3389254 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あけやんの徒然日記

PR

全386件 (386件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 39 >

政治

2021年10月31日
XML
カテゴリ:政治
今日は、衆議院選挙でしたね。みなさんはちゃんといかれましたか? 私は昨日のうちに期日前投票を済ませました。その結果は続々とでているようで、落選者の中には有力者がいますが。当選確実になった連中の中には誰とは書かないけど老害のヤツもいますよね。ホント、どうなってんだ?

 それはさておき、北海道にいる息子から「選挙に行きました」という連絡とともにこのような写真が送られてきました。





「投票済証」です。函館市は世界遺産の史跡の写真が入ったデザインになっているんですね。
 この投票済証って、どの自治体も発行しているわけではないそうです。公職選挙法にはこのような書類を発行するような仕組みになっていないから発行していないとしているところが多いのかもしれません。私の住む王寺町では聞いたことがないんですけどあるのかな? 私は今回、期日前投票だったからなかったと思うんですけどね。
 ちなみに、調べてみると、投票済証を発行している自治体の中には、デザインが凝ったものがあったりしてほしくなるようなものもありました。投票率をあげようとすると、このような投票済証を発行して、それをお店に提示すると割引になるとか、投票済証を集めたくなるようなデザインにするとか工夫をしてみるのも一つの手かなってね。

 それにしても、息子がきちんと選挙に行って政治に参加しているって、成長したなぁって思いました。






最終更新日  2021年10月31日 22時51分50秒
コメント(2) | コメントを書く


2021年03月30日
カテゴリ:政治

菅義偉首相は30日、厚生労働省の職員23人が東京都による営業時間の短縮要請が継続していた24日に深夜まで東京・銀座の飲食店で会食していたことについて「大変申し訳ないことだ」と謝罪した。「​田村憲久厚生労働相が厳しく、こうしたことが二度と起きないよう厳重に対処した」とも語った。東京都内で記者団の取材に答えた。【産経新聞ネット版から引用】​

 これはさすがにダメですよね。政府では、飲み会でも「4人以下」とか「1時間以内」などと大きなお世話と思いながらも、何とか感染拡大を防ごうということで呼びかけを行っているところですが、中央官庁の一つ厚労省がそれやっちゃダメでしょ。
 ただね、気持ちはわかるんです。今の時期は、退職や転勤など人事異動がある時期。一応緊急事態宣言は解除されたところだし、桜も咲いて季節もよくなったということで「今まで我慢したじゃん」ということなのかもしれません。
 それに加えて、政治屋も会食自粛を緩和したそうですしね。

​​ 自民党は22日、新型コロナウイルス緊急事態宣言の全面解除を受け、党所属国会議員に対し、会食自粛の要請を緩和する通達を出した。二階俊博幹事長名で、大人数での会食を控え、感染拡大防止に最大限配慮するよう求める内容。首都圏1都3県に宣言が再発令された1月の通達は、人数にかかわらず「飲食を伴う会合への参加を控え、20時以降の不要不急の外出自粛」を求めていた。
 自民党では、宣言下で幹部らが深夜の東京・銀座クラブ通いなどをしていたことが発覚し、批判を浴びた。二階氏は記者会見で、今回の通達に関し「常識の問題であって、手取り足取り指示しない。同志を信頼している」と語った。【東京新聞から引用】
​​


​ 政府与党では、今回の事態を批判しているようですが、二階のおいやんがこんな通達を出すくらいの有様ですから、本件の公務員を非難することなんてできないんじゃないですかねぇ。政治屋が緩んでいるんだし、「同志を信頼している」って二階のおいやんが会食したくて仕方ないんじゃねぇのかよ。今回の厚労省の役人は更迭されるそうですけど、批判している政治屋に一発かましてほしいね。「お前らが言うな!」ってね。

 私の職場でも、今月いっぱいで退職される方がおられるし、職場野球部のOBにも退職される方がおられます。人事異動もあるし、本来ならみんなで集まってお別れ会などを行うんですけど、前出のとおり緊急事態宣言は解除されているものの、職場のある大阪は感染拡大が急速に進んでいるし、こんなご時世なのでとても残念なんですが、グッと我慢して今年も実施しないことになりました。私どもはここまで頑張っているし、おそらくみなさんの職場でも同じだろうと思うんですけど、だったら、政府与党もしょうもない通達なんか出してんじゃねぇわ!​

​​​​







最終更新日  2021年03月30日 22時31分08秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年03月23日
カテゴリ:政治
​自民党の二階俊博幹事長は2​3日午前の記者会見で、令和元年7月の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で公職選挙法違反の罪に問わ​れた元法相の衆院議員、河井克行被告=自民党を離党=について「本人も大いに反省しているようだが、党もこうしたことを他山の石として、しっかり対応していかなくてはならない」と述べた。​​​  二階氏は「いやしくも、政治で国民の皆さんにいろいろな協力を求める立場なので、国民の皆さんから後ろ指をさされたりすることについては、厳に慎むべきだ」とも語った。【産経新聞ネット版から引用】



 参議院広島選挙区で大量の実弾(=現金)をばらまいていた事件でその首謀者といわれた河合克之被告が議員辞職する見通しになったのは当然としても、その河合夫妻に1.5億円も与えたのが自民党の金庫番、幹事長の二階のおいやん。アベシンゾーと結託して同じ自民党の候補者にはその十分の一しか与えないとい不公平さと不自然さを作り出したのは、二階のおいやんだったと思うんだけどね。
 潤沢な実弾があれば、いくらでも買収工作は容易で、実際にその実弾をもらって責任を取った関係者もいるようでそれはそれで当然のことなんだけど、そもそもそんな巨額の実弾を与えた張本人は、「
​​本人も大いに反省しているようだが、党もこうしたことを他山の石として、しっかり対応していかなくてはならない」って、ちょっと何を言っているのかわからないんだけど。
 『本人も大いに反省している』、まぁそりゃそうだろう。投票してくれた有権者に迷惑かけたんだからな。ただ、このようなカネのばらまきは本人の考えなのか、党本部の指示なのか。それとも二階のおいやんの指示なのか。本人の考えなら大いに反省してもらいたいが、党本部や二階のおいやんの指示だったとしたら「てめぇの指示に従っただけだろ?」っていうことで、反省なんてしているわけない。「たまたまバレただけじゃ」としか思っていないかもしれないな。
 それ以上に問題なのが、『党もこうしたことを他山の石として、しっかりたいおうしていかなくてはならない』ということ。「他山の石」、その意味は「他人のつまらない言動、誤りや失敗なども自分を磨く助けとなる」という意味だそうですが、つまり今回の事件を他の党がこの間違った行いを自分のことに置き換えて考えるのであればわかるのですが、自民党にしてみたら他山ではなく自分の党の中での話なのだから、「他山の石」にならないのではないかってね。
 それとも、二階のおいやんとしてはこう言いたかったのかな。

 「河合の誤りや失敗を踏まえてもっとバレないようにうまくやれ」

 それはさておき、河合被告の事件のきっかけとなった1.5億円の実弾は、二階のおいやんが出元であるはず。このおいやんが何ら無傷というのはありえませんわな。自民党の中、しかもおいやん自身が出元なのに「他山の石」って意味わからんし、もっというと「お前が言うな」っていうことで。
 






最終更新日  2021年03月23日 23時33分46秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年03月01日
カテゴリ:政治
​​ 菅義偉首相の長男が勤める放送関連会社から7万円超の接待を受けた山田真貴子内閣広報官が1日、辞表を提出した。この日の午前10時ごろ、ツイッターでは「山田広報官」がトレンド1位に。「山田内閣」「山田真貴子」など関連ワードもトレンド入りした。
 山田内閣広報官
​​​​​は2019年の総務審議​官​​​​​​
当時、菅首相の長男側の負担で約7万4000円分の接待を受けた。  
 この日午前9時すぎに山田内閣広報官の辞職が各マスコミによって報じられると、ツイッターでは「山田広報官」がトレンド1位になった。  ネット上では「天下り先とか新しい受け入れ先を探すための時間稼ぎ」「更迭・辞職の判断が1週間遅い」「辞職したからといって免責される事にはなりません」「辞任は遅きに失したのでは」など対応の遅さに対する厳しい声が散見された。  また、山田内閣広報官が入院中という報道もあったため、「都合が悪くなると、タイミングよく病気になって入院」「また『入院』かよ」といった疑問の声も挙がった。【中日スポーツから引用】


 やはりこうなったか・・・。国会に呼ばれて追及を受けて、7万円を超える接待もガースーの息子がいたことも「覚えてない」なんていう言い訳は、今日日小学生でも嘘だとわかるものだろうが。そんなことも覚えてないんだったら、この先内閣広報官の仕事なんてでんきんわな、って思っていたら辞職だって。しかも、ご丁寧に入院もプラスだってさ。
 ホント、政治屋とかキャリア官僚って、都合が悪くなると急に対象が悪くなるんだよな。そして、入院という名の雲隠れ。昨今、病院も新型コロナウィルスの感染拡大で大変なのに、余計な仕事増やしてんじゃねぇよ。
 まぁ確かに、具合も悪くなると思うけどな。バレないように美味しい目を味わってきたのに、それが一気にバレて矢面に立たされるし、関係した政治屋はだんまりだろうしな。いっそのこと、洗いざらいぶちまけてしまえば、入院せずに済んだんじゃないか?
 さぁ、次に入院するやつは誰ぞ?

 ​菅首相は1日、山田真貴子内閣広報官の辞任について「大変残念だ」と述べ、「国会審議の極めて重要な時期にこうした事態に至り、国会はじめ皆さま方にご迷惑をおかけし、大変申し訳なく思う」と陳謝した。
 首相官邸で記者団の質問に答えた。山田氏の後任については「現在、検討中だ。業務に支障を来さないようにできる限り早く決定をしたい」と述べた。
 対応が後手に回ったのではないかとの指摘に対しては「そのようには思っていない」と反論した。【読売新聞オンラインから引用】

​ ガースーって、ホント後手後手になることしかしないね。結果的に後手後手になっているんだろうけど、もっと先を見通すことができなければ、とても総理としての役割を果たせないんじゃないの? そのくせ、私腹を肥やしたり利権を守ることにかけては先を見通しているんだよな。
 今回の件だって、問題が浮上した時点でとっとときちんと調査して報告して関係者を処分すればいいだけの話なんだよな。それができないのは、自分のバカ息子が大いに絡んでいるからなんだろうけど、この問題だって官僚を辞職させただけで幕引きをしようというんだったら、大きな間違いだわな。この問題の本丸はそこじゃない。ガースーとガースーのバカ息子だろ? ​
 ただ、ガースーは対応が後手に回ったと思っていないらしいけど、この先に発表されるであろう内閣支持率を見れば、世論の声は「対応が後手に回っている」ことがよくわかるんじゃないかねぇ。






最終更新日  2021年03月01日 22時52分57秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年02月25日
カテゴリ:政治
 菅首相の長男らから豪華接待を受けていた山田真貴子内閣広報​官の“金銭感覚”に注目が集まっている。1人7万4203円の食事の中身は「和牛ステーキ、海鮮料理など」だという。「具体的な金額は合計額が37万1013円で、これを参加人数5人で頭割りした金額ということ」――。加藤官房長官が24日の衆院内閣委で明かした。

 山田氏が7万円も“ゴチ”になったのは2019年11月。当時は省内ナンバー2の総務審議官だった。 務省は24日、接待問題で幹部職員11人を処分したが、すでに同省を退職した山田氏は処分対象外のため、給与の自主返納と飲食代の返金でカタをつけることになった。給与の「10分の2」の3カ月分を一括で自主返納する。 

「特別職の職員の給与に関する法律」によれば、内閣広報官の月給は117万5000円。自主返納額は約70万円に上る。本人にとっては手痛い“10倍返し”なのか、この程度で済んで幸いなのか、広報官の職にはとどまり続けるという

​ 広報官に抜擢される直前の昨年6月、山田氏は若者への動画メッセージで「幸運を引き寄せる力」について語り、「イベントやプロジェクトに誘われたら絶対に断らない。飲み会も断らない。出会うチャンスを愚直に広げてほしい」と呼びかけていた。自身も「飲み会を絶対に断らない女としてやってきた」そうだ。そうして巡り合った幸運のひとつが、菅首相の寵愛だったということか。【日刊ゲンダイdigitalから引用】​

前のアベシンゾーの時にも、首相夫人付けの経産省から出向していた官僚がいましたよね? モリトモの件で暗躍していて、問題が発覚したらなぜか急に外交官として海外へ。ほとぼりが冷めたころに戻ってきて・・・みたいなことがあったと思うのですけど、今回もまたしても中央官庁の役人ですよ。
 先日来書いていますけど、国家公務員倫理法(以下、倫理法)がありながら、それを無視して一人7万円を超える利害関係者との宴会ですよ。おそらく倫理法の研修もしていると思いますが、そのテキストの中には必ず設問の中にあるんじゃないですか、こういうことはダメだって。ところが、すばらしい頭脳をお持ちで、学歴も申し分ない連中が倫理法の中身を理解できない、理解していても現実に起ころうとしていることが倫理法に抵触するかどうかもわからないなんてね。だから、今日の国会での参考人審議でもわけのわからない答弁していたようですけど、こんなのが内閣広報官ですよ。こんなのが何を広報するんですか、国民なめているんですか?

それと、これも最近自民党政権でよくみられる光景ですけど、今回のケースなら倫理法に抵触するような接待費用の全額を返納とか、不正に蓄財していたものを自主返納なんていう話がありますけど、返したらこれで終い、ってそれで済むわけないでしょ。タダ酒飲んでいたわけで、それについては金返して終わるわけないじゃん、なぜタダ酒飲んでいたのか、その辺を明らかにする必要はあるだろう。今年の流行語大賞を狙っているのかわからないけど、こいつは『断らない女』というキャッチフレーズらしいけど、もしかしたら「相手が勝手におごってくれた」ってバカげたことをコメントするかもしれないけど、「相手が勝手におごってくれた」のは、何かしらの見返りを期待してのこと、っていうことを1mmも理解できないなら、もうその仕事は辞めてもらうしかないな。

ガースーは、引き続き広報官として起用するつもりらしいけど、さらに支持率は下がるだろうね。また、ガースーのドラ息子とこの広報官のさらなる爆弾が文春砲から飛び出すかもしれないし、それを期待したいところかな。
 ところで、本文にありましたが、この恥知らずの広報官が若者への動画メッセージに「イベントやプロジェクトに誘わられたら断るな」とコメントしているようだけど、そこには「でも、法律を冒すようなことはNG」ということを足しておかなければならなかったな。まぁ、そんなことも理解できないんだから、「えらそうなこと言ってんじゃねぇわ!」としか言いようがないけど。







最終更新日  2021年02月26日 00時04分55秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年02月01日
カテゴリ:政治
​​​​​​​​ ​緊急事態宣言下、東京・銀座のクラブなどをハシゴ訪問した自民党の​松本純議員が1日、自民党本部で会見し、他に大塚高司​​​​田野瀬太道​​の2議員が同行していた事実を隠し、虚偽説明していたと謝罪した。3議員は離党届を提出した。テレビの情報番組でも中継された。​​  ​田野瀬氏は文科副大臣の職について問われると、会見に先立ち、文部科学大臣、官房長官、そして​菅義偉首相に面会したとし、「一連のご報告をさせていただき、特に総理からは『あってはならないことだ』と厳しく叱責をいただき、副大臣の任を鑑みたとき、あってはならないことをしたと副大臣の職を更迭すると、お話いただいた」と説明した。  ​その後に3議員は​二階俊博​​​​​幹事長から呼び出しを受け、離党勧告を受けたとし、これに応じて離党届を出したと報告した。【デイリースポーツから引用】​

 今回の3議員のやったことは全然ダメダメです。しょうもない言い訳をかましていたのがとどめを刺したけど、この3議員もこの処分について言いたいことはあるだろうね。
 ガースーが『「あってはならないことだ」​と厳しく叱責」とのことだけど、この3議員はこう言いたいだろうね。

​​​「お・前・が・言・う・な・!」​​​

だろうね。二階のおいやんに呼び出されてノコノコ出かけたのは誰だったんだい?
 それから、二階のおいやんがこの3議員を呼び出して離党勧告を受けたとのことだけど、これもこう言いたいだろうね。

「お・前・が・言・う・な・!」

っていうか、そもそも二階のおいやんのような党の要職にある人物が年末に高級ステーキ店で忘年会なんかやったら、そりゃ他のメンバーも「おいやんがやっているなら、別にいいんだ」って思うわな。
 しかも、それについてマスコミなどから問われると、「会食が仕事だ」的なことをコメントしていたしな。
 だから、この3議員はガースーや二階のおいやんに呼び出されたときに言ってやればよかったんですよ。

「アンタらは処分なしなのに、この仕打ちか?」

ってね。
 まぁ、離党したところでほとぼりが冷めたら、シレっと復党しているんだろ?
 議員辞職にしなかったのは、ガースーや二階のおいやんを辞めさせるわけにはいかないから、っていうことなんだろうね。どこまでも腐ったやつらだわ!






最終更新日  2021年02月01日 23時50分36秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年01月27日
カテゴリ:政治
​​​ ​​​​​​​​ 菅義偉​首相は27日午前の参院予算委員会で、自民党の松本純・国会対策委員長代理や公明党の遠山清彦​・前財務副大​臣が、緊急事態宣言下の夜に銀座のクラブなどに通っていたとの報道に対し、「夜8時以降の外食・飲食や不要不急の外出をしないように協力をお願いしている中、このような事態が発生し大変申し訳ない」と陳謝した。​​徳永エリ​​​​委員(立民)に対する答弁。​ ​​​​​​​​​​​​  菅首相は「国会議員それぞれ、国民の理解を得られるよう行動すべき」と述べ、「自民党としても、幹事長の下でしっかりと対応したい」と語った。【ロイターから引用】

 ホント国民には不要不急の外出自粛だ、黙食だ、午後8時以降の飲食店の営業自粛だ、なんて不便を強いておいててめぇらはそれを破っておいて陳謝で終わらせるつもりか? さすが選ばれし「上級国民」は違いますな。下々のモノはガマンしろ! っていうことなのか? 多分、そういうことなんでしょ。だからこそ、銀座のクラブへ行って、はしご酒しているんだから。
 しかも、本文にあった自民党の松本にあっては、他の記事によると「
​​​​​​​​​​要望や陳情を聞く目的だった」とアホな言い訳をかましているとか・・・。要するに、「仕事してるやん」って言いたいんだろうけど、そんな要望や陳情を聞くならそこじゃねぇだろ! 議員会館や事務所で聴くのが普通だろうって。そして、「​​​​行動が少し軽かったと反省している」って、『少し軽かった』か? かなり重いだろ!! 口では反省を言っているけど、心の中では「もっとバレないようにせんといかんな」くらいだろうな。
 それから、連立与党の公明党でも同じように銀座に繰り出していた議員がいたとか、いったい与党は何をやっているんですかねぇ。そりゃ与党の連中には揚げ足取りのマスゴミが張り付いていて、野党には張り付いていないのかもしれないけど、より注目されて少しのことでも大きく報道されるということがわかってないみたいだな。こいつら、何年議員やってんだ? 
 ちなみに、​​​
​確か1月8日に二階のおいやんが​​「飲食による感染リスクを押さえ込んでいくことが不可欠」だとして、「飲食を伴う会合への参加を控えること」や20時以降の不要不急の外出自粛の徹底」を要請していたはずなんだけど・・・

 さて、こんなボンクラ議員は処分するしかないんだけど、ガースーにはそんなことできないでしょうな。自分自身も二階のおいやんに呼ばれて年末に出向いているしな。処分するなんて言えば、「お前が言うな!」って返されるだろう、どの口が言ってんだってね。
 二階のおいやんだってそう。年末のステーキ会食もそうだし、その時の反論が「
会食を目的にやっていない。意見交換を考えてやっている。全く無駄なことをしているわけではない」だからね。意見交換なら、会食しながらしてんじゃねぇよ! どうせ酒飲みながらダラダラやってんだろ?

 どうせ、何らおとがめなしに終わるよ、この問題も。
 ホント、ふざけたやつらだわな。
​​​​​​​​​​​






最終更新日  2021年01月27日 23時02分29秒
コメント(2) | コメントを書く
2020年12月27日
カテゴリ:政治
​​ 自民党の二階俊博幹事長は27日放送のBS朝日番組で、自身を含む菅義偉首相らとの大人数会食に批判が出ていることについて「会食を目的にやっていない。意見交換を考えてやっている。全く無駄なことをしているわけではない」と述べ、反論した。【時事通信ネット版から引用】

 このおいやん、自分が何を言っているのかわかっているのか?​ 国民に会食・忘年会の自粛を求めておきながら、自分たちは高級ステーキ店で忘年会。しかも、その言い訳が「会食を目的にやってない」だと? 「意見交換を考えてやっている」だと? では、その高級ステーキ店での忘年会の目的はなんだ? それは高級ステーキ店でしかできないものなのか? 意見交換を目的に行っているのであれば会議室でやれよ!
 わしらは選ばれし上級国民だから、その他大勢の下々の民衆とはちがうんじゃ、って言いたいんか? 

 国民は、おいやんの悪びれることなく開き直っている姿勢を批判しているのに、そんなこともわからんか!? まさしく老害、もうとっとと和歌山へいんで隠居しとけ!
 和歌山の有権者もこんなおいやんを国政に送りこんでいていいと思っているのか? 媚中・媚韓で、尖閣に中国船が来ても何ら抗議することなく、いったい日本の政治家なのかシューキンペーの手下なのかわからない状況なんだけど。

 これでますます内閣支持率が下がりそうだな、まぁ当たり前だけどな。






最終更新日  2020年12月27日 22時01分59秒
コメント(2) | コメントを書く
2020年12月25日
カテゴリ:政治
​​​​​​​​ ​加藤勝信​官房長官は25日の記者会見で、国会答弁における「虚偽」の定義に関し、「何をもって虚偽答弁というかは、必ずしも固定した定義が国会の中であるとは承知していない。使われる文脈によって判断されている」と述べた。加藤氏は例示として広辞苑​を引きながら、「『真実でないこと、また真実のように見せかけること、嘘、偽​り、空言』といった言葉が並んでいる」と紹介した。​​  ​安倍晋三​前首相の後援会が「桜を見る会」前夜に主催した夕食会の費用を補填した問題をめぐり、立憲民主党などは安倍氏の過去の国会答弁について「虚偽答弁」などと主張し、政府・与党を追及している。【産経新聞ネット版から引用】

 『「虚偽」とは真実でないこと、真実に見せかけること云々』と広辞苑を引きながら答弁した加藤官房長官。それに対して私だったら「で?」と突っ込むかな。一国の総理大臣の答弁が真実でないのではないかと問われているのであって、言葉遊びなんかどうでもいい。有権者は、「真実はどうなんだ?」ということを知りたいわけで、政府自民党としてもその辺をクリアにすれば済む話だろ? この加藤とかいうヤツは東大を出ているらしいけど、東大出ておいてこんなしょうもない答弁しかできんのか? 東大も入るのは大変だけど、入ってからはこんなしょうもないやつを乱造する学校なのか? 
いい学校出ていても実際の職場では全く使えんヤツがいるけど、その典型みたいなヤローだな。
 まぁ、その総理だったヤツが「募ったけど募集していない」という謎答弁したヤツだからな、その流れを引き継ぐ正統者なのかもしれんな、ってそれじゃ困るんだよ!

 手っ取り早いのは、ホテルに保管している資料を提供させて調べれば済む話。ホテル側においても社内規定で文書の保存期間が決まっているはずだからあるはずだわな。もしかしたら、その辺は廃棄させているかもしれんな、だれかが指示してな。そのだれかは良識あるみなさんだったらわかるかもしれんけど。

 それにしても、アベもそうだけど自民党の関係者も、虚偽答弁をさせた秘書や事務所関係者を告発しようという動きが皆無なのはなぜなのか? そんなことはできんわな、そんなことを指示していた黒幕がいてその黒幕がだれなのか。これも良識ある皆さんだったらだいたい想像がつくでしょ。

 それにしても、こんなしょうもないやつが長年総理を務めていて、さらに引き継いだヤツも二階のおいやんの傀儡だからな・・・。腐っているとしか言いようがないな。






最終更新日  2020年12月25日 22時52分26秒
コメント(4) | コメントを書く
2020年12月24日
カテゴリ:政治
​​​​​​​​​ ​元大阪府知事、大阪市長で弁護士の​橋下徹氏が24日、​カンテレ​報道ランナー」に出演。安倍晋三前総理が同日午後6時から「桜を見る会」の費用補てん問題について記者会見した内容に疑問を呈した。  橋下氏は今回の問題について、この日の番組冒頭で、「補填したのか、領収書が出​ていたのかなどを安倍さんがホテルに確認すれば全て事実ははっきりした。その確認をせずに、国会において事実と違うことをずっと答弁していたのは、​議員辞職​​もやむなしなんじゃないのか、と思ってます」と発言していた。  安倍氏が会見で、「長年ずっと事務所の運営は責任者に任せていたので、だから私自身がホテルにあたる(確認する)ことは考えられなかった」と述べたことについて、「いやー、これが通るんだったらおそらく企業の不祥事に関しても、もう日本の行政は何にも処分を下せませんよ」と納得いかず。  「企業はトップが直接手を下すんじゃないんですから、不祥事に。だいたい現場現場でいろんな不祥事に関与してしまった…で、トップが全部任せてたんだから、トップ責任取らないよ、って言うんであれば、もう日本の社会、終わりかな。企業、不祥事やりたい放題だね」と安倍氏の答弁にあきれ顔で、「不祥事やって、もし霞ヶ関(行政)の方に文句言われたら、全部この答弁使ったらいいと思う」とまで言い切っていた。【デイリースポーツから引用】

 この人、私は知事・市長の時から嫌いなんですけど、本件に関しては全くその通りのコメントだと思います。政治屋と秘書の関係は会社でいうところの「社長と社員」、「使用者と労働者」の関係でしょ。仕事一つとっても、社長や使用者の指示に従って行うものだし、社長や使用者は社員や労働者がその指示に従って行っているか監督するのが仕事。もちろん、社員や労働者に裁量の範囲があったとしても、それが逸脱していないかを確認するのも社長や使用者の仕事であることは当然なのであります。
 そして、もし仮に指示に従っていないとか裁量の範囲を逸脱しているのであれば、是正させる、あるいは社長や使用者側として監督責任が問われるというのも当然なのであります。おそらく、やくざの世界でもそうではないのかと。
 ところが、永田町ではそれが違うみたいですね。「永田町の論理」なんて言う言葉を聞いたことがあるかと思いますが、「永田町の常識は世間の非常識」というのが政治や連中には理解できないみたいで、こんなやつらが国政を担っていると思うと腹立たしく思うところであります。
 本文の例でいえば、アベが事務所の運営を事務所に任せていたとしても、その監督をするのは秘書ではなくアベ本人。秘書や事務所がアベに内緒でアベの知らないところで勝手なことをして、不法なことに手を染めていた場合「知らなかった」では済まないわけで、そうならないようにしっかりと監督しなければならないはず。「秘書や事務所を100%信用していた」としても、様々な疑惑が浮上してきたのであれば使用者側として本当に間違いないのか、自分の目で確かめるというのが普通っていうもの。まぁ、普通の感覚じゃないからあんなかみ合わない答弁しかできず、しかもそれが結果的にうその答弁だったわけだからな。そんなウソの答弁をさせた秘書や事務所の人間をアベは告発しなければならないと思うけど、それもやらない。なぜか? 答えはおのずと出ていると思います。

 こんなことがまかり通るなら、本文にあったように企業で不祥事があってもトップは責任取って謝罪会見なんてする必要はないよね。「うちのバカ社員がやっただけで、私は関係ない。私も知らなかっただけ。」という言い訳が通るわけだから。
 こんなのがアベが言ってた「美しい日本」だそうですよ、ホントバカなのかってね。






最終更新日  2020年12月24日 23時30分16秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全386件 (386件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 39 >


© Rakuten Group, Inc.