3389299 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

あけやんの徒然日記

PR

全399件 (399件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 40 >

旅行(日帰り含む)

2022年01月03日
XML
正月三が日の最終日は、子どもたちが「アウトレットに行きたい」ということで連れていくことにしました。アウトレットモールは、りんくうとかマリンピア神戸とかに行ったことはありますが、今回はお店の関係で「神戸三田へ行きたい」とのこと。かなり大きなところで混雑必至ということがネットに書かれていたので、8時に出発。高速を飛ばしていきました。だいたい1時間強で到着できるとのことだったのですが、高速道路の渋滞情報やiPhoneのマップ機能でのリアルタイムの渋滞情報で、高速を降りる予定の大沢ICから渋滞しているようなことが書いてあったので、手前の西宮北ICで降りて下道で向かいました。おかげで神戸三田アウトレットモール近くで渋滞しただけで、快適に向かうことができまして9時半くらいに現着しました。



 天気が良かったし、三が日最終日ということもあって、かなり混雑していました。
 子どもたちはお目当てのお店があるらしく、混雑状況を先に確認して行っていました。ただ、お店によっては入場制限をしているので、すでに長蛇の列になっているところもありました。
 さて、私は特にほしいものがありませんでしたので、車に戻って休んでいました。



 これは私が車を置いた駐車場です。ここは、アウトレットモールの横にあるイオン神戸北店の駐車場でアウトレットモールと共通利用となっていました。最初、私は立駐の方に置いていたのですが、出庫時に時間がかかりそうな気がしたので、この写真の駐車場に移動させました。移動させたときは、この駐車場の三分の一くらいしか車が停まっていなかったのですが、昼頃にはこの状況に。



 アウトレットモールからもどってきた子どもたちは、この状況を見て「ユニバの駐車場みたい」っていうくらいの大混雑でした。
 ここから車を出すのは、車を置いた場所の関係からすぐに出せたのですが、この駐車場近辺の道路は当然大混雑。でも、抜け道を駆使して再び西宮北ICへと移動、そこから高速で帰りました。おかげで中国道の宝塚の下りで恒例の渋滞にかかることもなく帰ることができました。

 ちなみに、子どもたちはほしかったものがほぼ買うことができて満足したとのこと。遠くまでやってきましたが、大きな渋滞にかかることなかったのでそれはそれでよかったと思っています。
 明日から普通に仕事、いきなり現実に戻されます・・・。






最終更新日  2022年01月03日 19時32分36秒
コメント(2) | コメントを書く


2021年12月08日
11月28、29日と高知・徳島へ行ってきました。高知は仕事で2006年に行きましたが、行ったのは県西部の中村などでした。今回の室戸岬は初めてでした。また、徳島は徳島市内は何度かありますが、祖谷は初めてでした。



 そんな初めてのところを中心に行きましたが、天気に恵まれて勝手気ままな一人旅を楽しむことができました。この写真は室戸岬へ向かう国道55号線ですが、海も空もきれいでした。こういう道路ならいくら運転していても楽しいです。



 そうそう、高知市内ではド定番のはりまや橋にも行きましたよ。
 夕方の時間帯だったので、ちょっと雰囲気がありました。

 前にも書きましたが、私は観光客の多いシーズンに行くのではなく、このような観光客が少ない時期に行くのが好きなので、また機会があったらどこか勝手気ままに行ってみたいなぁって思っています。

 さて、この度の道中で面白い発見をしたものがありますので、また折を見て紹介したいと思いますが、これでいったんこのシリーズは終了します。






最終更新日  2021年12月08日 21時16分58秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年12月05日
徳島の祖谷へ行った際に温泉に入りました。旅の道中に温泉があればいつでも入れるように、私の車には着替えなどの「温泉セット」を常備しています。今回も事前に調べると温泉があるということで、「ホテルかずら橋」に行きました。ここには大浴場と露天風呂があって、露天風呂に行くにはケーブルカーで登っていくという変わった造りになっていました。



 「天空露天風呂」、そこへ行くのですが、そこへ行くためのケーブルカーの乗り口はここです。
 ケーブルカーは自分で操作します。操作と言ってもボタンを押すだけなんですけどね。この入り口の場合は、入り口左側にあるボタンを押すと駅のホームドアのような扉が自動で開きます。



 それが開いてからケーブルカーのドアを開けて乗り込みます。ホームドアは自動で開くのですが、ケーブルカーのドアは「手動」の文字が示すように自動ではありません。仕事柄、「てどう」と読んでしまいますが、乗り込んでからも手動で開くんじゃないかって思ってしまいます。



 それは心配ご無用で、ケーブルカー内のボタンを押すと、ホームドアが閉まってそれが閉まりきると、この扉も開かなくなるようです。まぁそりゃそうでしょうけどね。ベルが鳴ってそろそろと急坂を登っていきます。



 これは露天風呂側からの撮影ですが、こんな感じで登っていくケーブルカー。



 ケーブルカーと言っても、見た目はモロに「家」ですよね。なかなかユニークなケーブルカーです。
 ケーブルカー内はそんなに広くはなく、丸椅子が一つあるだけでした。



 さて、露天風呂の写真は撮っていませんが(まあそりゃそうですよね)、ぬるぬるしたお湯で少し熱めでした。、露天風呂から見える祖谷の景色を眺めながらゆっったりと入っていました。



 あれ? かなり望遠で撮りましたが、ボンネットバスが置かれていますね。実は、この「ホテルかずら橋」には、数台のボンネットバスがあるようで、この後私のデリカSWと並べて写真を撮りました。






最終更新日  2021年12月05日 17時38分34秒
コメント(4) | コメントを書く
2021年12月02日
かずら橋の後は温泉に入って昼食にしましたが、それはまた後日とさせていただき、先に進めます。
 昼食後は、そのまま奈良へと変える予定でしたが、昼食の時に職場の同僚でアマチュア無線仲間でもあるyoshi君から「小便小僧のところは行かへんの?」とLINEが来まして、まぁ急いで帰るものもったいないかということで、行ってみることにしました。

 県道32号線を池田方面へ走るのですが、この道はかなり狭いところが多くて、しかも離合困難なところもあったりしてなかなかハードな道でした。それでも、下の写真のようないい天気で、景色はよかったですよ。



 車を停めたところにあった説明看板には、このように書かれていました。



「祖谷渓」(いやけい)、今いる道路からかなり下の方に川が流れていて、いわゆるV字谷を形成しているところなんですね。



 イメージ的には、こんな感じとか・・・



 イメージはこんな感じ。
 道路にガードレールがあるのにありがたみを感じます。なければ、大変なことになりますよね。



 木々も色づいていて、こんな感じのところもありました。
 さて、肝心の小便小僧でしたね。



 これです。深い谷側へせり出した岩の上にいましたよ。



 角度を変えるとこんな感じかな。

 この小便小僧のあるところは、駐車場はありませんから路駐してあわただしく写真を撮りました。この小便小僧のところには、一応柵はあるのですが、それを乗り越えている人がいましたけど、よい子はマネしないでね。ホント、落ちるとシャレにならないですから。
 ちなみに、この小便小僧の近くに日帰り入力可能と思われる温泉がありましたが、その前に温泉に入ったからパスしました。

 ところで、この県道32号線は前出のとおりかなり狭いところもあって、またカーブも多くて自分の運転技術を高めるにはよさそうなところでした。そんな県道32号線、道路改修を行っているところがありました。



 そのうちの一つがこれです。一時間のうち40分を作業、残り20分で通過車両を通すような仕組みになっていて、写真に写る看板にその時刻が書かれていました。この現場では、写真に写る警備員から「20分ほど待ち時間となる」ことを告げられましたが、たまたま工事の段取りがよかったのか2,3分待っただけで通過できました。でも、もう一か所では15分ほど待たなければなりませんでした・・・。
 よく道路の片側を止めて、時間信号で行き来させる現場はありますけど、道路幅に余裕があればいいのですが、ここはそれが無理なので思い切って時間を区切って作業しているんですね。なかなか珍しい光景でした。






最終更新日  2021年12月02日 23時14分27秒
コメント(4) | コメントを書く
2021年12月01日
桂浜をあとにして、次の目的地は徳島県の秘境、祖谷へ行きました。高知から高速を使わず国道32号線を走りましたが、基本的には快適な道路でしたけど南国市からのしばらくは国道にしては急坂と急カーブの連続でした・・・。国道32号線から分かれて県道45号線に入るとさらに道は厳しくて急坂が続き、急カーブも増えてきて秘境感が高まります。そんなところに位置しているのが祖谷でした。
 祖谷といえば、これですよね。



 そう、かずら橋です。徳島を代表する観光スポットの一つです。つり橋の一つなので、私は奈良県十津川村の谷瀬のつり橋のようにこのかずら橋だけが対岸に渡る橋なのかと思っていたのですが、このかずら橋に並行してコンクリート製の橋が架けられていました。つまり、このかずら橋を渡るために一旦コンクリート製の橋を渡って、かずら橋を渡るというもの。かずら橋は一方通行なんですね。上の写真でいうと写真奥から手前への一方通行でした。

 

 こちらがかずら橋を渡る入り口になります。かずら橋を渡るのにはお金がかかります。550円ですが、JAF会員である私はカードを提示して500円でした。このように平日ということもあって観光客は少なめでした。



 手作り感満載の橋ですが、しっかりと作りこまれているのがよくわかります。



 100%天然素材ですからね、普段のメンテナンスとかも大変なんでしょう。3年に一回は張り替えられているとのこと。なかなか大変なんですね。



 足元はこんな感じ。水面からの高さはありますけど、そこまで恐怖感はありません。でも、他の人たちは、両手で捕まりながらわたっていました。私はこのように写真を撮りながらでしたけど、さすがにスマホは落とさないように気を付けていました。コンデジは紐の部分を手首に巻いていましたので大丈夫でしたが。



 さて、近くの施設にかずら橋の架け替え作業について説明がありました。
 かずらとは「葛」のことで、直径2cm程度、長さ5~10mのものを使用しているそうです。



 そして、収穫した葛を蒸して作業しやすいように前処理をして架け替えの作業を行うようです。なかなか大変作業ですね。観光スポットの一つですから、3年に一回の作業にかかる作業量や費用を考えると500円程度の料金は必要かもしれませんね。






最終更新日  2021年12月01日 23時32分53秒
コメント(4) | コメントを書く
2021年11月30日
11月28日の午前5時に奈良を出発、途中の小松島や日和佐、宍喰で休憩をして11時半ごろ一つ目の目的地である室戸岬へ到着。日曜日の朝ということもあったのかもしれないのですが、道路は意外と空いていました。



 室戸岬の灯台を下から望みます。下の像は・・・



 中浜慎太郎像です。
 この像と私が写真を撮っている場所の間には道路が通っているので、このように望遠ぎみで取っています。



 展望台から太平洋を望みます。この日はとてもいい天気で、空もどこまでも青いですよね。
 ところで、四国の地図で室戸岬のあたりをみてもらうととんがった形をしていますが、ちょうどそれがここにあたるところだったんですね。

 さて、翌日早朝にはホテルを午前7時前に出て桂浜へ。桂浜は高知駅から近いと思いきや、車で20分以上かかるんですね。



 桂浜です。
 この桂浜を見下ろしているのが・・・



 坂本龍馬像です、やはりかっこいいですよね。
 早朝ということもあって、またこの日は月曜日ということもあって観光客はまばらで、このようにだれにも邪魔されずに写真が取れました。



 この桂浜が一望できる龍王岬まで行ってみました。ごらんのように観光客の姿は皆無。この景色を独り占めすることができました。
 私は一人旅の時は、なるべくシーズンオフとか早朝に観光地に行くようにしています。その方が普段の姿を見られるし、このように写真を撮るにも気を遣わずにできるから。
 でも、できればもっと早い時間に来たかったけど、そもそも開いているのかどうかわからなかったのでね・・・。






最終更新日  2021年11月30日 23時01分06秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年11月29日
昨日と今日は、休みをもらって高知と徳島へ行ってきました。高知は室戸岬と桂浜、徳島は祖谷へ行きましたが、メインは高知での献血です(爆)。さて、今回のルートです。

【一日目】
奈良~室戸岬~献血 高知泊
【二日目】
桂浜~祖谷~王寺

 立ち寄ったところは少ないものの、車で約800km走行。海岸線をのんびりと走ったり、国道ながらなかなか厳しい道路とか対向車が来たら離合に難儀する道路など自分の運転技術が試されるようなところを走ったりとなかなか楽しかったです。
 燃費も「燃料計が壊れた?」と思うくらい針が少ししか移動せず、燃費は13.2km/Lを記録するなどびっくりでした。(まぁ普段でも10km/Lは行くんですけど・・・)

 そんな様子を何日かに分けて紹介したいと思いますので、お楽しみに!






最終更新日  2021年11月29日 21時57分37秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年11月24日

 今日は、仕事で神戸・元町へ。それが終わってから三宮までもどりましたが、JR三ノ宮駅周辺を見てびっくり。



 駅前の広場って、こんなに広かったかな・・・。

 っていうか、駅はフラワーロードからは見えたけど、この位置からは見えなかったはず・・・。
 前は何があったんだっけかな・・・。

 久しぶりにこの位置からJR三ノ宮駅を見たので、前が何だったか思い出せませんでしたが、ここにはターミナルホテルがあったんです。それが無くなったんですね。そして、駅前広場ができたというところです。おそらく、このあとまた新たな建物ができるとは思うのですが、それまでの間はこんな感じなのかな。




 上の写真の駅前広場に写るモニュメント、なんなんだろうと思って近寄ってみるとこんな感じ。
 「あめふらし」だそうです、得体のしれないもの、って思ってみていましたけどね・・。


 
 ところで、私が三宮に行けばいつも立ち寄る串カツ屋さん、建て替え工事の真っ最中でした。まだまだしばらくかかりそうですね・・・。

 さて、先日は妻と一緒に元町へ行きましたが、三宮は久しぶりに行きましたけど、駅前の変わりようにはびっくりしました。また近々行ってみたいと思っています。







最終更新日  2021年11月24日 22時03分22秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年10月25日
先日のブログで旧堺灯台へ行った話​を取り上げましたが、その続きです。

 大浜公園内には、「蘇鉄山」という山があるということで行ってみることにしました。



 蘇鉄山の登山口です。大浜公園にそんな高い山なんてないけどなぁ、と思いながらもその山を登ってみました。



 その蘇鉄山の案内看板です。
 ​以前このブログでも紹介した天保山​のように、この地に設けられた山のようです。
 かつては、大阪湾が一望できるくらい展望の良い場所だったんでしょね。今では、高速道路や工場ができたせいで海は見えなくなりましたが。



 山頂にはこのようなものが・・・。



 これは三角点、三角測量に用いられる重要なポイントだそうです。
 ところで、一等三角点のある山といえば名だたる有名な山を思いがちですが、ここにもあったんですね。標高は6.97m、日本一低い位置にある一等三角点のある山で、1939年にここに設置されたようです。



 この山に登ったことを記す「登山認定書」というものが、この神明神社で発行しています。場所は南海本線堺駅の西側にあります。無料ということで、私もいただきに行きましたよ。
 
 天保山もそうでしたが、街中にある小高い名もなさそうな山に三角点があったりしてなかなか気づかないものですね。






最終更新日  2021年10月25日 23時18分47秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年10月23日
先日、堺へ仕事へ行って時間があったのでちょっと寄り道してみました。場所は、大浜公園です。大浜公園は、1876年に幕末期の砲台跡を中心に近代公園として開設されたのがスタートだそうです。



 昔は水族館や動物園、遊園地があったそうです。また、料理旅館や温泉もあって、夏場には海水浴場も開設されるなど一大レジャーランドのような感じだったのかもしれませんね。さらには、路面電車ですが鉄道も乗り入れていて利便性が高かったようです。

 そんな大浜公園ですが、太平洋戦争に加えて1934年の室戸台風や1961年の第二室戸台風で大きな被害を受けて水族館や動物園は閉鎖・縮小されてしまったようです。また、堺泉北臨海工業地帯造成のために大浜公園周辺が大きく様変わりしてしまいました。その面影を残すところは少なくなっていますが、旧堺灯台などが整備されて現在に至っています。



 大浜公園はこのようなレイアウトになっています。△印のところから歩いて行きます。有料駐車場も完備されています。〇印にある旧堺灯台を目指します。ちなみに、水色の矢印は阪神高速湾岸線です。こんな位置関係になっているのですね。湾岸線はよくとおりますけど、大浜公園は気づいていませんでした。
 


 大浜公園内にはかつては動物園があったことは書きましたが、サルだけは今でも残っています。小さな子どもには人気があるのかも。



 大浜公園内には体育館や野球場もあるのですが、珍しいところでは相撲場もあるんです。大相撲の巡業で使われているかどうかはわかりませんが、本格的な相撲場のようです。



 ようやく先の案内図の〇印の旧堺灯台に到着しました。
 この灯台は1877年に完成した木造六角形の灯台で、日本最古の木造灯台とのこと。1968年まで使われていたそうですけど、前出の堺泉北臨海工業地帯整備に伴い廃止されたようです。



 中へ入ることはできませんし、これ以上近づくこともできないのですが、古き良き時代のデザインですよね。2005年から2007年にかけて大規模な改修が行われて、このようなきれいな姿になっています。
 ちなみに、堺市の原チャリのご当地ナンバープレートには、この旧堺灯台がデザインされるなど堺市を象徴するデザインとなっています。



 この灯台の向かい側には、パーティクルボードを製造している日本ノボパン工業の堺工場があって、同社の岸壁側には南蛮貿易で栄えたころの堺の様子が壁画として描かれています。

 さて、大浜公園へはかなり以前に草野球の試合でいったことがあるのですが、こうして旧堺灯台などへ行くのは初めてでした。25年も堺市民として住んでいたのに、もっと行ってみたらよかったなぁってね。






最終更新日  2021年10月23日 18時00分24秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全399件 (399件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 40 >


© Rakuten Group, Inc.