらえば、大きな荷物を持った人がそのスペースへ移動することも可能、ということでそういった方法も検討されているようです。

 ただね、そもそもそんな大きな荷物を持って観光すること自体をやめたらいいと思うんです。旅行者も大変でしょ、なんな馬鹿でかい荷物を引きずって京都の寺社仏閣って階段のあるところがたくさんあるわけだし、ほかの人にも迷惑だしね。
 だから、外国人向けのガイドブックには、

​​​「大きな荷物は、駅のコインロッカーに預けるべし」​​​

と書いてもらうことからはじめるのかな。もちろん、それに見合う大型のコインロッカーをたくさん設置する必要はあるけどね。
​​
 そういえば、去年の11月に仕事で京都へ行きましたけど、確かに大きな荷物を持った外国人もたくさんいましたね。私は海外に行ったことがないのですが、海外の観光地ではあれが普通のスタイルなんですか? もっと楽に動いたらいいのにって思うけど、お金がもったいないのかな・・・。

 話を戻して、京都市にとってはたくさんの観光客がきてくれることは歓迎かもしれないけど、各観光地への移動手段として、地下鉄の2路線ではさばききれていないし、バスは混雑だしなかなかしんどいですね・・・。






最終更新日  2019年01月20日 20時41分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月26日
テーマ:バスの話し(65)
カテゴリ:バス・タクシー
先日、和歌山へ行った時に和歌山バスで移動しましたが、そのバスの中で見つけたものです。



 これは、バスの非常口にあるカバーです。この中に非常口を開けるためのハンドルが入っていますが、非常時以外に使わないでね。

 さて、この絵を見るとちょっと懐かしいものが描かれています。バスの窓をみると、窓の上の方に描かれている窓は窓の隅にRがついたものになっています。この窓は、「バス窓」と言われているもので昔のバスで多く見ることができました。

 この窓は今のバスでは見られることはありませんが、このように非常口のカバーに描かれています。この絵も最近のバスには描かれていることはないみたいですけどね・・・。






最終更新日  2018年11月26日 23時05分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年08月29日
テーマ:バスの話し(65)
カテゴリ:バス・タクシー
今月初めに夏休みをとって神奈川県の三浦半島へ行きましたが、その際に三崎口駅で二階建てバスを見かけました。
 「KEIKYU OPEN TOP BUS」というネーミングで、このバスの塗装は、浜急行電鉄の2100形をイメージし、二階の窓のところのキャラクターは「けいきゅん」というそうです。



 二階建てのバスは、今でも夜行バスで使用されていますが、最近ではこのよに屋根が大きく開くように改造されているものが多いですね。屋根を大きく開いて、開放感抜群というところでしょうか。もちろん、突然の雨に対応できるようにスライド式の屋根が出てくるようになっていますが・・・。



 このバスを運行しているのが、京浜急行バスです。二階建てバスの横には、京浜急行バスの標準的な路線バス(日野ブルーリボン)が停車していますが、その大きさは歴然ですよね。
 二階建てのバスは、三菱ふそう製がそのほとんどを占めていますが、これも三菱ふそう製です。ちなみに、私も何度か二階建てバスに乗ったことがありますけど、写真を見れば一目瞭然なのですが、意外と室内高が低いので圧迫感を感じます。それと、荷物の保管スペースが思いのほか小さい。見晴らしがよくても、夜行バスでは関係ないし、たくさんの人が運べる以外はあまりメリットを感じませんね。そんなこともあってか、二階建て車両も新しいものがなかなかでていないようです・・・。



 でも、路線バスと比べてもこの存在感ですからね、やはり乗ってみたいのは確かです。特に、景色にいいところだったら余計そう思いますよね。ただ、残念なことに私は乗ることができませんでした・・・。時間的な制約もあったので、次の機会には乗ってみたいと思います。






最終更新日  2018年08月29日 22時17分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年08月24日
テーマ:バスの話し(65)
カテゴリ:バス・タクシー
今日は出張で富田林市へ行きました。富田林市は、先日来あまりありがたくない話で有名になってしまいましたね・・・。



 近鉄長野線の富田林駅です。駅前はきれいになっておりましたが、駅周辺は道が狭いなぁという感じでした。
 
 写真のバスは、金剛自動車(金剛バス)です。鉄道系列の会社ではない独立系のバス会社という珍しい会社で、バスのみならずタクシー事業も行っています。路線は富田林市と千早赤阪村や河南町に持っております。
 現在使用されている車両のメーカーは、シャシーが三菱製で車体が西日本車体のものが多いようですが、かつては金剛バス特有の仕様(例えば、側面の行き先方向幕がかなり横長)のものがありました。



 金剛バスの特徴としては、色合いが緑色の濃淡であることと、この「KONGO BUS」の表記です。華文字で表記するのはなかなか珍しいと思います。観光バスでは時折見かけることはありますけどね。

 ちなみに、この金剛バスを使って出張先に行ったのではありません・・・。乗ってみたかったけどね。






最終更新日  2018年08月24日 20時59分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年08月23日
テーマ:バスの話し(65)
カテゴリ:バス・タクシー
先日、奈良市のミ・ナーラにある奈良市美術館で行われていた「奈良を観る 大和路・バスがゆく」に行ってきました。ミ・ナーラといってもピンと来ないかもしれませんが、かつてそごう奈良店のあったところです。
 いろんな写真やパネル展示、昔の広告などが展示されていましたが、写真に撮ることはできませんでした。



 奈良県内で路線バスの営業が始まったのは、大正6年(1917年)5月で今の宇陀市大宇陀(当時は宇陀郡松山町)から桜井駅までの約13kmと言われています。その路線は松山自動車商会が始めたものですが、路線バスといっても今のような大きな車体のものではなく、どちらかというとタクシーみたいな感じ、もっというとジャンボタクシーに近いかもしれませんね。

 当時も今もそうですが、鉄道駅までの輸送としてバスは有効な移動手段だったんでしょうね。その後は、奈良県内のほかの地域でもバス路線が開業します。春日大社や東大寺、興福寺などがある奈良市内でも大正末期から各社が参入、競合が始まっていくわけです。その後は吸収合併などを繰り返すのですが、太平洋戦争中の昭和18年(1943年)に奈良交通が県下のバス会社を統合して今に至っています。ほかの都道府県では、複数のバス会社があることが多いのですが、奈良県では奈良交通一社(乗り入れてくるバス会社はありますが)という珍しい状況となっています。

 さて、奈良交通に統合される前の各社の路線図が展示されていましたが、前出のとおり街の中心部から最寄りの鉄道駅までの輸送はさることながら、当時から結構の距離を走る路線があったのが驚きでした。例えば、奈良公園近くから薬師寺や法隆寺などを経由して、私の住む王寺町を通って今の近鉄下田あたりまで結ぶ長大な路線もあったようです。道路事情は今と比べると遥かに悪い中で、どれくらいの人が利用していたのかわかりませんが・・・。
 そういえば、私がこの王寺町に引っ越してきたときは、王寺駅から奈良公園近くの高畑町を結んでいる路線バスもありました。JRだったら奈良駅まで30分くらいで結んでいますが、この路線バスだと確実に倍以上の時間はかかっていたと思うし、料金もかなり高かったんじゃないかと思います。今では路線短縮されてしまっていますが・・・。

 話を戻して、展示されている写真などは見るだけにとどまりましたが、昭和のはじめの頃の奈良市内の様子やそこからの街の発展を見ることができましたし、当時のバスや道路を行き交うトラックや乗用車など、私は食い入るように見ていました。また、当時のパンフレットとか広告もかなり貴重なものでした。
 気がつけば2時間以上ここで写真などをみていましたよ。

 また機会があれば、このような展示をしてほしいなぁって思いました。






最終更新日  2018年08月23日 22時15分02秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全76件 (76件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.